東の方からきました 2012/4/29 LT@鹿駆動開発       @hakobera
誰?• 本多 一行 / Kazuyuki Honda• twitter: @hakobera• 仕事は Java • Playframework アツい
鹿駆動に参加したきっかけ•能楽堂でLTできると聞いて
鹿駆動に参加したきっかけ•能楽堂 •能(楽)堂 •のうどう •Node !?
と言うことで今日は Node.js の話
JavaScript の限界突破• WebRTC • Camera! Audio!• WebSocket • Push!Realtime! Reactive!
WebRTC で顔認識
WebRTCで取得した画像から ccv.js で顔認識 (抜粋)// GetUserMedia で Web カメラから動画を取得navigator.webkitGetUserMedia("video", success, fail);funct...
JavaScript もここまできた
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

東の方からきました@鹿駆動勉強会

2,603 views
2,547 views

Published on

4/29 に開催された鹿駆動勉強会で話した内容です。

http://atnd.org/events/24587

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
2,603
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • 東の方からきました@鹿駆動勉強会

    1. 1. 東の方からきました 2012/4/29 LT@鹿駆動開発 @hakobera
    2. 2. 誰?• 本多 一行 / Kazuyuki Honda• twitter: @hakobera• 仕事は Java • Playframework アツい
    3. 3. 鹿駆動に参加したきっかけ•能楽堂でLTできると聞いて
    4. 4. 鹿駆動に参加したきっかけ•能楽堂 •能(楽)堂 •のうどう •Node !?
    5. 5. と言うことで今日は Node.js の話
    6. 6. JavaScript の限界突破• WebRTC • Camera! Audio!• WebSocket • Push!Realtime! Reactive!
    7. 7. WebRTC で顔認識
    8. 8. WebRTCで取得した画像から ccv.js で顔認識 (抜粋)// GetUserMedia で Web カメラから動画を取得navigator.webkitGetUserMedia("video", success, fail);function success(stream) { var url = webkitURL.createObjectURL(stream); srcStream.src = url; setInterval(draw, 500);}function draw() { workContext.drawImage(srcStream, 0, 0, SCREEN_WIDTH, SCREEN_HEIGHT); destContext.drawImage(srcStream, 0, 0, SCREEN_WIDTH, SCREEN_HEIGHT); // Canvas に描画されたピクセルデータから ccv.js で顔認識 var comp = ccv.detect_objects({"canvas":ccv.grayscale(workCanvas), "cascade":cascade, "interval":5, "min_neighbors":1 }); // 認識された顔の位置に鹿の画像を合成 for (var i = 0, length = comp.length; i < length; i++) { destContext.drawImage(personaImage, comp[i].x - 50, comp[i].y - 70, comp[i].width + 120, comp[i].height + 120); } // Socket.IO で共有 socket.emit(face, destCanvas.toDataURL("image/jpeg"));} たったこれだけ
    9. 9. JavaScript もここまできた

    ×