デジタルオーディオプレーヤー


HD60GD9
取扱説明書
 お買い上げいただきましてありがとうございます。
 ご使用の前に、「はじめにお読みください」「クイックスタートマニュアル」
                        、    ...
プレーヤーの特長


      高音質                 音質向上技術
                             サプリーム

      クリアデジタルアンプ EX       「Supreme EX」搭載

...
付属品

 次の付属品がそろっていることを確認してください。


              ヘッドホン                                   USB ケーブル




            キャリングケース  ...
目次
                                                                                 サウンドモードを設定する ............................
使用上のお願い
取扱いに関すること                        記録したオーディオデータについて
● 強い衝撃を与えないでください。プレーヤーや         ● プレーヤーやパソコンの不具合で、オーディオ
   記録したオ...
使用上のお願い


内蔵ハードディスクについて                               廃棄・譲渡時のデータ消去のご注意
このプレーヤーには、ハードディスクが内蔵されてい                    このプレーヤー...
使用上のお願い


AC アダプター(別売品)について                        仕様
                                         電源:AC100-240V
             ...
オーディオデータを転送する
パソコン上の MP3、WMA、AAC、WAV のオーディオデータを「Kenwood Media Application」などを
使って、プレーヤーに転送します。音楽 CD をパソコンに取り込むには、         ...
各部のなまえと働き



                                              ( 上面 )




         ( 左側面 )           ( 前面 )                ( 右...
表示画面について

ホーム画面
ホーム画面に表示される項目(アーティスト、アルバム、ジャンル、フォルダなど)から検索して再生したり、設
定の変更/確認などができます。
                             1 再生状態/再生...
表示画面について



ライブラリ画面
ホーム画面で「アーティスト」「アルバム」「ジャンル」など「設定」を除く項目を選び、
              、     、                    [右]ボタンを押すと
ライブラリ画面が...
表示画面について



設定画面
ホーム画面で「設定」を選び、  [中央]ボタンを押すと、設定画面が表示されます。
 設定を確認/変更する (P.45 〜 P.47 参照 )
                                PO...
表示画面について



操作ガイド
操作ガイドは、[上][下][左][右][中央]ボタンを押したときの、現在のプレーヤーの動作が表されています。

           操作ガイド                              マル...
表示画面について



画面移行のしかた


      ホーム画面                                  ライブラリ画面


                      「設定」以外を選び、
           ...
内蔵電池を充電する
プレーヤーとパソコンを USB ケーブル(付属品)で接続して充電します。購入後初めて使う場合または長期間
使わなかった場合、必ず充分に充電してください。また、 パソコンからオーディオデータを転送したりプレーヤー
の「ごみ箱」...
内蔵電池を充電する


POINT:
● パソコンと USB 接続しているときにプレーヤーの電源をオンにすると、接続モードの選択画面がプレーヤーに表示さ
   れます。[上][下]ボタンで「ストレージモード」または「プレーヤーモード」を選んで、...
電源を入れる/切る

                                     電源を入れる:
                                       /   ボタンを押す。
               ...
オーディオデータを再生する

    準備する
● オーディオデータを、プレーヤーに転送してください。
        「KenwoodMediaApplication ヘルプ」→「基本的な操作」→「曲を MediaKeg へ転送する」
   ...
オーディオデータを再生する




2 [上][下]ボタンを押して再生したいアーティスト名を選び、[右]ボタンを押す。


                              [上][下]ボタンを深く押すと、高速でスクロール
     ...
オーディオデータを再生する



 ホーム画面のアーティスト/アルバム/ジャンルの構成


      アーティスト
                [ アーティスト名]:共通のアーティスト名のオーディオデータのライブラリ

         ...
オーディオデータを再生する



 一時停止する(ポーズ)


1   再生中に[中央]ボタンを押す。
    もう一度[中央]ボタンを押すと、再生が再開されます。




POINT:
● 一時停止後、[中央]ボタンを押しても再生が再開される...
オーディオデータを再生する



 早送り/早戻しする


1   再生中で再生画面表示中に、[上][下]ボタンを 1 秒間以上押し続ける。
    押す深さにより速度を選べます。

                              ...
オーディオデータを再生する



アルバムをスキップする


1   再生画面を表示中に、   /   ボタンを押す。

                                    メニュー画面が表示されます。




2 [上] ...
プレイリストを再生する
パソコンにインストールした、アプリケーションソフトウェア「Kenwood Media Application」を使用して、あら
かじめプレーヤーにプレイリストを作成しておくと、
                     ...
再生モードを設定する
リピート再生やランダム再生など、いろいろな再生方法を選べます。


1   再生画面を表示中に、   /   ボタンを押す。

                                    メニュー画面が表示され...
再生モードを設定する



 再生モードの種類


  アイコン表示         再生モード                   動作内容


                                プレーヤー内のすべてのオーディオ...
アーティストで再生する / アルバムで再生する
再生中のオーディオデータのアーティストまたは、アルバムのみを再生するように設定できます。例えば、全曲ラ
ンダム再生中に、現在再生中のオーディオデータのアーティストの曲のみを再生したいときなどに便利...
サプリーム

Supreme EX を設定する
高音域の補間機能の設定をします。


1    再生画面を表示中に、       /   ボタンを押す。

                                         メニュ...
サウンドモードを設定する
聴く音楽に合わせて音質調整をします。


1   再生画面を表示中に、   /   ボタンを押す。

                                    メニュー画面が表示されます。




2 [...
サウンドモードを設定する



 サウンドモードの種類


      表示         サウンドモード             表示        サウンドモード



              サウンドモードをオフにします
     ...
サウンドモードを設定する



「グラフィック EQ」を設定する
音質の細かい設定を行います。


1   再生画面を表示中に、   /   ボタンを押す。

                                    メニュー画面...
サウンドモードを設定する




4 [上] [右]
     [下] [左]ボタンを押してイコライザーカーブを設定し、[中央]ボタンを押す。
   グラフィックカーブが設定され、再生画面に戻ります。

                    ...
「お気に入り」に登録する
好きなオーディオデータを集めて「お気に入り」リストを作れます。
                              「お気に入り」リストに登録しておくと、そのオー
ディオデータだけを再生できます。


1   ...
「お気に入り」に登録する



「お気に入り」に登録したオーディオデータの確認


    1   ホーム画面を表示中に、[上][下]ボタンを押して「お気に入り」を選び、[右]ボタンを押す。

                         ...
オーディオデータを削除する
オーディオデータやプレイリストを削除します。

 オーディオデータを「ごみ箱」に入れる


1   ライブラリ画面(項目下のオーディオデータリストを表示した状態)を表示中に、[上][下]ボタンを押し
    て削除し...
オーディオデータを削除する



「ごみ箱」に入れたオーディオデータを削除する
「ごみ箱」に入れたオーディオデータやプレイリストをプレーヤーから完全に削除します。


お知らせ: 中で電源が切れることのないように、あらかじめ充電してください。ま...
オーディオデータを削除する




    4 [上][下]ボタンを押して「はい」を選び、[中央]ボタンを押す。


                                         「ごみ箱」に入っていたオーディオデータが削除...
オーディオデータを並べ替える
オーディオデータの再生順を「トラック番号」「名前」または「日付」で並べ替えできます。
                     、


1   ライブラリ画面(項目または項目下のオーディオデータリストを表示した状態...
オーディオデータの情報を見る
オーディオデータ、プレイリストまたは項目の情報を見ることができます。


1   ライブラリ画面(項目下のオーディオデータリストを表示した状態)を表示中に、[上][下]ボタンを押し
    て情報を見たいオーディオ...
イントロ再生を行う
オーディオデータの頭の部分だけを次々と再生します。


1   ホーム画面を表示中に、[上][下]ボタンを押して「設定」を選び、[中央]ボタンを押す。

                                 設定...
イントロ再生を行う



イントロ再生の種類


 アイコン表示      イントロの種類                    動作内容


      なし       なし             イントロ再生をオフにします。



  ...
外部機器との接続
ヘッドホン接続端子を使うと、ケンウッド製デジタルオーディオプレーヤーリンク対応ステレオやアンプ内蔵のス
ピーカーなどの外部機器と接続ができます。

         直射日光の当たる車内等の高温になる場所には放置しないでくださ...
オーディオデータの選択と再生順について
プレーヤー内のフォルダの階層を以下のようにしておくと、ライブラリ画面から簡単に聴きたいオーディオデータ
を検索できます。


フォルダの階層




                           ...
オーディオデータの選択と再生順について



 再生の順番

通常の再生モードの場合:

   アーティスト1で[中央]ボタンを押した場合                  1〜6、7、8 の順に繰り返し再生する

   アルバム2で[中央]ボ...
設定を変更/確認する

1   ホーム画面を表示中に、[上][下]ボタンを押して「設定」を選び、[中央]ボタンを押す。

                                設定画面が表示されます。




2 [上][下]ボタンを...
設定を変更/確認する




4 [左]ボタンを押す。
                    ホーム画面に戻ります。




                                          JA
             ...
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Hd60 Gd9 Manual
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Hd60 Gd9 Manual

3,077

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,077
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Hd60 Gd9 Manual

  1. 1. デジタルオーディオプレーヤー HD60GD9 取扱説明書 お買い上げいただきましてありがとうございます。 ご使用の前に、「はじめにお読みください」「クイックスタートマニュアル」 、 、 「取扱説明書」(本書)および「Kenwood Media Application ヘルプ」を よくお読みのうえ、説明の通り正しくお使いください。 また、これらの取扱説明書を大切に保管してください。 安全のため、必ず「はじめにお読みください」の『安全上のご注意』を お読みのうえでご使用ください。 本製品に関する良くあるご質問やバージョンアップ情報を http://www.kenwood.co.jp/faq/ で提供しています。 お問い合わせの前にぜひ一度ご覧ください。 解決ができなかった場合は、カスタマーサポートセンターにお問い合わ せください。 コンピュータとの接続および添付アプリケーションなど商品および商品 の取り扱いについては、カスタマーサポートセンターをご�用ください。 カスタマーサポートセンターをご�用ください。 電話: 570-010-114(ナビダイヤル) 0 携帯電話、PHS、IP 電話からは 045-933-5133 プレーヤー内蔵のハードディスクをフォーマットするときは、必ず付属 のリカバリーツールを使用して行ってください。 お買い上げの状態に戻す(リカバリーツール)(P.50 参照) The English Quick Guide (Operating instruction) is indicated on P57. Refer to pages if you prefer English.
  2. 2. プレーヤーの特長 高音質 音質向上技術 サプリーム クリアデジタルアンプ EX 「Supreme EX」搭載 片手で簡単に操作できる 対応再生フォーマット: キーレイアウト。 MP3、WMA(DRM対応)、 2 Way スピードサーチ AAC、WAV、KLS キー搭載 (Kenwood Lossless) Windows Vista/XP 夜でも操作しやすい /2000 キーイルミネーション 対応PCアプリケーション 音楽配信DRM対応 ジャケット画像が見られる (Windows Media 「2.2 インチQVGA Technology) カラー液晶」搭載 JA 準備編
  3. 3. 付属品 次の付属品がそろっていることを確認してください。 ヘッドホン USB ケーブル キャリングケース ● CD-ROM は付属していません。 アプリケーションソフトウェアやプレー ヤーマニュアル、リカバリーツールなど は、プレーヤーの内蔵ハードディスクに 格納されています。 商標について ● Supreme は、株式会社ケンウッドの商標です。 ● Microsoft、Windows、Windows Media は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他 の国における登録商標、または商標です。 ● IBM および PC/AT は、米国 InternationalBusinessMachinesCorporation の登録商標です。 ● Pentium および Intel は、Intel Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商 標です。 ● AdobeReaderは、AdobeSystemsIncorporated(アドビシステムズ社)の商標です。 ● Thequot;AACquot;logoistrademarkofDolbyLaboratories. ● Apple および iTunes は、米国およびその他の国々で登録された AppleInc. の登録商標です。 その他のシステム名、製品名は、一般的に各開発メーカーの商標または登録商標です。なお、本文中では TM、® マークは省略しています。 JA 準備編
  4. 4. 目次 サウンドモードを設定する ..............................29 準備編 サウンドモードの種類........................................ 30 . プレーヤーの特長 .................................................2 「グラフィックEQ」を設定する........................... 31 「お気に入り」に登録する ..................................33 付属品 ....................................................................3 「お気に入り」 に登録したオーディオデータの確認 使用上のお願い.....................................................5 .......................................................................... 34 . オーディオデータを転送する .............................8 「お気に入り」 に登録したすべてのオーディオデー タを再生するには........................................... 34 . アプリケーションソフトウェア 「Kenwood MediaApplication」を使って転送する.........8 オーディオデータを削除する ..........................35 「WindowsMediaPlayer9」または「Windows オーディオデータを 「ごみ箱」 に入れる.......... 35 . MediaPlayer10」 を使って転送する...........8 . 「ごみ箱」 に入れたオーディオデータを削除する 各部のなまえと働き .............................................9 ..........................................................................36 . オーディオデータを並べ替える.......................38 表示画面について ..............................................10 ホーム画面 ............................................................ 10 オーディオデータの情報を見る.......................39 ライブラリ画面.................................................... 11 イントロ再生を行う ..........................................40 再生画面............................................................... 11 . イントロ再生の種類............................................. 41 設定画面............................................................... 12 . 外部機器との接続 ..............................................42 メニュー画面........................................................ 12 操作ガイド ............................................................ 13 オーディオデータの選択と再生順について ...43 画面移行のしかた................................................ 14 フォルダの階層.................................................... 43 内蔵電池を充電する ..........................................15 再生の順番 ............................................................ 44 パソコンとUSB接続して充電する.................... 15 設定を変更/確認する ......................................45 ACアダプター(別売品)から充電する............. 16 . 設定項目の種類.................................................... 47 ファームウェアのアップデート.......................48 基本編 知識編 電源を入れる/切る ..........................................17 オーディオデータを再生する ..........................18 用語解説 .............................................................49 準備する............................................................... 18 . お買い上げの状態に戻す (リカバリーツール) オーディオデータを選んで再生する.................. 18 .............................................................................50 ホーム画面のアーティスト/アルバム/ジャンル メッセージ表示の一覧 ......................................52 の構成............................................................... 20 一時停止する (ポーズ) ........................................ 21 . 故障かな…?と思ったら ..................................54 音量の調整 ............................................................ 21 リセットするには................................................ 55 早送り/早戻しする............................................. 22 定格 .....................................................................56 オーディオデータをスキップする..................... 22 Operating instructions ...............................57 アルバムをスキップする.................................... 23 . 応用編 ライセンスについて プレイリストを再生する ..................................24 ソフトウェアに関する重要なお知らせ 再生モードを設定する ......................................25 再生モードの種類................................................ 26 アーティストで再生する/ アルバムで再生する ..........................................27 Supreme EXを設定する ................................28 JA 準備編
  5. 5. 使用上のお願い 取扱いに関すること 記録したオーディオデータについて ● 強い衝撃を与えないでください。プレーヤーや ● プレーヤーやパソコンの不具合で、オーディオ 記録したオーディオデータが破損する原因とな データが破損または消去された場合、そのデータ ります。 内容および付随的損害(音楽の購入取得に要した ● 液晶画面に無理な力を加えないでください。破損 諸費用等を含む)の保証はいたしません。 の原因となります。 ● プレーヤーに転送し、記録したオーディオデータ ● 硬いものと一緒にバックなどに入れないでくださ は、パソコンから削除しないでください。 い。押されたときなどに大きな力が加わり、破損 するおそれがあります。 著作権を守りましょう ● 殺虫剤や揮発性のものをかけたりしないでくださ 本製品で記録したものを私的な目的以外で、著作権 い。また、ゴムやビニール製品などを長時間接さ 者および他の権利者の承認を得ずに複製、配布、配 せないでください。変色したり、塗料がはげるな 信することは著作権法および国際条約の規定により どの原因となります。 禁止されています。 ● ズボンのポケットなどに入れないでください。 ● 市販の音楽 CD などを著作者の許諾無しに複製す 座ったときなどに大きな力が加わり、破損するお ることは、個人で楽しむ以外は著作権法により禁 それがあります。 止されています。 ● 個人で楽しむ目的であっても、作成した音楽デー 使用条件 タを権利者の許諾無しに第三者に配布することは 温度:5℃〜 35℃ 湿度:30%〜 80%(RH) できません。 ただし結露しないこと。 ● 個人で楽しむ目的で記録したデータを、権利者の 許諾無しに故意にインターネットで配布すること ステレオ音のエチケット は、著作権の「公衆送信権」 「送信可能化権」に 抵触する可能性があり、その場合処罰の対象とな 楽しい音楽も、時と場所によっては気に ります。 なるものです。近くにいる人や、隣り近 ● 権利者の許諾無く、このプレーヤーを賃貸業に使 所への配慮を十分いたしましょう。特に 用すること、このプレーヤーに収録されている音 密集した場所でご使用になる場合は、音 を個人的に楽しむ場合以外の目的で複製すること 量を控え目にするなどして、お互いに心 およびネットワーク等を通じて送信できる状態に を配り、快い生活環境を守りましょう。 することは著作権法で禁じられています。 結露にご注意 アプリケーションソフトウェアおよびファーム プレーヤーと外気の温度差が大きいと、プレーヤー ウェアのバージョンアップ に水滴(露)が付くことがあります。この現象がお より良くお使いいただくために、アプリケーション きますと、プレーヤーが正常に動作しないことがあ ソフトウェアやファームウェアのバージョンアップ ります。このようなときには、数時間放置し、乾燥 をすることがあります。 させてからご使用ください。 ア ッ プ デ ー ト に つ い て は、www.kenwood.co.jp/ 気温差の大きいところへ持ち込んだときや、湿気の faq/ にてご案内しております。 多い部屋などでは、特に結露にご注意ください。 お手入れのしかた 使用する場所について 汚れたときは、柔らかい布でからぶきしてください。 この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協 シンナー、ベンジン、アルコールなどは変色の原因 議会(VCCI)の基準に基づくクラスB情報技術 になることがありますので、ご使用にならないでく 装置です。この装置は、家庭環境で使用すること ださい。 を目的としていますが、この装置がラジオやテレ ビジョン受信機に近接して使用されると、受信障 接点復活剤について 害を引き起こすことがあります。取扱説明書に従 接点復活剤は、故障の原因となることがありますの い正しい取り扱いをしてください。 で、ご使用にならないでください。特にオイルを含 んだ接点復活剤は、プラスチック部品を変形させる ことがあります。 JA 準備編
  6. 6. 使用上のお願い 内蔵ハードディスクについて 廃棄・譲渡時のデータ消去のご注意 このプレーヤーには、ハードディスクが内蔵されてい このプレーヤーは、ハードディスクを内蔵しており ます。内蔵ハードディスクを使用した状態のまま廃 ます。ハードディスクは衝撃や振動、温度などの変化 棄・譲渡すると、ハードディスク上の情報を第三者 に弱いためプレーヤーをお使いの際は、以下のことに に見られてしまうおそれがあります。廃棄・譲渡す ご注意ください。誤った使いかたをした場合、故障、 る場合、内蔵ハードディスク上のすべてのデータを 誤作動、記録データの破損などの原因となります。 消去してください。 ● 直射日光の当たる場所、閉め切った車の中、暖房 ただし、データの消去、内蔵ハードディスクのフォー 機器の近くなど、温度が高くなるところに置かな マットをしただけでは、悪意を持った第三者によっ いでください。 てデータが復元されるおそれがあります。見られた ● 極端に低温になるところに置かないでください。 くない情報を保存していた場合には、市販のデータ ● 急激な温度変化を与えないでください。 消去ソフトなどを使用してデータを消去し、復元さ れないようにすることをおすすめします。 ● 雷がなっているときは使用しないでください。 ● 磁石やスピーカーなど磁気を発するものの近くに 置かないでください。 内蔵電池について ● 振動が強いところに置かないでください。 内蔵電池の交換は、お買い上げの販売店または最寄 ● 物をのせたり、物を落としたりしないでください。 りのケンウッドサービス窓口にご依頼ください。 ● 水のかかるところや、湿気の多いところに置かな ● 内蔵電池は、プレーヤーを使用していなくても少し いでください。ぬれると使用できなくなったり故 ずつ自然放電していきます。プレーヤーを長時間放 障の原因になります。 置すると、内蔵電池が放電しきってしまうことがあ ● 近くにコップなど、液体の入った容器を置かない ります。この場合、充電してからご使用ください。 でください。ぬれると使用できなくなったり故障 ● 充電時間は内蔵電池の状態や周囲の温度などによ の原因になります。 り変わります。 ● 動作中、非動作時に関わらず振動や衝撃を与えた ● 低温の環境で使用すると、 再生時間が短くなります。 り、振りまわしたり、落としたりしないでください。 ● 内蔵電池は約 500 回充電できます。 (参考値であ ● 強い力で押したり、ひねったりしないでください。 り、保証する値ではありません) ● 内蔵ハードディスクへの書き込み、読み込み中は ● 内蔵電池は消耗品です。 繰り返し使用していると、 電源を切ったり、USB ケーブルを取り外したり 使用できる時間が徐々に短くなります。充分に充 しないでください。 電しても使用できる時間が極端に短くなった場 ● また、内蔵ハードディスクに保存した内容の損害 合、電池の寿命と思われます。 については、弊社は一切の責任を負いません。あ ● 内蔵電池が放電しきったことによる、記録内容の らかじめご了承ください。 変化・消失については、弊社は一切の責任を負い ませんのであらかじめご了承ください。 内蔵ハードディスクのご注意 ● 内蔵電池はリチウムイオン電池です。ニッカド電 池やニッケル水素電池のように浅い充電や放電を フォーマットを行うと、内蔵ハードディスク内の 繰り返すと容量が減少してしまうメモリー効果は ファームウェア(プレーヤーが動作するためのソフ ありません。継ぎ足し充電ができます。 トウェア)が消失し、プレーヤーが動作しなくなり ます。 フォーマットしてしまった場合、ファームウェアの 使用後は 修復を行ってください。 リサイクルへ 買い上げの状態に戻す(リカバリーツール) お (P.50 参照) 充電式電池 「KenwoodMediaApplication ヘルプ」 「付録」 → →「MediaKeg をお買い上げの状態に戻す」 不要になった電池は、貴重な資源を守るために廃棄し ないで充電式電池リサイクル協力店へお持ちください。 水濡れ判定シールについて リサイクルについての情報および内蔵電池の取り外し プレーヤーには修理時の原因特定を速やかに行うた かたについては、「はじめにお読みください」の「廃棄 めに、機器内部に水濡れ判定シールを貼り付けてあ 時の内蔵電池の取り外しかた」をご覧ください。 ります。このシールにより水に濡れたかどうかを判 別します。 JA 準備編
  7. 7. 使用上のお願い AC アダプター(別売品)について 仕様 電源:AC100-240V (50/60Hz) 専用ACアダプター「AC-050150A」および専用 定格入力容量:0.2A13W 電源コード「E30-7361-05」のご購入に関する 定格出力:DC5V1.5A お問い合わせは、Kenwood ec directもしくは 本製品は「JISC61000-3-2 適合品」です。 販売店までお願い致します。 Kenwood ec directトップページ: http://www.ec-kenwood.com/ このプレーヤーの外部電源端子には、専用 AC アダ プター「AC-050150A」(JEITA 規格・極性統一型 プラグ付き)および専用電源コード 「E30-7364-05」 をご使用ください。 (この AC アダプター以外は使用 しないでください) 電源コードは国内向けです。プレーヤーを外国で使 用する場合、その国の規格に適合した電源コードを お使いください。 AC アダプター 電源コード 「AC-050150A」 「E30-7361-05」 ご使用の際は、 「はじめにお読みください」の「安全 上のご注意」をご覧ください。また、以下の内容を よくお読みになり、記載事項をお守りください。 ● AC アダプターの接点部に、他の金属が触れない ようにしてください。 ● AC アダプターを接続する場合、接続コードのプ ラグをプレーヤーの AC アダプター端子にしっか り差し込んでください。この端子以外にプラグを 差し込むと故障の原因になります。 ● 通電中、AC アダプターの表面温度が高くなるこ とがありますが、故障ではありません。持ち運び は電源コードを抜き、温度が下がってから行って ください。 ● 温度の影響を受けやすいものの上に置いて使用し ないでください。AC アダプターのあとが残るこ とがあります。 ● 内部で発振音がすることがありますが、異常では ありません。 ● ラジオ、テレビ、携帯電話の近くで使用すると、 受信障害の原因となることがありますので、離し てお使いください。 JA 準備編
  8. 8. オーディオデータを転送する パソコン上の MP3、WMA、AAC、WAV のオーディオデータを「Kenwood Media Application」などを 使って、プレーヤーに転送します。音楽 CD をパソコンに取り込むには、 「Windows Media Player 9」また は「Windows Media Player 10」「Windows Media Player 11」などを使用します。詳しくは「Kenwood 、 Media Application」のヘルプをご覧ください。 アプリケーションソフトウェア「Kenwood Media Application」を使って転送する パソコン USB 接続 オーディオデータ (MP3、WMA、AAC、 WAV) アプリケーション ソフトウェア 「KenwoodMediaApplication」 「Windows Media Player 9」または「Windows Media Player 10」を使って転送する パソコン USB 接続 オーディオデータ (MP3、WMA、WAV) WindowsMediaPlayer9 または WindowsMediaPlayer10 POINT: ●「KenwoodMediaApplication」 WindowsMediaPlayer9」または「WindowsMediaPlayer10」以外を使っ 、 「 てプレーヤーに転送したオーディオデータは再生できません。 ● オーディオデータを削除する場合、プレーヤーとパソコンを USB ケーブル(付属品)で接続し「Kenwood Media Application」などで削除します。 「KenwoodMediaApplication ヘルプ」→「基本的な操作」→「曲を削除する」 JA 準備編
  9. 9. 各部のなまえと働き ( 上面 ) ( 左側面 ) ( 前面 ) ( 右側面 ) 8 マルチコントロールボタン 外部電源端子(DC 5V) (P.16 参照) 1 [上] [下][左] [右][中央] USB 端子(P.15 参照) 2 (P.18、P.23 参照) ヘッドホン接続端子(P.18 参照) 3 [上] [下]ボタンを深く押すと、画面のスクロール ストラップ取り付け部 4 や早送り/早戻しなどの速度が速くなります。 BATT. ON/OFF(内蔵電池オン/オフ)スイッチ 5 9 トライアングル LED (P.15 参照) ディスプレイ消灯時には約 5 秒ごとに点滅し、さ 6 ディスプレイ(P.10 参照) らにホールド機能がオンになっている場合、2 回点 / ボタン 7 滅します。 電源がオフの場合の動作(P.17 参照): 0 ボリューム(+/ー)ボタン(P.21 参照) ボタンを押すと、オンに切り換わります。 - HOLD(ホールド機能選択)スイッチ 電源がオンの場合の動作(P.17、P.23 参照): HOLD 側にスイッチをスライドさせると、誤って 2秒間以上ボタンを押すと、オフに切り換わります。 ボタンを押しても動作しません。 ボタンを押すと、メニュー画面を表示します。 ディスプレイのバックライトが減光中または消灯中 にボタンを押すと、バックライトが点灯します。 JA 準備編
  10. 10. 表示画面について ホーム画面 ホーム画面に表示される項目(アーティスト、アルバム、ジャンル、フォルダなど)から検索して再生したり、設 定の変更/確認などができます。 1 再生状態/再生中のオーディオデータ名 :アーティスト(P.20 参照) 2 アーティストから検索します。 :アルバム(P.20 参照) アルバムから検索します。 :ジャンル(P.20 参照) ジャンルから検索します。 :プレイリスト(P.24 参照) プレイリストから検索します。 プレイリストはアプリケーションソフトウェア 「KenwoodMediaApplication」で作成します。 「KenwoodMediaApplication ヘルプ」→「プ レイリスト」 「新しいプレイリストを作成する」 → :フォルダ フォルダから検索します。 :お気に入り(P.33 参照) :ごみ箱(P.35 参照) :設定(P.45 ~ P.47 参照) 3 操作ガイド(P.13 参照) 4 タイマー設定(P.47 参照) 5 ホールド状態(P.9 参照) 6 電池残量 7 サウンドモード(P.29 参照) 8 Supreme EX(P.28 参照) 9 再生モード(P.25 参照) 0 イントロ再生(P.40 参照) JA 10 準備編
  11. 11. 表示画面について ライブラリ画面 ホーム画面で「アーティスト」「アルバム」「ジャンル」など「設定」を除く項目を選び、 、 、 [右]ボタンを押すと ライブラリ画面が表示されます。 1 再生状態/再生中のオーディオデータ名 2 現在表示している項目名 3 選んだ項目、お気に入りまたはオーディオデータ 4 オーディオデータアイコン ライブラリ画面の表示方法は、メニュー画面の「ライブラ リ表示」で選べます。 設定を変更/確認する(P.47 参照) 再生画面 再生中のオーディオデータに関する情報が表示されます。「アーティスト」から再生した場合) ( 1 ジャケット画像表示エリア オーディオデータのジャケット画像情報を表示する エリアです。 「KenwoodMediaApplication ヘルプ」 「曲 → 情報」→「曲情報を編集する」 2 アーティスト名 * 3 アルバム名 * /アルバムの曲数/アルバムの再生時間 (またはプレイリスト名/フォルダ名)** 4 タイトル名 * /トラック番号/経過時間および再生 時間 5 再生状態/経過時間表示バー 6 オーディオデータアイコン 7 「アルバム」アイコン(または「プレイリスト」ア イコン/「フォルダ」アイコン/「お気に入り」ア イコン)** 8 「アーティスト」アイコン * 曲情報が無い場合、 アーティスト名やアルバム名は「No Information」と表示されます。 語解説(P.49 参照) 用 ** ホーム画面で「プレイリスト」 、 「フォルダ」 または「お 、 気に入り」から再生した場合。 JA 11 準備編
  12. 12. 表示画面について 設定画面 ホーム画面で「設定」を選び、 [中央]ボタンを押すと、設定画面が表示されます。 設定を確認/変更する (P.45 〜 P.47 参照 ) POINT: ● ホーム画面、ライブラリ画面および設定画面を表示中 に約 60 秒間何も操作しないと、操作する前に表示し ていた画面に戻ります。 メニュー画面 / ボタンを押すと、表示されている画面に関連したメニューがポップアップ表示されます。 POINT: ● も う 一 度 / ボタンを押すと、メニュー画面 は消えます。 ● メニュー画面を表示中に約 10 秒間何も操作しないと、 メニュー画面は消えます。 ● メニュー画面の最上位画面で[左]ボタンを押すと、 メニュー画面は消えます。 JA 1 準備編
  13. 13. 表示画面について 操作ガイド 操作ガイドは、[上][下][左][右][中央]ボタンを押したときの、現在のプレーヤーの動作が表されています。 操作ガイド マルチコントロールボタン [上]ボタン [中央]ボタン [右]ボタン [左]ボタン [下]ボタン [左]ボタン [右]ボタン OK 1/4 ¡/¢ 3 8 再生 一時停止 決定 早戻し/ 早送り/ ホーム画面へ スキップ スキップ ∞ ∞ 再生画面へ 次画面へ/ 前画面へ 左へ 上へ 下へ 右へ メニュー画面で、「操作ガイド」の設定を「非表示」にする、または設定画面で「操作ガイド」の設定を「非表示」 にすると、操作ガイドの表示を消すことができます。 設定を確認/変更する (P.45 〜 P.47 参照 ) 操作ガイドの表示を消すと、次に再 生されるオーディオデータの曲情報 が表示されます。 JA 1 準備編
  14. 14. 表示画面について 画面移行のしかた ホーム画面 ライブラリ画面 「設定」以外を選び、 [右] ( )ボタンを押す。 最上位で、[左]() ボタンを押す。 [左] )ボタンを押す。 ( 再生中のオーディオデー タを選び、[右] ) ( 「設定」を選び、[中央] ボタンを押す。 (OK)ボタンを押す。 [左] ( )ボタンを押す。 最上位で、[左]() ボタンを押す。 [右] ( )ボタンを押す。 設定画面 再生画面 JA 1 準備編
  15. 15. 内蔵電池を充電する プレーヤーとパソコンを USB ケーブル(付属品)で接続して充電します。購入後初めて使う場合または長期間 使わなかった場合、必ず充分に充電してください。また、 パソコンからオーディオデータを転送したりプレーヤー の「ごみ箱」を空にする前にも、あらかじめ充電をしてください。 パソコンと USB 接続して充電する 1 BATT. ON/OFF スイッチを「ON」側にする。 購入後初めて使う場合、BATT.ON/OFF スイッチを「ON」側にしてください。以後、長期間使わない場 合を除き、「ON」側のままで使用してください。このスイッチは過放電を防ぐためのスイッチであり、電源 スイッチではありません。 スイッチを切り換える場合、柔らかく先の尖ったも ので操作します。(硬いもので無理に切り換え操作 を行うとプレーヤーに傷が付く原因となります。) 長期間使わない場合、BATT. ON/OFF スイッチを 「OFF」側にしてください。この場合、以下の設定 が初期値に戻ります。 ●タイマー設定 「INITIAL SETTINGS」の設定画面の設定を完了し てから接続してください。 イ ッ ク ス タ ー ト マ ニ ュ ア ル「Kenwood ク 重要: ATT.ON/OFF スイッチが「OFF」 B MediaApplication をインストールする」 の状態では、充電できません。 2 パソコンを起動する。 3 プレーヤーとパソコンを USB ケーブル(付属品)で接続する。 付属品の USB ケーブル以外を使うと動作しないことがあります。 プレーヤーの充電が始まると、液晶パネルに充電中 パソコン アイコン (赤)が表示されます。充電が終了 すると、充電終了アイコン (緑)が表示され ます。このとおりに画面が表示されない場合、 「故障 かな…?と思ったら」をご覧ください。(P.54 参照) USB ケーブル(付属品) JA 1 準備編
  16. 16. 内蔵電池を充電する POINT: ● パソコンと USB 接続しているときにプレーヤーの電源をオンにすると、接続モードの選択画面がプレーヤーに表示さ れます。[上][下]ボタンで「ストレージモード」または「プレーヤーモード」を選んで、 [中央]ボタンを押して、 接続モードを選択してください。 「ストレージモード」で使う: 「ストレージモード」を選ぶと、 「KenwoodMediaApplication」でオーディオデータの転 送などができます(この場合、 プレーヤーを操作できません) 。詳しい操作方法は「Kenwood MediaApplication ヘルプ」をご覧ください。 「プレーヤーモード」で使う: 「プレーヤーモード」を選ぶと、パソコンから電源を供給できます。 接続モードは、 パソコンと USB 接続している間は変更できません。正しい手順でプレーヤー を取り外し、もう一度接続して、接続モードを変更してください。 「Kenwood Media Application ヘルプ」→「Media Keg の接続と取り外し」→「パソ コンから MediaKeg を取り外す」 接続モードの選択画面 ● 充電時間は、内蔵電池の状態や周囲の温度により変わります。 ● プレーヤーの温度上昇を抑制するために、一時的に充電を停止することがあります。 ● 内蔵電池の充電は、使用条件の温度範囲内で行ってください。範囲外では充電できないことがあります。 用上のお願い(P.5 参照) 使 ● 内蔵電池の残量が少なくなると、電池残量表示が、 と変わります。電池の残量が 少なくなったら充電してください。 ● USB 接続して充電していても、プレーヤーが動作している状態では、電池残量が減る場合があります。パソコン本体の USB 電源供給機能の性能によるため、パソコンの機種により充電ができない場合や充電が完了しない場合があります。 ● USB ハブを使用してパソコンと接続した場合、動作の保証はいたしません。 AC アダプター(別売品)から充電する 1 BATT. ON/OFF スイッチを「ON」側にする。 2 プレーヤーに AC アダプター(別売品)を接続する。 プレーヤーには、専用 AC アダプター「AC-050150A」 (JEITA 規格・極性統一型プラグ付き)および専 用電源コード「E30-7361-05」をご使用ください。 1 AC アダプター (別売品) 2 電源コード (別売品) 3コンセントへ JA 1 準備編
  17. 17. 電源を入れる/切る 電源を入れる: / ボタンを押す。 電源を切る: / ボタンを 2 秒間以上押し続ける。 POINT: ● BATT.ON/OFFスイッチを「ON」にしておいてください。 (P.15 参照) ● HOLD 状態では電源の入 / 切ができません。HOLD を解除してからボタンを押して電源の入 / 切をしてください。 ● 初めて使う場合または設定リセット後に BATT.ON/OFF スイッチを 「OFF」から「ON」にして初めて電源を入れた場合、 「INITIALSETTINGS」画面が表示され言語を設定する必要があります。 設定を確認/変更する (P.45 〜 P.47 参照 ) ● 一定時間操作をしないと、画面が暗くなり、そのあと画面が消えます。ただし、USB 接続中または AC アダプター接続 中は、画面は暗くなりますが消えません。 点灯時間(P.47 参照) ● 電源が切れた状態でパソコンに接続した場合、充電状態になります。 ● 一時停止状態で約3分間経過すると、自動的に電源が切れます。 JA 1 基本編
  18. 18. オーディオデータを再生する 準備する ● オーディオデータを、プレーヤーに転送してください。 「KenwoodMediaApplication ヘルプ」→「基本的な操作」→「曲を MediaKeg へ転送する」 「Kenwood ediaApplication ヘルプ」→「基本的な操作」→「WindowsMediaPlayer で Media M Keg に転送する」 ● ヘッドホン(付属品)をプレーヤーに接続してださい。 ● 電源を入れてください。 *使用しないときは、ヘッドホンコードのからみ防止スライダー を図のように、ヘッドホンの先端がそろう位置までずらすと コードがからみにくくなります。 ヘッドホンを使用するときは、からみ防止スライダーをもと からみ防止スライダー * の位置に戻します。 POINT: ● ヘッドホンを抜き差しする場合、プレーヤーの電源が切れている状態で行ってください。 ● プラグは奥まで確実に差し込んでください。完全に差し込まれていない場合、音が聞こえないときがあります。 オーディオデータを選んで再生する ライブラリ画面(「アーティスト」「アルバム」「ジャンル」「フォルダ」 、 、 、 )を移動して、再生するオーディオデー タを検索できます。ここでは、「アーティスト」からオーディオデータを検索する手順を説明します。 1 ホーム画面を表示中に、[上][下]ボタンを押して「アーティスト」を選び、[右]ボタンを押す。 アーティストが表示されます。 [上][下]ボタンを深く押すと、高速でスクロール します。サーチ動作の切り換えは、メニュー画面の 「2ウェイサーチ」で行います。 2 ウェイサーチ(P.47 参照) JA 1 基本編
  19. 19. オーディオデータを再生する 2 [上][下]ボタンを押して再生したいアーティスト名を選び、[右]ボタンを押す。 [上][下]ボタンを深く押すと、高速でスクロール します。サーチ動作の切り換えは、メニュー画面の 「2ウェイサーチ」で行います。 2 ウェイサーチ(P.47 参照) 前の画面に戻す場合、[左]ボタンを押します。 [ 中央]ボタンを押すと、アーティストに含まれるオー ディオデータが再生されます。 ライブラリ画面の表示方法は、メニュー画面の「ラ イブラリ表示」で選べます。 ライブラリ表示(P.47 参照) 3 [上][下]ボタンを押して再生したいアルバム名を選び、[右]ボタンを押す。 [ 中央]ボタンを押すと、アルバムに含まれるオーディ オデータが再生されます。 4 [上][下]ボタンを押して再生したいオーディオデータ名を選び、[中央]ボタンを押す。 [ 中央]ボタンを押すと、選んだオーディオデータ が再生されます。 再生中に手順 1 〜 4 の操作をした場合、再生を中断 して、選んだ項目の再生が始まります。 いろいろな再生方法を選べます。 生モードを設定する(P.25 参照) 再 再生順を並べ替えできます。 ーディオデータを並べ替える(P.38 参照) オ JA 1 基本編
  20. 20. オーディオデータを再生する ホーム画面のアーティスト/アルバム/ジャンルの構成 アーティスト [ アーティスト名]:共通のアーティスト名のオーディオデータのライブラリ [アルバム名] [アルバム名] [オーディオデータ名] [オーディオデータ名] [アルバム名] [ アーティスト名] .... アルバム [ アルバム名]:共通のアルバム名のオーディオデータのライブラリ [オーディオデータ名] [オーディオデータ名] [アルバム名] .... ジャンル [ ジャンル名]:共通のジャンル名のオーディオデータのライブラリ [ アーティスト名] [アルバム名] [オーディオデータ名] [オーディオデータ名] [アルバム名] [ アーティスト名] [ ジャンル名] .... POINT: ● 曲情報が異なると、実際には同じアーティスト名/アルバム名/ジャンル名のオーディオデータでも、違うアーティス ト名/アルバム名/ジャンル名のフォルダ構成となります。 ● 1 つの項目の中に表示または再生できる項目やオーディオデータの数は、999 個までです。 ● 曲情報が無い場合、アーティスト名やアルバム名は「NoInformation」と表示されます。 語解説(P.49 参照) 用 JA 0 基本編
  21. 21. オーディオデータを再生する 一時停止する(ポーズ) 1 再生中に[中央]ボタンを押す。 もう一度[中央]ボタンを押すと、再生が再開されます。 POINT: ● 一時停止後、[中央]ボタンを押しても再生が再開されるまで数秒間かかることがあります。 ● 一時停止状態で約3分間経過すると、自動的に電源が切れます。 音量の調整 1 ボリューム(+/−)ボタンを押す。 ボリューム(+)ボタン: 音量が上がります。 ボリューム(−)ボタン: 音量が下がります。 ボリューム(+/−)ボタンを押すと音量調節バー が表示され、約 2 秒後に消えます。 JA 1 基本編
  22. 22. オーディオデータを再生する 早送り/早戻しする 1 再生中で再生画面表示中に、[上][下]ボタンを 1 秒間以上押し続ける。 押す深さにより速度を選べます。 [上]ボタン: 浅く押す:低速(× 20 倍相当)早戻し 深く押す:高速(× 50 倍相当)早戻し [下]ボタン: 浅く押す:低速(× 20 倍相当)早送り 深く押す:高速(× 50 倍相当)早送り POINT: ● 再生モードを「1 曲リピート」に設定している場合、次のオーディオデータには移りません。 ● 早戻し/早送り中は、音声は再生されません。 オーディオデータをスキップする 1 再生中や一時停止中で再生画面表示中に、[上][下]ボタンを押す。 [上]ボタン: オーディオデータ再生直後(経過時間が 0:00 〜 0:02 の間)に[上]ボタンを押すと、 つ前のオー 1 ディオデータの先頭にスキップします。 オーディオデータ再生中(経過時間が 0:03 以降) に[上] ボタンを押すと、現在再生中のオーディオデー タの先頭に移動します。 [下]ボタン: 次のオーディオデータの先頭へスキップします。 一時停止中に[上][下]ボタンを押し続けると、ボ タンから指を離すまでスキップを続けます。 JA 基本編
  23. 23. オーディオデータを再生する アルバムをスキップする 1 再生画面を表示中に、 / ボタンを押す。 メニュー画面が表示されます。 2 [上] ボタンを押して、フォルダスキップ+」 「フォルダスキップ−」 [中央] [下] 「 または を選び、 ボタンを押す。 「フォルダスキップ+」を選んだ場合の動作: 次のアルバムにスキップします。 「フォルダスキップ−」を選んだ場合の動作: 一つ前のアルバムにスキップします。 JA 基本編
  24. 24. プレイリストを再生する パソコンにインストールした、アプリケーションソフトウェア「Kenwood Media Application」を使用して、あら かじめプレーヤーにプレイリストを作成しておくと、 「プレイリスト」フォルダからプレイリストを再生できます。 1 ホーム画面を表示中に、[上][下]ボタンを押して「プレイリスト」を選び、[右]ボタンを押す。 プレイリストが表示されます。 2 [上][下]ボタンを押して再生したいプレイリストを選び、[中央]ボタンを押す。 プレイリストを選び、[右]ボタンを押すと、プレイリストのオーディオデータが表示されます。 [上][下]ボタンを押してオーディオデータを選び、[中央]ボタンを押すと、選んだオーディオデータが 再生されます。 前の画面に戻す場合、[左]ボタンを押します。 POINT: ● プレイリストの作成については下記をご覧ください。 「KenwoodMediaApplication ヘルプ」→「プレイリスト」→「新しいプレイリストを作成する」 ● オーディオデータが再生される順番は、パソコンで並べ替えできます。 「KenwoodMediaApplication ヘルプ」→「プレイリスト」→「プレイリスト内の曲の再生順を変える」 ●「お気に入り」を「KenwoodMediaApplication」でプレイリストに変換できます。 「KenwoodMediaApplication ヘルプ」 「プレイリスト」 「MediaKeg の → → 「お気に入り」をプレイリストに変える」 ● オーディオデータをプレーヤーに転送すると、プレイリストとして「最近転送した曲」が自動作成され、この中に 100 曲まで登録されます。 「最近転送した曲」の再生順は、転送した日付の新しい順番で再生されます。 JA 応用編
  25. 25. 再生モードを設定する リピート再生やランダム再生など、いろいろな再生方法を選べます。 1 再生画面を表示中に、 / ボタンを押す。 メニュー画面が表示されます。 2 [上][下]ボタンを押して「再生モード」を選び、[中央]ボタンを押す。 再生モードの一覧が表示されます。 3 [上][下]ボタンを押してお好みの再生モードを選び、[中央]ボタンを押す。 再生モードが設定され、再生画面に戻ります。 生モードの種類(P.26 参照) 再 現在設定されている再生モードには「 」マークが 表示されます。(設定後、選んだ再生モードは画面下 部にアイコン表示されます) JA 応用編
  26. 26. 再生モードを設定する 再生モードの種類 アイコン表示 再生モード 動作内容 プレーヤー内のすべてのオーディオデータを繰り返 なし 通常再生 し再生します。 選んだフォルダ/プレイリスト内のオーディオデー フォルダ再生 タを 1 回だけ再生します。 1 曲リピート 再生中のオーディオデータを繰り返し再生します。 選んだフォルダ/プレイリスト内のオーディオデー フォルダリピート タを繰り返し再生します。 選んだフォルダ/プレイリスト内のオーディオデー フォルダランダム タからランダムに選び、繰り返し再生します。 プレーヤー内のすべてのオーディオデータからラン 全曲ランダム ダムに選び、繰り返し再生します。 POINT: ● 再生中に「フォルダランダム」または「全曲ランダム」を選んだ場合、再生中のオーディオデータが終わってからラン ダム再生が始まります。 JA 応用編
  27. 27. アーティストで再生する / アルバムで再生する 再生中のオーディオデータのアーティストまたは、アルバムのみを再生するように設定できます。例えば、全曲ラ ンダム再生中に、現在再生中のオーディオデータのアーティストの曲のみを再生したいときなどに便利です。 1 再生画面を表示中に、 / ボタンを押す。 メニュー画面が表示されます。 2 [上] [下]ボタンを押して「アーティストで再生」または「アルバムで再生」を選び、中央]ボタンを押す。 [ POINT: ● 再生モードはフォルダリピートに変わります。 ● 異なるアーティストのオーディオデータを集めたコンピレーションアルバムの一部を再生中に「アルバムで再生」を選 択すると、コンピレーションアルバム全体の再生に切り替えられます。 JA 応用編
  28. 28. サプリーム Supreme EX を設定する 高音域の補間機能の設定をします。 1 再生画面を表示中に、 / ボタンを押す。 メニュー画面が表示されます。 2 [上][下]ボタンを押して「Supreme EX」を選び、[中央]ボタンを押す。 3 [上][下]ボタンを押して Supreme EX の「オン」または「オフ」を選び、[中央]ボタンを押す。 SupremeEX が設定され、再生画面に戻ります。 現在の設定に「 」マークが表示されます。「オン」 ( を選ぶと画面下部に「 」が表示されます) SupremeEX を「オン」に設定すると、サウンドモー ドは「NORMAL」になります。 POINT: 用語解説(P.49 参照) ● JA 応用編
  29. 29. サウンドモードを設定する 聴く音楽に合わせて音質調整をします。 1 再生画面を表示中に、 / ボタンを押す。 メニュー画面が表示されます。 2 [上][下]ボタンを押して「サウンドモード」を選び、[中央]ボタンを押す。 3 [上][下]ボタンを押してお好みのサウンドモードを選び、[中央]ボタンを押す。 サウンドモードが設定され、再生画面に戻ります。 サウンドモードの種類(P.30 参照) 現在設定されているサウンドモードには「 」マー クが表示されます。(設定後、選んだサウンドモード は画面下部に表示されます) サウンドモードを「NORMAL」以外に設定すると、 SupremeEX は「オフ」になります。 JA 応用編
  30. 30. サウンドモードを設定する サウンドモードの種類 表示 サウンドモード 表示 サウンドモード サウンドモードをオフにします なし JAZZ 「JAZZ」 「NORMAL」 BASS 「BASS1」 DANCE 「DANCE」 1 BASS 「BASS2」 VOICE 「VOICE」* 2 LOUD G.EQ 「LOUDNESS」 「GRAPHICEQ1」** NESS 1 G.EQ POPS 「POPS」 「GRAPHICEQ2」** 2 G.EQ ROCK 「ROCK」 「GRAPHICEQ3」** 3 * 人の声の帯域を強調します。語学の学習などに最適です。 **「グラフィック EQ」で設定した内容をお楽しみいただけます。 「グラフィック EQ」を設定する(P.31 参照) POINT: ●「サウンドモード」の選択画面で[上][下]ボタンを押すと、選んでいるサウンドモードでの試聴ができます。[中央] ボタンを押すと、その視聴しているサウンドモードが設定されます。 JA 0 応用編
  31. 31. サウンドモードを設定する 「グラフィック EQ」を設定する 音質の細かい設定を行います。 1 再生画面を表示中に、 / ボタンを押す。 メニュー画面が表示されます。 2 [上][下]ボタンを押して「グラフィック EQ」を選び、[中央]ボタンを押す。 「グラフィック EQ」の調整画面が表示されます。 3 [上][下]ボタンを押して設定を記憶させるパターン番号を選び、[中央]ボタンを押す。 JA 1 応用編
  32. 32. サウンドモードを設定する 4 [上] [右] [下] [左]ボタンを押してイコライザーカーブを設定し、[中央]ボタンを押す。 グラフィックカーブが設定され、再生画面に戻ります。 [右][左]ボタン: レベル調整をする周波数帯域を選びます。 「リセット」を選んで[中央]ボタンを押すとすべて の周波数帯域のレベルが「0」になります。 「63」を選んだ状態で[左]ボタンを押すと、手順3 に戻ります。 [上][下]ボタン: レベルを調整します。(+5 〜 -5) グラフィック EQ を設定すると、 SupremeEX は 「オフ」 になります。 POINT: ● 設定したグラフィックカーブを呼び出すには、サウンドモードで「GRAPHICEQ#」に設定します。 ウンドモードを設定する(P.29 参照) サ JA 応用編
  33. 33. 「お気に入り」に登録する 好きなオーディオデータを集めて「お気に入り」リストを作れます。 「お気に入り」リストに登録しておくと、そのオー ディオデータだけを再生できます。 1 ライブラリ画面(項目下のオーディオデータリストを表示した状態)を表示中に、[上][下]ボタンを押し て「お気に入り」に登録したいオーディオデータを選び、 / ボタンを押す。 メニュー画面が表示されます。 2 [上][下]ボタンを押して「お気に入りに登録」を選び、[中央]ボタンを押す。 選んだオーディオデータが「お気に入り」に登録さ れます。 「お気に入り」の再生順は、この操作で登録した順番 になります。 POINT: ● 再生画面を表示中に、 / ボタンを押して「お気に入りに登録」を選ぶと、 再生中のオーディオデータを「お気に入り」 に登録できます。 ●「お気に入り」には 50 件まで登録できます。 ● プレイリストやフォルダは「お気に入り」に登録できません。 ●「お気に入り」は「KenwoodMediaApplication」でプレイリストに変換できます。 「KenwoodMediaApplication ヘルプ」 「プレイリスト」 「MediaKeg の → → 「お気に入り」をプレイリストに変える」 JA 応用編
  34. 34. 「お気に入り」に登録する 「お気に入り」に登録したオーディオデータの確認 1 ホーム画面を表示中に、[上][下]ボタンを押して「お気に入り」を選び、[右]ボタンを押す。 「お気に入り」に登録したオーディオデータが表示さ れます。 オーディオデータを[上][下]ボタンで選び、中央] [ ボタンを押すと再生できます。 「お気に入り」の解除: オーディオデータを[上][下]ボタンで選び、 / ボタンを押して「お気に入りを解除」を 選びます。 「お気に入り」の全解除: / ボタンを押して「お気に入りを全解除」 を選びます。 POINT: ● プレーヤーがリセットされた場合または電池の残量が無くなって電源が切れた場合、最後にパソコンに接続したとき、 または、 / ボタンで電源を切ったときの「お気に入り」の内容になります。 リセットするには(P.55 参照) 「お気に入り」に登録したすべてのオーディオデータを再生するには 1 ホーム画面を表示中に、[上][下]ボタンを押して「お気に入り」を選び、[中央]ボタン を押す。 「お気に入り」に登録した順番でオーディオデータが 再生されます。 JA 応用編
  35. 35. オーディオデータを削除する オーディオデータやプレイリストを削除します。 オーディオデータを「ごみ箱」に入れる 1 ライブラリ画面(項目下のオーディオデータリストを表示した状態)を表示中に、[上][下]ボタンを押し て削除したいオーディオデータやプレイリストを選び、 / ボタンを押す。 メニュー画面が表示されます。 2 [上][下]ボタンを押して「ごみ箱に入れる」を選び、[中央]ボタンを押す。 選んだオーディオデータが「ごみ箱」に入ります。 「ごみ箱」に入れただけでは、 内容は削除されません。 削除するには「ごみ箱を空にする」を選んでください。 ごみ箱」 「 に入れたオーディオデータを削除 する(P.36 参照) POINT: ● 再生画面を表示中に、 / ボタンを押して「ごみ箱に入れる」を選ぶと、再生中のオーディオデータを「ごみ箱」に 入れられます。 ●「ごみ箱」には 50 件まで入れられます。 ● フォルダは「ごみ箱」に入れられません。 JA 応用編
  36. 36. オーディオデータを削除する 「ごみ箱」に入れたオーディオデータを削除する 「ごみ箱」に入れたオーディオデータやプレイリストをプレーヤーから完全に削除します。 お知らせ: 中で電源が切れることのないように、あらかじめ充電してください。また、この操作をする場合、 �中で電源が切れることのないように、あらかじめ充電してください。また、この操作をする場合、 � プレーヤーとパソコンを USB ケーブル(付属品)で接続することをおすすめします。 蔵電池を充電する(P.15 〜 P.16 参照) 内 1 ホーム画面を表示中に、[上][下]ボタンを押して「ごみ箱」を選び、[右]ボタンを押す。 「ごみ箱」に入れたオーディオデータが表示されます。 2 / ボタンを押す。 メニュー画面が表示されます。 3 [上][下]ボタンを押して「ごみ箱を空にする」を選び、[中央]ボタンを押す。 確認メッセージが表示されます。 「ごみ箱」から元に戻す場合の操作: オーディオデータを[上][下]ボタンで選んで、 「ごみ箱から戻す」を選びます。 JA 応用編
  37. 37. オーディオデータを削除する 4 [上][下]ボタンを押して「はい」を選び、[中央]ボタンを押す。 「ごみ箱」に入っていたオーディオデータが削除され、 ホーム画面に戻ります。 POINT: ● パソコンと USB 接続をして 「ストレージモード」 を選んだ場合、プレーヤーを操作できません。この場合は、Kenwood 「 MediaApplication」で削除できます。 「KenwoodMediaApplication ヘルプ」→「基本的な操作」→「曲を削除する] ● プレーヤーがリセットされた場合または電池の残量が無くなって電源が切れた場合、最後にパソコンに接続したとき、 または、 / ボタンで電源を切ったときの「ごみ箱」の内容になります。 セットするには(P.55 参照) リ ● 項目(アーティスト、アルバム、ジャンル、フォルダ)に含まれるオーディオデータをすべて削除しても、その項目は 残ります。空の項目を削除するにはパソコンに接続し、KenwoodMediaApplication」 「 にて PD の「ライブラリ更新」 を行ってください。 「KenwoodMediaApplication ヘルプ」→「ライブラリ」→「ライブラリを手動で更新する」 JA 応用編
  38. 38. オーディオデータを並べ替える オーディオデータの再生順を「トラック番号」「名前」または「日付」で並べ替えできます。 、 1 ライブラリ画面(項目または項目下のオーディオデータリストを表示した状態)を表示中に、 / ボタ ンを押す。 メニュー画面が表示されます。 2 [上][下]ボタンを押して「ソート」を選び、[中央]ボタンを押す。 3 [上] [下]ボタンを押して選択項目を選び、 [中央]ボタンを押す。 「トラック番号」を選んだ場合の再生順: オーディオデータを、曲情報のトラック番号順に並 べ替えて再生します。 「名前」を選んだ場合の再生順: オーディオデータを、ファイル名順に並べ替えて再 生します。 「日付」を選んだ場合の再生順: オーディオデータを、曲情報の更新日時順に並べ替 えて再生します。 現在設定されているソート方法には「 」マークが 表示されます。 JA 応用編
  39. 39. オーディオデータの情報を見る オーディオデータ、プレイリストまたは項目の情報を見ることができます。 1 ライブラリ画面(項目下のオーディオデータリストを表示した状態)を表示中に、[上][下]ボタンを押し て情報を見たいオーディオデータ、プレイリストまたは項目を選び、 / ボタンを押す。 メニュー画面が表示されます。 2 [上][下]ボタンを押して「プロパティ」を選び、[中央]ボタンを押す。 表示できる曲情報が無い場合、 「NoInformation」と表 示されます。 オーディオデータを選んだ場合の情報: トラック名/ファイルフォーマット/ビットレート/サンプリング周波数/再生時間/アーティスト名/アルバ ム名/ジャンル名 プレイリストを選んだ場合の情報: プレイリスト名/プレイリストに登録されているオーディオデータ数/総再生時間 項目(「アーティスト」「アルバム」「ジャンル」「フォルダ」 、 、 、 )を選んだ場合の情報: 「アーティスト」:アーティスト名/アルバム数 「アルバム」 :アルバム名/アーティスト名/オーディオデータ数/総再生時間 「ジャンル」 :ジャンル名/アーティスト数 「フォルダ」 :フォルダ名/フォルダまたはオーディオデータ数 POINT: ● 再生画面を表示中に、 / ボタンを押して「プロパティ」を選ぶと、再生中のオーディオデータの情報を見ること ができます。 JA 応用編
  40. 40. イントロ再生を行う オーディオデータの頭の部分だけを次々と再生します。 1 ホーム画面を表示中に、[上][下]ボタンを押して「設定」を選び、[中央]ボタンを押す。 設定画面が表示されます。 2 [上][下]ボタンを押して「イントロ再生」を選び、[中央]ボタンを押す。 3 [上][下]ボタンを押してお好みのイントロ再生時間を選び、[中央]ボタンを押す。 イントロ再生時間が設定され、設定画面に戻ります。 ントロ再生の種類(P.41 参照) イ 現在設定されている再生時間には「 」マークが表 示されます。(設定後、選んだイントロ再生時間は画 面下部にアイコン表示されます) JA 0 応用編
  41. 41. イントロ再生を行う イントロ再生の種類 アイコン表示 イントロの種類 動作内容 なし なし イントロ再生をオフにします。 オーディオデータの頭の 10 秒間を次々に再生し 10 秒イントロ再生 ます。 オーディオデータの頭の 60 秒間を次々に再生し 60 秒イントロ再生 ます。 JA 1 応用編
  42. 42. 外部機器との接続 ヘッドホン接続端子を使うと、ケンウッド製デジタルオーディオプレーヤーリンク対応ステレオやアンプ内蔵のス ピーカーなどの外部機器と接続ができます。 直射日光の当たる車内等の高温になる場所には放置しないでください。 変形、故障の原因になります。 1 プレーヤーのヘッドホン接続端子に、外部機器を接続する。 デジタルオーディオプレーヤーリンク対応ステレオと接続する場合、デジタルプレーヤー リンクケーブル(別売品) ・ で接続します。また、デジタルオーディオ対応アンプなどと接続する場合は、機器付属のケーブルや市販のステレ オミニプラグ付きケーブル類で接続します。 ケーブル類の接続は、プレーヤーや接続する機器の電源をオフにしてから行ってください。 デジタルオーディオプレーヤーリンク対応ステレオとの接続 対応機種: X-D7、R-K801、ES-A5MD、SV-3MD、MDX-L1、 A NDL-100MD、NDL-100、R-K1、UD-A77、 UD-A55、RD-UDA55、R-TR60(2007 年 9 月現在) デジタルオーディオプレーヤー 対応アンプとの接続 対応機種: A-S10(接続ケーブル付属) K (2007 年 9 月現在) デジタルプレーヤー・ リンクケーブル PNC-150(別売品) ステレオアンプ カーステレオ ステレオミニプラグ付 FM トランスミッター きケーブル類 アンプ内蔵スピーカー USB 対応ステレオ USB 対応カーステレオ 2 再生する。 デジタルオーディオプレーヤーリンク対応ステレオと接続すると、ステレオの本体キーやリモコン操作で「再生/ 一時停止」や「スキップアップ・ダウン」などが操作できます。 POINT: ● ご使用の際は、外部機器の取扱説明書も合わせてご覧ください。 ● このプレーヤーはアンプ部にデジタルアンプを採用しております。FM トランスミッターをご使用の際は、市販のデジ タルアンプ対応機種をご使用ください。 ● ご使用の車種や周辺機器、アンテナの位置など設置環境によって、ノイズが発生することがあります。 JA 応用編
  43. 43. オーディオデータの選択と再生順について プレーヤー内のフォルダの階層を以下のようにしておくと、ライブラリ画面から簡単に聴きたいオーディオデータ を検索できます。 フォルダの階層 [右]ボタンを押す [中央]ボタンを押す: [中央]ボタンを押す: 内のオーディオデータ 内のオーディオデータ 1 〜 4 を再生する 1 〜 6 を再生する [右]ボタンを押す [中央]ボタンを押す: オーディオデータ 1 を再生する JA 応用編
  44. 44. オーディオデータの選択と再生順について 再生の順番 通常の再生モードの場合: アーティスト1で[中央]ボタンを押した場合 1〜6、7、8 の順に繰り返し再生する アルバム2で[中央]ボタンを押した場合 5、6、7、8、1〜4、の順に繰り返し再生する 再生モードがフォルダ再生モードの場合: アーティスト1で[中央]ボタンを押した場合 1〜6 の順に再生する アルバム2で[中央]ボタンを押した場合 5、6 の順に再生する アーティスト2で[中央]ボタンを押した場合 7、8 の順に再生する POINT: ● 再生順を並べ替えできます。 ーディオデータを並べ替える(P.38 参照) オ ●「KenwoodMediaApplication」または「WindowsMediaPlayer」で転送したオーディオデータに限り再生できます。 ● 1つのフォルダ内で再生の対象となるオーディオデータの数は 999 個です。 JA 応用編
  45. 45. 設定を変更/確認する 1 ホーム画面を表示中に、[上][下]ボタンを押して「設定」を選び、[中央]ボタンを押す。 設定画面が表示されます。 2 [上][下]ボタンを押して変更/確認したい設定項目を選び、[中央]ボタンを押す。 選んだ設定項目の選択項目が表示されます。 3 [上][下]ボタンを押して選択項目を選び、[中央]ボタンを押す。 設定が確定され設定画面に戻ります。 定項目の種類(P.47 参照) 設 現在設定されている選択項目には「 」マークが表 示されます。 JA 応用編
  46. 46. 設定を変更/確認する 4 [左]ボタンを押す。 ホーム画面に戻ります。 JA 応用編

×