Your SlideShare is downloading. ×
0
札幌イベント20140210
札幌イベント20140210
札幌イベント20140210
札幌イベント20140210
札幌イベント20140210
札幌イベント20140210
札幌イベント20140210
札幌イベント20140210
札幌イベント20140210
札幌イベント20140210
札幌イベント20140210
札幌イベント20140210
札幌イベント20140210
札幌イベント20140210
札幌イベント20140210
札幌イベント20140210
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

札幌イベント20140210

250

Published on

Published in: Economy & Finance, Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
250
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Profile 織田一彰 (Kazuaki Oda) スローガン株式会社 取締役 ケイ・コンサルティング株式会社 代表取締役 名古屋大学 客員教授 バンドン工科大学 客員講師 アンダーセン・コンサルティング (現アクセンチュア)にて、上場企業を中心に 多くの企業に対してコンサルティングをおこなう。 その後独立し、多くのネットベンチャー企業の立ち上げにかかわる。 いくつもの事業を立上げ、買収または売却し、電通グループの 上場企業の役員を経て、現在もいくつかの会社の経営をおこなっている。
  • 2. 札幌の学生の傾向と対策(2015卒) 地元出身者が多く、グローバルの時代なのに地元志向 (人気は、北電、北ガス、JR、銀行、公務員、、) とがった会社の選考には落ちる(外資、成長ベンチャー) 志望企業や業界に、あまりこだわりがない。 東京には時々行くが、都会に疲れて帰ってくる 優良企業を、そもそもあまり知らない
  • 3. 1997年頃から年収はダウントレンド
  • 4. GDP Growth Rate - Indonesia, China, Japan and USA 15% 10% 5% Indonesia Japan China USA 0% -5% -10% 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 *IMF estimates 2012-2015 Source: IMF 4
  • 5. 世界全体のGDPと主要国比率の推移 世界全体GDPと主要国比率の推移 (10億ドル) (比率) 90,000 35.0% 80,000 30.0% 70,000 25.0% 60,000 50,000 20.0% 40,000 15.0% 30,000 世界全体 米国 日本 中国 10.0% 20,000 10,000 5.0% 0 0.0% 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 資料:IMF (中国は2006年以降が推計、その他の国は2007年以降が推計) 5 -5-
  • 6. Source: PricewaterhouseCoopers “The World in 2050” (Chart by “The Guardian”) 6
  • 7. Indonesian/Japan Population Structure (Thousands of People) Indonesia Japan 7 Source: U.S. Department of Commerce
  • 8. 「よい会社」の見つけ方とキャリア 8
  • 9. 会社のステークホルダー(構成要素) ガバナンス・スタッフ マネジメント・スタッフ オペレーション・スタッフ
  • 10. 企業分析のフレームワーク 企業 人 社員 社長 組織 … 社員が魅力的 福利厚生 会社概要 認知度 立地 カリスマ社長 給料がいい … 事業部A 規模 設立年数 若い 事業内容 事業部B … 取引先 収益性
  • 11. 志望企業を決めるフレームワーク 演繹法的アプローチ(抽象概念から具体化) 志望企業は? 自分は? 適性・資質 社会は? 価値観 社会を変えたい 成長したい 政治経済 業界動向 社会の動き 技術変革 グローバル化する 安定がほしい 国際競争力 英語が学べる 帰納法的アプローチ(具体的事象から抽象化)
  • 12. 業界・企業の分類 Scale Large 内需依存型 既得権益型 外部牽引型 グローバル企業 Growth Low/Minus Rate High 成長企業 (ベンチャーも含む) 中小企業 Small 12
  • 13. WHO 国別人口順位(2011年) 1 China 13.5 2 India 12.2 3 US 3.1 4 Indonesia 2.4 5 Brasil 1.9 6 Pakistan 1.7 7 Nigeria 1.6 8 Bangladesh 1.5 9 Russia 1.4 10 Japan 1.3 (単位:億人)
  • 14. 組織の成熟と個人のスキルは相反する 組織の成長 Company Scale 個人への依存 Time
  • 15. CONTACT 織田一彰 スローガン株式会社 取締役 E-mail: oda@slogan.jp facebook : http://facebook.com/kazuaki.oda

×