• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
【Web2.0 Expo】リクルートWebサービス
 

【Web2.0 Expo】リクルートWebサービス

on

  • 3,120 views

2007/11/15-16に開催された、Web2.0 Expo Japanでの講演スライド

2007/11/15-16に開催された、Web2.0 Expo Japanでの講演スライド

Statistics

Views

Total Views
3,120
Views on SlideShare
3,119
Embed Views
1

Actions

Likes
0
Downloads
14
Comments
0

1 Embed 1

http://www.slideshare.net 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    【Web2.0 Expo】リクルートWebサービス 【Web2.0 Expo】リクルートWebサービス Presentation Transcript

    • リクルートWebサービスと 「ウェブ進化論」 ~なぜ、リクルートはWebサービスを公開するのかを 「ウェブ進化論」のキーワードにそって、ご説明します~
    • リクルートの事業 リクルートは、企業と人(Business to Consumer)、もしくは企業と企業(Business to Business)を結びつける場を、情報誌・イ ンターネット・モバイルなど多彩なメディアを通 じて提供しています。
    • リクルートの目指す世界観と果たす役割 世界観 「FOLLOW YOUR HEART」 十人十色、百人百色の自己実現が可能な世の中 こそ豊かな世の中である 役割 「まだ、ここにない、出会い。」 リクルートは、ひとりひとりと真正面から向き合って、 きちんと出会うところまで応援します。出会いが表 現しているのは、自分の可能性、チャンス、新たな 生活、仲間、そして希望です。
    • リクルートWebサービス公開の意味 「FOLLOW YOUR HEART」と「まだ、ここ にない、出会い。」の実現 より多くのかたに、必要な情報をお届けしたい。 ひとりひとりに、マッチした情報を選んで届けたい。 この思いを実現する手段としてWeb2.0の流 れにのった。 従来の課題をWeb2.0でクリアしてゆこう 変化をチャンスに
    • ここで、「ウェブ進化論」 素敵なキーワード ロングテール追求 アマゾン島からアマゾン 経済圏へ ブログと総表現社会 チープ革命 オープンソース 2006年2月出版
    • (1)ロングテール追求 Web進化論のキーワード 「ひとりひとり」の情報を追求 ますます多様化 “ロングテールに関わりあっても固定費をま賄えるだけの売り上げを 生まない” “絶対に儲からないから、そんな小さな客や、そんな小さなメディアを 相手にするな” 引用:梅田望夫著「ウェブ進化論」(ちくま新書)111P これまでと、同じ発想では、多様化への対応は 実現できそうにない
    • (1)ロングテール追求 リクルートはどうしたか? アマゾン島から、アマゾン経済圏へ いいかえると リクルート島から、リクルート経済圏へ 開発者が自分のサービスを開発するために、リク ルートの情報が使えるように 検索軸の多様化 情報への意味付け(編集)を多様化 「まだ、ここにない、出会い」の実現方法のひとつとして期待
    • (2)ブログと総表現社会 Web進化論のキーワード 個人でも、サイト運営ができる=メディアが作 れる時代。 “メディアの権威側や、権威に認められて表現者としての、既得権を 持った人たちの危機感は鋭敏である。ブログ世界を垣間見て「次の 10年」に、思いを馳せれば、この権威の構造基盤を脅かされる予感 に満ちている。 ” 引用:梅田望夫著「ウェブ進化論」(ちくま新書)146 P 危機:リクルートの競合が、多産? 機会:新しい情報配信経路ができる◎
    • (2)ブログと総表現社会 リクルートはどうしたか? 個人が発信してゆく時代 個人でも、サイト運営ができる時代。 機会:新しい情報配信経路ができる◎ ブログや、いろんな個人メディアを、リクルート 情報への入り口に より、多くの人に、情報を届けるために
    • (2)ブログと総表現社会 リクルートはどうしたか? ブログ等、多様化する、メディアや、機器に対 して、情報を届けるために、データを扱いやす いWebサービスを活用。 ブログパーツによる、コンテンツに連動した、 情報配信 自分のサービスへの、リクルートの情報付加 をWebサービスで行ってもらう。
    • ブログパーツ事例 AB-ROAD
    • Web進化論のキーワード (3)チープ革命とオープンソース Webサービスが有効かもしれないのは、わ かった。 でも、成功が確約されているわけではない。 でも、出してみないとわからない リスクなく、公開するには 安さ、速さ、柔軟さ が必要 Webサービスの開発は、積極的に「チープ革命」 「オープンソース」の恩恵を利用
    • リクルートはどうしたか? (3)チープ革命とオープンソース リクルートWebサービスの開発 2007年4月にプロジェクト発足 8月に4サービス公開、10月に8サービスに 11月15日(本日)カーセンサー追加で9サービスに Linux+Apache+MySQL+Perl 社内で内製 アジャイル(自動テスト、ペアプログラミング)の実践 インターネット検索がリファレンス。(多くの、情報公開してい ただいているみなさまに感謝) 無事公開できました。
    • アジャイル・ペアプロ実践中
    • 「ウェブ進化論」からのエール 個人的な体験ですが… “ヤフー・ジャパンや楽天は、孤島の魅力を高めるだけの今のやり方 を改めて、「サービスであると同時に、プラットホームでもある」 Web2.0を遂行し、島にいたるところに誰もが勝手に港を作ったり、 橋をかけたりする自由を担保するような大政策展開を果たさなけれ ばならない” 引用:梅田望夫著「ウェブ進化論」(ちくま新書)133P 2006年の2月にこの1節をよんだとき 「ヤフー・ジャパンや楽天」を「リクルート」に置き換えてみて これは、挑戦状だなあと感じました
    • 「ウェブ進化論」から今まで 2006年2月 「ウェブ進化論」出版 2006年6月 じゃらんWebサービス公開 引き続きフロムエー、カーセンサーラボ、スマッチ公開 2006年12月 ホットペッパー公開 2007年4月 メディアテクノロージーラボ設立 リクルートWebサービスプロジェクト発足。 2007年8月 エイビーロード、赤すぐnet、リクルート進学ネット、ホットペッパービューティ公開 2007年10月 赤すぐ内祝い、キーマンズ、eyeco公開 2007年11月 カーセンサー公開
    • リクルートWebサービスの今後 リクルートWebサービスは出揃ってきました もうすこし、追加もある予定 いよいよ、活用フェーズへ どうぞ、みなさま、お使いください。 を実現するために、Web2.0の流れにのってゆきます。
    • リクルートWebサービス活用事例 シンプル飲食検索 http://hotpepper.tatamilab.jp/simple/ ソースも公開中 地球で旅行検索 http://mtl.recruit.co.jp/sandbox/virtual_ earth/ BOOOT.tv : ボーッとみんなで中古車探し http://car.booot.tv/
    • ブログパーツ事例 AB-ROAD
    • カーセンサーWebサービス本日公開 中古車検査-緯度経度でも検索可能 カタログ検索-画像たくさん
    • 最後に ウエブ進化論からは、いろ いろなヒントをいただいた。 リクルートもWebサービス のリリースという形で Web2.0の流れに乗ること ができた。10年後に振り 返ったとき、どう、語られる か?やってみないと、見え ないことも多いけど、可能性 にチャレンジしたいと思いま す。
    • 次の宿題は? けものみちと高速道路 十人十色 百人百色 勤勉の継続 自分が好きなこと 自分に向いたこと 自分がやりたいこと
    • どうもありがとうございました