名工大理系向けセミナー20131108 oda

866 views
692 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
866
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

名工大理系向けセミナー20131108 oda

  1. 1. 理系のための就職講座 「マクロ」の視点からみた、 世界・日本の理系のキャリア動向」 主催 スローガン株式会社 0
  2. 2. 講師プロフィール紹介 織 田 一 彰 (おだ かずあき) スローガン株式会社 取締役 ケイ・コンサルティング株式会社 代表取締役 名古屋大学客員教授 バンドン工科大学 客員講師 アンダーセン・コンサルティング (現アクセンチュア)にて、上場企 業を中心に数々の企業のコンサルティングに従事。専門分野は、新 規事業の展開、経営管理制度の刷新、マーケティング戦略、情報化 戦略など。 その後独立し、複数のインターネット:ベンチャー企業の立ち上げか ら育成に関わる。その間、いくつかの事業を立上げ、買収または売 却し、上場企業の役員を経て、現在も複数の会社の経営をおこなっ ている。 1
  3. 3. 2014卒User Profile Goodfindは、上位校の大学生/大学院生に特化して、 スキルアップや就職活動、キャリアに関する情報提供を おこなうWEBメディアです。 20% 19% 10% 33% 12% 6% ≪2014卒Goodfind会員割合(2012/8/16時点)≫ 20% 33% 6% 12% 10% 19% 東大・京大 慶應・早稲田・一橋・東工大 北大・東北大・名大・阪大・九大・神戸 上智・理科大・ICU ・外語・筑波・横国・関関同立 明治・青学・立教・中央・法政 その他 ※ 学部生:院生以上=75 : 25 文系:理系=70 :30 留学生:約120名 2
  4. 4. 1. 開催セミナー例 ロジカルシンキング講座 不確実性時代を読み解く企業分析力養成講座 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 取締役副社長(投資銀行本部統括) 中村 春雄氏 『現役コンサルタントが語るアクセンチュアの コンサルティングメソッドとキャリア』 アクセンチュア様 ・グループディスカッション 少人数制・実践ゼミ ・起業家・経営者を目指す人のファーストキャリアとは? ・ビジネスコミュニケーション力養成・実践講座 ・総合商社・投資業務・コンサル・金融プロフェッショナルを目指す財務モデリング講座 ほか、多数開催中。 3
  5. 5. 2. 開催イベント例
  6. 6. Topics キャリアの考え方について
  7. 7. グループワーク まずは考えてみましょう! Q: 就職活動で志望企業を決めるにあたって 必要な情報を挙げてください。 6
  8. 8. よい会社とは??? 7
  9. 9. 会社のステークホルダー(構成要素) ガバナンス・スタッフ マネジメント・スタッフ オペレーション・スタッフ
  10. 10. 企業分析のフレームワーク 企業 人 社員 社長 組織 … 社員が魅力的 福利厚生 会社概要 認知度 立地 カリスマ社長 給料がいい … 事業部A 規模 設立年数 若い 事業内容 事業部B … 取引先 収益性
  11. 11. 志望企業を決めるフレームワーク 演繹法的アプローチ(抽象概念から具体化) 志望企業は? 自分は? 適性・資質 社会は? 価値観 社会を変えたい 成長したい 政治経済 業界動向 社会の動き 技術変革 グローバル化する 安定がほしい 国際競争力 英語が学べる 帰納法的アプローチ(具体的事象から抽象化)
  12. 12. 個人のライフサイクルと企業 収 就職 入 転職 定年 !? 20才 40才 結婚 子供ができる 家を買う 60才 80才
  13. 13. 現在世の中で起こっていること、、、 終身雇用の崩壊、 少子老齢化、 企業の国際化、 就職氷河期の長期化、 二極化、 12 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  14. 14. Topics 理系のキャリアパスについて
  15. 15. 社会動向からみた、HR(Human Resources)への影響 資本の過剰流動性 => 儲かるところに資本が流れる 知識産業の隆盛 => 才能が新たな価値を生む 逃げられないグローバリゼーション => 土俵の規模拡大 情報インフラの整備 => 判断できる人的資本への価値偏重
  16. 16. So、it is the age of “War for Talent!” (人“財”の獲得戦争)
  17. 17. 人事に関するジレンマ 競争 < = > 格差 成長 < = > 安定 組織 < = > 個人 統制 < = > 放任
  18. 18. 組織の成熟と個人のスキルは相反する 組織の成長 Company Scale 個人への依存 Time
  19. 19. Topics マクロの視点での分析
  20. 20. マクロ(世界)で見てみると・・・ ・世界的な人口増加 =>食料、資源、環境問題 ・世界的な“恒常的“金余り状態 <=富の偏在 (先進国は年金運用、資源国は資源バブル) ・財/サービスのグローバル化 IT技術/インフラ整備によるところが大きい 特に“情報”と“お金”は1clickで瞬時に世界を回る ・地理的経済圏の生成 EU、イスラム圏、北米、南米、東アジア、、、 ・思想、国家体制、イデオロギーのカオス 資本主義対社会主義を超えた世界、多様性が一つの土俵に 19
  21. 21. 世界全体のGDPと主要国比率の推移 (10億ドル) 世界全体GDPと主要国比率の推移 (比率) 90,000 35.0% 80,000 30.0% 70,000 25.0% 60,000 50,000 20.0% 40,000 15.0% 30,000 世界全体 米国 日本 中国 10.0% 20,000 10,000 5.0% 0 0.0% 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 資料:IMF (中国は2006年以降が推計、その他の国は2007年以降が推計) 20 - 20 -
  22. 22. 各国の国内総生産GDPリスト(2011年、IMF) (単位10億USD) 出典:IMF World Economic Outlook Database, April 2012 21
  23. 23. (参考)GDPと業界サイズの比較 世界のGDP=5000兆円 日本のGDP=500兆円(約10%) ・総合商社=80兆円 ・食品=50兆円 ・自動車業界=50兆円 ・・・ ・コンビニ=8兆円 ・インターネット販売(EC)=8兆円 ・広告=6兆円 ・・・ ・出版=2兆円 ・・・ ・旅行=6000億円 ・・・ 22
  24. 24. 世界の一人当たりの名目GDP(USD)(2011年、IMF) 1 Luxembourg 113,533 6 Australia 65,477 13 Singapore 49,270 14 US 48,386 18 Japan 45,920 20 Germany 43,741 35 Korea 22,777 53 Russia 12,993 89 China 5,413 139 Vietnam 1,374 23
  25. 25. 世界と日本の人口推計 世界人口と日本の比率の推移 (百万人) (比率) 10,000 9,000 2.50% 8,000 7,000 2.00% 6,000 5,000 4,000 1.50% 1.00% 3,000 2,000 0.50% 1,000 0 世界合計 日本 0.00% 1990199520002005201020152020202520302035204020452050 資料: 国連データベースより 24 - 24 -
  26. 26. WHO 国別人口順位(2011年) 1 China 13.5 2 India 12.2 3 US 3.1 4 Indonesia 2.4 5 Brasil 1.9 6 Pakistan 1.7 7 Nigeria 1.6 8 Bangladesh 1.5 9 Russia 1.4 10 Japan 1.3 (単位:億人)
  27. 27. 26
  28. 28. Japan・Indonesian Population Structure (Thousands of People) Source: U.S. Department of Commerce 27
  29. 29. こんなにある! 日本の世界一企業!(1/3) 東レ 3402 PAN系炭素繊維世界首位 信越化学 4063 塩ビや半導体ウエハー世界首位 DIC 4631 海外企業買収でインキ世界首位 ブリヂストン 5108 タイヤで世界首位 日本ガイシ 5333 ガイシ世界一 日本特殊陶業 5334 プラグ、センサー世界一 大同特殊鋼 5471 世界最大級の特殊鋼専業メーカー SMC 6273 FA向け空圧制御機器で世界首位 NTN 6472 アクスルユニットは世界トップ 安川電機 6506 サーボモーターとインバーター世界首位 マブチモーター 6592 小型モーター世界シェア5割以上 日本電産 6594 ブラシレスDCモーターHDD用で世界首位 アドバンテスト 6857 半導体試験装置で世界首位 ウシオ電機 6925 産業用ランプで世界首位 ファナック 6954 工作機械用NC装置及び多関節ロボット世界首位 村田製作所 6981 セラミックコンデンサー世界トップ トヨタ自動車 7203 自動車メーカーで生産世界首位 2列目数字は証券コ (出所:大和総研)
  30. 30. こんなにある! 日本の世界一企業!(2/3) アイシン精機 7259 AT(自動変速機)世界シェア1位 ホンダ 7267 2輪は世界首位 シマノ 7309 自転車パーツメーカーとしては世界最大 オリンパス 7733 世界シェア7割の内視鏡 シチズンHD 7762 ムーブメントは世界首位級 任天堂 7974 ゲームハードで世界首位 商船三井 9104 タンカー・LNG船は世界一 住友ベークライト 4203 半導体封止剤は世界首位 信越ポリマー 7970 携帯電話ボタン世界首位 フジミインコ 5384 超精密研磨材で世界シェア9割 古河機械金属 5715 高純度金属ヒ素は世界シェア首位 大阪チタニウム 5726 高品質の金属チタンで世界首位 ディスコ 6146 半導体、電子部品向け切断・研削・研磨装置で世界首位 ユニオンツール 6278 PCB(プリント配線板)用ドリル世界首位 椿本チエイン 6371 産業用チェーンで世界首位 JUKI 6440 工業用ミシン世界1位 TPR 6463 シリンダーライナーは世界一 2列目数字は証券コ (出所:大和総研)
  31. 31. こんなにある! 日本の世界一企業!(3/3) 芝浦製作所 6590 液晶用洗浄装置やTAB実装・DVD成膜・張り合わせ装 置で世界首位 ワコム 6727 電子ペン入力方式のコンピューター用タブレット世界首位 堀場製作所 6856 エンジン計測器で世界市場8割占有 フェローテック 6890 真空シールは世界シェア7割 日本電子 6951 主力の電子顕微鏡は世界シェア5割 大日本スクリーン 7735 ウエハー洗浄装置で世界トップ FCC 7296 クラッチ専業で2輪は世界一 ジャムコ 7408 航空機用内装品(ギャレー・ラバトリー)で世界1位 長野計器 7715 機械式圧力計はグループ世界シェア首位 東京精密 7729 計測機器ウエハーテスト用では世界首位 ノーリツ鋼機 7744 写真DPE用ラボ機器で世界一 SHOEI 7839 高級ヘルメット世界シェア1位 ダイワ精工 7990 釣具は竿・リールから餌まで扱い世界トップ ウェザーニューズ 4825 民間気象情報サービスで世界最大手 2列目数字は証券コード (出所:大和総研)
  32. 32. 業界の見方 業界・企業の分類 Scale Large 内需依存型 既得権益型 外需牽引型 グローバル企業 Growth Low/Minus Rate High 成長企業 (ベンチャーも含む) 中小企業 Small 31
  33. 33. 32 http://www.eoldb.com/colmun02.pdf
  34. 34. 業界の見方 • スマートフォン、ソーシャルメディア • EC(イーコマース) • 医療、介護、シニアマーケット • エネルギー …etc
  35. 35. 34
  36. 36. 35
  37. 37. 36
  38. 38. 37
  39. 39. 企業の見方 企業の選び方4つのポイント (1)人と組織 (2)企業のステージ (3)業界と企業との関係の分析 (4)企業の資産評価 38
  40. 40. 企業の選び方(1) ~人と組織~ 小さい組織ほど、社歴の短い組織ほど経営者/ボードメンバの スキルや個性に会社が依存する 経営者およびボードメンバの顔ぶれ (実績、スキルセット、管理能力、人望、、、) 社内外の人的ネットワークの構築 経営者(=会社)の価値観と理念 社員のモチベーションと生産性 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved. 39
  41. 41. 企業の選び方(2) ~企業のステージ~ 企業は事業にはライフサイクルがある。 現在は事業の短命化が顕著で、競争が激しくなっている。 Later Corp.scale Middle Start-Up time 40 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  42. 42. 企業の選び方(2) ~企業のステージ~ 市場成長曲線が意味すること (Ⅰ) (Ⅱ) (Ⅲ) (Ⅳ) Market Scale Time Scale 41
  43. 43. 企業の選び方(3) ~業界と企業との関係の分析~ 成長する事業ドメイン、成熟する事業ドメイン、環境など全体像から 見ていかないと、全体の動向が読み取れない。 業界分析のフレームワーク 社会環境分析 業界規模と 成長率 業界特性 (差別化、シェア) 42 SWOT分析
  44. 44. 業界分析のフレームワーク(例、広告業界) (1) 社会環境分析 =GDPが伸び悩む中広告業界も停滞中、海外からの買収圧力が あるものの規制によって守られている。既存のメディアとの関係深い (2) 業界規模と成長率 =5.6兆円、伸び悩み気味(かつては (3) 業界特性(差別化要因、シェア) =インターネット業界のシェア大幅増、他メディアは減少 近年、業界2位以下の企業が合併し業界再編 TVの不振をどう補うかが課題、 デジタルコンテンツの流通拡販と世界で再利用 (4) SWOT分析 =電通・博報堂は他の中小代理店との提携 どこもインターネット/携帯とTVをうまく融合し 総合メディアをめざしたい 43
  45. 45. 企業の選び方(4) ~企業の資産評価~ 既存事業の耐久性や、新規事業への展開の可能性は、企業の 既存事業の持つ事業資産の価値によって決まる部分が大きい。 <企業が持っている事業資産> 技術・ノウハウ 顧客 経 営 者 の 意 向 商品・サービス 新規事業戦略 44 <既存の資産の例> ・現在のシェア (特にトップ3) ・ブランドの認知とイメージ ・技術力(人間のノウハウ) ・海外プラント
  46. 46. 第一部:理系のための選考対策講座 45
  47. 47. 外部環境はどうなっているか? 終身雇用の崩壊、少子化、老齢社会、企業の国際化、産業/ 社会構造の激変、職務の専門化、雇用形態の多様化、、、 What is the “Next Agenda”! 46 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  48. 48. 以下の傾向はありませんか? ①ディスカッションに慣れていない ②理論的根拠がないと話せない ③美辞麗句が苦手である(嫌いである) ④そもそも人前で話すことが苦手である ⑤人の意見を攻撃?するディスカッションが苦手だ ⑥実はオタクの要素がある ⑦おもしろい話ができない 47
  49. 49. 理系学生のSWOT分析(一般論) S(Strength) W(Weakness) O(Opportunity) T(Threat) 論理思考、分析能力、集中力、勤勉さ 対人調整力、コミュニケーション能力、大局観、 遊び心、集団でのリーダーシップ 情報化社会での地位、分析能力、 集中力、勤勉さ、物作りの基礎能力 支配される人生、社会的適応、、、 48
  50. 50. ESの書き方/自己PRの方法 ①自分の特徴を表現する(人にはない長所、経験、、) ②会社への興味(志望理由)を入れる ③敬語を正しく使う ④明るく、楽しいポジティブな雰囲気を出す ⑤しっかりとした文章を作る、もしくはしっかりとした 日本語で話す 49
  51. 51. では、どうする?(HOW?) ①面談の数をこなす、 ②人前・年長者に対して話す機会を増やす ③仮説思考になれる、 ④新聞を読む ⑤文章の論理力をつける ⑥たくさんの人と会って、話をする 50
  52. 52. 第二部:理系のための企業選び 51
  53. 53. 企業の選び方 コアなValueを持っているか?(技術力、ブランド、経営力) 事業ドメインの中で、明確な特徴(差別化要因)があり、持続す るか? 経営陣は将来を視野に入れているか? (国際化、様々な環境変化への対応) 会社の価値観・文化が自分とあっているか? ex1 外資系と日系会社のワークスタイルの違い ex2 物作り主導型とマーケティング主導型の違い 52
  54. 54. 企業の選び方(補足) ~事業ドメインの成長ステージ~ Later Corp.scale Middle Start-Up time 53 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  55. 55. 第三部:理系のためのスキルアップ 54
  56. 56. メタキャリア論 ~新しいキャリア観へ~ これから目指すべきは組織にコミットする組織貢献プロフェッショナル 自責思考 自己成長 エゴイスト 組織貢献 プロフェッショナル 貢献(Give)志向 成長(Take)志向 We志向 I志向 主語が“I” ジョブホッパー 青い鳥症候群 組織依存型 ぶらさがり人間 主語が “We” 他責思考 55 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  57. 57. 人材マネジメントの枠組み(1) スキルの広さ 専門志向 マネジメント志向 熟 練 ス キ ル の 深 さ 「スキルのT字」 発展モデル 未 熟 練
  58. 58. 人材マネジメントの枠組み(2) 人材マネジメントを行う際の視点 スキルタイプの視点 専門志向 短期的結果 個別的 special 市場に 熟 アプロー 練 チできる キ ャ リ ア レ ベ ル の 視 点 ( ( 能 力 の 発 揮 の 仕 方 ) ) 個人的、 未 潜在的な 熟 能力にと どまる 練 職務の視点 マネジメント志向 ((責任の持ち方)) ((課題)) ((仕事)) 中・長期的結果 包括的 general 経営者タイプ • 会社経営の中核となる人材 プロフェッショナルタイプ リーダータイプ • どの組織にも通じる高いス • 組織の管理・運営に特に高 キルを持ち、専門家として独 い能力を発揮する人材。 • 経営的課題の発見、定義に り立ちも可能な人材 • 課題解決の高い能力を持つ。 高い能力を持つ。 実務遂行者タイプ • 組織の管理・運営に特に高い能力を発揮 する人材。 • 課題を的確に解決する。 • 役割、ラインによっ て、望まれるキャリ アの組み合わせは 異なる。 営業 × 技術 バックオフィス ターゲットと したい人材 ただし、マネジ メントの実践の ためにはツー ルが必要

×