Code for japan in Osaka meeting

3,267 views
3,168 views

Published on

Code for Japan の大阪ミーティングのプレゼンテーション資料です。

Published in: Technology

Code for japan in Osaka meeting

  1. 1. ともに考え、ともにつくる Code for Japan Hal Seki 2013/10/11 in Osaka https://www.slideshare.net/hal_sk/ 1Friday, October 11, 13
  2. 2. Code for Japan とは? • クリエイターを中心としたコミュニティ 運営を通じて • 市民参加型の公共サービスの開発、運営 を支援する 非営利団体です 2Friday, October 11, 13
  3. 3. Code for America とは? • 公共サービスを市民参加型のプロセスで改善す るためのプログラムを提供する非営利組織 • 設立後3年で、15都市以上に対してエンジニアを 派遣、様々なアプリケーションを生み出している • 公共アプリケーションにおけるイノベーションに 対する成功事例として注目されている 3Friday, October 11, 13
  4. 4. を始めた経緯 4Friday, October 11, 13
  5. 5. Hack for Japan の活動などを通じて、 数えきれないほどのハッカソンを行ってきた 5Friday, October 11, 13
  6. 6. • ハッカソンは、コミュニティ形成や、問題への理解 の促進、コンセプトテストには効果を発揮する (シードの発掘) • 一方、サービスのインキュベーションフェーズをカ バーするものではない。(サービス化には明確な 「運営主体」が必要) • しかし、多くのサービスが運営主体を見つけらず 消滅した • 公共サービスの運営主体=地方自治体な事も多い 6Friday, October 11, 13
  7. 7. Code for America は「シビックテック」の概念で地方自治体を巻 き込んでいた。 フェローシップ ブリゲード 7Friday, October 11, 13
  8. 8. 正式に Code for Japan を開始 8Friday, October 11, 13
  9. 9. ともに考え、ともにつくる 9Friday, October 11, 13
  10. 10. ともに考え、ともにつくる 9Friday, October 11, 13
  11. 11. ともに考え、ともにつくる 工夫する、やり方を変える (イノベーション) 9Friday, October 11, 13
  12. 12. ともに考え、ともにつくる 工夫する、やり方を変える (イノベーション) 創発、プログラミング (ゼロから1を) 9Friday, October 11, 13
  13. 13. ともに考え、ともにつくる 工夫する、やり方を変える (イノベーション) 創発、プログラミング (ゼロから1を) 行政、民間企業、学者、個人 (多様性) 9Friday, October 11, 13
  14. 14. クレド(志) Code for Japanは、地域のことを考え、人々がより豊かな暮らしができる環境づくりのため に、IT技術を基盤に、課題解決に取り組んでいきます。 地域には、それぞれ違った問題や、困ったことがたくさんあります。その課題に対して、少 しでも解決したり効率化、便利さのために分野を超えた様々な人たちが集い、政府行政と地 域の人たち、そしてスキルや能力を持った人たちとが一緒になって取り組み、より良い未来 を作っていきます。 地域を、そこに住む人たちでより良くするために何ができるのかを共に考え、行動する。 How do を考え、そしてHow toを共有すること。 Codeとは、コンピュータを動かすのに必要な要素のことを指します。つまり、社会の基盤 である公共サービスをこれからの時代に向けてアップデートし、次の時代にふさわしい公共 サービスを含めた社会基盤を作り上げること−−それがCode for Japanなのです。 街に住むことを誇りに思い、誰もが街をより良くしていこうと行動すること。 テクノロジーは、未来を創る大きな支えとなります。テクノロジーを使う私たち自身が地域 を創っていく存在であり、Code for Japanはそれらの活動を支援していきます。政府行政と 地域の人たちと共に、これからの社会を始めていきましょう。 10Friday, October 11, 13
  15. 15. 1.地域課題解決 2.市民参画 3.コード 11Friday, October 11, 13
  16. 16. 12Friday, October 11, 13
  17. 17. 13Friday, October 11, 13
  18. 18. Code for America の活動 • 自治体に対しエンジニアを有償で派遣し新たな公共サービスを 開発するフェローシッププログラムを3年前に開始 • 昨年は、8都市へのフェロー募集に対して、550人の応募者が 殺到する狭き門。ウェブサービス・アプリも30近く開発 • プログラムの多様化、ファンディングの拡充(4億円規模) • インターナショナルパートナーシップを開始。 ドイツ、カリビアン、ポーランド、日本などが参加 • 連邦政府も注目、創業者がホワイトハウスからヘッドハント 14Friday, October 11, 13
  19. 19. 市民協働の仕組み作りの例 • 地域住民の意見を取り入れるためのウェブサイト開発 • 街の課題をスマートフォンなどで報告するシステム開発 • 既存オープンソースソフトウェアを活用したサービス作 り(オープンデータカタログなど) • オープンデータを活用してもらうための勉強会やハッカ ソンの開催 • 地域課題をITで解決する為のワークショップやハッカソ ン、アイデアソンの開催 など、地域の課題に合わせて様々な活動を行います 15Friday, October 11, 13
  20. 20. 先日、山本一太大臣もCfAを訪問 16Friday, October 11, 13
  21. 21. が注力すること 17Friday, October 11, 13
  22. 22. フェローシップとブリゲイド • フェローシップ:自治体へのIT技術 者の派遣サービス • ブリゲイド:自治体を中心とした、 IT活用の地域コミュニティ作りサー ビス 18Friday, October 11, 13
  23. 23. フェローシップとは 19Friday, October 11, 13
  24. 24. Code for Japan 自治体 技術者 優秀な技術者の派遣、サポート 市民 街の課題を解決するサ ービスなど 開発、運用 利用 フェローシッププログラム 自治体内で課題解決を行う アドバイ ザー アドバイ ザー アドバイ ザー フォローアップ 地域のIT技 術者を始めとするコミュニテ ィ活動の実施 実施 参加 優秀なIT技術者やデザイナーを派遣し、市民協働の仕組み作りをお手伝いします。 20Friday, October 11, 13
  25. 25. フェローシップ 市区町村は、Code for Japan に対して費用 を払ってエンジニアを任期付きで派遣しても らう エンジニアは、自治体の中の人として、行政 サービスを改善する 21Friday, October 11, 13
  26. 26. ブリゲイドとは 22Friday, October 11, 13
  27. 27. ブリゲイドコミュニティ Code for America Brigade(ブリゲイド)は 地方都市における市民参加のための部隊組織 日常的に市役所‧町役場と協働する シビックテックを活用する地元市民に よるグ ループを 設立し 強化 していく 23Friday, October 11, 13
  28. 28. ブリゲイドの目標 • 地元自治体はテクノロジーをより効果的に活用する • 市民とコミュニティグループが市民の問題を解決する • 各都市が連携してよりよくなるようにする • 市民向けのアプリはリンクされたオープンデータ上に 作成する 24Friday, October 11, 13
  29. 29. ブリゲイドの5つの活動 • 組織を作る! • シビックデータを オープンにする! • シビックテックを共有する! • 行政がオープンになる手助けをする! • コードを 書く! 25Friday, October 11, 13
  30. 30. Code for Japan は、各地の ブリゲイドを支援するプラットフォーム Code for ... ・各地域のコミュニティ作り・自治体との連携・課題解決の実施 ・ブランディング ・各地のCode for Xの活動を支援 ・成功事例の横展開 ・国やCode for Americaとの橋渡し Code for X(ブリゲイドコミュニティ) 26Friday, October 11, 13
  31. 31. 27Friday, October 11, 13
  32. 32. 28Friday, October 11, 13
  33. 33. 29Friday, October 11, 13
  34. 34. 主な活動 30Friday, October 11, 13
  35. 35. リクルート マッシュアップアワードで、 Civic Hack 賞 設置に協力 31Friday, October 11, 13
  36. 36. シビックハックをテーマにしたハッカソンや 勉強会を随時実施中 32Friday, October 11, 13
  37. 37. ` 8月24日に、鯖江にて シビックハッカソンを実施 33Friday, October 11, 13
  38. 38. 10月12日に、名古屋でハッカソン実施予定 34Friday, October 11, 13
  39. 39. 10月31日のWIRED Japan のカンファレンスをサポート 35Friday, October 11, 13
  40. 40. 10月15-17日Code for America サミットへの参加 36Friday, October 11, 13
  41. 41. Code for Japan は、 地域でのITコミュニティ ー作りを支援します。 37Friday, October 11, 13
  42. 42. Code for Japan は、草 の根の活動です。皆様の参 加をお待ちしております。 38Friday, October 11, 13
  43. 43. ありがとうございました info@code4japan.org 39Friday, October 11, 13

×