CJLEA

1,852 views
1,675 views

Published on

Published in: News & Politics, Business
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,852
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • タイトルはレイモンド・カーヴァーというアメリカ作家の短編集のタイトルからです。 - popular culture で何が教えられるか? - “What We Talk about When We Talk about Japanese Popular Culture”. 専門は日本とアメリカの比較文学で、 SF が専門。 日本文学、日本のポピュラーカルチャー、そして日本語を教えている。 -> 教科書紹介。 Japan Pop! の教科書を使っている それに基づいて、パワーポイントなので、英語が残っているところがある。ご了承。 まず、ポピュラーカルチャーとは何か、その定義を広げたいと思います。 雪先生に、カリフォルニア州立大学のサクラメント校の***
  • CJLEA

    1. 1. What We Talk about When We Talk about Popular Culture? CJ (Shige) Suzuki (鈴木 繁)
    2. 2. 今日の予定 <ul><li>海外で人気のある日本発のポピュラー・カルチャーとその状況 </li></ul><ul><li>ポピュラー・カルチャーとは何か? </li></ul><ul><li>漫画について(歴史、美学、そして・・・) </li></ul><ul><li>アニメ+ PC をつかって、どうやって、何が学べる/教えられるか? </li></ul>
    3. 3. 海外で人気がある 日本のポピュラーカルチャー <ul><li>アニメ マンガ </li></ul><ul><li>J-pop (音楽) テレビゲーム </li></ul><ul><li>映画 食べ物 </li></ul><ul><li>ファッション 演劇 </li></ul><ul><li>スポーツ(選手) おもちゃ </li></ul><ul><li>ポップ・アート その他 </li></ul>
    4. 4. Douglous McGray “Japan’s Gross National Cool” Foreign Policy ( May/June 2002 )
    5. 5. Japan as a Cultural Superpower <ul><li>&quot;Japan is reinventing itself as a superpower - again. Instead of collapsing beneath its widely reported political and economic misfortunes, Japan's global cultural influence has quietly grown. From pop music to consumer electronics, architecture to fashion, and animation to cuisine, Japan looks more like a cultural superpower today than it did in the 1980s, when it was an economic one.“ (46) </li></ul>
    6. 6. アニメ <ul><li>その芸術性と物語性が世界で評判となる  宮崎駿『千と千尋の神隠し』 (2001) (第 52 回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞) </li></ul><ul><li>日本のアニメーション->カートゥーン(アメリカ)とどう違うか? </li></ul>
    7. 7. 漫画
    8. 8. アメリカで現在人気のあるアニメ <ul><li>雑誌『アニメ・インサイダー』 (2005) </li></ul><ul><li>1. 『 Fullmetal Alchemist (鋼の錬金術師) 』 </li></ul><ul><li>2. 『 Samurai Champloo( サムライチャンプルー ) 』 </li></ul><ul><li>3. 『 Inuyasha ( 犬夜叉 ) 』 </li></ul><ul><li>4 . 『 NARUTO – ナルト』 </li></ul><ul><li>5 . 『 Ghost in The Shell( 攻殻機動隊 SAC) 』 </li></ul>ウェブサイト『ムーンライト・ファンタジア』 All Time Favorite Anime 1 . 『 NARUTO – ナルト』 2. 『鋼の錬金術師』 3. 『 Bleach 』 4. 『犬夜叉』 5. 『 COWBOY BEBOP 』
    9. 9. アメリカで人気のアニメのオープンニング <ul><li>『 NARUTO - ナルト』 </li></ul><ul><li>http://www.youtube.com/watch?v=YLJG8hm66Uw1 </li></ul><ul><li>「 Fullmetal Alchemist (鋼の錬金術師)」 </li></ul><ul><li>http://www.youtube.com/watch?v=IFgsnDnRLms </li></ul><ul><li>『 Bleach 』 </li></ul><ul><li>http://www.youtube.com/watch?v=AOUyUjxoi1c </li></ul><ul><li>「 Inuyasha( 犬夜叉 ) 」 </li></ul><ul><li>http://www.youtube.com/watch?v=8h2CCmaNEG4&feature=related </li></ul><ul><li>「 Samurai Champloo( サムライチャンプルー ) 」 </li></ul><ul><li>http://www.youtube.com/watch?v=4OuRajFzMYI </li></ul>
    10. 10. 原宿ストリート・ファッション ロリータ系 パンク コスプレ系? デコラ <ul><li> 「ヴィジュアル系」音楽バンドの影響 </li></ul><ul><li>マンガ・アニメの影響(またはマンガ・アニメへのフィードバック) </li></ul>
    11. 11. アメリカではグウェン・ステファニー によって広く知れ渡る <ul><li> 新しいステレオタイプ( Exoticism) の利用  現代の「ミンストレル・ショウ」? </li></ul>http:// www.youtube.com/watch?v = hghjAEzIS-c
    12. 12. 村上隆「スーパーフラット」アート・ムーブメント <ul><li>現代のポップアーティストである 村上隆の芸術のキーワード。 </li></ul><ul><li> ネオ・ポップアート、ポストモダンアート  LA と NY で展覧会を開催。 </li></ul>
    13. 13. ビデオゲーム <ul><li>家庭用ゲーム機器 </li></ul>Wii from Nintendo Playstation 3 From Sony
    14. 14. ビデオゲーム <ul><li>携帯用ゲーム機器 </li></ul>PSP (Playstation portable) from Sony Nintendo DS (Dual Screen) from Nintendo
    15. 15. 「ポケモン」(ポケット・モンスター) <ul><li>任天堂の「ゲームボーイ」のゲームとして始まる。 ゲームは、モンスターを「あつめて」「そだてて」「対戦させて」、さらに友達と「交換」できたりする。  コミュニティー生成  ディレクターだった田尻智(たじりさとし)が幼いころの遊び「昆虫採集」からアイデアを得る。 </li></ul><ul><li>アニメは、世界 65 カ国で放映され、 30 以上の言語に翻訳される。( 98 年、アメリカでアニメ放送) </li></ul><ul><li> 伝説の始まりは? </li></ul>
    16. 16. J ポップ <ul><li> アメリカとヨーロッパ以上に、東アジアの国々(韓国、台湾、香港、タイなど)でも人気。 </li></ul>
    17. 17. スポーツ <ul><li>野茂英雄をはじめとして、スーパースター「イチロー (Ichiro) 」の登場から、「松井秀喜 (Hideki &quot;Godzilla&quot; Matsui) 」そして、「松坂大輔 (Dice-K) 」まで 。 </li></ul><ul><li>J- リーグ(サッカー)の人気(ヨーロッパで活躍する日本人選手たち ex. 中田英寿や中村俊輔) </li></ul>
    18. 18. キャラクター・グッズ <ul><li> “ There was an idea that if Kitty-chan spoke English, she would be very fashionable” (McGray 49) </li></ul><ul><li>“ Hello Kitty is Western, so she will sell in Japan. She is Japanese, so she will sell in the West” (McGray 50) </li></ul><ul><li>アメリカ(または西洋)に対する憧憬とファンタシー </li></ul><ul><li>外国においては「日本」( foreignness) として振舞う。  文化的コンテクストで、消費しているものが異なる。  どこまで「日本」という意識があるのか? </li></ul>Q: 「キティーちゃん」の苗字は?
    19. 19. 村上隆+細田守 『スーパーフラット・モノグラム』 <ul><li> 「ネオ・ポップ」アーティスト、または ポストモダンアート </li></ul><ul><li> クリップは、ルイ・ヴィトンの 広告 として作られた。 </li></ul>
    20. 20. 「スーパーフラット・モノグラム」に関する質問 Q1: 主人公は誰ですか? Q2: この作品のジャンルは? Q3: 「日本らしさ」はありますか?もしあれば、指摘してください。 Q4: 日本以外の伝統からの影響は? Q5: 他のメディアからの影響は?
    21. 21. Q: 「文化」とは何か?   What is “ culture ”? Q: 「ポピュラー」・カルチャーとは何か?   What is “ popular ” culture? Q: 「日本の」ポピュラー・カルチャーとは何か? What is “ Japanese ” popular culture? Q: なぜ「日本のポピュラーカルチャー」を学ぶのか? Why study Japanese popular culture? Q: 日本のポピュラー・カルチャーとは何か? ↓ 「日本」の「ポピュラー」「カルチャー」
    22. 22. 「文化とは何か?」 Resource: John Storey, “What is Popular Culture?” <ul><li>レイモンド・ウィリアムズによれば、文化とは・・・ </li></ul><ul><li>1. 最良のなかの最良なもの ( i.e. 「文学キャノン」または「芸術キャノン」) The best of the best (a canon): “general process of intellectual, spiritual and aesthetic development </li></ul><ul><li> 教育機関、美術館・博物館、または社会のメインストリームが「価値」を認めているもの。  「ハイカルチャー」「高級(上位)文化」と呼ばれているもの </li></ul><ul><li>Q : たとえば?日本の「文学キャノン」といえば? </li></ul>
    23. 23. 文化テクスト <ul><li>2. ある特定の生活様式(民族や時代、または社会的なグループごとの生活様式) “ a particular way of life, whether of a people, a period, or a group“  culture is a particular way of activities and practices </li></ul><ul><li>3. 意味の生産と実践 Signifying practices – “the works and practices of intellectual and especially artistic activity”  文化テクスト(新しい意味や世界観を作り出す)行為。  小説を書く  たとえば、本の中に「意味」や「価値」が埋まっているのではく、読者が読んで、初めて意味が生まれる(著者が完全には意味や価値を決定できない)。 </li></ul><ul><li> production of meaning </li></ul><ul><li>通常、ポピュラーカルチャーという場合には#2と#3の意味を指す。 </li></ul>
    24. 24. 「ポピュラー・カルチャー」とは何か?   What is “ popular ” culture? ジョン・ストーレイ (John Storey) による6つの定義 1. 多くの人に好まれている文化 2. 「高級文化」ではない文化 3. マスカルチャー、またはコマーシャル文化 4. 人々のカルチャー(民族のカルチャー) 5. ネオ・グラムシ派によるポピュラー・カルチャーの定義 6. ポスト・モダン的なポピュラーカルチャーの理解
    25. 25. 1. 多くの人によって好まれている文化 Culture favored by many <ul><li>Q: What makes a cultural text popular? </li></ul><ul><li>何がひとつの文化テキストをポピュラーにするのか? </li></ul><ul><li> たとえば、「どうして XX は人気がでたのか?」 </li></ul>
    26. 26. なぜ「人気」がでるのか? <ul><li>(because of the...) </li></ul><ul><li>作家やプロデューサー ? </li></ul><ul><li>消費者 ? </li></ul><ul><li>メディア ? </li></ul><ul><li>(作品の)質 ? </li></ul><ul><li>内容 ? </li></ul><ul><li>入手(不)可能性 ? </li></ul><ul><li>問題点: どれほどが「ポピュラー」として認識されるのに十分なのか? </li></ul>
    27. 27. 2. 「高級文化」ではない文化 Culture that is NOT what we consider “High Culture” <ul><li>「ハイ・カルチャー(高級文化)」と「ローカルチャー(大衆/低俗文化)」 </li></ul>両者の境界線は歴史的に変化するものであり、政治的に決定される The boundary is historically changeable and politically defined. Q: 具体例は?かつては「大衆文化」と考えられ、いまは「高級文化」と考えられているものは? 考える問い: 何が、または誰が、ある特定の文化を「高級文化」とするのか? What makes a particular culture as a “high culture”? 問題点:
    28. 28. 3. マス・カルチャー(コマーシャル・カルチャー) Mass culture (Commercial Culture) 「ポピュラーカルチャー」に対する否定的な見方は、しばしばこの定義による。  思考麻痺、情報操作、イデオロギー的な支配・管理、プロパガンダ、非政治化など 「マス」の形成が歴史的な条件 - 都市化・人口の集中 - マス・プロダクションを可能にするテクノロジーの発明 - 流通経路(ネットワーク)の発達 BUT! ジョン・フィスク「 80 %の新しい製品が、大々的な宣伝や広告にも関わらず売れなかった」  消費者とは、単にマスプロデュースされた製品を受動的に、または盲目的に受け取るだけの存在ではない。
    29. 29. 4. 「人々」の文化 Culture of “the People” <ul><li>民族(あるいは特定の社会的なグループ)の文化 </li></ul><ul><li> 局地的な、均質化されていない文化   具体例)沖縄の文化、アイヌの文化、地方の文化など </li></ul><ul><li>均質化を要求するナショナルな文化に対する抵抗の場としての文化  ethnic minorities (the Ainu, Okinawan people, Korean Japanese, etc.) </li></ul><ul><li>問題点:しばしば「理想的な過去」を創造・想像し、自然化する。 </li></ul><ul><li>- 「人々」とは何か? What are “the people”? </li></ul><ul><li>- The folk? ( 民族 : minzoku) </li></ul><ul><li>- The masses? ( 大衆: taishû, masu) </li></ul><ul><li>- The non-elite? ( 民衆: minshû) </li></ul>
    30. 30. 5. ネオ・グラムシ派による PC の定義 Neo-Gramscian Notion of “Popular Culture” カルチュラル・スタディーズ PC を社会における被支配的なグループの「抵抗的な力」と支配的なグループの「取り込む力」との交渉の場として理解する Popular Culture as “a site of struggle between the forces of ‘resistance’ of subordinate groups in society, and the forces of ‘incorporation’ of dominant groups in society” (13 - 14) <ul><li> 白人の主流社会とエスニックマイノリティ </li></ul><ul><li> 親の世代と子供の世代 </li></ul><ul><li> マス・メディアとオルターナティブ・メディア </li></ul><ul><li> 中央集権的な文化と地方の文化など </li></ul>例えば?
    31. 31. ポピュラーカルチャー : 対抗文化、または大衆の「麻薬」? <ul><li>#3. 支配的なグループが大衆を誘導したり、懐柔したりする手段として </li></ul><ul><li>批判的精神の鈍化 支配と管理の手段 非政治化 プロパガンダなど  トップダウン的な視点 </li></ul>#4. 支配的なグループの作り出す価値観から独立したり、抵抗したりする手段として    コミュニティーの生成(サブカルチャー)    社会規範からの逸脱    アイデンティティの生成の場として  ボトムアップ的な視点
    32. 32. “ Music” by Madonna Music makes the people come together Music makes the bourgeoisie and the rebel
    33. 33. 6. ポストモダン的なポピュラーカルチャーの理解 Postmodern Take on Popular Culture <ul><li>ハイカルチャーとローカルチャーの区別はもはや存在しない There is no longer a fixed boundary between high & low culture </li></ul><ul><li>祝祭的なポストモダン:エリート社会の終焉 Celebratory Postmodern: End of Elitism </li></ul><ul><li>批判的なポストモダン:商業主義のあらゆる領域への浸透 Commercialization of every domain of culture </li></ul>
    34. 34. Q: 「日本の」ポピュラー・カルチャーとは何か? What is “ Japanese ” popular culture? <ul><li> 歴史的な構築(物)であり、実体を伴った現実である Both historical construction and material reality. </li></ul><ul><li>関係性からなる Relational – “Japanese” appears in relation to Non-Japanese </li></ul><ul><li>歴史性からなる Historical – The concept of “Japanese” is a historical construct and it is changing </li></ul><ul><li>しかし、実体をもった現実である BUT, it is material reality – Japanese people and culture do exist. </li></ul>そもそも「日本」とは何か? “ Japanese(ness)” 日本(性)、日本らしさ、日本人らしさ
    35. 35. <ul><li>日本社会を理解する「手段」として(注意: PC テクストは透明な窓ではない!) </li></ul>Q: なぜ日本のポピュラーカルチャーを学ぶのか? Why We Study Japanese Popular Culture? <ul><li>歴史的なつながり、とくに戦後における日本とアメリカのポピュラーカルチャーの間の関係を学ぶマテリアルとして </li></ul><ul><li>現代のアメリカにおける日本のポピュラーカルチャーの台頭とその影響 </li></ul><ul><li>「異なる文化を知ること」は自らの文化を知ること </li></ul><ul><li>豊かで密度の濃い一連の文化テキスト </li></ul><ul><li>That are fun…! </li></ul>

    ×