Code for Japan 運営ミーティング #3 2013/09/03
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

Code for Japan 運営ミーティング #3 2013/09/03

on

  • 4,383 views

Code for Japan の第3回運営ミーティングのスライドです。

Code for Japan の第3回運営ミーティングのスライドです。

Statistics

Views

Total Views
4,383
Views on SlideShare
4,382
Embed Views
1

Actions

Likes
4
Downloads
3
Comments
0

1 Embed 1

https://twitter.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Code for Japan 運営ミーティング #3 2013/09/03 Presentation Transcript

  • 1. Code  for  Japan   運営ミーティング Hal  Seki  @Code  for  Japan 2013/09/03 https://www.slideshare.net/hal_sk/ 第3回 Wednesday, September 4, 13
  • 2. 今日の会議の流れ • 関から、今考えていることを共有 • 各チームから、簡単に現状と「今日決めたいこ と」を共有 • 決定したいことを埋めていく • アクションリストを埋めていく Wednesday, September 4, 13
  • 3. 組織についての現状 • 設立チームミーティング(6月)後、各チーム毎 にリーダーを決めて、どういうことをやるべきか を考えてもらった • Code for America の、インターナショナルブ リゲードプログラムについては連絡待ち(3日 に) Wednesday, September 4, 13
  • 4. 組織のあり方 • 伽藍ではなくバザール方式でやりたい • よいソフトはすべて、開発者の個人的な悩み解決から始まる • 捨てることをあらかじめ予定しておけ。 どうせ嫌でも捨てることになる • はやめのリリース、ひんぱんなリリース。 そして顧客の話を聞け • おもしろい問題を解決するには、まず自分にとっておもしろ い問題を見つけること http://cruel.org/freeware/cathedral.html Wednesday, September 4, 13
  • 5. LEAN方式で動く Wednesday, September 4, 13
  • 6. 今日の会議の意思決定のルール • 多様なメンバーが参加しているので、皆が同じ方向を向く ことは難しいはずです • 今日も含め、会議での意思決定は「全員の合意」ではな く、「行動に繋がる仮説」を作ることと意識しましょう • ボランタリーなコミュニティなので、「自分以外の誰かが ⃝⃝をやるべき」ではなく、「自分がどう貢献できるか、 自分が何をしたいか」を基本に考えましょう • それぞれの案件については、今日答えがでない問題でも、 「決める人」を決めましょう。プロジェクトリーダーなど Wednesday, September 4, 13
  • 7. あるべき姿の前提条件 • 市民参加 市民を巻き込んだ活動であること • 地域課題解決 行政サービスなど、地域の課題を解決する こと • Code 皆が技術者である必要はないが、テクノロ ジー活用が主体であること Wednesday, September 4, 13
  • 8. Code for Japan と Code for X • Code for Japan • Civic Technology のコミュニティやエコシステムの構築を目指す • フェローシップ • ブリゲードプログラム • Code for X の支援を行う • ノウハウ共有、ファンドレイズ、横展開、メディア露出など • Code for X • CfJ の支援を受けながら各地域毎の課題解決を主体的に行う • 各地域での事業主体はJapanではなくCfXその他の会社が行う Wednesday, September 4, 13
  • 9. 具体的なアクションアイテム • フェローシップ • 来年度:勉強会開催、アドバイザリー契約など • 再来年度:フェローシップ • に向けて、必要な施策を打っていく (目標前倒しは大歓迎) • ブリゲード • インターナショナルブリゲードの詳細入手と、日本語化や 運営(今週か来週にキャサリンとミーティング予定) Wednesday, September 4, 13
  • 10. 具体的なアクションアイテム • イベント開催 • OpenData for Future • オープンデータを活用する為のシンポジウム • 日時:2013年10月2日(水) 13:30 17:00 (終了後、懇親会を予定) • 場所:三菱総合研究所 4階大会議室(収容人数:約120名) • マッシュアップアワードとの共同ハッカソン:8月∼10月末 • ■■■※ Conference:10月31日 ※一般公開前なので公開ドキュメントでは伏せます • キャサリンとのミートアップ: • 東京でのCivic Hackathon開催: • 12月末にカンファレンス(新聞社後援?) Wednesday, September 4, 13
  • 11. 具体的なアクションアイテム •ロゴの作成、ウェブサイトの更新 • 要アップデート •ファンドレイズ • CfJとして、フルタイムスタッフを最低1名は雇いたい • ヤフージャパンのIT助成(9月末締め切り):リーダーを決めたい • 日本財団など • 法人化 • 一般社団法人でいいと思う。12月がヤフー助成の第2次審査なので、そ れまでにあると嬉しい Wednesday, September 4, 13
  • 12. 具体的なアクションアイテム • 勉強会開催 • 随時開催 Wednesday, September 4, 13