目標達成のための3つのコツ 書き出し用
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

目標達成のための3つのコツ 書き出し用

on

  • 1,752 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,752
Views on SlideShare
1,751
Embed Views
1

Actions

Likes
0
Downloads
7
Comments
0

1 Embed 1

http://www.slideshare.net 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    目標達成のための3つのコツ 書き出し用 目標達成のための3つのコツ 書き出し用 Presentation Transcript

    • 目標達成のための 3つのコツ 今回参加した理由 1.ノウハウを教えるのは、相手よりも自分のためになる※今回のために再度勉強した 2.共有会の参加者が決まっているのを変えたい
    • 目標達成のための 3つのコツ 1. なぜ を明確に 2.小さい目標と達成感 3.自分のリズムを知る
    • 1. なぜ を明確に ゴルゴが目標遂行するのは莫大な報酬(平均$20万)が理由とは思えない。 目的遂行のために報酬以上の経費を使ったこともある なぜ目標遂行できるか? 「プロのスナイパーとは何か」常に追い求めているからではないか
    • マズローの5段階欲求説 マズローの5段階欲求説で説明 ゴルゴがプロの姿勢を求めるのは自己実現欲求のためと推測 ※自己実現の欲求(もっと凄い自分を自分で見たい)
    • 2.小さい目標と達成感 目標が大きすぎると挫折する。 そのために小さい目標をこまめに作り、こまめに達成感を味わう
    • 「メジャーリーグの舞台に立てるのは、毎日の 積み重ねがあるからです。」 なぜモチベーションが上がらないのか (P.85)より イチローがわかりやすい例
    • ここまでの成果の一例 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 2008年1月 2008年2月 2008年3月 2008年4月 2008年5月 2008年6月 2008年7月 2008年8月 走破距離 目標距離 自分の小さい目標と達成感の例(ジョギング)
    • 3.自分の リズム を知る なんのため?→ 自分の生活のリズムを作って集中しやすい時間帯を知る。 この話の流れをうけてイチローのNHKスペシャルのエピソード。 極限までルーティン化し鈴木一郎が イチローモード に入 る瞬間を作り出す 1.試合開始からすべて逆算した行動。 2.遠征先でいつものお店が見つからずパニック
    • 日頃の私のリズムは.. 0 3 6 9 12 15 18 21 24 7-14 7-15 7-16 7-17 7-18 7-19 7-20 7-21 7-22 7-23 7-24 7-25 7-26 7-27 7-28 7-29 7-30 7-31 8-1 8-2 8-3 起床 就寝 生活のリズム作るために「柱」を作る意識を強くもっている(起床/就寝時間と食事時間) 柱と柱の間に日々の行動を埋めるが、集中しやすい時間に難しい行動を組み込む
    • 実践するためのヒント • 目標が実現した時の姿を想像しあなたの何が変わり そうか考えましょう • 小さい目標をたてる時に目標自体がストレスになら ないようにしましょう • 例:「1回5km走る」ではなく「1回30分運動 する」にする • 先週1週間の生活パターンを思い出して書き出しま しょう
    • 参考資料 • 今回参考にした情報源 • 仕事ができる人はなぜ筋トレするのか • 「続ける」技術 • 何故モチベーションがアップしない • 今回のプレゼン手法で参考にした情報源 • Beyond Bullet Points • 影響力の武器