openstackOpen source software to build public and private clouds.      Grizzly is coming soon :)            Japan OpenStac...
本セッションの概要日本時間で2013年4月5日にリリースされる、OpenStackの次期リリース(Grizzly 2013.1)に実装される*予定*の新機能について紹介する約25分のセッションです。注1)Novaに関する部分についてはJOSUG...
目次●    自己紹介●    OpenStackリリースの黒くない歴史●    Grizzlyについて●    次期Nova/Keystone/Glance/Cinder/Horizon/    Quantumリリースのポイント●    まと...
自己紹介●    なまえ:    –   齊藤 秀喜 (さいとう ひでき)    –   TwitterId: @saito_hideki    –   URL: http://d.hatena.ne.jp/pyde/●    しごと:    ...
OpenStackリリースの歴史    米国の地名からOpenStackのコミュニティの投票で選ばれます。●    A...Austin(テキサス州オースチン)●    B...Bexar(テキサス州ベア)●    C...Cactus(カリフ...
Grizzlyがきますよ                          Week(Thursday)           common        swift   ∩___∩                          2013  ...
Nova次期版の開発項目●    Nova の Blueprints によると65項目    (2013/02/20時点)    –   https://blueprints.launchpad.net/nova/grizzly        ...
Nova次期版のポイント●    拠点間連係●    スケーラビリティの改善●    物理マシンによるIaaS●    ボリューム機能はCinderへ●    仮想化ドライバ改善             OSC2013 Tokyo/Spring
拠点間連係(これが)                       cloud controller   compute               compute                 compute    compute      ...
拠点間連係(こうなる)                                      API Cell         nova-cells                                              ...
スケーラビリティの改善(これが)●    computeノードの増加と共に増大するデータ    ベース負荷に対応する                                         compute #0             ...
スケーラビリティの改善(こうなる)●    nova-conductorとAMQPにより、computeがdatabaseを直撃    しないよう対策●    新しい死活管理機構(servicegroup)によりdatabaseを利用す    ...
物理マシンによるIaaS●    詳しくはこちら。PXE/IPMIなどの既存技術を    うまく利用して物理サーバのプロビジョニン    グが可能に。    https://wiki.openstack.org/wiki/GeneralBare...
ボリューム機能はCinderへ●    Cinder に移管されたボリューム管理機能を    Nova から完全に削除する    –   元々 Folsom リリースで削除の話があったが、        後方互換性/移行面から見送られていた  ...
仮想化ドライバ改善●    VNC に加え、KVM の新しいリモートデスク    トッププロトコル「SPICE」に対応。速いうえ    に高機能らしい。●    VMware ドライバ改善●    Hyper-V ドライバ改善●    Xen ...
ここで紹介したBlueprints●    Nova Compute Cells●    no-db-compute●    no-db-compute-manager●    no-db-virt●    General Bare-Metal...
Keystone次期版の開発項目●    Keystone の Blueprints によると14項目    (2013/02/19時点)    –   https://blueprints.launchpad.net/keystone/gri...
Keystone次期版のポイント●    APIの改善●    ActiveDirectory連係                  OSC2013 Tokyo/Spring
APIの改善    Keystone-APIを利用するコンポーネントがど    のタイミングで追随するかがポイント●    APIバージョン3が新たに追加●    RBACの導入    –   機能毎にpolocy.json内でアクセス権を設定...
APIの改善●    新たな管理単位の導入    https://github.com/openstack/identity-api/blob/master/openstac    k-identity-api/src/markdown/ide...
Active Directory連係●    HowtoIntegrateKeystonewithAD    https://wiki.openstack.org/wiki/HowtoIntegrateKeysto    newithAD   ...
ここで紹介したBlueprints●    Implement V3 keystone API●    Implement a policy.json and RBAC controls for    invoking the Keystone...
Glance次期版の開発項目●    Glance の Blueprints によると8項目    (2013/02/19時点)    –   https://blueprints.launchpad.net/glance/grizzly   ...
Glance次期版のポイント●    ServerとCLIを分離    くらい?割とほっとかれている感じ                OSC2013 Tokyo/Spring
Glance次期版のポイント●    ServerとCLIを分離    くらい?割とほっとかれている感じ                OSC2013 Tokyo/Spring
ここで紹介したBlueprint●    Split out the Glance client from the Glance    servers packages    いや、ほんとに話題ないなぁ...    息してるのかなぁ...   ...
Horizon次期版の開発項目●    Horizon の Blueprints によると22項目    (2013/02/21時点)    –   https://blueprints.launchpad.net/horizon/grizzl...
Horizon次期版のポイント●    Quantum操作機能の改善●    VM操作機能の改善●    OSイメージ操作機能の改善             OSC2013 Tokyo/Spring
Quantum操作機能の改善   より便利に      OSC2013 Tokyo/Spring
Quantum操作機能の改善    より詳細に     OSC2013 Tokyo/Spring
Quantum操作機能の改善        l3にも対応     OSC2013 Tokyo/Spring
Quantum操作機能の改善   より直感的に   これちょっといいね!     OSC2013 Tokyo/Spring
VM操作機能の改善HorizonからもVM作成後のセキュリティグループの割り当てが可能に      OSC2013 Tokyo/Spring
OSイメージ操作機能の改善  ローカルファイルのアップ  ロードが可能に       OSC2013 Tokyo/Spring
ここで紹介したBluepoints●    Quantum Floating IP support●    Quantum L3 support●    Load Balancing Service UI●    Network topolog...
Cinder次期版の開発項目●    Cinder の Blueprints によると38項目    (2013/02/20時点)    –   https://blueprints.launchpad.net/cinder/grizzly  ...
Cinder次期版のポイント●    APIの改善●    ボリューム機能の改善●    ボリュームドライバの改善             OSC2013 Tokyo/Spring
APIの改善●    APIバージョン2が新たに追加    https://wiki.openstack.org/wiki/CinderAPIv2●    エラーレスポンスの改善    –   500を返すだけのツンデレ外交を返上し、ユーザ  ...
ボリューム機能の改善●    ボリュームクローン機能の追加    ボリューム作成時に—source-volidに指定したボリュー    ムのクローンを作成することが可能となった。    $ cinder create --source-voli...
ボリューム機能の改善●    ボリュームバックアップ    ユーザボリュームをswift利用してバックアップ・リ    ストア可能に。    –   新たにcinder-backupが追加された                   OSC201...
ボリューム機能の改善●    複数のボリュームバックエンドが利用可能    このような感じの設定で複数のボリュームバックエ    ンドを利用可能になるようです。    [DEFAULT]    iscsi_helper=tgtadm    # ...
ボリューム機能の改善●    スケジューラの追加    –   Chance/SimpleだけでなくFilterSchedulerも利用        可能となった         ●             CinderのオリジナルとしてはC...
ボリュームドライバの改善●    追加予定のドライバ    –   CORAID ストレージアプライアンス    –   EMC VNX/VMAX/VMAXe    –   HP 3PAR    –   Huawei OceanStor T s...
ここで紹介したBlueprints●    Create cinder api v2 framework●    Clearer API Error Responses●    Add clone_volume functionality to...
Quantum次期版の開発項目●    Quantum の Blueprints によると45項目    (2013/02/20時点)    –   https://blueprints.launchpad.net/quantum/grizzl...
Quantum次期版のポイント●    機能の改善    –   IP overlapping が実用的に    –   Quantum security group, metadata-agent●    新機能の追加    –   DB m...
機能の改善●    IPアドレスが重複したネットワークが実用的に    –   Quantum Security Group        ●            基本的には Nova Security Group と等価。        ●...
新機能の追加●    DB migration    –   Folsom を運用中のデータベースを Grizzly 向けに更新可能に(nova な        どではサポート済)    –   使用中のプラグインを判定して、必要なもののみア...
(まだ入るか分からない) 目玉機能●    Quantum Scheduler    –   DHCP 機能、 L3 Router 機能を複数ホストで負荷分散でき        るようになる    –   Nova の multi_host に...
まとめ    Grizzlyは機能面でもユーザビリティの面でもかなり    進歩しています。    みなさんもdevstackで試してみてください。    そして期待しつつ日本時間の2013/4/5を待ちま    しょう:-)●    DEVS...
Special Thanks- JOSUG 吉山さん(Nova)- JOSUG 元木さん(Quantum)- JOSUG 中島さん(むちゃぶり)ご清聴ありがとうございました        OSC2013 Tokyo/Spring
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

OSC2013 Tokyo/Spring JOSUG

2,397

Published on

OSC2013 Tokyo/Springでの講演資料改訂版

Published in: Technology
0 Comments
9 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,397
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
59
Comments
0
Likes
9
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

OSC2013 Tokyo/Spring JOSUG

  1. 1. openstackOpen source software to build public and private clouds. Grizzly is coming soon :) Japan OpenStack User Group さいとうひでき (twitterid: @saito_hideki) OSC2013 Tokyo/Spring
  2. 2. 本セッションの概要日本時間で2013年4月5日にリリースされる、OpenStackの次期リリース(Grizzly 2013.1)に実装される*予定*の新機能について紹介する約25分のセッションです。注1)Novaに関する部分についてはJOSUG吉山さんがOpenStack Study#11で発表した資料をご本人の承諾を得てパクって利用しています。注2) 紹介した中には、Havanaに見送られる機能もいくつもあると思います OSC2013 Tokyo/Spring
  3. 3. 目次● 自己紹介● OpenStackリリースの黒くない歴史● Grizzlyについて● 次期Nova/Keystone/Glance/Cinder/Horizon/ Quantumリリースのポイント● まとめ OSC2013 Tokyo/Spring
  4. 4. 自己紹介● なまえ: – 齊藤 秀喜 (さいとう ひでき) – TwitterId: @saito_hideki – URL: http://d.hatena.ne.jp/pyde/● しごと: – 某ISP勤務 – クラウド関連技術のちょっとした調査・実証実験 – クラウド関連のちょっとした開発・運用 – クラウド関連のちょっとした火消しとかお詫び – JOSUG撮影班● しゅみ: – OpenStack(嗜む程度) OSC2013 Tokyo/Spring
  5. 5. OpenStackリリースの歴史 米国の地名からOpenStackのコミュニティの投票で選ばれます。● A...Austin(テキサス州オースチン)● B...Bexar(テキサス州ベア)● C...Cactus(カリフォルニア州カクタス)● D...Diablo(カリフォルニア州ディアブロ)● E...Essex(マサチューセッツ州エセックス)● F...Folsom(カリフォルニア州フォルサム) <-イマココ● G...Grizzly(なぜかカリフォルニア州の旗から...ほんと?)<-ツギココ● H...Havana(オレゴン州ハバナ) 詳しくはこちら https://wiki.openstack.org/wiki/ReleaseNaming OSC2013 Tokyo/Spring
  6. 6. Grizzlyがきますよ Week(Thursday) common swift   ∩___∩ 2013 January 3rd   | ノ      ヽ 10th grizzly-2  /  ●   ● | クマ──!! 17th 1.7.6  |    ( _●_)  ミ 25th February 7th 彡、   |∪|  、`\ 14th/ __  ヽノ /´>  ) 21st grizzly-3(___)   / (_/ 28th |       / March 7th 14th Release Candidates |  /\ \ 21st | /    )  ) 28th ∪    (  \ 4th Grizzly Release       \_) 11th 18th Design Summit OSC2013 Tokyo/Spring
  7. 7. Nova次期版の開発項目● Nova の Blueprints によると65項目 (2013/02/20時点) – https://blueprints.launchpad.net/nova/grizzly OSC2013 Tokyo/Spring
  8. 8. Nova次期版のポイント● 拠点間連係● スケーラビリティの改善● 物理マシンによるIaaS● ボリューム機能はCinderへ● 仮想化ドライバ改善 OSC2013 Tokyo/Spring
  9. 9. 拠点間連係(これが) cloud controller compute compute compute compute compute compute compute compute computeAvailability Zone-A Availability Zone-B Availability Zone-C OSC2013 Tokyo/Spring
  10. 10. 拠点間連係(こうなる) API Cell nova-cells nova-api nova-scheduler nova-cells nova-network database nova-compuet AMQP database AMQP Child Cells Child Cells nova-cellsnova-scheduler nova-network Folsomの頃から、Cellsの話は出ているがnova-compuet リリースが見送られてるので、もしかした database ら今回も..... AMQP Grandchild Cells Grandchild Cells Grandchild Cells OSC2013 Tokyo/Spring
  11. 11. スケーラビリティの改善(これが)● computeノードの増加と共に増大するデータ ベース負荷に対応する compute #0 compute #1 database compute #2 compute #3 モウヤメテ... タスケテ... compute #NN 死活監視のために毎分レコード更新 OSC2013 Tokyo/Spring
  12. 12. スケーラビリティの改善(こうなる)● nova-conductorとAMQPにより、computeがdatabaseを直撃 しないよう対策● 新しい死活管理機構(servicegroup)によりdatabaseを利用す る以外の死活管理の仕組みをプラグインとして実装可能 controller compute #0 nova-conductor compute #1 AMQP compute #2 compute #3 database compute #4 OSC2013 Tokyo/Spring
  13. 13. 物理マシンによるIaaS● 詳しくはこちら。PXE/IPMIなどの既存技術を うまく利用して物理サーバのプロビジョニン グが可能に。 https://wiki.openstack.org/wiki/GeneralBareMet alProvisioningFramework/Historical OSC2013 Tokyo/Spring
  14. 14. ボリューム機能はCinderへ● Cinder に移管されたボリューム管理機能を Nova から完全に削除する – 元々 Folsom リリースで削除の話があったが、 後方互換性/移行面から見送られていた サヨナラ... Cinderちゃんと仲良くね... OSC2013 Tokyo/Spring
  15. 15. 仮想化ドライバ改善● VNC に加え、KVM の新しいリモートデスク トッププロトコル「SPICE」に対応。速いうえ に高機能らしい。● VMware ドライバ改善● Hyper-V ドライバ改善● Xen ドライバ改善● PowerVM ドライバ OSC2013 Tokyo/Spring
  16. 16. ここで紹介したBlueprints● Nova Compute Cells● no-db-compute● no-db-compute-manager● no-db-virt● General Bare-Metal Provisioning Framework● Delete all traces of volume code from nova● Add support for SPICE graphics to libvirt driver● VMware Compute Driver● Nova Compute Hyper-V driver Grizzly features● Hyper-V Compute Driver Resize feature● Hyper-V Config Drive V2● Support Snapshot for IBM PowerVM Computer Driver● Support Resize and Migrate for IBM PowerVM Compute Driver OSC2013 Tokyo/Spring
  17. 17. Keystone次期版の開発項目● Keystone の Blueprints によると14項目 (2013/02/19時点) – https://blueprints.launchpad.net/keystone/grizzly OSC2013 Tokyo/Spring
  18. 18. Keystone次期版のポイント● APIの改善● ActiveDirectory連係 OSC2013 Tokyo/Spring
  19. 19. APIの改善 Keystone-APIを利用するコンポーネントがど のタイミングで追随するかがポイント● APIバージョン3が新たに追加● RBACの導入 – 機能毎にpolocy.json内でアクセス権を設定可能 OSC2013 Tokyo/Spring
  20. 20. APIの改善● 新たな管理単位の導入 https://github.com/openstack/identity-api/blob/master/openstac k-identity-api/src/markdown/identity-api-v3.md – Groups Userを文字通りグループ化する – Domains Tenant/Group/Userを大枠で管理する。 これらはDomain内でユニークである必要がある。 おかげでkeystone.confはfolsom時よりも複雑に。 しかし、2/21時点でgroup関連はNot Implemented...もしかして定義しただ け? OSC2013 Tokyo/Spring
  21. 21. Active Directory連係● HowtoIntegrateKeystonewithAD https://wiki.openstack.org/wiki/HowtoIntegrateKeysto newithAD keystone.conf内でActiveDirectory用にldap-backendを設定 すれば行けるように見えるのですが、本当に動くんでしょう か? OSC2013 Tokyo/Spring
  22. 22. ここで紹介したBlueprints● Implement V3 keystone API● Implement a policy.json and RBAC controls for invoking the Keystone API● ActiveDirectory based LDAP back-end● Default domain to support Identity API v2● Support Groups of Users within Keystone● Private name spaces for domains● Role assignment to a domain should be more flexible● Allow scoping to a domain, as well as a project OSC2013 Tokyo/Spring
  23. 23. Glance次期版の開発項目● Glance の Blueprints によると8項目 (2013/02/19時点) – https://blueprints.launchpad.net/glance/grizzly OSC2013 Tokyo/Spring
  24. 24. Glance次期版のポイント● ServerとCLIを分離 くらい?割とほっとかれている感じ OSC2013 Tokyo/Spring
  25. 25. Glance次期版のポイント● ServerとCLIを分離 くらい?割とほっとかれている感じ OSC2013 Tokyo/Spring
  26. 26. ここで紹介したBlueprint● Split out the Glance client from the Glance servers packages いや、ほんとに話題ないなぁ... 息してるのかなぁ... OSC2013 Tokyo/Spring
  27. 27. Horizon次期版の開発項目● Horizon の Blueprints によると22項目 (2013/02/21時点) – https://blueprints.launchpad.net/horizon/grizzly OSC2013 Tokyo/Spring
  28. 28. Horizon次期版のポイント● Quantum操作機能の改善● VM操作機能の改善● OSイメージ操作機能の改善 OSC2013 Tokyo/Spring
  29. 29. Quantum操作機能の改善 より便利に OSC2013 Tokyo/Spring
  30. 30. Quantum操作機能の改善 より詳細に OSC2013 Tokyo/Spring
  31. 31. Quantum操作機能の改善 l3にも対応 OSC2013 Tokyo/Spring
  32. 32. Quantum操作機能の改善 より直感的に これちょっといいね! OSC2013 Tokyo/Spring
  33. 33. VM操作機能の改善HorizonからもVM作成後のセキュリティグループの割り当てが可能に OSC2013 Tokyo/Spring
  34. 34. OSイメージ操作機能の改善 ローカルファイルのアップ ロードが可能に OSC2013 Tokyo/Spring
  35. 35. ここで紹介したBluepoints● Quantum Floating IP support● Quantum L3 support● Load Balancing Service UI● Network topology graphical view● Specifying VNIC order in VM launching workflow● Improves quantum summary table info● Flavor Extra Specs● Migrate instance from syspanel● Support adding security groups to existing instances● Glance Image Upload● Organised images display OSC2013 Tokyo/Spring
  36. 36. Cinder次期版の開発項目● Cinder の Blueprints によると38項目 (2013/02/20時点) – https://blueprints.launchpad.net/cinder/grizzly OSC2013 Tokyo/Spring
  37. 37. Cinder次期版のポイント● APIの改善● ボリューム機能の改善● ボリュームドライバの改善 OSC2013 Tokyo/Spring
  38. 38. APIの改善● APIバージョン2が新たに追加 https://wiki.openstack.org/wiki/CinderAPIv2● エラーレスポンスの改善 – 500を返すだけのツンデレ外交を返上し、ユーザ に有用な情報を返すよう修正。 OSC2013 Tokyo/Spring
  39. 39. ボリューム機能の改善● ボリュームクローン機能の追加 ボリューム作成時に—source-volidに指定したボリュー ムのクローンを作成することが可能となった。 $ cinder create --source-volid <original> <new> <size> --source-volid <source-volid> Create volume from volume id (Optional, Default=None) OSC2013 Tokyo/Spring
  40. 40. ボリューム機能の改善● ボリュームバックアップ ユーザボリュームをswift利用してバックアップ・リ ストア可能に。 – 新たにcinder-backupが追加された OSC2013 Tokyo/Spring
  41. 41. ボリューム機能の改善● 複数のボリュームバックエンドが利用可能 このような感じの設定で複数のボリュームバックエ ンドを利用可能になるようです。 [DEFAULT] iscsi_helper=tgtadm # Multi Volume Backend support multi_backend_support=True multi_backend_configs=locallvm,cluster1 [locallvm] volume_driver=nova.volume.driver.ISCSIDriver volume_group=cinder-volumes [cluster1] volume_driver=nova.volume.san.HpSanISCSIDriver san_ip=x.x.x.x san_ssh_port=123 san_login=foo san_password=bar san_clustername=cluster1 OSC2013 Tokyo/Spring
  42. 42. ボリューム機能の改善● スケジューラの追加 – Chance/SimpleだけでなくFilterSchedulerも利用 可能となった ● CinderのオリジナルとしてはCapacityFilterが定義さ れています ChanceScheduler cinder-scheduler SimpleScheduler <Folsom Default> FilterScheduler <Grizzly Default> OSC2013 Tokyo/Spring
  43. 43. ボリュームドライバの改善● 追加予定のドライバ – CORAID ストレージアプライアンス – EMC VNX/VMAX/VMAXe – HP 3PAR – Huawei OceanStor T series V100/Dorado – NetApp – GlusterFS(NFS利用) – Fibre channel block storage その他多数 OSC2013 Tokyo/Spring
  44. 44. ここで紹介したBlueprints● Create cinder api v2 framework● Clearer API Error Responses● Add clone_volume functionality to Cinder● Volume Backups● Volume Type Scheduler● Support for Multiple driver backends in a single manager● Add a Cinder volume driver to support CORAID storage and AoE (ATA over Ethernet) protocol● Add a Volume Driver to support EMC storage in Cinder.● Fibre channel block storage support● Use GlusterFS as a volume backend● HP 3PAR array volume driver● Add a Cinder volume driver to support HUAWEI storage● NetApp cluster specific NFS virtual block driver● NetApp direct to storage drivers for cinder● Implement a volume driver for Scality SOFS OSC2013 Tokyo/Spring
  45. 45. Quantum次期版の開発項目● Quantum の Blueprints によると45項目 (2013/02/20時点) – https://blueprints.launchpad.net/quantum/grizzly OSC2013 Tokyo/Spring
  46. 46. Quantum次期版のポイント● 機能の改善 – IP overlapping が実用的に – Quantum security group, metadata-agent● 新機能の追加 – DB migration – Route configuration in Quantum router● (まだ入るか分からない) 目玉機能 – Load Balancer as a Service OSC2013 Tokyo/Spring
  47. 47. 機能の改善● IPアドレスが重複したネットワークが実用的に – Quantum Security Group ● 基本的には Nova Security Group と等価。 ● 差分は以下の2点。 – VNIC 単位のセキュリティグループ割り当て – (VMからの) Egress に対するフィルタリングのサポート – Metadata Service (with IP overlapping) ● metadata server での手動でのrouting設定が不要に OSC2013 Tokyo/Spring
  48. 48. 新機能の追加● DB migration – Folsom を運用中のデータベースを Grizzly 向けに更新可能に(nova な どではサポート済) – 使用中のプラグインを判定して、必要なもののみアップデートを実行● Route configuration in Quantum router – Quantum Router に追加の Routing Entry を設定可能に● 今後の機能拡張に向けた内部構造の改善・拡張 – Service Plugin ● メインのプラグイン以外にサービス用のプラグイン (LBaaS など) がロードでき るように拡張 – VIF-plugging improvement ● もしかすると Grizzly で Nova の VIF driver の設定が不要になります OSC2013 Tokyo/Spring
  49. 49. (まだ入るか分からない) 目玉機能● Quantum Scheduler – DHCP 機能、 L3 Router 機能を複数ホストで負荷分散でき るようになる – Nova の multi_host に近い機能● LBaaS (Load Balancer as a Service) – HAProxy サポートが OSS での実装としてレビュー中 – (マージされた場合は) Horizon Support も● 新しい Plugin がいろいろ – BigSwitch/Floodlight, Brocade, Plumgrid, Midonet, – Hyper-V OSC2013 Tokyo/Spring
  50. 50. まとめ Grizzlyは機能面でもユーザビリティの面でもかなり 進歩しています。 みなさんもdevstackで試してみてください。 そして期待しつつ日本時間の2013/4/5を待ちま しょう:-)● DEVSTACK – http://devstack.org/ OSC2013 Tokyo/Spring
  51. 51. Special Thanks- JOSUG 吉山さん(Nova)- JOSUG 元木さん(Quantum)- JOSUG 中島さん(むちゃぶり)ご清聴ありがとうございました OSC2013 Tokyo/Spring
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×