N077z Im02

881 views
747 views

Published on

Published in: Health & Medicine, Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
881
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

N077z Im02

  1. 1. ● 水平∼+30°以内で 3.ナビゲーションを取り付ける お使いください。 30° 本機はシート下のエアコン吹出し口近くなど、高温となる場所を避けて取り付けてください。 Memo 「ディスクが読めない」または、「故障の原因」となる場合があります。● リアトレイにつり下げる場合1 本機にブラケット1を取り付ける。 本機両側面にダブルワッシャー付ネジ(M5×8) 2 1 2で取り付ける。 1 取り付ける位置のネジ穴(上下)に 合わせ、左右のブラケットを組みか えて取り付けることができます。 22 本機のドアが開閉することを確認し、リア トレイに固定する。 3 六角ボルト(M6 x 50)3、座付六角ナット (M6)5とスプリング・ワッシャー(M6)4、 蝶ナット(M6)6でしっかり固定する。 5 (底面) 4 6● 直接床に取り付ける場合1 本機にブラケット1を取り付ける。 本機両側面にダブルワッシャー付ネジ(M5×8) 2 取り付ける位置のネジ穴 (上下)に合わせ、左右の ブラケットを組みかえて取 り付けることができます。 2で取り付ける。 1 22 床に取り付ける。 座付タッピング・ネジ(M5×15)7とスプリ 7 ング・ワッシャー(M6)4で床に取り付ける。 4 警告 穴をあけるときは、パイプ・ 配線類を傷つけない。 13
  2. 2. ● カーペットに取り付ける場合 取り付ける位置のネジ 1 ブラケット1を取り付ける。 本機両側面にダブルワッシャー付ネジ(M5×8) 2 穴(上下)に合わせ、 左右のブラケットを組 みかえて取り付けるこ 2で取り付ける。 とができます。 1 2 2 フロアー・ベース8と本機をスプリング・ ワッシャー(M6)4と蝶ナット(M6)6 で仮止めする。 6 カーペットの下に本機を設置する位置を決 4 める。 8 3 フロアー・ベース8のみを設置する場 所に残し、カーペットにカッターで十 8 字に切り込みを入れ、フロアー・ベー ス8を下から差し込む。 4 スプリング・ワッシャー(M6)4と蝶ナッ ト(M6)6でカーペット上に取り付ける。 6 414
  3. 3. ● マジック・テープで取り付ける場合1 マジック・テープを貼る。 ナビゲーション・ユニット底面にマジック・テープのざらざらしたほう2枚を貼ります。2 取り付け位置にマジック・テープを貼る。 マジック・テープのやわらかいほう2枚を取り付 け位置に貼り、本機を取り付ける。 カーペットによっては、マジック・ Memo テープのやわらかいほうを貼りつけ なくても固定できるものもあります。 フロアー マジック・テープ 4.接続する ……接続するごとに OK に 点をつけてください。1 はじめに ● 接続は、車の電装系を理解できる知識が必要です。曖昧な理解で作業を進めると車体に重大な影響を与 える場合がありますので、専門業者に依頼することをお勧めします。 ● 接続は「奥までしっかり差し込んで」ください。誤接続を避ける為に、接続するたびに接続図にチェッ クマークを書き込んでください。 ● 接続しないコードは、コードの端にビニールテープを巻いてください。 ● 関連製品の接続に関する説明書も合わせてご覧になり、作業を進めてください。2 バッテリーd端子を外す。 ● コンピューターが装着されている車は、バッテリーのd端子を外すとメモリーが消えてしま Memo うことがあります。 ● 一部の車種(外国車など)では、バッテリーのd端子を外すと、電装系に不具合が生じる場 合があります。3 車両ハーネスを確認する。 必要に応じて圧着コネクターを装着する。 車両側コード 圧着コネクター (本機付属) ナビゲーション 側のコード ペンチ 切断したコードに 突き当たるように ストッパー4 接続する。 注意 正しい接続をする 正規の接続を行わないと、火災や事故の原因と なることがあります。 15
  4. 4. ●NV7-N077Z/NW7-N077ZのRGB接続 コードの色 FMワイヤレス・コード 白 OUT INTコード 桃/黒 IN–INT対応製品との接続の際に使用します。 リバース・コード このシステムでは接続する RGB入力コード RGB入力 橙/白 必要はありません。 イルミネーション 電源コード (将来のシステム拡張用) OK (ディマー入力) コード 白/青 DISPLAY OUTPUT RGB INPUT POWER SUPPLY パーキング・ブレーキ・ コード 黄/青 ACC電源コード TV TUNER/DIVERSITY UNIT TVE-T038 赤 ヒューズ アース・コード 黒 OK 車体の金属部へネジ止めします。 ANTENNA INPUT VIDEO OUTPUT VIDEO INPUT NAVIGATION INPUT (MONO) (MONO) 1 2 3 4 VIDEO L AUDIO R VIDEO L AUDIO R VIDEO L AUDIO R ※1 OK ※1 内1本はFM多重受信用、TVチューナーの接続3箇所 でも十分な受信感度が確保されます。 TVチューナーのアンテナは、なるべくナビゲーション スピード・センサー・コード 緑/白 OK 車速信号線へ から離してください。 OK OK OK アンテナ 圧着コネクター (本機付属) イルミネーション GPSアンテナ FM多重用アンテナ (ディマー入力) (本機付属) コード OK 白/青 OK ディマー入力信号線へ OK パーキング・ブレーキ・ <ナビ本体背面> コード 黄/青 OK パーキングブレーキ信号線へ 圧着コネクター リバース・コード 橙/白 車のバックランプ信号線プラス側に接続します。 電源コード OK OK ACC電源コード 赤 OK ACC電源へ ヒューズ アース・コード 音声認識用 マイク/発話ボタン 延長コード バッテリー電源コード (本機付属) 黄 OK バッテリー電源へ ヒューズ ※2 アース・コード 車体の金属部へ 12V 黒 OK ネジ止めします。 ミュート・コード 桃/青 IN-INT対応ヘッドユニットとの接続の際に使用します。 OK ビーコン(VICS) (NV7-N077Zのみ付属 HCE-T012S NW7-N077Zは別売) ビーコン・アンテナ RGB出力 OK KO OK このシステムでは使用しません。 (将来のシステム拡張用) ACC電源コード 赤 OK ACC電源へ ヒューズ 通信電源コード 黒 OK 車体の金属部へ アース・コード ネジ止めします。 OK ※2 延長コードを使う場合は使用しません。 延長コード側のアース・コードを使用してください。 ナビゲーションとTVチューナーは、なるべく離して取り付けてください。 Memo16
  5. 5. コード名称 補 足 説 明FMワイヤレス・コード 音声をFM信号で飛ばす為のコードです。次の事に注意して引き回してください。 ・曲げたり先端のキャップを外したりしない ・チューナの下を通さない ・電源コードから離す ・車のアンテナに平行に引き回すOUT・INTコード IN-INT対応の製品と組み合わせて、TV音声をオーディオ側から出す場合に使用します。 (他に別売のNVE- K200が必要となります)イルミネーションコード 照明(ポジションランプなど)の状態を本機に伝えるため、照明(ポジションランプなど)をONにしたとき(ディマー入力コード) 電源が供給されているところに接続してください。パーキング・ブレーキ・コード パーキング・ブレーキの状態を本機に伝えるため、パーキング・ブレーキ・スイッチの電源側に接続してくだ さい。ACC電源コード エンジンキー・ポジションが“ACC”のとき、電源が供給されるコードに接続してください。アース・コード 車のボディーの金属部分に確実に接続してください。不十分ですと雑音や誤動作の原因になります。スピード・センサー・コード 走行距離を計測するために車速パルスを利用します。車速パルスコードは車種/年式によって違い、間違った 接続は車に重大な影響(ブレーキが効かなくなるなど)を与えますので、販売店に問い合わせ確実に接続して ください。 (販売店での接続をお勧めします。)バッテリー 電源コード 常にバッテリーのe電源が供給されているところに接続してください。ミュート・コード 音声認識を使用する際、オーディオ側の音声にミュートをかける場合に使用します。IN-INT対応ヘッドユニッ ト(IVA-M700Jを除く)の音声割り込み(IN-INT)コード(桃/黒)に接続してください。リバース・ ナビゲーション側 車のバック時にナビゲーションの誤差が大きくなる場合等に車のバックランプ信号線のプラス側に接続しまコード す。 TVチューナー側 このシステムでは接続する必要はありません。 (将来のシステム拡張用) ● FM多重ユニットを接続する場合のご注意 FM多重ユニットとTVチューナーを離して設置するときには、TVアンテナ線の内1本を切り裂いてご使用ください。 1. TVアンテナ線を切らない様にカッター等で切り込 TVアンテナ線 みを入れ、ストッパーを取り外します。 切り込みを 入れる ストッパー ストッパー 2. FM多重ユニットとTVチューナーに接続できる長 さまで、手で切り裂いてください。 切りさく 3. ビニールテープ等を使って、それ以上裂けない様 に巻き付けてください。 詳しい接続方法は、左図の接続図をご覧ください。 TVアンテナ線 ビニールテープ等 17
  6. 6. ●NVE-N077Zと他モニターの接続(RCA接続) VICS(FM多重放送)を利用する場合、 音声認識用 FM多重用アンテナを接続します。  マイク/発話ボタン OK ミュート・コード OK 桃/青 IN-INT対応ヘッドユニットとの接続の際に使用します。 <ナビ本体背面> GPSアンテナ リバース・コード (本機付属) 橙/白 車のバックランプ信号線プラス側に接続します。 イルミネーション (ディマー入力) コード 白/青 イルミネーション(ディマー入力)信号線へ OK パーキング・ ブレーキ・コード 黄/青 パーキングブレーキ信号線へ OK 延長コード (本機付属) 電源コード スピード・ センサー・コード OK 緑/白 車速信号線へ アース・ コード ACC電源コード RCA変換ケーブル 赤 ACC電源へ ヒューズ ビーコン(VICS)接続の際に 使用します。 バッテリー電源コード 黄 バッテリー電源へ このシステムでは使用しません。 ヒューズ アルパイン製品のTVチューナー ディスプレイ・ (将来のシステム拡張用) と組み合わせる場合、 コントロール・ OK OK OK OK OK TVチューナーのディスプレイ・ コード 車体の金属部へ 黒 OK コントロール・コードへ ※ アース・コード ネジ止めします。 黄/赤 黄/赤 イルミネーション(ディマー入力)信号線 延長コード 車 圧着コネクター (白) (黄) 両 側 パーキングブレーキ信号線 圧着コネクター ハ ー 車速信号線 ネ 圧着コネクター OK OK ス ACC電源 OK バッテリー電源 リモコン受光ユニット 車のハーネスを確認の上、 (本機付属) 付属の圧着コネクターや 12V コードで加工してください。 オーディオ入力端子へ ビデオ入力端子へ ※ 延長コードを使う場合は使用しません。 延長コード側のアース・コードを使用してください。 OK OK 他モニターの電源接続は、 他モニター添付の説明書を ご覧ください。 他TVモニター アルパイン製品のRGB接続対応TV(TVE-T007S等)と組み合わせる場合は、別売ケーブル Memo KCE-020Nをお使いください。詳しくは、インフォメーションセンターへお問い合わせください。18
  7. 7. ●NVE-N077Zと他モニターの接続(RGB接続) VICS(FM多重放送)を利用する場合、 FM多重用アンテナを接続します。  ※2 延長コードを使う場合は使用しません。 延長コード側のアース・コードを使用してください。 音声認識用 マイク/発話ボタン OK OK ミュート・コード 桃/青 IN-INT対応ヘッドユニットとの接続の際に使用します。 <ナビ本体背面> GPSアンテナ (本機付属) リバース・コード 橙/白 車のバックランプ信号線プラス側に接続します。 イルミネーション (ディマー入力) コード 白/青 イルミネーション(ディマー入力)信号線へ OK OK パーキング・ ブレーキ・コード 黄/青 パーキングブレーキ信号線へ 延長コード (本機付属) 電源コード スピード・ センサー・コード OK 緑/白 車速信号線へ (KWE-601N) アース・ RGBケーブル コード ACC電源コード (別売) 赤 ACC電源へ ヒューズ ビーコン(VICS)接続の際に バッテリー電源コード 使用します。 黄 バッテリー電源へ ヒューズ OK OK OK OK OK このシステムでは使用しません。 黒 OK 車体の金属部へ (将来のシステム拡張用) ※2 アース・コード ネジ止めします。 イルミネーション(ディマー入力)信号線 車 圧着コネクター 両 側 パーキングブレーキ信号線 圧着コネクター ハ ー 車速信号線 ネ 圧着コネクター ス ACC電源 バッテリー電源 車のハーネスを確認の上、 付属の圧着コネクターや 12V OK コードで加工してください。 RGB入力へ ※1 フロント/リア入力へ フロント/リア 出力コード モニター OK IVA-M700Jなど Ai-NETコネクターへ (別売) OK オーディオ出力(左)へ OK Ai-NET対応 Ai-NETコード(灰) オーディオ・プロセッサー CDA-5755など システム・スイッチ (別売) EQ/DIV 外部スピーカー KAX-551N(別売) オーディオ出力へ OK OUTPUT AUDIO オーディオ入力へ POWER SUPPLY AUDIO INPUT OK アース・コード 黒 OK 車体の金属部へ ネジ止めします。 ACC電源コード 赤 OK ACC電源へ ヒューズ ●IVA-M700J、FVA-W306と組み合わせたお客様へ 音声割込みの音量をIVA-M700J、FVA-W306からお好みで調整することができます。詳しくは、IVA- M700J、FVA-W306の取扱説明書「割り込み機能(MIX LEVEL)」を参照してください。 Memo ※1 IVA-M700Jにオーディオ・プロセッサー(CDA-5755など)を組み合わせた場合は、音声割込みはしま せん。別売の外部スピーカーKAX-551Nが必要になります。上記の接続図を参照してください。なお、 詳しい接続に関しては、接続する製品の取付説明書も合わせてご覧ください。 19
  8. 8. 5 正しい接続になっているかもう一度確認する。 5.確認する 1 コード類を固定する シートレールなどの可動部などに挟み込んだり、突起部に当たったりして、コードを傷めないように注意 して固定する。 バッテリーd端子を接続する。 2 3 イグニッション・キーをONにして、取扱説明書を参考に本機の動作が正しいことを確認する。 4 ホーン(クラクション)、ストップ・ランプなどの車両電装品が正しく動作することを確認する。20
  9. 9. 6.システム接続状況を知る取り付けが終わったら、配線が正しく接続されたか確認をしてください。本体の電源を入れて、GPS感度、車速、ACC電源、周辺機器の接続状況を画面表示で確認することができます。また、ナビゲーションの動きがおかしいときにも見てください。接続しているのに、 「未接続」と表示されたらコード類を確認しましょう。1 メニューボタンを押して、ジョイスティックで「設定・編集」を決定します。 メ ニ ュ 決定 ー2 「システムの情報」を決定します。 決定3 「システム接続情報」を決定します。 決定4 システム情報が表示されます。 システム表示画面5 現在地ボタンを押して、自車画面に戻します。 現在地 21
  10. 10. 7.車速パルスを確認する すべての接続を確認したら、車速パルス信号を正常に感知しているかを確認します。 1 メニューボタンを押して、ジョイスティックで「設定・編集」を決定します。 メ ニ ュ 決定 ー 2 「システムの設定」を決定します。 決定 3 「距離係数」を決定します。 決定 ● 走行する前は「車速カウンタ」の数値が「0」 になっていることを確認してください。 ● 車速カウンタの数値はイグニッションキー(エ ンジン・キー)をOFFするごとに「0」に戻り ます。この時、学習レベルは保持されます。 4 現在地ボタンを押して、自車位置画面に戻します。 現在地 5 車を2km以上走行させます。 走行後、車を安全な場所に止め、手順3と同じように「車速カウンタ」の数値を確認し、数値が変わってい れば車速パルスは正常に動作しています。 数値が変わらない場合は、もう少し走行してみるか再度、接続を確認してください。22
  11. 11. メモ 23
  12. 12. 正しい取り付け 正しい操作で 安全運転●仕様及び外観は、改良のために予告なく変更する場合があります。●本説明書の写真やイラストは、撮影・印刷条件により、実物と印象が 相違する場合があります。●本製品は国内専用です。 お問い合わせはインフォメーションセンターへ ●〒141-8501 東京都品川区西五反田1丁目1番8号 ●TEL:03-3779-0711 FAX:03-3494-1767 ●電話受付時間 平日9:30∼12:00 13:00∼17:00 ●アルパイン ホームページ http://www.alpine.co.jp / Designed by ALPINE Japan 古紙配合率70%再生紙を使用しています Printed in Japan(Y) 68P30540Y24-O

×