• Like
  • Save
【Jmrx】mrmw発表会 20140425 final
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

【Jmrx】mrmw発表会 20140425 final

on

  • 604 views

 

Statistics

Views

Total Views
604
Views on SlideShare
502
Embed Views
102

Actions

Likes
0
Downloads
8
Comments
0

4 Embeds 102

http://www.minnanomr.com 89
http://feedly.com 8
http://www.feedspot.com 3
http://www.slideee.com 2

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    【Jmrx】mrmw発表会 20140425 final 【Jmrx】mrmw発表会 20140425 final Presentation Transcript

    • JMRX勉強会:MRMW in Asia2014参加報告 株式会社ミクシィ・リサーチ 2014年4月25日
    • 名前:濱野 英和 hidekazu.hamano@mixi-research.co.jp 年齢:40歳 出身:神戸市 ・1993年~1998年 フロリダ州 マイアミ 留学 ・1999年~2005年 OA機器の法人営業 ・2006年~2013年 ネットマイル社 リサーチ事業本部 ・2014年~ ミクシィ・リサーチ COO Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 2 自己紹介
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 3 Mobile research とは
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 4 mobileとは・・・ ○ Real time ○ In the moment ○ Remote Location ○ Interactive ○ Choice of participant ○ More emotional “ It is like A computer in your Pocket”
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 5 前回のJMRX勉強会で Mobile research is Much more than the survey!!
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 6 MRMWの参加報告
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 7 MRMWの様子(facebookページもございます)
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 8 i. Insight and Innovations - today and the way forward for mobile panel research ii. Evolving mobile research - addressing the latest factors and challenges that clients and market researchers need to overcome iii. Investments into (Mobile) Market Research - where are they going and why? iv. Moving brand tracking successfully to the mobile world v. Exploring new frontiers - TV ad testing through mobile vi. Getting closer to the truth through mobile: understanding consumer beverage consumption behaviour in high growth markets vii. Leveraging GPS and geo-fencing technologies for retail channel surveys: what are the key success factors? viii. From the point of experience: reviewing 15 years of mobile research diaries for consumer insight ix. Conjoint Mobile Analysis - paradigm shifts in modeling consumer choice behavior x. New rounds of data protection and privacy curbs in Asia-Pacific countries: how can the research industry navigate through them? xi. The market research industry is out of date, boring and needs reinvention! MRMW Main Event Day1のアジェンダ
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 9 MRMW Main Event Day2のアジェンダ i. Improving candidate engagement in mobile apps: turning acquisition into conversion and retention with analytics, big data and marketing strategies ii. Can you tell me about the last ad you saw? Presenting an alternative to recall, prompted awareness, and boring respondents to death iii. Integrated intelligence using mobile data: how to enhance „in the moment‟ information iv. Coding everything mobile – introducing recognology v. Deliberating the efficiency of desktop versus mobile research: a pan-Asian perspective vi. Utilising feature phones for mobile research: challenges and opportunities vii. Challenges and opportunities of using mobile research for insight generation viii. Google Glass meets Market Research: reinventing research using wearable technologies ix. Using facial recognition to understand global differences in emotional reactions and expressions
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 10 Pickups ① Moving brand tracking successfully to the mobile world ② Getting closer to the truth through mobile: understanding consumer beverage consumption behaviour in high growth markets ③ From the point of experience: reviewing 15 years of mobile research diaries for consumer insight ④ Conjoint Mobile Analysis - paradigm shifts in modeling consumer choice behavior ⑤ Deliberating the efficiency of desktop versus mobile research: a pan-Asian perspective ⇒ ブランドトラッキングをモバイルで成功させるには。 ⇒ モバイル日記調査での消費者理解。 ⇒ オンラインリサーチとモバイルリサーチの違いについての検証。 ⇒ 成長マーケットにおける飲料消費実態を理解する。 ⇒ モバイルの活用で広がる消費者理解。
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 11 Others Digital Adviser という コミュニティ の活用 Geofencing技 術をつかった フィールド ワーク 大量の画像 の処理への 挑戦 フューチャー フォンをつかっ たグローバル リサーチ いまの リサーチを裁 判にかけろ! 求職者を よりアクティ ブにする モバイル
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 12 ①ブランドトラッキング調査をモバイルリサーチに移行するには。 【概要】 パネルを囲う従来のリサーチではなく、 モバイルリサーチの新しい手法Dynamic Researchの紹介 【スピーカー】 ①YeeMei Chan Regional Brand Director Millward Brown(調査会社) ②Alistair Hill CEO On Device Research(リサーチアプリ開発) ① ②
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 13 Dynamic Researchとは? Dynamic Researchとは、パネルを囲うのではなく、 ネット上にいるユーザーに回答してもらうリサーチ手法である
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 14 なぜモバイルなのか? モバイルは人口のほぼ同数にリーチできる手段である
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 15 モバイルには気をつけないといけない点も・・・ 発展途上国ではパネルが少ない テクノロジーやインフラも十分ではない 画面サイズの制限もある 回答者も従来より忍耐強くない(パネル化もしにくい)
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 16 人口のほぼ同数にリーチできても・・・ 誰しもが回答したがるわけではない!
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 17 Dynamic ResearchとPanel Researchの比較 回答完了率や回答完了までの時間に差はない
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 18 Dynamic ResearchとPanel Researchの比較 設問数が少なければ、Trap Questionの 誤解答率に差はない
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 19 長めの設問にMobileで答えてもらうには・・・ Chunking(=設問を何回かに分ける)ことで、 長い設問に答えてもらえる
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 20 長めの設問にMobileで答えてもらうには・・・ Chunkingすることで、Trap Questionの誤解答も下がる
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 21 モバイルの画面サイズ制限について TVCMの認識率での調査でも、 画面サイズの制限を受けずに、D2Dと同じ傾向が見られた
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 22 サンプル回収までの期間も サンプル回収スピードもD2Dに比べ、格段に早い
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 23 結論 モバイルの特性(ユーザーが忍耐強くない、 等)に配慮した形での設問設計をすることで、 モバイルリサーチのメリットをフルに享受 できる 画面サイズの影響は回答傾向に影響を受けない ユーザーがPC→Mobileへの流れは、これから ますます加速するため、信頼し得るデータは モバイルでのリサーチ結果になってくると予想 される
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 24 ②真実の瞬間へ迫る 【概要】 写真撮影による飲料消費の真実の実態把握の方法と その効果を確かめる 【スピーカー】 Maharaj Singh Director Marketing Strategy & Insights Coca Cola(飲料)
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 25 何を、どこで、どうやって、どのくらい、どんなシーンで、 誰と、どうして、どうだった?? 一般的な消費実態の設問
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 26 今までの消費実態調査は、 基本的に、記憶をベースにしたアンケートの回答である
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 27 今までは記憶に頼ったアンケートをおこなってきたが、 我々は、さまざまな情報が溢れかえる時代を生きている どうゆうことかと言うと、
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 28 一日のうちに、50-80%は忘れられると言われてます 人の記憶量について、
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 29 そこで、何をやってみたか、 350人以上、1分足らずで終了できる、 飲み物の画像を送ってもらう調査をおこなった
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 30 画像を集めてみると、 豊富な画像データと、 それぞれのシーンを取得することができた
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 31 わかったこと、その① 一定のインセンティブと、継続的なモニタリングで 参加者は協力的であり、調査協力に対して問題はなかった
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 32 わかったこと、その② カテゴリーごとにブランドのシェアをチェックした結果、 90%の正確性を確認することができた
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 33 わかったこと、その③ とにかく、通常の物と比べると早いので、 消費財の実態把握には向いている
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 34 結論 あまり意識をせず購入する商品については、 その瞬間、瞬間をとらえることによって、 より新鮮でリッチなデータを取得することが でき、かつ、事実の乖離も大きくなかった。 そのようなデータを取得するにあたっては、 参加者のエンゲージメントは必要不可欠で ある。
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 35 ③モバイル日記調査における、実査前後の重要性 【概要】 日記調査へ入る前と、終わった後の協力者との コミュニケーションの重要性を紹介。 【スピーカー】 Miguel Ramos Mobile Solutions Practice Leader, EMEA and Asia Pacific Regions Confirmit(リサーチシステム、リサーチアプリ)
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 36 Peter‟s Squars たったの8年間での違い
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 37 モバイルを通じて理解するするインサイト モバイルの機能や特徴のほかに、 事前に方向性の説明や事後の情報収集も必要である
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 38 アプリを活用した日記調査 オンラインでの事前・事後と、 オフラインでも利用できるアプリとの組み合わせ
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 39 Pre Survey(事前調査) オンラインにおける事前リクルーティングと モバイルでの回答のテスト
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 40 App Based Diary(アプリを使った実査) 双方向性があり、プッシュ通知、モバイルの機能性を保つことができ オフラインでも使えるということが重要である
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 41 Post Survey(事後調査) App経由で送られてきた情報に対しての追加の質問や、 調査自体への満足度も取得が可能
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 42 インセンティブについて 金銭的な謝礼だけでなく、調査からの学びを共有すること、 その学びの重要性などを提供することで感謝を伝える
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 43 事例① 調理に関する実態 写真を活用して調理に関する商品の利用実態を図る 調理前にApp起動させ、調理中に実査をおこなう
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 44 事例② ロイヤル・ウェディングに関する意識 その週末の行動とその時々の感情を取得する インセンティブ 0
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 45 事例③ イギリスにおける週末の行動観察 一般的なイギリス人の週末の行動を把握する 金銭的なインセンティブのほかに抽選でiPad
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 46 結論 日記調査における、画像送付の協力率は約80%、 1日記調査あたり平均して16枚もの画像が 送られる。 位置情報に関しては約25%が送付。 数日間にわたる日記調査への高い協力率には、 事前の説明やトライアル、事後のインセンティブ や結果の共有などの感謝の気持ちを伝えることが 大切である。
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 47 ④Conjoint Mobile Analysis - paradigm shifts in modeling consumer choice behavior 【概要】 CAPIとモバイルでのコンジョイント分析の違い 【スピーカー】 Robin de Rooij Senior Project Manager & New Venture Director SKIM(オランダの調査会社)
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 48 アジアでは居住地域での違いがある アジアでは都市部と農村部の人々で属性が異なる
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 49 CAPIとMobileでの違い CAPIではPCがインターネットにつながっていなければ 調査できないが、MobileではPCが無くとも調査が可能
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 50 事例紹介:OMO洗剤でのCAPIとMobileでの比較
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 51 事例紹介:前提 CAPIは12タスクで20分の調査を行い、 Mobileは3タスクで5分の調査を行った
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 52 事例紹介:調査完了まで流れ CAPIでは実際に回答者に会いに行き、 時間も金銭コストもかかった。 Mobileは調査の流れもシンプルで 時間も金銭的コストもPCを大きく下回った。
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 53 事例紹介:結果 CAPIとMobileでアンケート結果に差がある 改善点としてCAPIでは「早く洗える」・「綺麗に洗える」が Mobileを上回り、逆に「白く洗える」に関しては MobileがCAPIを上回った
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 54 事例紹介:回答者ペルソナ CAPIとMobileでの回答サンプルに差があるため、 アンケート結果にも差が表れている
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 55 Mobileリサーチの特徴 Mobileでの調査は全ターゲットでの調査は難しく、 サンプルとして若くて高学歴の独身が多くなる傾向がある
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 56 結論 CAPIとMobileでの調査手段が異なり、 調査対象者属性が異なることから、得られる 結果に差が生まれる コストの面では、CAPIよりもMobileの方が、 安く早い調査が可能である アジア(ベトナム)では、Mobileは若くて、 高学歴な独身がサンプルとして多くなる傾向
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 57 ⑤State of the Industry & Future Technologies 【概要】 スマートフォンリサーチの有用性を、 PC調査との比較調査を通じて検証した 【スピーカー】 ①Brian Fine, Chairman of QOR (パネルサプライヤー) ②Con Menictas, Qantas (カンタスロイヤリティ) ① ②
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 58 アジアにおいてPCとモバイルリサーチでどちらが効率的か考える
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 59 試してみたこと ・モバイルリサーチの理論と仮説(ある種の偏見)に目を向け、 ケーススタディを実行することを決めた(エリアはアジアと西洋) ・検証した仮説 ①長い調査はモバイルでできない ②PCとモバイルの結果は違う ③集めたデータに代表性はなく正確でない
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 60 なぜ我々はケーススタディをするのか? →未来のリサーチにとってモバイルは重要であるため実施 この地域のスマートフォン普及率は特に先進国市場で伸びてい る ・40-70%の普及率で、韓国は世界一普及している。 日本は普及率が低い国の一つ。 ・2012年9月現在、アジアでの普及率は78%伸びている (GFKアジアレポート) ・若い世代での普及率は80%に及ぶ
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 61 テストの視点 プラットフォーム ・スマートフォン(新しいプラットフォーム)vs PC(標準プ ラットフォーム) スマートフォンユーザー ・スマートフォンのみユーザー vs PC併用ユーザー
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 62 設問設計 質問内容 ・普及率、満足度、推薦度 (KPIとする) ・態度 ・デモグラフィック 質問スタイル ・SA、MA、ドロップボックス、マトリクス設問、 オープンアンサー、スケールバー
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 63 国ごとのサンプルサイズ 日本は「Smartphone on PC(PC回答の併用者)」が少ない
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 64 スマートフォン vs PC調査のスクリーンショット
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 65 「楽しさ」の観点から調べた スマートフォンユーザーも「楽しさ」を感じている ・全体的にポジティブな回答(Top2boxで86-98%)特に中国で高い ・どの国でも3つのセル同じ水準 ・スマートフォンユーザーでもっとも高いスコア
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 66 再度協力したいか調べた 再協力意向はスマートフォンユーザーがやや高い ・全体的にとてもポジティブな回答(Top2boxで90-96%) ・どの国でも3つのセルで同水準 ・スマートフォンユーザーで高いスコア
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 67 離脱率について5分間隔で調べた(オーストラリアのみ実施) ・どちらのプラットフォームでも離脱率はほぼ同じ ・PCで調査冒頭での離脱率がやや高く、スマートフォンでは 最後5分間の離脱率が高い (おそらくマトリクス設問による影響)
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 68 スマートフォンとPCのデータは近しいか、サービスに関する満足度・ 推薦度の比較を行った 結果はどちらも同じ水準だった ・多くのKPIで顕著の差は見られなかった ・最も顕著な差は韓国におけるモバイルサービスプロバイダー の 評点
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 69 回答者は似ているか、技術への関心度合いで比較した ・スマートフォン回答者は、おおむね技術への関心度合いが より強かった ・中国では3つのセルで同程度の高い水準となった
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 70 今回のケーススタディからの学び ・15分ほどの長い調査はモバイルでできるか? →できる。とても楽しいし、回答率や離脱率に差はない ・どのような調査がモバイルで行えるか? →すべてのタイプの設問ができる →画面サイズを合わせるソフトウェアを使えばできる ・データは有効か? →有効。同じ結果が得られる ・データに母集団の代表性はあるか? →ある。年齢・性別の重みづけをすれば可能
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 71 スマートフォンリサーチの利点 ・確立されたデバイス ・回答者にとって便利 ・よりすぐに回収できる:調査結果のスピード ・若年層やリーチが難しい属性へアクセスできる ・スマートフォンの普及拡大によりリーチが拡大する ・スマートフォンの機能的特徴はより可能性を秘めている
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 72 欠点 ・小さい画面の制約 ・マトリクス設問などより複雑な設問では高い離脱率を示す証拠が いくつかある ・設問の最適化と小さな画面に合わせるソフトウェアが必要 ・回答者の母集団が(パネル)が小さい
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 73 結論 スマートフォンリサーチは、実行可能な選択肢である ・SMS調査の短い5分の制限は必要ない ・PCプラットフォームと同様のソフトウェアを使う必要がある ・制約があるという仮説はソフトウェアの制約によるもの ・幅広い年齢層にリーチできる ・楽しく、回答者が続けたいと思う ・15分の調査全体を通して、有効なデータが得られる
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 74 最後に
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 75 エンゲージメント テクノロジー オブジェクト Mobile Research に必要なファクター
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 76 Not just another way. It is THE Way!! Mobile Research Is
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 77 お問合せ:hidekazu.hamano@mixi-research.co.jp
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 78 参考資料
    • ○ 日程:2013年7月17日~18日 ○ 場所:アメリカ、ミネアポリス市 ○ 2011年から北米、ヨーロッパ、アジアにて開催、500名程度参加 Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 79 MRMW
    • ○ アプリのNPSの測定(新しいCS評価軸の例) NPSとは・・・Net Promoter Score : % of promoters - % of detectors お友達や知人にお薦めしたい度を計測しアプリの評価をおこなう。 Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 80 事例 ○ 消費者のメディア接触状況(インタラクティブなリサーチの例) 日記アプリを通して2000人のメディア接触を30分おきに10日間 取得する。 参加者との関係性の構築、インセンティブ、リマインド、コンプライア ンスの提示などが重要。インセンティブは選択できるようにする。 リラックスしてるタイミングとそうでないタイミングが把握できる
    • ○ 消費者理解とブランド体験がブランド価値向上に関係するか (複数のデバイス及び手法を取り入れた例) Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 81 事例 500サンプル のオンライン モバイルで日記 調査を1週間 5グループでの コミュニティリサーチ ○ その後の事後調査にて、ブランドへのエンゲージメントが 高まったことが証明された。 全体のプロジェクトは5週間程度。
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 82 事例 ○ アフリカおよび中東での消費者調査 (グローバルリサーチの例) オンラインリサーチ ⇒ × 現地リアル調査 ⇒ × モバイルリサーチ ⇒ ○ 現地のビール取扱 い店の写真と 場所を収集 位置を把握して マッピング 流通ルートのイ メージを作成し、 ブランド構築
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 83 事例 ○ 96ヶ国でのコーヒーに関するリサーチ(グローバルの例) モバイル=電話ととらえ、音声でのインタビューを実施、音声分析 をおこなう。 ○ インタラクティブなコンセプト調査(少ない設問で頻度を増やす) ○ ストアアドベンチャー(写真を見せて見つけるまでのプロセス) ○ 誕生日パーティーや通常の夕食時の準備段階から実施までのリアルな 風景を写真で取得。 「400人のラジオボタンより100人の観察のほうがよっぽど有効」
    • ○ ヒスパニック人口があがる中、ヒスパニック女性のヘア ケアへの意識を調査する。 (リアルタイムな回答と共創の例) Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 84 事例 STEP1 20人いつもの 商品購入と写真、 理由 ○ 女性のシャワーシーンは写真撮れないが、音声の録音はしてもらえる。 ○ 共創でエンゲージメントの向上にも効果があった。 STEP2 実利用してもら いアンケート STEP3 Co-creation パッケージデザ インを考える
    • Copyright (C) mixi research, Inc. All rights reserved. 85