[配布用]Gd実践ゼミ(京都)20120126 nojima

  • 461 views
Uploaded on

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
461
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
12
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. グループディスカッション実践ゼミGroup DiscussionSeminar 少人数制実践型ゼミ・シリーズ 2013 Goodfindセミナー1 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 2. 2013卒User ProfileGoodfindは、上位校の大学生/大学院生に特化して、スキルアップや就職活動、キャリアに関する情報提供をおこなうWEBメディアです。 18% 16% 13% 33% 14% 6% ≪2013卒Goodfind会員割合(2011/7/1時点)≫ 16% 東大・京大 33% 慶應・早稲田・一橋・東工大 6% 北大・東北大・名大・阪大・九大・神戸 14% 上智・理科大・ICU・外大・筑波・横国・関関 13% 明治・青学・立教・中央・法政 18% その他 ※ 学部生:院生以上=65 : 35 文系:理系=70 :30 留学生:約100名 2 2 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 3. 1. 開催セミナー例ロジカルシンキング講座 不確実性時代を読み解く企業分析力養成講座三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式 『現役コンサルタントが語るアクセンチュアの会社  コンサルティングメソッドとキャリア』取締役副社長(投資銀行本部統括)  アクセンチュア様中村 春雄氏 ・グループディスカッション 少人数制・実践ゼミ ・起業家・経営者を目指す人のファーストキャリアとは? ・ビジネスコミュニケーション力養成・実践講座 ・総合商社・投資業務・コンサル・金融プロフェッショナルを目指す財務モデリング講座                             ほか、多数開催中。 3 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 4. 2. 開催イベント例 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 5. Goodfind関西のTwitter、はじめました@goodfind_kansai セミナー・講座情報(ビジネス スキル・就活対策・キャリア構 築)/厳選ファーム・成長企業 のエントリー・説明会情報など をつぶやきます 5 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 6. 講師プロフィール 野島 繁昭 (NOJIMA、Shigeaki)スローガン株式会社  京都支社長とある会食にて10分で京都支社立ちあげの責任者として赴任することが決まり、2011年秋より奔走中。東京都出身、早稲田大学理工学部電気・情報生命工学科に入学。特待生として大学に入学するも、学生生活に物足りなさを感じ、インターンとしてスローガンに参画。メディアプロデュースDiv.のマネジャーに就任した後、大学院を中退して入社。2011年秋より京都支社立ち上げ責任者に就任。これまで300人を超える経営者の声を聞き、活躍できる人材・成長する企業についての見識を深め、多くの就活生へキャリアアドバイスを提供している。座右の銘は、「行動からしか未来は創れない」。 E-mail : nojima@slogan.jp Facebook:http://facebook.com/shigeaki.nojima 6 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 7. 最初に「質問をしない」人は知的好奇心が足りないか、向上心がないとみなされます Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 8. まずは、グループ内で自己紹介をしましょう 8 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 9. グループディスカッションとは?グループディスカッション(GD)とは、  「短い時間で、あるデータをもとに客観的に考え、
参加者のコンセンサス(合意)を得ながら、結論を出すこと」 である。 9 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 10. <過去にGDで出題されたテーマ(例)>・「十年後に日本の金メダルを倍にするためにはどうすればよいか?」
            (外資系コンサルティングファーム)  ・「大学の食堂の売上市場規模はいくらか?またそれを2倍にするにはどうすれば よいか?」       (コンサルティングファーム) ・「某コンビニ、某喫茶店、某ハンバーガー店から一つ選んで、その会社の新規事 業戦略を立案しなさい」  (国内大手シンクタンク) ・「社員がいきいきと働くことができる会社をつくるために重要だと思う理念を3つ 考えなさい」    (政府系金融機関)  ・「女性顧客向けの新しいお酒を考えてください。製品の名前とコンセプト、特徴、 価格を決めてください」                   (国内大手飲料メーカー)   10 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 11. まず、やってみましょう。 関西で活動する大学生/大学院生が首都圏の学生と 対等に戦うために必要とされるスキルはなんですか? 11 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 12. グループディスカッション(会議)の目的 成果 満足度 メンバーの納得を引き出しプロセスにより良い成果・アウトプットを出すこと 参加させる巻き込み効果一人で少し考えて思いつくような普通のつまら より成果だけではなく、会議はメンバーを巻き込ない結論ではなく、「面白い・意味のある」結論 み、一緒に目標達成に向けて動くためのエンジまでたどり着かなければいけない。 ンになります。よって、参加メンバーの納得度を 高めて、意思決定プロセスをしっかりと共有するじゃないと、何人も集まる価値がない。 ことも大切です。 12 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 13. グループディスカッションのダメな例定義や前提にこだわりすぎる そもそも「対等じゃない」っておかしくない? 言葉の定義や共通理解は当然、必要であるが、そこにこだわりすぎるのは無駄。問題の矮小化 京大の学生の場合だったら・・・ 仮定を置いて、問題を簡単にしてしまう。考えやすくすることと、簡単な問題にすりかえることは違う。論点ずれが起こっている それって社会人になっても大事だからありだね 本来答えるべき問いとは違う問いを勝手に立てている。話がすりかわっている。思いつきばかりで全体感がない 誰とでも仲良くなれる力と、場を暖める力と 常に、「100をつくる言葉」(枠組み)を意識して、全体像をおさえて議論する。結論へのこだわりがない コミュニケーション能力と情報収集能力です!結論へのこだわりがなく、一般論や抽象論でつまらない結論で満足してしまってはいけない。 13 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 14. グループディスカッションで見られる評価軸 ◆ ファシリテーション力 議論プロセスの舵取り力
 広い視野と全体感/目的志向
 発言・議論を相対化する力
 論理的思考力 ◆コンテンツ創出力 ◆コミュニケーション力 発想力
 論理的な話し方
 論理的分析力
 人の話を聞く力
 一般常識・知識の豊富さ
 対話力・質問力
 普段からの洞察力 ボディーランゲージ 14 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 15. グループディスカッションに必要なスキル グループディスカッションでは、情理を駆使して信頼残高を獲得したものが評価される。 インタラクティブ
 ロジカルシンキング + コミュニケーション 理 情 議論の器づくり 信頼の獲得 フレームワーク思考・・・ 15 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 16. (GDのためのスキルその1) ロジカルシンキング! 16 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 17. 帰納法と演繹法によるフレームワーク作り TOP DOWN 演繹法的アプローチ(抽象概念から具体化) 学生のスキル  心   技   体 BOTTOM UP 帰納法的アプローチ(具体的事象から抽象化) 17 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 18. 議論の枠組み(フレームワーク)の作り方 足しあわせて、あるいは掛け合わせて100になる言葉の組み合わせ ① プロセス(時間軸)で分ける (Input) (Process) (Output) 情報収集・アンテナ
 分析力・論理的思考
 コミュニケーション・表現力
 気配り・センス・質問力 想像力 実行力・行動力 ② 対になる言葉や分類で整理する Ex.) 内面と外面、心と体、スキルとマインド、思考と行動、対人間と対モノ、
     ソフトとハード、見えるものと見えないもの、学ぶと遊ぶ、IQとEQ などなど 対人間 人とうまくやる力 スキル デキル人 対モノ 論理的に考える力 マインド ポジティブに考える姿勢 ③ 因数分解する Ex.) 売上=客単価×客数 18 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 19. Tips 2 : 議論の枠組み(フレームワーク)を考える できる学生のスキルは? たとえば・・・ ① 行動をプロセス軸で分ける ② プロセスに一貫した要素をスキル/マインド軸で整理 問題発見
 問題解決・企画
 アクション実行
 (Input) (Process) (Output) コミュニケーション/チームワーク(スキル) ポジティブシンキングと情熱(マインド) 19 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 20. 休憩しましょう! 20 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 21. グループディスカッションに必要なスキル グループディスカッションでは、情理を駆使して信頼残高を獲得したものが評価される。 インタラクティブ
 ロジカルシンキング + コミュニケーション 理 情 議論の器づくり 信頼の獲得 フレームワーク思考・・・ 21 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 22.   (GDのためのスキルその2) インタラクティブ コミュニケーション 22 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 23. インタラクティブコミュニケーションの中身 インタラクティブコミュニケーションの到達地点は、信頼の獲得。信頼を獲得するに必要なのは、2+1項目。 拾う力 •  メンバーの発言を流さず、議論の中に組み入れていく。 •  あいづち/うなずき/言い換え/意味付け (アクティブリスニング) •  笑う、というよりはにこやかな表情。 笑顔 •  眉間にしわの寄った頭脳明晰くんよりも、柔らかい笑 顔で話を聞いてくれるメンバーに信頼を置くのが人情。 •  あくまで「適度な」テンション。 テンション •  ハキハキしてる人の方に目が向いてしまうのが人情。 23 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 24. GD課題関西で展開するコンビニエンスストア全体の売上を
 3年以内に2倍にするためにはどうしたらよいか提案してください。 24 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 25. 追加の質問は直接お願いします 野島 繁昭( Nojima Shigeaki ) E-mail : nojima@slogan.jpFacebook:http://facebook.com/shigeaki.nojima 25 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  • 26. ロジカルシンキング厳選ブックリスト • 「考える技術・書く技術―問題解決⼒力力を伸ばすピラミッド原則」基礎編 バーバラミント著 ロジカルシンキングの教科書。体系的にまとめられている。トレーニン • 「論論理理⼒力力を鍛えるトレーニングブック  (かんきビジネス道場)」グ編 渡辺パコ著 • HBR、⽇日経BP等の記事を構造化する伝達編 • 「ロジカル・プレゼンテーション―⾃自分の考えを効果的に伝 える戦略略コンサルタントの「提案の技術」」 ⾼高⽥田貴久著 Copyright© 2009 SLOGAN Inc. All Rights Reserved.