• Save
ソフトウェアテスト技法ドリル:線を意識する
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

ソフトウェアテスト技法ドリル:線を意識する

  • 1,868 views
Uploaded on

ソフトウェアテスト技法ドリル勉強会

ソフトウェアテスト技法ドリル勉強会

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
1,868
On Slideshare
1,867
From Embeds
1
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
1

Embeds 1

http://us-w1.rockmelt.com 1

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 線を意識するソフトウェアテスト技法ドリル第2章 @nifty様 goyoki
  • 2. 内容1. 同値分割2. 境界値分析3. 同値分割・境界値分析によるテスト 設計4. 番外 1. 負荷テスト
  • 3. 同値分割
  • 4. 同値分割とは• JSTQB ソフトウェアテスト標準用語集(日本語版) Version 2.0.J01 「仕様上、コンポーネントや システムの動作が同じと見 なせる入力定義域や出力 定義域の部分」 ※同値領域や同値クラスとして説明
  • 5. 同値分割とは• 同じように扱えるグループ に値をグルーピングする※同値分割法の説明• “同じように扱える” – Ex)違いのない入力をグルーピング – Ex)出力・処理が同じ入力をグルーピング
  • 6. 同値分割の例• 「6歳未満は無料。6歳以上12歳 以下は半額。13歳以上は定額」 – 価格を基準に同値分割 0 6 12-∞ +∞ 年齢 ありえない 無料 半額 定額 4つにグルーピング
  • 7. 関連用語 0 6 12 -∞ +∞ ありえない 無料 半額 定額 ①同値クラス 年齢上限 例えば999③無効同値クラス ②有効同値クラス ③無効同値クラス簡単そうに見えても、線を描いて同値クラスと無効同値クラスの違いを明らかにしよう
  • 8. 同値分割とテスト• 同値分割法によるテスト設計 – テストで使う処理・出力を視点に同値分割 – 同値クラスの代表値を入力値に用いる – グルーピングで、膨大な入力を削減 0 6 12-∞ +∞ ありえない 無料 半額 定額 代表値-1 代表値2 代表値10 代表値20テストの入力に指定網羅度は同値分割カバレッジという
  • 9. 境界値分析
  • 10. 境界値分析とは• JSTQB ソフトウェアテスト標準用語集(日本語版) Version 2.0.J01 「境界値を元にしてテス トケースが設計される、 ブラックボックステスト設 計技法」
  • 11. 境界値分析とは• グルーピング(例えば同値 分割)して、グループの境 界の値を抽出する
  • 12. 境界値分析の例• 「6歳未満は無料。6歳以上12歳以下は 半額。13以上は定額」 0 6 12-∞ +∞ -1 ありえない 0 5 無料 6 12 半額 13 定額
  • 13. 境界値分析によるテスト設計• 境界値からテストの入力値を求める – バグは境界付近に偏在する 0 6 12-∞ +∞ ありえない 無料 -1 半額 定額 0 5 6 12 13 テストの入力に指定する 網羅度は境界値カバレッジという
  • 14. 色々な境界:実数の境界• 「実数で表される偏差値で、65以上は合 格。65未満は不合格」 – 境界値を入力値として表現するのは困難 65 偏差値 64.999999… 65
  • 15. 色々な境界:実数の境界• 「実数で表される偏差値で、65以上は合格。 65未満は不合格」 – 内部値が異なっている場合あり • 丸められるなど フレームワークテスター ソフトウェア 処理部 64.999999 64.9 65 桁切捨て 四捨五入処理 テスト対象
  • 16. 色々な境界:実数の境界(対策)• 「実数で表される偏差値で、65以上は合格。 65未満は不合格」 – 境界間の差分値として定数dと定義。 – 評価時はdに妥当な値を入れる(ex:d = 0.0001) 65 偏差値 65-d 不合格 65 合格・dの妥当な値は別途検証する(dをどれぐらいまで小さくできるか)・設計と妥当か協議しておく
  • 17. 色々な境界:規格・仕様で規定される境界• Ex)日付と時刻の境界 –例 • 2010/12/1~2010/12/2まで開催 –12/2は日程に含む?含まない? • 2010/12/7 10時から12時まで会議 –12時は日程に含む?12:00までに終了?
  • 18. 色々な境界:規格・仕様で規定される境界• Ex)日付と時刻の境界 –RFC 2445 iCalendar • 始まりの時刻は含み、終わりの時刻は 含まない境界が規格/仕様で規定されているなら、作成するテストデータをそれに合わせましょう
  • 19. 色々な境界:ループ境界• インクリメントカウンタの取りえる最大値等 – カウンタが変数型の最大値を超え、ビット溢れで 異常値に繰り下がる箇所 1年に一度カウントアップする10進数2桁の西暦変数 19 00 19 55 19 99 19 00 時間軸・内部カウンタは実装時に作りこまれることが多い・開発者に洗い出しを協力してもらう ⇒テスト仕様のレビュー等に協力
  • 20. 同値分割・境界値分析 によるテスト設計
  • 21. パスワードのテスト(例)• パスワードのテストデータを作成 – パスワードは、アルファベットの大文字・小 文字と数値のみを入力可能にする – パスワードの文字数は5~30文字とする
  • 22. パスワードのテスト(回答例)• 線は複数 –文字の種類 • ASCII コードチャートを同値分割 –有効同値クラス: ‘0‟~’9‟、’A‟~’Z‟、’a‟ ~’z‟ –無効同値クラス: ~’/‟、’:‟~’@‟、’[„~’`‟、’{„~ –それぞれの同値クラスの境界値を抽出する
  • 23. パスワードのテスト(回答例)• 線は複数 –文字数 • 文字数を基準に同値分割 –有効同値クラス:5~30 –無効同値クラス:~4、31~ –それぞれの同値クラスの境界値を抽出する
  • 24. パスワードのテスト(回答例) • 2つの線で求めた同値クラス・境界値を組み 合わせる “@@@” – 注意点1 パスワードチェック異常値は他の異常値を隠す パスワード長さは No 正常? 実行されない 文字の種類は No 正常? 正常時の処理 異常時の処理
  • 25. パスワードのテスト(回答例)• 2つの線で求めた同値クラス・境界値を組み 合わせる – 注意点2 「技法にとらわれない」 「とても大きな文字サイズ」、「制御文字」などもチェック 目的があって技法を使う。技法を使うのが目 的でない
  • 26. パスワードのテスト(回答)• 回答例 – ⇒P26 表2.2
  • 27. 番外
  • 28. 番外:負荷テスト• 負荷テストの結果をグラフの線で表現 – システムの性能や欠陥が変化点として現れること がある • 横軸:負荷量(接続台数等) • 縦軸:メモリ使用量/CPU使用率/トランザクション応答時間等 測定値 変化点(ヒザ) 保障値 クライアント接続台数
  • 29. ご清聴ありがとうございました1. 同値分割2. 境界値分析3. 同値分割・境界値分析によるテスト 設計4. 番外 1. 負荷テスト