浪江フェローシップ説明会 20140411

13,552 views
13,947 views

Published on

4月11日の、浪江町フェローシップ説明会で利用した解説資料です。
後での公開用に、若干修正しています。

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
13,552
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11,106
Actions
Shares
0
Downloads
14
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

浪江フェローシップ説明会 20140411

  1. 1. ともに考え、ともにつくる 浪浪江町フェローシップ説明会 #codefornamie Monday, April 14, 14
  2. 2. とは Monday, April 14, 14
  3. 3. 自分たちの街の課題 を シビックテック で 解決するコミュニティ Monday, April 14, 14
  4. 4. 行政、自治体と市民、開発者をつなぎ、地域課題を解決する場を提供する 市職員 デザイナー、技術者、 起業家 市民 課 題 データや知見の提供 意見やアイデア 知見の提供 システム開発 が場を提供 Monday, April 14, 14
  5. 5. CODE for JAPAN は、各地の Code for Xを支援するプラットフォーム Code for ⃝⃝ ・各地域のコミュニティ作り・自治体との連携・課題解決の実施 ・広報サポート ・各地の活動支援 ・成功事例の横展開 ・国やCODE for AMERICAとの橋渡し ・自治体への技術者派遣プログラム Code for X(ブリゲイドコミュニティ) Monday, April 14, 14
  6. 6. Monday, April 14, 14
  7. 7. Monday, April 14, 14
  8. 8. f Monday, April 14, 14
  9. 9. Monday, April 14, 14
  10. 10. Monday, April 14, 14
  11. 11. Monday, April 14, 14
  12. 12. フェローシッププログラムについて Monday, April 14, 14
  13. 13. 人材公募、選定 フェロー 行政課題をヒアリングし、それを解決する人材を公募、育成、サポ ートしながら、行政の内側から課題を解決します。 行政課題ヒアリング 自治体 メンターによるプロジェク トサポート、人材育成 課題に応じた ワークショップ開催 Monday, April 14, 14
  14. 14. フェローシップの特徴 • 地域課題解決とシビックテック活用に高いモチベーションを持った人 材の派遣制度 • Code for Japan の育成プログラムにより、技術だけではなく、ファ シリテーション力を持った人材が様々なステークホルダー間の合意を 取りながらプロジェクトを進行します。 • Code for Japan に参加している、業界でもトップクラスのメンター がプロジェクトをフォローアップします。 • 他の市町村で活動している Code for X (Code for Aizu や Code for Kanazawa、Sabae 等)のコミュニティからの支援が得らます。 Monday, April 14, 14
  15. 15. ワークショップ (sアイデアソン、ハッカソン)につい て Monday, April 14, 14
  16. 16. ワークショップ • ターゲット住民を招いたユーザーインタビュー • 仮設住宅での行動観察 • アイデアソン(後述) • ハッカソン(後述) • ユーザーテスト など、必要に応じて様々なワークショップを開催いたします。 Monday, April 14, 14
  17. 17. ハッカソンというプロトタイプ開発イベントの企画運営通じて、市民や行政、ベ ンダーといった垣根を超えた新しいソリューションを生み出します。 x → ハッカソンアイデアソン Monday, April 14, 14
  18. 18. ハッカソンとは? ハック(Hack) と マラソン(Marathon) を組み合わせた造語 「ハック」という言葉には、(正規な手段だけでなく)様々な工夫を 凝らすことで、目的を達成する意味があります。 この言葉と「マラソン」という、決まった時間内に集中してゴールま で走り切るイベントを組み合わせた言葉です。(Hack-a-thon) 一般的に、チームで集まって短期間でアプリケーションやサービスの プロトタイプをクリエイティブに作成する開発者イベントの事を差し ます。 Monday, April 14, 14
  19. 19. ハッカソンで得られる効果 • 短期間で動作するプロトタイプ作成を目指す為、課題解決の 方向性が正しいかどうかを確認しやすくなります。 • 1日や2日で動作するものを作ることを目指すので、サービス コンセプトの中で重要な部分のみに集中する必要がありま す。 • 実装のためのディスカッションを通じ、アプローチする課題 についての知識が深まります。 • 大勢の人と議論する為、真の課題を発見しやすくなります。 • 参加者同士の一体感が高まります。 Monday, April 14, 14
  20. 20. アイデアソンとは? アイデア(Idea)とマラソン(Marathon)を組み合わせた造語 ハッカソンで作るサービスのアイデアを生み出す為のブレインストー ミングです。 事前にアイデアを出しあい、双発効果により単なる思いつきではない 真のソリューションを考えだすことができます。 アイデアソンにはエンジニア以外の多様なメンバーを入れることが望 ましく、特に顧客やステークホルダー、営業担当など、課題について 見識が深い人を巻き込むとより良いアイデアが生まれやすいです。 アイデアソンを通じてハッカソンの為のチームビルディングを行う事 が多いです。 Monday, April 14, 14
  21. 21. 事例:コンビニx社会貢献 • ハッカローソン • 主催:ローソン • 2日間+アイデアソン • ローソン賞を獲得したアプリ は、その後正式リリースされ た • TVニュース放映などメディア からの注目も高かった Monday, April 14, 14
  22. 22. 事例:株式取引xソーシャルグッド • ソーシャルかぶコン2013 • 主題:東証 • 1日間 • アプリコンテストの中のイベ ント • 株が分かる人と、プログラミ ングが分かる人の混成チーム • 東証の中で実施 Monday, April 14, 14
  23. 23. Spending Data Party •Code for Japan が主催 •税金の可視化の為 のサービス、 Spending.jp を使 ったハッカソン •10以上の都市のバ ージョンが誕生 Monday, April 14, 14
  24. 24. Code for Aizu: ハッカソン •Code for Aizu が 主催 •行政課題解決 •消火栓情報アプリ •などのハッカソン Monday, April 14, 14
  25. 25. タブレット端末配布 事業について Monday, April 14, 14
  26. 26. タブレット端末 •課題 •他市区町村の事例をみても、あまり 使われていない •制限されたアプリケーションしか使 えない Monday, April 14, 14
  27. 27. ニーズの把握 • 従来の方法では、住民が欲しいものは把握できない • 従来のタブレット端末配布プロジェクトでの住民の利 用率は低調 • 往々にして、住民自身も、本当に欲しいものは分かっ ていない ニーズの把握、必要なア プリの検討 正しい技術とベンダーを 選定する 開発プロジェクトを有 効に回す 皆に使ってもらう Monday, April 14, 14
  28. 28. 正しい技術とベンダーの選定 • 業務用アプリとは違い、一般市民向けのアプリは「使 い勝手」が重要。 • 「使い勝手」は要件仕様書では表現しきれない • ベンダーと担当者とが知識差が圧倒的な状況では、交 渉力が弱く、正しい技術や価格を選定できない(情報 の非対称性) • ベンダーロックを防ぐために、オープンソース化の検 討などを行う必要がある ニーズの把握、必要なア プリの検討 正しい技術とベンダーを 選定する 開発プロジェクトを有 効に回す 皆に使ってもらう Monday, April 14, 14
  29. 29. 開発プロジェクトを有効に回す • 一般向けアプリ開発では、業務アプリとは違い、こま めにリリースを繰り返す反復開発が主流 • こまめにリリースを繰り返すことで、「使い勝手」の 部分の軌道修正をすることができる • しかし、反復開発を行うには、顧客の担当者側もある 程度の知識が必要となってくる ニーズの把握、必要なア プリの検討 正しい技術とベンダーを 選定する 開発プロジェクトを有 効に回す 皆に使ってもらう Monday, April 14, 14
  30. 30. 皆に使ってもらう • 一般向けアプリは、ただ作っておいていくだけで は使われない • 利用状況の把握と改善が必須 • 物理的に触ってもらう機会を作る必要もある ニーズの把握、必要なア プリの検討 正しい技術とベンダーを 選定する 開発プロジェクトを有 効に回す 皆に使ってもらう Monday, April 14, 14
  31. 31. CfJができること ニーズの把握、必要なア プリの検討 正しい技術とベンダーを 選定する 開発プロジェクトを有 効に回す 皆に使ってもらう ワークショップ開催 フェローによる要求 仕様作り フェローによるプ ロジェクトマネジメ ント プロトタイプ作成イ ベント開催 CfJメンターによる サポート IT知識のある人材に よる要求仕様作り ユーザーテストの実 施 活用ワークショップ の実施 プロジェクト進行の オープン化 オープン化によるベ ンダーロック回避 利用状況の計測と改 善提案 多くの開発者の巻き 込み Monday, April 14, 14
  32. 32. Namie Apps! プロジェクト構想 • 目的:オープンに開発プロセスを公開することで、浪江町の 現状を避難住民や日本全体に知ってもらう • Namie Apps! というウェブサイトを作り、住民ワークショ ップ、アイデアソンやハッカソンの模様を公開する • Namie App Marketを作り、オープンに開発者を募り、アプ リ開発をしてもらう • 浪江町向けに作られたアプリケーションを、他の自治体でも 使えるように公開する • リリース後の利用状況を公開し、今回のプロセスで作られた アプリが、従来のものに比べどう変わったかをアピールする Monday, April 14, 14
  33. 33. Code for Namie • 目的:タブレット端末事業以外でも、地域課題を解決するた めに行政と協働する市民コミュニティ作りを行なっていく • 雇用期間中はもちろん、期間後もそのまま Code for Namie のキャプテンとして残るのが理想 • キャプテンを中心に、テクノロジーで地域課題を解決したい 人を集めて、自分たちで開発イベントやワークショップを行 なっていく。 Monday, April 14, 14
  34. 34. プロジェクト体制図 マネージャー:関 キャプテン 新規採用 フェロー 新規採用 フェロー 新規採用 アドバイザー:矢吹 アドバイザー:高木 連携組織: Code for Fukushima CfJ 連携組織: Code for X メンター達 広報チーム アドバイザー:大野 連携組織: Code for Aizu Monday, April 14, 14
  35. 35. フェローの人材像に ついて Monday, April 14, 14
  36. 36. 募集予定の人材 • キャプテン(プロジェクトマネージャー):反復型開発(アジャイ ル開発)の経験のあるプロジェクトマネージャー。フェローチーム のリーダーであり、バイタリティやモチベーション、コミュニケー ション力重視 • フェロー(エンジニアタイプ):フロントエンドの開発経験のある エンジニア。年齢は問わないが、スキルや学習意欲重視。 • フェロー(デザイナータイプ):ただのグラフィックデザイナーで はなく、UI、UXも含めてある程度の素養があるデザイナー。年齢 は問わないが、スキル重視。 Monday, April 14, 14
  37. 37. キャプテンの作業 • プロジェクトのリーダーとして、チームをマネジメントする • アプリ開発案件の要求仕様書作成 • ベンダーの反復開発について、適切なフィードバックを行う(細か な意見の収集とベンダーへのフィードバックなど) • 住民ワークショップやテストの実施 • プロジェクト終了後は、Code for Namie のリーダーとしてそのま ま活動を続けることを期待する • スケジュール管理、メール対応、リサーチ進行管理、予算管理・経 理事務など Monday, April 14, 14
  38. 38. フェロー(プログラマータイプ)の作業 • Namie Apps! プロジェクトウェブサイトの開発 • アプリ開発案件の要求仕様書作成 • ベンダーとの打ち合わせに参加し、技術的なフォローを行う • 住民ワークショップの実施サポート • その他、ハッカソンでのアプリ開発など Monday, April 14, 14
  39. 39. フェロー(デザイナータイプ)の作業 • Namie Apps! プロジェクトウェブサイトのデザイン、ロゴのデザ インなど • ベンダーとの打ち合わせに参加し、UXやUIを中心にしたフォロー を行う • Namie Apps! 向けの記事作成、レポート作成 • 住民ワークショップの為の素材作成(チラシ作成など) • 住民ワークショップの実施サポート • その他、ハッカソンでのアプリ開発など Monday, April 14, 14
  40. 40. 全フェローに期待すること • 町民の方とのコミュニケーションを重視し、ユ ーザー目線でものづくりを出来る人 • 自分の役割を制限せず、その時やれることを自 分で考えて実行していける人 • 逆境を楽しめる人 Monday, April 14, 14
  41. 41. 待遇 • 月給16∼20万円(業務経験年数などによる) • 賞与あり:年3.89ヶ月 • 通勤手当、住居手当(上限27,000円)、扶養手当、超過勤務手 当、引っ越し手当あり Monday, April 14, 14
  42. 42. 新しい公共サービス開発の実現 に向けて •浪江町から、世界に誇れる新しい公共 サービスの調達モデルを作る 共感を生むストーリー 反復型開発モデル 人間中心デザイン Monday, April 14, 14
  43. 43. 応募の方法 • ウォンテッドリーのURL (https://www.wantedly.com/projects/6609 ) からエントリーを行なって下さい。追って担当者から御連絡差し上げます。 Monday, April 14, 14
  44. 44. 皆様の応募をお待ちしております。 Monday, April 14, 14

×