• Like
Eメール マーケティング ato z
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

Eメール マーケティング ato z

  • 252 views
Published

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
252
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. E-mail マーケティング AtoZ E-mail マーケティング A to Z著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ -1-
  • 2. E-mail マーケティング AtoZ フリーギブアウェイライト このE−BOOKの100%無料配布権をプレゼントいたします。 [Yes] 無料配布することができる。 [Yes] パッケージ化することができる。 [Yes] ボーナスにすることができる。 [Yes] 有料・無料の会員制サイトに追加することができる。 [No] この商品のみを有料販売することはできません。 [No] 改変・改良はできません。 この他の無料配布権付E−BOOKはこちら http://www.resale-rights-business.jp/report.html 無料プレゼントもある!【infomake】無料メールマガジン https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=9361免責事項商品はあなたの利益を保証するものではありません。商品の使用によって万が一損害・損失が発生した場合、当社は一切責任を負いません。無料配布は配布者の責任で行ってください。スパム行為・迷惑行為による無料配布は完全に禁止です。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ -2-
  • 3. E-mail マーケティング AtoZ目次はじめに..............................................................................................................................................................4リスト作成 4つの重要ポイント ...............................................................................................................8オプトインメール入会者を即座に信用させる 4つの方法 ........................................................12熱心な会員リストを作る方法 ...............................................................................................................16読者のハートをわしづかみにする話題 ...............................................................................................20購読者に「もっと!」と言わせる方法 ..................................................................................................24オプトインメールリストにあなたの記事を使えますか? .................................................................28ニュースレター発行時に考慮すべき 5つのポイント.....................................................................32リスト会員宛 E-mail 3つの NG .........................................................................................................36リストだけを使って儲ける 7つの方法................................................................................................40 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ -3-
  • 4. E-mail マーケティング AtoZはじめに結局、オプトインメールリストの良さに尽きるのだ、ということはもうおわかりですね。記事をたくさん読み、専門家のアドバイスを求め、オプトインメールリストを使って多くの財をなした人々のサクセスストーリーを垣間見て、ご自分もオプトインメールリストをと思うに到られたのではないでしょうか?オプトインメールリストについて知るべきことは全て知り尽くし、AからZまでのアドバイスのうち、もうTくらいまでは試してみたのに、まだ儲からないよとお嘆きのあなた。要するに、あなたは損をしているのです。ライターを雇うなどの経費を、必要以上にかけていらっしゃるのではないですか?ひょっとしたら、あなたはすごいリストをお持ちなのかもしれません。しかし、その中で製品を購入してくれるのはほんのひと握りの人なのですから、これでは損をするばかりです。何ヶ月かたって、売り上げの数字を見ればそのことがおわかりになるでしょう。では、一体どこが間違っていたというのでしょう?あなたは失敗したのに、成功した人がいる。それはなぜか!考えなしにすぐに飛びついてしまったこと。それが、ありがちな間違いなのです。極めてポピュラーでお金が儲かる話だと思い込み、オプトインメールリストを選ばれたのでしょう。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ -4-
  • 5. E-mail マーケティング AtoZこれは全く見当外れです。なぜかと言えば、即買い!という可能性の低い人のリストを使われたからです。ここで、さらにアドバイスを提供したいのです。オプトインメールリストを作ってみたものの、失敗したあなた。そんなあなたでも、完結せずに終わってしまった冒険にもう一度挑戦できるのです。儲かるオプトインメールリストを作る際に手っ取り早い方法とは、次の3つです。1) 顧客にはまず、製品でなくあなたを信用させましょう。オプトインメールリストを作る目的は、専門家になることでも信用される売り手になることでもありません。オプトインメールリストを作る前に、まず記事をたくさん投稿してみましょう。ご存知の話題や、ウェブサイトで取り上げておられる題材について書かれてはいかがでしょうか。顧客の要望を知るために、まずフォーラムを作ってみましょう。他ウェブサイトのフォーラムにも参加してみましょう。そこで、専門家としてのアドバイスと提言を与えてあげるのです。十分に信頼されたなと感じたら、その時こそがオプトインメールリストスタートの時期です。他フォーラムユーザーとの間に、信頼関係の土台を築くことができたというおまけつきです。彼らに、ご自分のオプトインメールリストに参加してくれるように頼みましょう。友人は最大の得意客になってくれるものです。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ -5-
  • 6. E-mail マーケティング AtoZウェブサイトにリンクを張ってもらい、自分のビジネスの内容を全部見てもらえるようにしましょう。実は、お金が入ってくるのは、顧客や購読者があなたを信用してくれたときだけなのです。顧客は、支払った金に見合う製品やサービスが欲しいのです。もし顧客があなたのことをよく知らなければ、あなたの薦める製品を購入しないでしょう。2) 人の欲しがる製品やサービスを探しましょう。詳細にリサーチし、ご自身がよく把握しているサービスや製品を提供すること。それはあなたの得意技ではないかもしれませんが、そうすることで必ず成功できます。オプトインメールリスト購読者用の物に投資するだけでなく、売れる商品に、時間、努力、お金をつぎ込むのです。確かに、ご自分で興味がある物を売るのがベストですが、人があなたと同じ物に興味を持つとは限りません。ポピュラーで儲かる商品でなければ、なおさらです。よくよくリサーチして、儲かるかどうか考えてみましょう。購読者に販促商品を提供し、実際に製品を試用してもらった上で製品情報を広めてもらうのも良いでしょう。3) 他のオプトインメールリストユーザーと友達になりましょう。オプトインメールリストですでに成功を収めた方なら、なお良し。おおむね儲かります。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ -6-
  • 7. E-mail マーケティング AtoZこの人たちは、このベンチャービジネスを経験してきた人であり、経験は常に最良の教師なのですから。インターネット上には使える記事がたくさんありますが、信頼できる人から直接話を聞くことはできません。オプトインメールリストのベテランユーザーは、何が可で、何が不可であるのか教えてくれます。自分たちが通ってきた道だからわかるのです。多少状況は違っても、一般的なコンセプトを知っているだけでも大変役に立ちます。回避すべきことは多々あります。ベテランはそれを教えてくれるのです。オプトインメールリストは、一朝一夕でできるものではありません。入念な準備とたゆまぬ努力が必要です。オプトインメールリストを一から作ったとします。リストが大きくなってきたら、リストの質を維持する努力も必要です。きちんと整理し、管理しましょう。必要なら人を雇い、購読者が満足してくれているか、そして喜んで製品を買ってくれるのかを常に確認しておきましょう。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ -7-
  • 8. E-mail マーケティング AtoZリスト作成 4つの重要ポイントオンラインマーケティングに関して、ここ数年で急激に関心が高まっていますが、実はけっこう前からあったのです。インターネットベースのビジネスが立ち上げられれば立ち上げられるほど、そのマーケティングスキルや知識を発展させていくことが必要となってきます。刻一刻とその様相を変えていくビジネス業界の新局面に対処すべく、人は次から次へとマーケティング戦略を打ち出していきます。オンラインマーケティングのヒントや戦略に対する需要は飛躍的に大きくなり、新種のビジネスであるインターネットマーケティング戦略が生まれました。ウェブサイトや貴社のお得意さまを探してくれる会社は皆、手数料を要求してくるものですが、経費をあまり使わずにウェブサイトを宣伝する方法はたくさんあります。そのひとつが、オプトインメールマーケティングであり、パーミッションマーケティングという名でも知られています。オプトインマーケティングには、顧客に貴社の販促資料を購読してもいいという許可をもらうことが必要です。この資料には、E-mailで送るニュースレター、カタログ、販促メールを使います。オプトインマーケティングメールを送れば送るほど、製品が売れるチャンスが広がります。だからこそ、オプトインマーケティングリストの会員になりたいと思う人のリストを作らなければなりません。このリストの中から、ターゲットとなる顧客をゲットするのです。貴社の販売商品にすでに興味を示している人で、しかもリストの会員になりたいと言っているのですから、これはもう良いリストに間違いありません。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ -8-
  • 9. E-mail マーケティング AtoZ貴社サイトで見た製品を気に入って、もっと見たいと考えてくれればしめたものです。貴社の提供する製品やサービスなら何でも買ってしまう、という人も出てくるかもしれませんよ。名前や住所を集めてリストを作るなんて、手間暇かかる骨の折れる仕事だと思っている方が多いでしょう。でも、それは間違いです。ちょっと辛抱強く作戦を立ててリストを作れば、貴社サイトおよび会社のターゲット市場は爆発的に拡大していきます。ビジネスを新局面に!サイトのアクセス数増加や大儲けをお望みなら、オプトインメールリストは、あなたのベンチャービジネスに驚くような効果をもたらしてくれますよ。インターネット上には、リストを作る上で従うべき情報源や記事がたくさんあります。しかし、時にはわかりにくいと思うこともあります。それは、あまりにもその方法が多岐に渡るからです。オプトインメールリストを作るときは、その目的やターゲットに合わせて、全く違ったアプローチで進めていかなければなりません。このとき、注意すべき重要ポイントがいくつかあるのですが、ここでは4つ紹介しておきましょう。1) 入会用ウェブフォームの入り口を各コンテンツの最後に入れておき、すぐに手続 きできるようにしましょう。まだそれは早過ぎるよ、と感じる人もいるかもしれませんが、まず迅速さという点で好印象を持ってもらうことを忘れないでください。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ -9-
  • 10. E-mail マーケティング AtoZサイトを閲覧していて、気に入らないところがあったりすると、来訪者はさっさとサイトから出て行って、リストの入会のことなんか頭の中からきれいさっぱり忘れてしまいますよ。オプトインメールリストの入会用ウェブフォームを良いものにする方法は、何も難しいことではありません。ただ、サイトの最新情報をもっと知るにはどうしたらよいのか、簡潔に説明しましょう。それから、名前とメールアドレス入力エリアを入れるのを忘れないようにしましょう。このウェブフォームは、自動的に入力されたデータをセーブし、あなたに送信します。たくさんの人が入会すればするほど、リストは膨大なものになります。2) 第一のヒントで述べたように、ホームページはものすごくインパクトのあるもの にしましょう。良い記事や解説をウェブサイトに載せましょう。来訪者の心をわしづかみにできるかどうかは、ウェブサイトの内容の良さにかかっていると言っても過言ではありません。とにかく使いやすく、便利なウェブサイトにしましょう。誰もが技術に詳しいわけではないのですから、利便性は大切です。ウェブサイトを良くするためには、どんどん投資してください。それには、きれいな画像を使った方が良いですが、やり過ぎもよくありません。何ごとも、ほどほどということも忘れないでください。大容量のホームページを作るなど、時間の無駄です。誰もがT1インターネットにつないでいるわけではありません。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 10 -
  • 11. E-mail マーケティング AtoZさくさく動いた方がベターです。お手軽さと洗練された知識の境目はどこが、見極めましょう。3) 良いサービスと製品を提供しましょう。リピーターができれば、雪だるま式に儲かります。製品に満足してくれた顧客は、この先ずっと会社の製品を他の人に薦めてくれることでしょう。口コミや人の推薦というのは、お金のかかる広告よりずっと儲けにつながるものです。顧客名簿が大きくなるにつれ、オプトインメールリストも膨大になってきます。リストのメンバーが増えれば増えるほど、多くの人が貴社の新製品のことを知るようになるのです。4) リストは、クリーンかつ非公開にしましょう。決して顧客の信頼を失わないようにしましょう。もしもあなたから迷惑メールをもらったと会員が思えば、登録を解除されてしまうでしょう。いいですか?良い噂というものが顧客の好感度を高めると同時に、来訪者数や加入者数を押し上げるのです。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 11 -
  • 12. E-mail マーケティング AtoZオプトインメール入会者を即座に信用させる4つの方法海外では、E- mailアカウントに迷惑メールが来ないようにセキュリティを強化している一方で、製品、サービス、ウェブサイトを宣伝するメールを購読している人たちもいます。こういったメール購読者は、ウェブサイトが提供する商品や、自分たちのためになる情報をもっと知りたがっています。自分が興味を持っている内容や選り抜きの市場の新製品について、どんどん情報を送って欲しいのです。会社にとって、このような顧客こそ良い見込み客になります。基本的には、このタイプの人には信用が第一です。そういう顧客は、一旦あなたを信用したらあなたを信じてどこまでもついて来ます。インターネットユーザーの多くが、迷惑メールを撃退するためには労力を惜しみません。インターネットのフリーメールのプロバイダや、インターネットサービスプロバイダの中には、迷惑メール撃退サービスを提供しているところもありますし、インターネットベースの会社では、あなたからのメールを選別しているところもあります。オプトインメールリストを使えば、ニュースレター、カタログ、マーケティングメディアといった販促資料を掲載したメールが、きちんと届いてくれます。対象とするメール受信者が送付メールを読んでくれたら、情報転送が成功したと言えます。もっとも、メールを受信してもらうには受信者の許可がいりますし、許可を得るためには信用を勝ち取る必要があります。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 12 -
  • 13. E-mail マーケティング AtoZインターネット上のプライバシーを重要視し過ぎるこの世界で、個人的に面識のないインターネットユーザーの信頼を得られれば、ものすごい成果があがったことになります。オプトインメールリストを作るためには、迅速に人々の信頼を勝ち取りましょう。というのは、できるだけ早く信用させて、速やかにオプトインメールに入会させる必要があるからです。オプトインメールリストが迅速にできればできるほど、ウェブサイトと会社の噂は巷にどんどん広がります。オプトインメールリストの大きさが拡大すればするほどアクセス量も増え、大きな利益が上がります。考えてみれば実に簡単な算術です。しかし、数字を増やすことは簡単なことではないでしょう。いかがですか?・ まっとうな商売をしていれば、顧客の信用を勝ち取るのはそれほど難しくありま せん。顧客の信頼が得られるかどうかは、あなたの専門的知識にかかっています。人は、知ったかぶりしない人を信頼するものです。興味が持てそうなビジネスに、今まさに飛び込まんとするあなた。そのビジネスに関するあらゆる知識や情報を貯えましょう。バスケットボール選手が、引退後コーチになる割合を見てごらんなさい。どうですか?全く興味のないものに夢を賭けてみようとは思わないでしょう? 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 13 -
  • 14. E-mail マーケティング AtoZ・ あなたが決して知ったかぶりをしているのではない、と顧客に知らしめるので す。販売製品に関連したお役立ちヒント集や、ガイドラインを提供しましょう。ハードウェア製品を販売されているなら、ルーフの取り付け方法について話されてはいかがでしょう。また、訴訟専門の弁護士をされているのなら、保険の示談交渉の記事を提供したらいかがですか。オプトインメールリストを作るからと言って、別に巨大企業になる必要はないのです。あなたが知ったかぶりをしているわけではないとわかりさえすれば、顧客はすぐにでもあなたを信頼してくれますよ。・ 顧客には誠実であれ。即ち、製品やサービスを宣伝してくれた人にはギャランティを提供しましょう。顧客の満足度が上がれば上がるほど、顧客が貴社の宣伝をしてくれる確率は高くなります。だいたいにおいて、人は、誰かが薦めてくれるからという理由で他人を信用するものなのです。そうなればしめたものです。ウェブサイトを訪れ、自分の目で製品を確かめ、他の人が値引きしてもらったのと同じおいしい体験を味わってしまえば、必ずや貴社の提供するサービスのとりことなるでしょう。・ 一刻も早く顧客を得るための次のヒントはこうです。つまり、逃げ場を与えてやるのです。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 14 -
  • 15. E-mail マーケティング AtoZウェブサイトの来訪者を罠にかけるつもりはないのだと、これみよがしに知らせてやるのです。リストはクリーンな状態にして、いつでも購読解除できるようにしておきましょう。リストからの購読解除方法に関するインフォメーションを載せるなど、ウェブフォームは工夫しましょう。希望するときはいつでも、サービスを購読解除できる約束にしておきましょう。皆、迷惑メールに悩まされてにっちもさっちもいかなくなり、E- mailアカウントを廃止するハメになるのではないかと警戒しているのです。顧客の信用を一度つかんだら、くれぐれも失わないようにすることです。E-mailアドレスを販売したり、配布したり、何でもありの状態になれば、現在の会員を失うだけでなく、これから会員になる人もいなくなってしまうでしょう。会員の信用を得る最速の方法は、会員が信頼している人から推薦を受けることです。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 15 -
  • 16. E-mail マーケティング AtoZ熱心な会員リストを作る方法オンラインビジネスとは、顧客を満足させるために素晴らしいサービスを提供するものです。各顧客が受け取った製品やサービスに満足すれば、リピーターとなり、また製品を買ってくれるチャンスが大きくなります。さらに良いことに、第三者に薦めてくれるので、まさに濡れ手に粟の状態になります。ウェブサイトのアクセス数が増えたら、メーリングリストやオプトインメールリストへの入会を勧めましょう。これが販促資料の送信を認めてくれる、ウェブサイト来訪者のリストになります。この資料は、ニュースレター、カタログや、ウェブサイトの最新情報を伝えられる物にしましょう。こういった販促資料は、折に触れE- mailを介してリスト会員に送付します。マーケティングや広告の媒介としてE- mailを使えば、コストを抑えることができます。E-mail自体は無料ですし、販促広告をご自分で作られればさらに大金が浮きます。オプトインメールの購読者リストがあれば、購読者はまず間違いなく、こちらが送信したメールを開いて読んでくれます。サービスに入会し、メールを受け取ることを承諾してくれたのですからね。つまり、こういうことです。宣伝や特別割引とは別に、製品、あるいは新製品やサービスのすべてを、会員にたびたび思い出させてあげるチャンス。そんなおいしい状況を作ることができる、ということです 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 16 -
  • 17. E-mail マーケティング AtoZ購読者が家族や友人にウェブサイトのことを話してくれれば、今後どんどん顧客になってくれるチャンスも生まれてくるはずです。もちろん、会員が期待外れだと思って購読解除する可能性も念頭に置かなければなりません。顧客が確実にあなたのオプトインマーケティング戦略に満足して、ニュースレターやカタログをずっと受け取ってくれるように気を配りましょう。ここで、熱心な会員リストを作るのに役立つヒントをいくつかご紹介します。販促資料を面白くしましょう。ちょっと創造力も働かせてみましょう。しかし、芸術的過ぎるのはいただけません。製品やサービス中心に考えて作ってみましょう。例えば、こうしてはどうでしょうか。自動車部品を販売されているなら、自動車部品業界の最新情報として写真を掲載するのです。どの車種にもつけられる、新しいウィングドアの写真。これをランボルギーニ風にしてみてはどうでしょう。人々の求めるものをリサーチしましょう。そうすれば常に顧客の先を行くことができますし、最新の情報をお届けできるのです。人は、あなたからのメールを待ち望むようになります。あなたのメールができたてホヤホヤの情報を教えてくれるのだと、わかっているのですから。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 17 -
  • 18. E-mail マーケティング AtoZこれぞ情報といった記事だけでなく、同時に軽めの内容も折り込んだ、いい記事にしましょう。購読者が記事を楽しんでくれれば、もっと読みたくなり、ニュースレターに書いてあるリンクをクリックしてウェブサイトを訪問してくれるでしょう。あとは、万人に関わる記事を提供することです。また、記事にはバリエーションを持たせましょう。ある記事はユーモラスに、ある記事は情報を盛り込んで、またその両方を使った記事も入れましょう。ものを書くことがお好きでないから、それはちょっととおっしゃいますか?大丈夫です。プロのベテラン記事ライターの方が、わずかな原稿料で記事を書いてくれます。彼らはよくわかっています。ニュースレターにちょうどいい記事を書いてくれますよ。記事の原稿料は、入会数や今後の販売利益に見合った額を支払えばいいのです。会社やウェブサイトに関する内容のE- BOOKを作り、顧客に送ってあげましょう。あなたの専門分野の知識を総動員して、趣味を共有する人の手助けをしてあげましょう。ただし、このE- BOOKは無料で提供しましょう。そうして、購読者の役に立つ情報を発信してあげるのです。例えば、こんなものはいかがでしょうか。いろいろなもののマニュアルやガイドを作るのです。このようなE- BOOKは、参考資料としてたくさんの人に利用されることでしょう。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 18 -
  • 19. E-mail マーケティング AtoZこのE-BOOKは、皆で共有しましょう。他サイトとも共有してかまいません。ただ、E-BOOK中にあるウェブサイトへのリンクは、変えられないように気をつけてください。お望みなら、記事同様、ライターの方を雇ってもいいでしょう。こういった投資こそが、大きな市場を産み出すのです。ニュースレターにオンラインクーポンをつけて、特別割引を利用できるようにしましょう。オンラインクーポンには管理番号をつけて、一度しか使えないようにしましょう。ニュースレターでオンラインクーポンを見つけて割引を受ければ、その顧客は次も何かサービスがつくのでは?と期待に胸を膨らませてニュースレターを受け取ることでしょう。購読者がニュースレターで恩恵を受ければ、どんどんメールを受信してくれるようになります。だからといって、メーリングリスト会員をメールの洪水で溺れさせたりしないでください。うっとうしがられること請け合いです。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 19 -
  • 20. E-mail マーケティング AtoZ読者のハートをわしづかみにする話題インターネットベースのビジネスにおいては、覇権争いが熾烈化しており、わずかな報酬で成功へと導いてくれるウェブサイトがたくさん立ち上げられています。しかし、熱心な支持者リストを作るのに、それほど金を使わなくて済む方法もあります。ウェブサイトのアクセス数や来訪者数が満足できる数字になれば、オプトインメールリストを作る基盤作りができたも同然。そこからどんどんリストを大きくしていきましょう。オプトインメールリストがあれば、購読者の同意を得て、ニュースレターを送付することができます。人々は、購読すればウェブサイトや業界の最新情報をE- mailで送ってもらえる、と知っているからこそリストに入会しているのですから。しかしだからと言って、購読者全員がニュースレターを読んでいるとは限りません。フリーウェアがついているとか、宣伝で割引がつくからという理由でリストに名前を載せている人もいるのです。企業からE-mailを受け取ることにあまり乗り気でない人もいますし、サイバースペースの無駄使いだと判断して、せっかくのE- mailを開きもせず削除してしまう人もいます。実は、そんな人たちの心も変えることができるんですよ。E-mailメッセージを送信するのは、だいたいニュースレターを作った後ですよね。彼らにE- mailを開かせるのは、そんなに簡単ではありませんよ。ニュースレターを作るのに費やした時間や労力を無駄にしたくないでしょう?人に読んでもらって、しかも興味を持ってもらいたいとお思いでしょう? 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 20 -
  • 21. E-mail マーケティング AtoZ興味は充分あるはずです。彼らは貴社ウェブサイトを訪れ、ページを閲覧した人たち。何よりも、貴社製品やサービスを購入してくれたお客様なのですから。方法はたくさんありますが、ひとつだけあなたにお教えしましょう。あの手この手で工夫した記事を読ませて、購読者の心を絡め取るのです!E-mailの題名については、受信者がE- mailを開くタイミングによって変えましょう。販促用E- mailを送る上で最重要ポイントのひとつは、注目を集める題名にすることです。題名は簡潔なものにしましょう。E-mailの題名で、内容がだいたいわかります。受信者は題名を見て内容を想像しますから。購読者のハートをわしづかみにすることは必須です。常に購読者の心をつかむような題名をつけ、ついついE- mailを開いてしまうという状況に持って行きましょう。ですが、ここで注意してください。E-mailを開いたからと言って、必ずしも読むとは限りませんよ。うまい題名が、受信者の好奇心を満足させることは間違いありません。しかしこれでは文字通り、受信者にメールを開かせただけです。もっと読もうと思わせるプラスアルファがないと、メールを開封してはもらえません。受信者に取って欲しいリアクションを、明確に打ち出すことが必要です。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 21 -
  • 22. E-mail マーケティング AtoZ受信者や購読者が受信メールに目を通すのは、せいぜい数秒といったところです。そのたったの数秒で、読者の心を捉えなければならないのです。題名に使えるテンプレートはたくさんあります。E-mailの題名は、あるトピックに関するヒントや手法を教えてくれる内容だとわかるようにしましょう。このようなキーワードや、キーワードとなるフレーズを使うのです。「∼の方法」「ヒント」「∼の手引き」「手法」といった言葉です。メールの題名を、疑問形にするのもよいでしょう。このような疑問を入れるのです。「あなたは、ご自分のお仕事に飽き飽きしていませんか?」もしくは、「あなたの上司は、常にあなたの味方ですか?」メールの題名は、貴社ウェブサイトの内容に沿ったものにしましょう。購読者が題名に興味を惹かれて入会してくれたのだとわかるようにするためです。このタイプの題名は、受信者の心の琴線に触れるという点で、かなりの効果があります。題名の中の問いかけを読んだ読者の心にはもう、その答えが浮かび始めているのですから。題名は、命令形でもよいでしょう。このようなメッセージはいかがでしょう。「今すぐご注文を!1度のご注文で、一生のチャンス!」もしくは、「年収を2倍、3倍、さらには4倍にしましょう!」 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 22 -
  • 23. E-mail マーケティング AtoZこの手の題名は、貴社の販売製品やサービスによって提供できる利益のことを謳うようにします。購読者の気をひくのに、ニュース速報を使うのもいいでしょう。例えば、貴社が車のエンジン部品を扱っておられるなら、こういう題名はいかがでしょう。「ガソリンなしで動く、ニューエンジン発売!なんと水で走行!」こういう題名は、読者の好奇心をそそります。これを見れば、ついついメールを開いて読んでしまうこと請け合いです。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 23 -
  • 24. E-mail マーケティング AtoZ購読者に「もっと!」と言わせる方法試験的に、私の友人に10個のオプトインメールマーケティングリストの会員になってもらい、どのリストがいいのか調べてみました。販売額やアクセス数を押し上げるために、会員に販促資料を送るウェブサイトやオンラインビジネスはたくさんあります。オプトインメールマーケティングというのは、ウェブサイト来訪者の同意を得て、ニュースレターや最新カタログ、毎月、毎週、半期に一度と更新される販促資料を送信するタイプのビジネスです。リストに載っているインターネットユーザーは、E- mailで最新版を受け取るのです。販促資料に興味をそそられれば、ウェブサイトを訪れて商品を見て回り、中にはすぐに商品を購入してくれる人も出てくるでしょう。つまり、ウェブサイトのオーナーはこのE- mailを使ってリスト会員にサイトのことを思い出させ、販売の大チャンスを作るのです。インターネット上で、似たような製品やサービスを売り込んでいるサイトはたくさんあります。こうして競争が熾烈化する中で、忘れてはならないことがあります。ここで、私が友人に頼んだ実験を思い出してみましょう。オプトインメールマーケティング戦略により、いかにして人は、もっともっとと要求するようになってくれるのか。それを友人に調べてもらいました。たいへんシンプルな方法で送信されているところもありました。突飛なものもありましたし、その中間というものもありました。その違いは、歴然です。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 24 -
  • 25. E-mail マーケティング AtoZ有効なオプトインメールマーケティング戦略を、すでに手中に収めたサイトもありましたよ。友人がそのサイトをすごいと評した理由はこうです。サイトを訪問し、閲覧したくてたまらない気持ちになったというのです。さらには、途中で財布とクレジットカードに手を延ばしてしまい、今回はただの実験だという事はきれいさっぱり頭の中から消え失せてしまったと言うのです。多くの会社やウェブサイトが、バラエティ豊かなコンセプトで販促資料を提供しています。各々が独特のスタイルやデザインを持っていますが、アウトラインやプレゼンテーションよりも、オプトインメールマーケティングに引き寄せられてやって来た見込み客の心を惹きつけておけるのは何か。それは他の何物でもありません。コンテンツや記事なのです。ここで、独創力というものがカギとなってきます。満足度の高いオプトインメールリストやフォーラムの会員の話を聞くことにより、私にはオプトインメールリストに不可欠なものの何たるかがわかりましたし、購読者が購読解除もせずに、もっともっとと先を求める理由を知るに至りました。つまり、ライトかつ創造的でオリジナルな販促資料にしておくのです。実にたくさんの人が、ストレスでくたくたの世の中です。堅苦しいビジネスの提案をしたのでは、よけいにイライラしてしまいます。なるべくお気楽なE- mailにしましょう。心温まる人なつっこい笑顔やジョークの方が、真面目くさった商談などに比べてどれほど歓迎されるものかおわかりでしょうか。製品やサービスを顧客に買っていただこうと、心からお考えでしょう? 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 25 -
  • 26. E-mail マーケティング AtoZ楽しませてくれるサイトとお客に思わせたいのでしょう?写真や貴社に関連する記事で、E-mailを飾り立てるのです。ここで忘れてはならないことは、いいニュースや心温まるイメージも掲載するということです。読者を陽気な気持ちにさせておけるようなニュースレターや販促資料を提供しましょう。マテリアルのアイキャッチを作り、目を逸らすことができないようにしましょう。読者の興味をガンガン煽りましょう。コンテンツや記事は良いものにしましょう。ベテランのプロコピーライターに依頼することになってもかまいません。プロのコピーライターの手にかかれば、貴社と顧客の信頼を築くことなど朝飯前です。もっともらしいコピーを考えてくれること請け合いですよ。コピーには情報を盛り込みつつ、堅苦し過ぎないものにしましょう。専門用語を避け、受信者に「語りかける」ようにするのがポイントです。良い記事やコンテンツからは、製品やサービスのメリットがだいたい伝わって来るものです。売れ筋商品の良い点も、おのずとわかってきます。ですが、勇み足になっていたり、勧誘したいという気持ちが丸出しになっていたりするのは良くありませんよ。買わせようとするだけでなく、読者を楽しませることが大切なのです。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 26 -
  • 27. E-mail マーケティング AtoZ販促資料は、わかりやすいものにすべきです。読者に疑問を抱かせたままではいけません。読者をあなたのところへと導くのです。その逆はいただけません。読者に必要なことは何か、わかりやすい方法で説明するのです。ターゲット層のニーズを先取りしましょう。リサーチ、情報収集をしっかりとしましょう。リサーチ関連のウェブサイトは、たくさんありますよ。提供する製品のイメージを、わかりやすく簡潔に伝えましょう。何を販売しているかわかった方が、さらに続きを見たくなりますよね。例えば、自動車を販売されているのなら、車関連の写真を載せるのです。写真を見て思わずウェブサイトのリンクをクリックしてしまうような写真ならば、間違いありません。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 27 -
  • 28. E-mail マーケティング AtoZオプトインメールリストにあなたの記事を使えますか?ウェブサイトの顧客をつかむことは、貴社の提供する製品やサービスの品質の良し悪しと同じくらい重要です。顧客からお金をもらう代償として満足を提供しようとお考えなら、このふたつを同時に行わなくてはなりません。カスタマーサービスがあれば、顧客に同等の満足を与えられるので良いでしょう。マーケティングとカスタマーサービスを兼ね備える方法のひとつが、オプトインメールマーケティングです。オプトインメールリストを使えば、貴社ウェブサイトや製品をちょうどいいペースで紹介していけます。オプトインメールマーケティング戦略は、ただ同然のコストで時間もかかりません。さあ、サイト来訪者の許可をもらうのは今です。ニュースレターや、カタログ、無料資料といった他の販促資料を購読してもいいと言ってもらうのです。オプトインメールマーケティングでは、E- mailを送る購読者のリストを使います。このE- mailには、購読者に送る資料が入っています。購読者の興味をそそり、もっと読みたいと思わせるような、いわゆる販促アイテムをプレゼントするのは必須です。それには、面白くて情報たっぷりの記事を提供するのが一番です。コンテンツやお役立ち情報で埋め尽くされた素晴らしい記事を送れば、購読者は、ますますオプトインメールリストに魅力を感じるようになるでしょう。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 28 -
  • 29. E-mail マーケティング AtoZ貴社ウェブサイトのコンテンツを読めば、続きに興味が出てくるでしょう。ニュースレターを購読すると、その続きをちらっと垣間見ることができるようにしましょう。多くのウェブサイトや企業が、記事の重要性に注目しています。このことは、サーチエンジンの最適化にも一役買っています。人々が必要な情報を求めてインターネットを利用すればするほど、貴社の記事を介して正確な情報を提供することにより、ウェブサイトのアクセス数が上がります。アクセス数が増えれば、販売率も増加します。売り上げが増えれば、どんどん儲かります。ニュースレターだけでなく、ウェブサイトのコンテンツの方でも、よくまとまった質の高い情報や、キーワード満載の記事の重要性がクローズアップされるようになってきています。こういった記事の内容は、インターネット上で、たくさんの人が求めている情報にしましょう。貴社ウェブサイト情報が人々のニーズに合えば、たくさんの人が、情報やリサーチを求めてウェブサイトにやってくるはずです。よくまとまった記事を載せれば、ウェブサイトの評判はグングン上がります。記事を情報で満載にすれば、あなたが取り扱っておられるテーマに関して博識であり、専門家であられると、読者が思ってくれるでしょう。ですから、よくリサーチして、読者が信頼できる記事にしましょう。一旦信頼さえ得てしまえば、読者は、向こうからどんどんやって来るものです。また、あなたがその記事を書いてもいいのですが、貴社のビジネスタイプに深く関わりのあるテーマを取り上げてくれるよう、他者に依頼してみてはどうでしょう。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 29 -
  • 30. E-mail マーケティング AtoZある病気の治療薬のウェブサイトであるなら、記事はその病気関連のものが良いでしょう。もしくは、家の修繕用品を販売されているなら、家の修繕をテーマとして記事を書きましょう。記事に求められているのは、ヒント、ガイドライン、手法、マニュアルといったものなのです。顧客にこういった記事を提供して信用を得られれば、顧客は製品だけでなく、助言やアドバイスを求めてしょっちゅうサイトにやって来るでしょう。ここまで顧客を信じ込ませれば、もうオプトインメールリストの会員になって全情報を受け取ってくれたも同然です。ニーズに応じた回答を提供できれば、誰もが喜んでニュースレターを受信してくれます。十分な情報を与えてくれる、販促資料は言わずもがなです。記事が面白いと思ったら、第三者に転送までしてくれるかもしれませんよ。ニュースレターにリンクを張って、第三者が記事をもっと読めるようにしましょう。リンクをクリックするだけでウェブサイトに飛べるようにするのです。ウェブサイトの記事が面白ければ、オプトインメールリストの会員にもなってくれるかもしれませんよ。そうすれば、リストはどんどん膨大になっていきます。ニュースレターや販促資料では、常に購読者を楽しませるよう心がけましょう。ウェブサイトやニュースレターの記事は、常に質のいいものにしておきましょう。記事を書くのに興味がないとか、時間がないとかおっしゃるなら、プロのベテランライターを雇ってください。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 30 -
  • 31. E-mail マーケティング AtoZこの投資は、いずれペイできます。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 31 -
  • 32. E-mail マーケティング AtoZニュースレター発行時に考慮すべき5つのポイントオプトインメールリストの購読者にニュースレターを送れば、ウェブサイトや会社の販売利益がアップするのみならず、ウェブサイトのアクセス数増加に伴う利益が大きいと言えます。これこそが、プロジェクトを進める上で重要なマーケティング戦略なのです。これにより、マーケティング費用があまりかからない上、人手も少なくて済みます。ニュースレターを使えば、貴社のサービスだけでなく、会社や製品についてみんなに知ってもらうことができます。宣伝や製品だけでなく、会社の今の姿を配信し続けていけば良いのです。そうして、購読者に思い出させるのです。会社がここにしっかり存在し、お得な買い物やサービスを提供してくれることを。ニュースレターを発行すれば、購読者の心を動かすことができます。身近なトピックや、提供できるメリットに関する専門知識の見せ所です。人の心を動かすことさえできれば、その人が顧客になるかもしれませんし、さらには、友人、同僚、家族にも薦めてくれるかもしれません。将来的には、全員が顧客になってくれるかもしれないのですよ。ニュースレターをまだウェブサイトで発行されていないなら、そろそろニュースレターを発行すべく、リサーチを始められた方がいいでしょう。たやすいことではないとお思いでしょうが、的確なアイデアとプロセスを持ってすれば順風満帆と言えましょう。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 32 -
  • 33. E-mail マーケティング AtoZじっくりと方法を学び、ニュースレター発行に着手して、ウェブサイトへのアクセス数を増やすだけでなく、ニュースレターにも人を惹きつけていきましょう。以後しばらく、段落を割いて、ウェブサイトのニュースレターを発行するに当たり、熟考すべき事柄を説明したいと思います。ニュースレターを発行する上で考えるべきことは、5つあります。 1) ニュースレターのコンテンツは、会社やウェブサイトのテーマに沿ったもの にしましょう。 専門分野に関する話題をくどくど話しすぎるのもよくありません。 あなたのサイトはもう立ち上がっていますよね。 そのサイトの話題は、常にあなたの精通しているものにしておくべきです。 なぜか。例を挙げて示しましょう。 自動車部品を販売されているのなら、ニュースレターに載せるのは、自動車や自動 車部品関連の写真などの記事やコンテンツがよいでしょう。 会社やスタッフに関するコンテンツでもよいでしょう。 ウェブサイトの来訪者は、そのサイトに行くと何を見ることができるのか。 その興味ゆえに、サイトを訪れるのです。 そのことを忘れないでください。 オプトインメールリストに入会してニュースレターを購読すれば、興味のある分野 の最新情報が来るのを首を長くして待つようになります。 ニュースレターを発行する際には、購読者の関心だけでなく、ニーズにも気を配っ てください。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 33 -
  • 34. E-mail マーケティング AtoZ2) 情報や記事やコンテンツはよく吟味し、上質のものにしましょう。記事は、ニュースレターの中核を成すものです。情報を提供するだけでなく、読者をワクワクさせてあげましょう。記事はよく練り込んで、文字や文法のミスなどないようよくチェックし、信頼できるプロが書いているのだと思わせましょう。顧客があなたとニュースレターを信頼してくれるか、それはこの点にかかっています。3) 記事に書いてある内容の裏を取りましょう。事実や数字は正確なものを使い、その道の専門家としての評判が疑われることのないようにしましょう。購読者の信用を失えば、ニュースレターを購読解除されることにもなりかねません。そうすれば、この先販売できるチャンスを逃すことになってしまいます。4) 購読者には、湯気が出るようなホヤホヤの記事を提供しましょう。ニュースレターにカビが生えたようなニュースを載せたら、人はこう思いますよ。もう読んだことあるよ。知ってる、知ってる。これでは、みんな貴社のニュースレターに興味を失ってしまい、肝心な広告を読んでくれなくなります。この先誰も開封してくれないのでは、ニュースレターを発行する意味がありません。ニュースレターで釣ってウェブサイトに来てもらい、製品を買ってもらおうと思っていたのですから。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 34 -
  • 35. E-mail マーケティング AtoZ5) 写真や記事といった、著作権のある資料は使わないでください。それではあからさまな盗用です。トラブルに巻き込まれる元になりかねません。会社を失ったり、著作権侵害で訴えられたりする可能性もあります。自身で記事を書く余裕がおありでないなら、プロの記事ライターの方がお手頃な原稿料で代筆してくれますよ。記事の執筆出版にかかる投資はすべて、十分に元が取れます。リストのメンバーが増え、アクセス数が増加してくればそれがわかります。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 35 -
  • 36. E-mail マーケティング AtoZリスト会員宛E-mail 3つのNGオプトインメールリストを作ろうと決めたら、次に考えるべき問題は、購読者に販促用のニュースレターやカタログを送ることだけではありません。厄介ごとを避ける上で、考慮すべき点がたくさんあります。人をリストに入会させる方法はたくさんありますが、購読解除させないようにする方法もいくつかあります。それはさておき、法律やインターネットサービスプロバイダ絡みの問題は避けたいとお考えでしょうね。現在、インターネットユーザーのプライバシーを迷惑メールや不要メールから保護するべく、多くの法律規定が適用されています。E-mailは、低コストゆえにマーケティング媒介として人気があり、多くの会社が何かと機会を捕らえては、人々のE- mailアカウントを販促メールの洪水で溢れさせてしまう世の中です。しかし、オプトインメールリストを使えば、そうしたトラブルは避けられます。ニュースレターや販促資料が欲しくてリストに入会した人たちなんですからね。リスト入会に同意しているとはいえ、混乱を避けるため、オプトインメールリストに購読解除機能を設けるのを忘れないようにしましょう。また、本人が知らないうちにE- mailアカウントが登録されていることもあるので、注意が必要です。リストは、きちんとクリーンな状態で管理しておくべきです。オプトインメールリスト用のツールや技術を多用して、リストの整理をしておきましょう。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 36 -
  • 37. E-mail マーケティング AtoZ心配は要りません。マーケティング戦略に投資した分は販売数に、ひいては利益となっておつりが来るほど還ってきます。あなた自身も会社も、法律やインターネットサービスプロバイダ絡みのトラブルとは無関係な状態にしておきましょう。取り引きは、合法的かつクリーンに行いましょう。法にのっとったビジネスマンであり、合法サイトであるという評判を得られるかどうかは、誠実なマーケティングブレインになれるかにかかっています。以下、そのヒントとして、リストの会員にE- mailを送るときにしてはならないことを、3つ挙げておきます。 1) 送信に失敗したメールアカウントに注意しましょう。 そのE- mailは、宛先不明で戻って来たのです。 返って来たE- mailは不達メッセージとも言いますが、いかなる理由であれ、送信し ようとした人に受け取ってもらえなかったということです。サーバーがビジーだというメッセージがあれば、もう一度送信すればよいでしょう。受信者の受信箱が一杯になっているため戻って来たとも考えられます。単に送信出来ないという旨の不送信通知が届くこともあります。この場合、E- mailアドレスが無効であることが考えられます。つづりが間違っている可能性もありますし、もう使われていないアドレスかもしれません。リスト中の受信されなかったアドレスをチェックしましょう。そのE- mailアカウントをリストから削除し、正確なデータにして、何人がメールを受信したかがわかるようにしておきましょう。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 37 -
  • 38. E-mail マーケティング AtoZE-mailアドレスのつづりのチェックもしてみましょう。.comのMがNになっているような間違いが、よくあります。 2) 貴社ウェブサイトに購読解除機能を設け、E-mail中に購読解除用リンクを載 せておきましょう。 リストの登録者が購読解除をしたいと言えば、きちんと解除してあげましょう。 リストから削除しないでE- mailを送り続けるのでは、迷惑メールを送りつけている ことになってしまいますからね。一度迷惑メール発信者として報告されれば、貴社は何かとトラブルに巻き込まれますよ。通報されたら、インターネットサービスプロバイダのブラックリストに載ってしまうでしょう。そうすれば、購読者をたくさん失うだけでなく、この先誰も入会してくれなくなりますよ。 3) 描写のある、ショッキングなお騒がせコンテンツをニュースレターに載せな いでください。 受信者の年齢層は特定しにくいものですし、不満の元になりかねません。 物議を醸すような問題も購読者に良くないレッテルを貼られてしまいそうですか ら、やめたほうが無難でしょう。 ニュースレターは、ウェブサイトや会社のカラーに合ったものにしておきましょ う。この記事で書いたヒントを常に忘れないでください。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 38 -
  • 39. E-mail マーケティング AtoZそうすれば、オプトインメールリストの会員にE- mailを送る際に、どこまで大丈夫か。その境界を侵すことなく、順調な関係を保っていくことができます。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 39 -
  • 40. E-mail マーケティング AtoZリストだけを使って儲ける 7つの方法オプトインメールリストは、ウェブサイトやインターネットベースの会社にとって極めて重要なものです。すきま市場の小さなベンチャービジネスにとっても、オプトインメールリストがあるだけで大違い。濡れ手に粟とはこのことです。Eコマースサイトでは、ほとんどが、大なり小なりオプトインメールリストを利用しています。オプトインメールリストを使えば、会社はE- mailを介して製品やウェブサイトを売り込むことができます。オプトインメールリストを使うことにより、ウェブサイトと購読者の間で、貴社ニュースレターの送受信が合意をもってスムーズに行われるのです。こうして、購読者にいつでも最新の製品情報などをお届けすることができます。その上、両者合意の上ということで、リストの会員はどんなメールを送ったとしても迷惑メールだとは思いません。カタログやニュースレターのような販促資料を、たくさんの人に読んでもらえるのです。購読者自らが、記事が読みたくてニュースレターを購読したのですから。オプトインメールリストを作るのは大事なことですが、実際には、オプトインメールリストに入会している人はごくわずかです。販促メールをうっとうしく思う人は多いものですが、あなたのE- mailは素晴らしいニュースレターや販促資料を提供しているのですから、リストがどんどん大きくなっていくのは間違いなしです。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 40 -
  • 41. E-mail マーケティング AtoZその上で、ウェブサイトのコンテンツを良くしていくことも大切です。ウェブサイトを訪れた人がコンテンツを気に入ってくれれば、もっと見たいと思うようになります。ニュースレターを使って、ウェブサイトに顧客の興味を引き戻すこともできます。ちょっとした宣伝効果がありますからね。しかし、オプトインメールリストは、製品やサービスを売り込む以上にもっとずっと役に立ちますよ。すべてのリストが最大限に活用されているわけではありません。まずは、購読者がたくさんいるリストを作るのが肝心です。購読者が増えれば増えるほど、どんどん金が儲かります。ここで、リストだけを使って金儲けをする方法が、7つあります。 1) 広告を置きましょう。 謝礼を支払ってまで、購読者の多いオプトインメールリストにバナーや広告を張り たがる会社はたくさんあります。 リストを販売レンタルするのは得策ではありません。 せっかく会社が広告を置かせてくださいと言って来るのですから、それを利用しな い手はありません。 ニュースレターに広告をたくさんつければ、お金になります。 2) 貴社ウェブサイトと関連のありそうな会社と提携しましょう。 そうすればその会社は、会社のリンクと、製品やサービスに関する説明を提供して くれるでしょう。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 41 -
  • 42. E-mail マーケティング AtoZ購読者がリンクをクリックしてその会社のウェブサイトを訪問してくれる毎に、謝礼が入る仕組みです。これがP4P、いわゆる検索連動型広告、即ち、成果報酬型の広告なのです。3) リスト会員の販売額のうち、一定歩合で報酬をもらうよう他社と交渉しまし ょう。リスト会員がその会社の製品を購入したりウェブサイトを訪問したりする都度、一定歩合の報酬をもらうのです。会員が製品を購入すればするほど、どんどん儲かります。4) 他ウェブサイトの製品を、ニュースレターを通じてリスト会員に委託販売し ましょう。ニュースレターに製品の説明や記事、写真を載せましょう。購入希望者がいれば、ウェブサイトに注文して販売するようにしましょう。5) リスト会員に、記事をまとめたE-BOOKを販売しましょう。マニュアルやハウツー記事は、需要が大きいものです。わざわざお金を払って、特定のテーマに関する知識を求める人はたくさんいます。リストの会員は、あなたがその分野の専門的知識を持っていると信じて疑わないのですから、E-BOOKは売れるでしょうし、会員はますますリストにのめり込むようになるでしょう。6) リストから発展させて、ネットワークを作りましょう。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 42 -
  • 43. E-mail マーケティング AtoZ 会員に勧誘してもらい、ウェブサイトの来訪者やリスト入会者を増やしましょう。 リストが大きくなればなるほど、さらに多くの人がリンクやアフィリエイトリンク をクリックしてくれるようになり、広告料もどんどん入ってくるようになります。 7) 購読者は、掲載された情報が信頼できるとわかれば、その情報に喜んでお金を 支払うものです。 リストを使い、ウェブサイトの来訪者だけでなく、リストの会員もどんどん増やす のです。末筆になりましたが、リストの会員をビジネスパートナーにして、さらに大儲けしましょう。オプトインメールリストは、ビジネスを大きく発展させるための、パイプ役を果たしてくれるのです。∼終∼最後までご覧いただき、ありがとうございました。 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 43 -
  • 44. E-mail マーケティング AtoZおすすめリソース プロフェッショナルな商材を再販売して稼ぐ! 商材、セールスページ、ダウンロードシステム、 ビデオマニュアル、電話サポート・・・ 全てそろったパーフェクトクラブ! http://www.top-marketer.com/ 著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 44 -
  • 45. E-mail マーケティング AtoZ あなたは、Wordソフトで自分の名前を打てますか? もし出来るのなら、あなたは・・・ 商材を作らずに情報起業することが出来ます! http://www.infomake.biz/club/著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 45 -
  • 46. E-mail マーケティング AtoZ 販促用素材、再配布権付きお役立ちツール、 再配布権付きE-BOOKなど、たくさんの素材を 無料で提供しています。 あなたのアフィリエイト収入をアップさせる おすすめ情報も掲載しています。 ぜひご活用ください。 http://www.infomake.biz/affiliate/著者:infomake http://www.resale-rights-business.jp/ http://www.infomake.biz/ - 46 -