• Save
2013/2/15 gooya社内ディスカッション「早いサイト」坂本チーム資料
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

2013/2/15 gooya社内ディスカッション「早いサイト」坂本チーム資料

on

  • 782 views

 

Statistics

Views

Total Views
782
Views on SlideShare
782
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

2013/2/15 gooya社内ディスカッション「早いサイト」坂本チーム資料 2013/2/15 gooya社内ディスカッション「早いサイト」坂本チーム資料 Presentation Transcript

  • 「速いサイト」 13.02.15CONFIDENTIAL Copyright © 2004-2012 gooya Corporation. All Rights Reserved.
  • 速いサイトの定義CONFIDENTIAL 2 Copyright © 2004-2012 gooya Corporation. All Rights Reserved.
  • リクエストに対してレスポンススピードが速い → レスポンススピードが最低 2 秒以内、目指すは 1 秒 ※ 実際の読み込み速度と体感で感じる速さは違うCONFIDENTIAL 3 Copyright © 2004-2012 gooya Corporation. All Rights Reserved.
  • 本当に速いサイトって必要?CONFIDENTIAL 4 Copyright © 2004-2012 gooya Corporation. All Rights Reserved.
  • ■ 必要とされる業種・種別 膨大な情報から、特定の情報を探し出すシーン ・航空会社( 2.251 秒)、不動産( 2.414 秒) 課金が生じるシーン ・ EC サイト ■SEO 的な面で ・速度が速いサイトは検索順位に良い影響がある(という見解がある) ※ グーグルが、検索結果の順位決定の要因として、ページの表示速度を含め たことを公式に発表CONFIDENTIAL 5 Copyright © 2004-2012 gooya Corporation. All Rights Reserved.
  • ■ ユーザー/運営者としては? ・速ければ速いほど、ストレスなくサイト閲覧が可能。カスタマー満足度の 向上 ・離脱率は下がり、閲覧頻度もあがる=コンバージョンアップにつなげやす い ■ 最近のトレンドとの兼ね合いは? ・レスポンシブ=無駄なソースが増える=遅くなる ・パララックス=大きな画像点数が増える=読み込みが遅くなる → 最近のトレンドとはマッチしてないのでは? ただ、できるだけ速くする工夫をすることである程度回避できるかも・・・CONFIDENTIAL 6 Copyright © 2004-2012 gooya Corporation. All Rights Reserved.
  • 高速化するための工夫CONFIDENTIAL 7 Copyright © 2004-2012 gooya Corporation. All Rights Reserved.
  • ■ アカウント ・提案時点で速いサイトの利点・欠点をクライアントと共通認識として持っ ておく 要件を固めるうえでのヒントとしておく ■ ディレクション ・要点をまとめて不要な情報を削り情報量を減らす ※ 本来のサイト制作のゴールに直結しない不要な要素CONFIDENTIAL 8 Copyright © 2004-2012 gooya Corporation. All Rights Reserved.
  • ■ デザイン ・デザインを簡潔にして画像要素を減らす ・フォントを画像化せずにデバイスフォントを極力使う ・ CSS で表現できる部分は、 CSS に任せる ■ コーダー ・スプライトなどを用いて画像の読み込み点数を減らす ・無駄なコードを書かない ・軽いソースを書く( css や js をシンプルにする、圧縮する) ・インクルードは増やさない(セッション数が増えるため、時と場合によ る)CONFIDENTIAL 9 Copyright © 2004-2012 gooya Corporation. All Rights Reserved.
  • ■ システム ・キャッシュを効率的に利用する(頻繁に更新しないものはキャッシュ化) ・ハードウェア、回線などバックボーンを最適化するCONFIDENTIAL 10 Copyright © 2004-2012 gooya Corporation. All Rights Reserved.
  • gooya としては?CONFIDENTIAL 11 Copyright © 2004-2012 gooya Corporation. All Rights Reserved.
  • 速さは必要! 現状、意識する事が少ないので、日ごろから意識していく必要がある ( `・ ω ・ ´) 表示テストを導入するのもアリ、 QA チームさんよろしく (= ゚ ω ゚ ) ノCONFIDENTIAL 12 Copyright © 2004-2012 gooya Corporation. All Rights Reserved.