Your SlideShare is downloading. ×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

Code for japan 進め方 2013年11月

537
views

Published on

Code for Japan 運営ミーティングで使ったスライドと、決まった内容です。 …

Code for Japan 運営ミーティングで使ったスライドと、決まった内容です。

Published in: Technology

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
537
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. ともに考え、ともにつくる 2013/12/05 運営ミーティング https://www.slideshare.net/hal_sk/ Friday, December 6, 13
  • 2. 今日の流れ 19:00∼19:10 バッファ 19:10∼19:30 開始。組織についての現状(関) 19:30∼20:40 運営についてのディスカッション 20:40∼21:10 組織についての提案、決定 21:10∼21:30 今後についての話 21:30 解散 Friday, December 6, 13
  • 3. お疲れ様でした! オープンガバメントサミット in Sabae 毎週のもくもく会 ルール明文化の活発な活動 千葉市長とのランチミーティング Code for Aizu 立ち上げ 世界銀行とのハッカソンプロジェクト立ち上げ Beyond the Transparency 翻訳キックオフ Civic Tech Advent Calendar Friday, December 6, 13
  • 4. HPの更新ができて いない 一般参加者のアク ティビティが低い ばってる MLの運用が決まっ てない 会議が長い 意思決定のプロセ スがわからない ドキュメントが散ら まってない 法的リスクへの対応 地域課題にフォー カスしていない 活動のルールがない ビジョンが共有さ れていない イベント情報がまと おじさんばっかり ITによってる ブリゲイド支援の仕組 みが決まってない 情報が集約できてい ない お金が回ってない 十分に開かれていな 困ったときに相談出 プロジェクトマネジメ 来る人が誰なのか ントができていない い 関への情報/権限集 課題山積… Friday, December 6, 13 中
  • 5. 正直 大変 Friday, December 6, 13
  • 6. (今のところ) 我々は全員 ボランティア Friday, December 6, 13
  • 7. 絶対息切れする Friday, December 6, 13
  • 8. 大変な時は原点に 立ち戻ろう Friday, December 6, 13
  • 9. Friday, December 6, 13
  • 10. ともに考え、ともにつくる Friday, December 6, 13
  • 11. が目指すこと すべての人たちがコミュニティに誇りを持 ち、率先して問題解決を図る文化を作り上げ ること のために 市民と政府行政とがこれからの公共のあり方 を共に考え、共に作り続けることを示していく Friday, December 6, 13
  • 12. 混沌 Friday, December 6, 13
  • 13. でも、我々がこれから 解決していく 「地域課題」 に比べたらまだマシ Friday, December 6, 13
  • 14. この混沌はある意味 「良い教材」 なのでは? Friday, December 6, 13
  • 15. 「正しい」 は 「楽しい」 とは別 Friday, December 6, 13
  • 16. 楽しく物事を決められ ないか? Friday, December 6, 13
  • 17. 会議をハックしよう Friday, December 6, 13
  • 18. ワクワクする運営を Friday, December 6, 13
  • 19. コラボレーション・パターン http://collabpatterns.sfc.keio.ac.jp/ Friday, December 6, 13
  • 20. コラボレーション・パターンは、「創造的コラボレーション」 の秘訣を言語化したものです。創造的コラボレーションでは、 メンバーが高め合い成長しながら、個人には還元できないチー ムレベルの「創発的な勢い」に乗り、世界を変えるような成果 を生み出します。そのようなコラボレーションのデザインにお ける視点や方法をまとめたものが、コラボレーション・パター ンなのです。 (中略) なお、コラボレーション・パターンは、「パターン・ランゲー ジ」という考え方にもとづいてつくられています。パターン・ ランゲージは、「ある状況において直面する問題を、どのよう に解決すればよいのか」という知識を記述する方法です。 Friday, December 6, 13
  • 21. No.0 創造的コラボレーション 自分たちが成長しながら、チーム全体で世界を変える新しい 価値を生み出す。 単に「複数人で何かをつくる」というだけで本当によいものを生み出すことは難しい。 •複数人で分業すると、部分を足しあわせたような成果になってしまう。 •人によって価値観や信念が異なるため、それらがうまくかみ合うとは限らない。 •つくることに集中しているときには、つくったものがどのように受け入れられるのかを忘れがちになる。 ▼そこで メンバーが互いに高め合いながら成長し、個人には還元できないチームレベルの創発的な勢いに乗りながら、 世界を変えるような成果を生み出す。  目指す未来や志に共感できるメンバーと互いに高め合いながら、チーム全体で成果を生み出す。そのために、 創造的になれる時間と場所を確保して、一緒にアイデアを育てていく。そして、自分たちのつくったものが世界 でどのような変化を引き起こすのかを意識しながら仕上げていく。  究極的な「創造的コラボレーション」では、「こうあるべきだという未来」を実現する「未来への使命感」 (No.1)を持って、自分たちなりの「方法のイノベーション」(No.2)を起こしながら、「伝説をつくる」 (No.3)意識で取り組んでいく。  そのような「創造的コラボレーション」の秘訣が、本冊子『CollaborationPatterns』に収録されているので、 それを参考にしながら自分たちのコラボレーションに取り入れて実践するとよい。 ▼その結果 人を動かし、世界を変えるような新しい価値を生み出すことができる。また、メンバーがプロジェクトを通して成長 し、そのプロジェクトならではの方法も蓄積される。 Friday, December 6, 13
  • 22. No.9 成長のリターン プロジェクトを通じて、どう成長したいのだろう? プロジェクトに貢献するという意識だけでは、中長期的に見たときにモチベーションを維持できなくなる。 •貢献する気持ちを、いつも強く持ち続けることはできない。 •自分がやる意義を感じられないものに、一生懸命取り組むことは難しい。 ▼そこで 自分がプロジェクトに参加する意義や、プロジェクトの経験から得たい学びを明確にする。 例えば、プロジェクトを通して自分の可能性をいかに広げられるのかを、経験の蓄積、スキルアップ、人との出会 いなど、さまざまな視点から考えてみる。お互いのリターンについて理解し合うために、メンバー同士で語り合 う機会を設けるとよい。 ▼その結果 参加する意義を明確にし、意識することで、プロジェクトの活動における自分の成長に気づきやすくなり、モチベーシ ョンを持ち続けることにもつながる。さらに、実際にプロジェクトを通して成長することで、自分の「貢献の領域」 (No.8)を広げることができる。プロジェクトから自分へ、自分からプロジェクトへ、という好循環が起きる。 Friday, December 6, 13
  • 23. No.18 意味のある混沌 何をどうすればよいのがわからない状況。 その状況こそ、まったく新しい道が開くチャンスである。 計画性や効率性を重視するあまり、早くその状態から抜け出そうと妥協してしまう。 •不安定で不透明な状況は、居心地が悪い。 •刻々と時間は過ぎていき、目標のデッドラインが近づいてくる。 •すぐに思いつくようなアイデアを採用するのは容易いが、それでは大きな飛躍は起きない。 ▼そこで 行き詰まって混沌とした状態を、新しい道が開けるチャンスだと捉え、そこにとどまって考え抜く。 そのとき、すぐにアイデアや意見が出ずに、気まずい沈黙が続くことがある。しかし、それは全員が深く考え込 むために不可欠な沈黙なので、無駄な時間だと決めつけて切り上げないようにする。本当に新しいことに取り組 んでいる場合には、自分たちが考えたことや、やっていることの意味自体も、新しくつくる必要がある。そのた めに一緒に悩む時間をとることが重要なのである。 ▼その結果 自分たちが取り組んできたことの新しい意味づけや、新しいアイデア、新しい方法が生まれる。そうなると、いままで 停滞していた状況から一段上のステージに上がり、一気にプロジェクトが動き始めるだろう。そうした中で発想の連鎖 が巻き起こり、「創発的な勢い」(No.14)が生まれやすくなる。この段階で、再度「ゴールへの道のり」(No.21) を 考え直すとよい。 Friday, December 6, 13
  • 24. 【発散タイム】 思わず自発的に作業を したくなる組織とは? Friday, December 6, 13
  • 25. ワールドカフェ 15分x3ラウンド テーマ 「思わず自発的に作業を したくなる組織とは?」 Friday, December 6, 13
  • 26. 結果 Friday, December 6, 13
  • 27. チームA • タスクに優先度を決めることで、納期が決まる。 • メンバーのモヤモヤには自分が求めてもらいたい こと、関心事が異なっているから。 • お金や賃金、経験を積めること、スキルが身につ く、評判が高まること、パワーをもらえることな ど • 各自によりコミットメントレベルがバラバラであ る。 Friday, December 6, 13
  • 28. チームB • 楽しい・ワクワクを感じることは人それぞれ異な る。楽しいだけではだめ。 • ビジョンをベースしたロジスティックが重要。 • ワクワク・楽しいとビジョンのバランスを取るの がロジスティック • フューチャーワークという書籍にヒントがある? Friday, December 6, 13
  • 29. チームC • • まずビジョンとコミュニティの両輪が必要。 • ただ、ロジスティックは必要だけどやりたくないと思う人もい る。 • そこで、合宿をして、ロジの楽しさをアピールするのはどう か。 • 同じ釜の飯を食べ、アウトプットを考えることでロジの重要性 をしってもらう。 ビジョンがしっかりしていない、混沌とさせないためにもロジ スティックは必要。 Friday, December 6, 13
  • 30. チームD • 何が出来る人か、何をしている人かの見える化が必要ではない か。 • 役割が不明確になっている。意思決定プロセスも決める必要があ る。 • • 共感が大切なのだが、無反応ではさびしい。 失敗恐れずにセンミツ(1,000回やって3回成功)。まずは行動 しよう。 • • • CODE for Japan は東京が中心。地方の人は疎外感がある。 コミュニティ運営会議を地方、全国で実施するのがいい。 熱量というキーワードも。 Friday, December 6, 13
  • 31. ワークショップって楽 しいですよね Friday, December 6, 13
  • 32. たとえば、 今後の会議は、 ワークショップを通じ て、自発的に色々決めて いくとか Friday, December 6, 13
  • 33. 「改めて」 伽藍とバザール Friday, December 6, 13
  • 34. (第3回運営ミーティングより) 組織のあり方 • 伽藍ではなくバザール方式でやりたい • • よいソフトはすべて、開発者の個人的な悩み解決から始まる 捨てることをあらかじめ予定しておけ。 どうせ嫌でも捨てることになる • はやめのリリース、ひんぱんなリリース。 そして顧客の話を聞け • おもしろい問題を解決するには、まず自分にとっておもしろ い問題を見つけること http://cruel.org/freeware/cathedral.html Friday, December 6, 13
  • 35. バザールでは、参加者 全員が意思決定に参加 しているわけではない 決まっているのは、 「共通ルール」 Friday, December 6, 13
  • 36. 我々は、会社組織では なく「コミュニティ」 である。会社らしくあ る必要があるのは一部 分のみ。 Friday, December 6, 13
  • 37. とはいえ、皆が気持ちよく 活動できるような、権限や 意思決定プロセス、リスク 管理などのルールも重要。 でも、それは皆で考えるこ とではない Friday, December 6, 13
  • 38. 「場作り」 と 「活動」 を分ける Friday, December 6, 13
  • 39. プロジェクトA プロジェクトB プロジェクトC 参 加メンバ 参加メン 参加メン ー プロジェクトD バー バー 参加メン バー 参 加メンバ ー 参加メ ンバー 参 加メンバ 参加メン 参加メン ー バー バー 参加メン バー コアメン バー コアメン バー コアメン バー 皆が活動しやすい場 運 営 Friday, December 6, 13 場作り
  • 40. 運営事務局の活動目標は 「数多くのプロジェクトが 生まれ、その中のいくつか が着実に実績を上げていく ための仕組み化を考える」 こと Friday, December 6, 13
  • 41. 【具体的なタスク】 ・コミュニティマネジメント (ルール作成や枠組み作り) ・リスクコントロール ・経理、総務 ・スポンサー集め Friday, December 6, 13
  • 42. 組織図(案) Friday, December 6, 13
  • 43. 運営メンバーに立候補したのは6名でし た。詳細は議事録(別途グループに公開 予定)を確認してください。 次回ミーティング(1月24日)までに、 今後の進め方を決めておきます。また、 決まったことは随時共有していきます。 Friday, December 6, 13
  • 44. 運営にコミットしたい人は 関まで連絡ください。 ※ある程度活動に時間が取れる人が前提です。 Friday, December 6, 13