• Save
RとPythonによるデータ解析入門
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

RとPythonによるデータ解析入門

on

  • 22,755 views

 

Statistics

Views

Total Views
22,755
Views on SlideShare
16,751
Embed Views
6,004

Actions

Likes
53
Downloads
0
Comments
0

44 Embeds 6,004

http://d.hatena.ne.jp 4917
http://blog.gepuro.net 908
https://twitter.com 101
https://www.facebook.com 22
http://www.facebook.com 5
http://s.deeeki.com 5
http://webcache.googleusercontent.com 4
http://slideshare-download.seesaa.net 4
http://translate.googleusercontent.com 2
http://privetedesigner.blog.shinobi.jp 2
https://m.facebook.com&_=1370416525459 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370445169799 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370445197882 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370445234737 HTTP 1
http://getpocket.com 1
https://m.facebook.com&_=1370445083785 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370416521108 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370445163909 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370568263473 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370654924213 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370416523154 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370438583034 HTTP 1
https://www.google.co.jp 1
http://cc.bingj.com 1
https://m.facebook.com&_=1370416507608 HTTP 1
http://news.google.com 1
https://m.facebook.com&_=1370445130200 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370445134197 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370416527351 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370416752838 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370426173679 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370431310450 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370431635318 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370431661685 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370434344862 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370436580491 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370436634600 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370436405244 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370437883678 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370416517019 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370438775730 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370440275596 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370440301820 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1370445088119 HTTP 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    RとPythonによるデータ解析入門 RとPythonによるデータ解析入門 Presentation Transcript

    • 第31回R勉強会@東京(#TokyoR)RとPythonによるデータ解析入門@gepuro
    • ブログ: http://blog.gepuro.net
    • 今日は、Pythonの話をしに来ました。* Tokyo.Scipyの人ではありません。
    • 先日、こんな本が出版されました中身は、まだ読んでいません。http://www.oreilly.co.jp/books/9784873116150/
    • 目次をみると● 武器と防具の装備● いざマトリックスへ● 8つの魔法の習得● オフィスとトイレの関係● ランチタイムの経済学者になる方法● メールから自分を発見する● 心臓の鼓動● 鳥の群れを表現する● お金と性別と進化
    • 面白そう目次しか見ていませんが、実際のデータ分析例が書かれているので、勉強になりそうです。
    • 今日のタイトルは、RとPythonによるデータ解析入門です。
    • R Python [検索]
    • 検索でヒットしたhttp://www.okada.jp.org/RWiki/?Python%20%A4%C7%A1%A1R
    • rpy2PythonからRを呼び出すことが出来る!
    • 僕が感じるメリット● webのクローラを書く● データベースを操作● 文字列処理● などが楽になる● RとPythonの両方を覚える必要がある。● Pythonで保持しているデータをRに渡す必要僕が感じるデメリット
    • scikit-learnが物足りない!?scikit-learn(Pythonの機械学習ライブラリ)には、たくさんのモデルが実装されているけど、R言語には敵わない!?
    • scikit-learnhttp://scikit-learn.org/stable/ワクワクするグラフがたくさんあります!
    • データ操作はPandasでRでいうデータフレームがPythonで使えます!
    • scikit-learnとPandas良い組み合わせだと思います。実際に試してみて、便利さを感じました。
    • Rでの処理csv→前処理→機械学習
    • よくある分析webからデータ取得→csvに整形→前処理→機械学習全部をRでやりますか?
    • こんな人がいるのでは?●Perl,Ruby,Pythonとかでデータを集めて、●整形して●Rを使う。awkを使うことも。
    • 全部を一つの言語からやりたいPythonを使って、awkを使って、Rを使う。
    • それ、rpy2で出来ますよ●Pythonならwebからのデータ取得も楽々●Pandasで、データフレームを●機械学習は、rpy2でRに任せる
    • rpy2PythonからRを呼び出すことが出来る!大事な事なので二回言いました
    • インストールpip install rpy2簡単ですね。
    • 使用方法http://www.okada.jp.org/RWiki/?Python%20%A4%C7%A1%A1R#nb4e7b5b
    • 簡単ですね● importして● robjects.r(’関数名)で呼び出して● robjects.FloatVector()で値を渡して● rmean(vec)で実行する
    • R言語を自在に● robjects.r(“lm”)とすれば、R言語のlm()が使える。● robjects.r(“summary”)も出来る。● plot()の仕方は調べてます。良い方法がありましたら、教えて下さい!!
    • pandasを使っても●data["変数名"]のようにして、robejectsに渡せます。●numpyからでも大丈夫pandasの中身はnumpyです。
    • R言語を自在に● robjects.r(“lm”)とすれば、R言語のlm()が使える。● robjects.r(“summary”)も出来る。● plot()の仕方は調べてます。良い方法がありましたら、教えて下さい!!
    • library(“hogehoge”)●robjects.r(“””library(“MASS”)”””)ってやったら出来た。●もっとスマートな方法がある気がする。これで、stepAIC()も使えるようになるね。
    • とにかくrpy2を使ってみる
    • pandasの話もしたいhttp://www.slideshare.net/gepuro/intoroduction-of-pandas-with-python昔、しました。
    • ご清聴ありがとうございました