新生児蘇生法(NCPR)の 新しい教育について 国際医療福祉大学病院 あかちゃんセンター    NCPR eラーニングワーキンググループ               嶋岡    鋼
NCPRの目標は?NCPRの教育の目標は?
【NCPR教育の目標】   新生児蘇生ができる    人材を育成する【そして最近のテーマは…】   新生児蘇生法の    質を担保する(!)
蘇生法教育の概念の変化 ひまわりの種を植える地面を耕す(BACKGROUND)
インストラクター                従来型講習のモデル                     「教えてあげる」                     上から目線かも                     「教えてもらう」   ...
大人の学びの特徴①すぐに役立つものを勉強したい②何か勉強をする動機を持っている③自律的に学ぶ④自分に関連性のあることを学びたい⑤何のために学ぶのか明確である⑥経験が強い影響を与える学習者は自らの意思で学ぶ 「SELF DIRECTED LEAR...
NCPRの教育はこう変わった!学習者中心 (Learner Centric)新たな行動を導く (Inductive Learning)インストラクターが何を教えるか、ではなく学習者の内面で何が生じているのか、ということに着目した講習をおこなう。...
Contents based training(受講者に何を教えるかが主眼)       教育の手法・概念の変容Outcome based training(受講者がどんな能力を身につけるのかが主眼)コンピテンシーとは高業績者に共通してみられる...
受講者が主体となった学習の場               どうで                しょう? そうですね         受講者                       いいね!受講者   そうかなあ              ...
教材/コース開発の手法の変化
nstructional          esign「教育活動の効果・効率・魅力を高めるための 手法を集大成したモデルや研究分野、または それらを応用して学習支援環境を実現するプロセス」                 鈴木   2005
Instructional Systems Design (ISD)   教育のシステム全体が   Instructional Designを駆使して   構築される傾向にある。   「システム全体をIDを駆使して作る」ため   Instruc...
ISDの手法 ADDIE モデルを例に                    フィードバック分析         設計          開発            実施            評価Analysis   Design    De...
「学習への意欲」を デザインすることは可能か?
ARCS 理論(Motivational design  for learning and performance)  Prof. John M. Keller   the founder of ARCS Theory       Florid...
注意-Attention                  「なんか面白そうだぞ」関連-Relevance                  「自分に役立ちそうだぞ」自信-Confidence                  「きっとやれると...
NCPR インストラクター養成コースInstructional systems design / ARCS理論を意識して構築された日本独自の新生児蘇生に関するCompetency Based Training Programである。
NCPR インストラクター養成コース       スライドでも双方向性の対話を意識する                  指導の方法を学ぶ
NCPRの質を維持するためにー継続学習環境の設計図ー    AIR               SUN    CO2 / O2
NCPRの講習を一度受けただけで    本当に「新生児蘇生」が    できるようになるのか?シミュレーション基盤型教育 VS 経験主義的教育 Simulation Performance Level と Clinical Performance...
新生児蘇生が出来るようになるためには?       しゅ、修行ですか?
OFF THE JOB (現場外の)TRAINING蘇生に必要な知識の強化はeラーニング             いつでも好きなときに             どうぞ勉強してください しかしながらeラーニングにも限界はある。手技や認知/アウトプ...
質の高いリアルな経験から学ぶOn the Job Training / Work Place Learning
新生児蘇生が出来るようになるためには? On The Job Trainingでの経験が必要となる     院内チームでのトレーニング     協調学習 正統的周辺参加(LPP)   経験を通して徐々に成長して行く(Competentになる)
継続学習のデザイン(A/Bコース)                              フォローアップ講習         フォローアップ講習                                   客観的な   FEEDBA...
NCPR全体の教育デザイン図
NCPR全体の教育デザイン図Constructivism         engagement       Instructional systems design                                        ...
NCPRを世界に発信するためには新生児蘇生法教育の変化のステップを説明してきました1:学習者中心への変化2:ISD, ARCS modelを応用した指導者養成3:現場訓練の重要性4:現場での質の保証   →教育効果(質)の評価システムの    ...
32                      慈恵医大 カークパトリックの研修効果の4段階    松本尚浩先生より1.反応    研修参加者の満足度        (アンケート調査など)                      現場外での成...
I HAVE A DREAM…新生児の蘇生が出来る院内でのNCPRの質の維持に参加できる地域でのNCPRの質の維持に貢献できる     (種を蒔く人になる)
NCPRが素晴らしい結果を残して「世界から注目される」ようになるといいな      Special Thanks to Dr. Takahiro Matsumoto                of Jikei Medical Univ.
NCPR
NCPR
NCPR
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

NCPR

1,421

Published on

慈恵医大 松本尚浩先生ありがとうございます。

2 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total Views
1,421
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
2
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "NCPR"

  1. 1. 新生児蘇生法(NCPR)の 新しい教育について 国際医療福祉大学病院 あかちゃんセンター NCPR eラーニングワーキンググループ 嶋岡 鋼
  2. 2. NCPRの目標は?NCPRの教育の目標は?
  3. 3. 【NCPR教育の目標】 新生児蘇生ができる 人材を育成する【そして最近のテーマは…】 新生児蘇生法の 質を担保する(!)
  4. 4. 蘇生法教育の概念の変化 ひまわりの種を植える地面を耕す(BACKGROUND)
  5. 5. インストラクター 従来型講習のモデル 「教えてあげる」 上から目線かも 「教えてもらう」 受講 者受講者 受講 者 受け身? 受講 者知識の伝達にしか過ぎない(一方向性)
  6. 6. 大人の学びの特徴①すぐに役立つものを勉強したい②何か勉強をする動機を持っている③自律的に学ぶ④自分に関連性のあることを学びたい⑤何のために学ぶのか明確である⑥経験が強い影響を与える学習者は自らの意思で学ぶ 「SELF DIRECTED LEARNING」 自律的な学習を支援するという概念の導入が必要となった
  7. 7. NCPRの教育はこう変わった!学習者中心 (Learner Centric)新たな行動を導く (Inductive Learning)インストラクターが何を教えるか、ではなく学習者の内面で何が生じているのか、ということに着目した講習をおこなう。 SPOON FEEDING的教育(学習)からの脱却 ファシリテーション : 学習の場を活性化する デブリーフィング : 振り返りの中から気づきを得る フィードバック : 学習のreinforcementのために。
  8. 8. Contents based training(受講者に何を教えるかが主眼) 教育の手法・概念の変容Outcome based training(受講者がどんな能力を身につけるのかが主眼)コンピテンシーとは高業績者に共通してみられる行動特性のこと。
ある職務や役割において優秀な成果を
  9. 9. 受講者が主体となった学習の場 どうで しょう? そうですね 受講者 いいね!受講者 そうかなあ 受講者 受講者 インストラクターインストラクターは自律的な学習の支援者である
  10. 10. 教材/コース開発の手法の変化
  11. 11. nstructional esign「教育活動の効果・効率・魅力を高めるための 手法を集大成したモデルや研究分野、または それらを応用して学習支援環境を実現するプロセス」 鈴木 2005
  12. 12. Instructional Systems Design (ISD) 教育のシステム全体が Instructional Designを駆使して 構築される傾向にある。 「システム全体をIDを駆使して作る」ため Instructional Systems Design(ISD)と 呼ばれるようになってきた。
  13. 13. ISDの手法 ADDIE モデルを例に フィードバック分析 設計 開発 実施 評価Analysis Design Development Implementation Evaluation「Rapid Prototype」を繰り返す 「Modification」を継続
  14. 14. 「学習への意欲」を デザインすることは可能か?
  15. 15. ARCS 理論(Motivational design for learning and performance) Prof. John M. Keller the founder of ARCS Theory Florida State University
  16. 16. 注意-Attention 「なんか面白そうだぞ」関連-Relevance 「自分に役立ちそうだぞ」自信-Confidence 「きっとやれると思う」満足-Satisfaction 「やってよかった」
  17. 17. NCPR インストラクター養成コースInstructional systems design / ARCS理論を意識して構築された日本独自の新生児蘇生に関するCompetency Based Training Programである。
  18. 18. NCPR インストラクター養成コース スライドでも双方向性の対話を意識する 指導の方法を学ぶ
  19. 19. NCPRの質を維持するためにー継続学習環境の設計図ー AIR SUN CO2 / O2
  20. 20. NCPRの講習を一度受けただけで 本当に「新生児蘇生」が できるようになるのか?シミュレーション基盤型教育 VS 経験主義的教育 Simulation Performance Level と Clinical Performance Level「講習会参加」は「種を植えました、水をかけました」に過ぎない
  21. 21. 新生児蘇生が出来るようになるためには? しゅ、修行ですか?
  22. 22. OFF THE JOB (現場外の)TRAINING蘇生に必要な知識の強化はeラーニング いつでも好きなときに どうぞ勉強してください しかしながらeラーニングにも限界はある。手技や認知/アウトプットの強化はシミュレーション教育 どうぞいくらでも 間違ってください しかしながらシミュレーションにも限界はある。 安全な学習環境ではあるのですが、、、
  23. 23. 質の高いリアルな経験から学ぶOn the Job Training / Work Place Learning
  24. 24. 新生児蘇生が出来るようになるためには? On The Job Trainingでの経験が必要となる 院内チームでのトレーニング 協調学習 正統的周辺参加(LPP) 経験を通して徐々に成長して行く(Competentになる)
  25. 25. 継続学習のデザイン(A/Bコース) フォローアップ講習 フォローアップ講習 客観的な FEEDBACK 新しい NCPR講習 気づき テーマ シ 講 実 ナ 新しい チーム 義 技 リ OJT OJT OJT 知識 ワーク オ Simulation performance Clinical performance 質の高い経験(成功/失敗 体験の共有)とdebriefing 施設内蘇生クルーの一員として参加(正統的周辺参加)ON THE JOB TRAINING 自施設の蘇生クルーのリーダーとして活躍。 自施設の蘇生チームの質向上をめざす。
  26. 26. NCPR全体の教育デザイン図
  27. 27. NCPR全体の教育デザイン図Constructivism engagement Instructional systems design followership 協調学習 Teamwork On the Job Training Leadership Group dynamicsHybrid Learning System e-Learning 学習環境デザイン Flow体験 Competency 成功体験(パリッシュのID美学) LPP(正統的周辺参加) Deriberate Practice(究極の鍛錬) ZPD(再近接発達領域) ARCS Crew Resource Management Situation Awareness
  28. 28. NCPRを世界に発信するためには新生児蘇生法教育の変化のステップを説明してきました1:学習者中心への変化2:ISD, ARCS modelを応用した指導者養成3:現場訓練の重要性4:現場での質の保証 →教育効果(質)の評価システムの 構築が必要
  29. 29. 32 慈恵医大 カークパトリックの研修効果の4段階 松本尚浩先生より1.反応 研修参加者の満足度 (アンケート調査など) 現場外での成果2.学習 受講者の知識理解度や学習到達度 (筆記試験や実技試験)3.行動変 現場での行動変化容 (インタビューや他者評価) 現場での成果4.結果 組織の業績向上 (医療過誤減少,病院内死亡減 少)一般的に,現場で効果のない訓練は存続困難
  30. 30. I HAVE A DREAM…新生児の蘇生が出来る院内でのNCPRの質の維持に参加できる地域でのNCPRの質の維持に貢献できる (種を蒔く人になる)
  31. 31. NCPRが素晴らしい結果を残して「世界から注目される」ようになるといいな Special Thanks to Dr. Takahiro Matsumoto of Jikei Medical Univ.

×