Your SlideShare is downloading. ×
大学における科学コミュニケーション(石村/杉山)2.0
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

大学における科学コミュニケーション(石村/杉山)2.0

860

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
860
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 21世紀型科学教育の創造(GD1) 2010年12月18日大学における科学コミュニケーション石村源生 杉山滋郎北海道大学 高等教育推進機構科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
  • 2. CoSTEPの事業活動1. 科学技術コミュニケーターの養成2. 北海道大学の学生の教育3. 科学技術コミュニケーションの実践4. 北海道大学の広報活動への貢献5. 科学技術コミュニケーションの研究
  • 3. CoSTEPの事業活動 科学技術 コミュニケーションの実践 科学技術 北海道大学のコミュニケーターの養成 広報活動への貢献 北海道大学の 科学技術 学生の教育 コミュニケーションの研究
  • 4. CoSTEPの事業活動 科学技術 コミュニケーションの実践 科学技術 北海道大学のコミュニケーターの養成 広報活動への貢献 北海道大学の 科学技術 学生の教育 コミュニケーションの研究
  • 5. CoSTEPの事業活動 科学技術 コミュニケーションの実践 科学技術 北海道大学のコミュニケーターの養成 広報活動への貢献 北海道大学の 科学技術 学生の教育 コミュニケーションの研究
  • 6. 大学院生・大学生対象の科学技術コ ミュニケーション教育の目的• 具体的なコミュニケーションスキルの習得 – プレゼンテーション、ライティング、ディスカッション、ファシリ テーション、グラフィックデザイン、映像表現等• 「他者」との接続可能性を考えるマインドセットの習得 – 自分の専門分野を相対化して捉え、「他の分野」との接続可 能性を考える – 他者に対する想像力を働かせ、自分との接続可能性を考える
  • 7. 2010年度開講科目• 大学院生対象科目(大学院共通科目) 1. 研究者のための音声・映像メディア活用法 2. 科学技術コミュニケーションの基礎 3. 科学コミュニケーション• 学部生対象科目 – 北海道大学の「いま」を知る• 留学生対象科目 – 日本語入門(上級)
  • 8. 2010年度開講科目• 大学院生対象科目(大学院共通科目) 1. 研究者のための音声・映像メディア活用法 2. 科学技術コミュニケーションの基礎 3. 科学コミュニケーション• 学部生対象科目 – 北海道大学の「いま」を知る• 留学生対象科目 – 日本語入門(上級)
  • 9. 1.研究者のための音声・映像メディア活用法• 授業の目標 – 自らが行っている研究の内容や社会的意義につ いて社会に発信し、研究者と市民との間で相互に 理解しあうためのコミュニケーション手法を、より深 く、包括的に学び、研究者として多様な場面で活 用できるようにする。 – 中でも映像、音声コンテンツの制作と、それを活 用したプレゼンテーション技法について学ぶ。
  • 10. 1.研究者のための音声・映像メディア活用法• 到達目標 1. 研究の内容や社会的意義について、一般市民あるいは 異なる分野の専門家とコミュニケーションするために必要 な考え方、および手法の応用力を身につける。 2. 音声メディアや映像メディアの制作と、プレゼンテーション への活用について、基礎的な手法を習得する。• 開講日時・単位 – 水曜日3時限 – 4月7日~6月2日 (計8回) 1単位• 履修者:13名
  • 11. 授業スケジュール1. 授業の内容に関するガイダンス2. 音声メディアと科学技術コミュニケーションについて • 相互インタビューの実施3. 研究を音声(言葉と声)で表現する • Windows Movie Makerを使って、音声コンテンツを制作4. 映像メディアと科学技術コミュニケーションについて • 音声コンテンツをベースに企画を作る • 構成のブレーンストーミングと決定5. 映像コンテンツの構成を作る • 撮影技法の解説と実践 • 撮影開始6. 映像編集とは • Windows Movie Makerを用いた簡単な映像編集の実践7. 映像編集の続き • 音響効果の使い方8. 完成試写と講評、質疑応答 • インターネットによる公開
  • 12. 2010年度開講科目• 大学院生対象科目(大学院共通科目) 1. 研究者のための音声・映像メディア活用法 2. 科学技術コミュニケーションの基礎 3. 科学コミュニケーション• 学部生対象科目 – 北海道大学の「いま」を知る• 留学生対象科目 – 日本語入門(上級)
  • 13. 2.科学技術コミュニケーションの基礎• 授業の目標 – 自らが行なっている研究の内容や社会的意 義について、 一般市民に語り/理解をして もらい/研究に対して社会的な支援をして もらう必要があることを理解する。 – そのうえで、研究者と市民との間で相互に 理解しあうためには何が必要であるか、ど のような手法が適切であるかを知り、その 手法の基礎を修得する。
  • 14. 2.科学技術コミュニケーションの基礎• 到達目標 1. 研究の内容や社会的意義について、一般市民あ るいは異なる分野の専門家にコミュニケーション するのに必要な考え方および手法の基礎を身に つける。 2. オーラル・プレゼンテーションおよびサイエンス・ラ イティングの基礎を修得する。• 開講日時・単位 – 水曜日3時限 – 4月7日および6月9日~7月21日(計8回) 1単位• 履修者:37名
  • 15. プレゼンテーション• 課題 – 受講者は、 6月2日までに以下の条件でプレゼン テーション資料(パワーポイント)を作成し、教員に 提出する。何人かには、授業中に実演してもらう。• 条件 – テーマ:自分の研究内容の紹介 – 対象:高校生 – 発表時間:10分以内
  • 16. プレゼンテーション• 授業の進め方 – 提出されたプレゼンテーション資料のうち教員が 何点かを選び、作成者に実演してもらう。 – 他の受講者は、気づいた点についてコメントする。 – あわせて、内容およびデザインの観点から、教員 がコメントする。 – これを、3回(6月9日~23日)行う。 – 受講者は、何回でもプレゼンテーション資料を改 善して提出することができる。
  • 17. ライティング• 課題 – 受講者は、 6月23日までに以下の条件で文章を 作成し、教員に提出する。• 条件 – テーマ:自分の研究内容に関連する一般向け書籍 の紹介 – 対象:高校生 – 分量:A4用紙1ページ以内
  • 18. ライティング• 授業の進め方 – 提出された文章のうち教員が何点か選び、添削 例を授業で紹介する。 – 紹介しなかった文章についても、教員が個別にコ メントを返す。 – これを3回(6月30日~7月14日)行う。
  • 19. 2010年度開講科目• 大学院生対象科目(大学院共通科目) 1. 研究者のための音声・映像メディア活用法 2. 科学技術コミュニケーションの基礎 3. 科学コミュニケーション• 学部生対象科目 – 北海道大学の「いま」を知る• 留学生対象科目 – 日本語入門(上級)
  • 20. 授業の目的• 大学院修了者が、大学あるいは企業において自らの 専門性を活かして仕事をする場合には、異なる専門 性を持ったメンバーと共同することによって創造的な 成果をあげていくことが期待される。• さまざまな研究科・学院で学ぶ大学院生が集まって、 このような能力を試される典型的な課題の一つであ る「共同研究企画」の立案にとりくむ。• 科学コミュニケーションのスキルを学びながら、専門 分野の異なる相手と効果的に意思疎通を図る能力 を修得する。• これらを通じてさらに、自分自身の「研究観」、自分 の研究の「研究文脈」を再認識する。
  • 21. 到達目標• 専門分野によって、考え方・手法・表現法など が異なることを理解する。 →他者への想像力• グループワークを通して、専門分野の異なる者 同士でのコミュニケーション・スキルを高める。 →協同学習• 自分自身の研究観や、自分の研究と他の研 究領域との関連を、より深く認識する。 →リフレクション(省察)
  • 22. 開講情報• 開講日時 – 1日目 10/9(土) 10:00~16:00 – 2日目 11/6(土) 10:00~16:00 – 3日目 11/20(土) 10:00~16:00 – 4日目 12/4(土) 10:00~16:00• 履修者 – 6名
  • 23. 授業の目的• 大学院修了者が、大学あるいは企業において自らの 専門性を活かして仕事をする場合には、異なる専門 性を持ったメンバーと共同することによって創造的な 成果をあげていくことが期待される。• さまざまな研究科・学院で学ぶ大学院生が集まって、 このような能力を試される典型的な課題の一つであ る「共同研究企画」の立案にとりくむ。• 科学コミュニケーションのスキルを学びながら、専門 分野の異なる相手と効果的に意思疎通を図る能力 を修得する。• これらを通じてさらに、自分自身の「研究観」、自分 の研究の「研究文脈」を再認識する。
  • 24. 自分の「研究文脈」を探求しよう 応用可能性 共同研究をしてみたい 他の分野の研究者自分の研究を含むより広い研究分野 自分の研究 自分の研究を支える関連研究
  • 25. 自分の「研究文脈」を探求しよう 他の研究 他の研究 他の研究他の研究 他の研究 自分の研究(分野)「を応用することによって成り他の研究 立っている(/発展させうる)他の研究(分野)群 他の研究 自分の研究を含む 自分の研究 より広い研究分野 自分の研究(分野)「に」応用することによって、自分の 他の研究他の研究 研究(分野)を成り立たせている(/発展させうる)他の 研究(分野)群 他の研究他の研究 他の研究 他の研究 他の研究
  • 26. なぜ「共同研究」か?1. 「自分の研究を分かりやすく伝える」というプレゼン テーションのトレーニングがよく行われるが・・・ • 誰に、何の目的で、という点が曖昧になってしまう危険性2. 最終目標を「共同研究企画の立案」とする • 他の受講生に自分の研究との「接続可能性」をアピールしな ければならない • 他の受講生の研究の、自分との「接続可能性」を発見しな ければならない3. 自分自身の「研究観」「共同研究観」を考える糧に • 自分の研究を、より広い文脈で捉えることにより、その社会 的意義や、他の研究との関連を深く理解 • 接続可能性が高い研究が「良い研究」なのかどうかを再考
  • 27. なぜ「共同研究」か?1. 「本当に」共同研究を行ってもらうわけではない。2. しかし、共同研究の計画を立案することで自分 の研究観、共同研究観をより深く理解し、自分 の研究をより効果的に他人に伝えることができ る。3. だから、「本気で」共同研究の計画を立案して 欲しい。
  • 28. 授業の構造 オリエンテーション① 自分の研究文脈の探求 教員による事例提示 研究文脈のワークシート記入 振り返り 小グループでのプレゼン 研究文脈の② プレゼンテーション フィードバックコメント→改善 振り返り 全体に対するプレゼン 共同研究企画のワークシート記入③ 共同研究企画の作成 相互ヒアリング 振り返り 共同研究企画のプレゼンテーション 振り返り
  • 29. 授業内容1日目• 自分の研究を多角的に再認識する(=「研究文脈」の探求)。2日目• 各自、自分の「研究文脈」について、少グループ内でプレゼンを行う。• グループメンバーから改善のためのコメントをもらう。3日目• 各自、自分の「研究文脈」について、全員に対してプレゼンを行う。• 他の受講者のプレゼンを聞いた上で、ワークシートを活用して自分と共同 研究できそうな受講者を探す。• 他の受講者と自分の研究内容を何らかの形で組み合わせた「共同研究」 の企画書を作成する。4日目• 各自、共同研究の企画書についてのプレゼンを行う。• 全体の作業を振り返り、自分自身の研究観や、研究文脈を再認識する契 機とする。
  • 30. 1日目の授業内容1. オリエンテーション2. 教員による事例紹介1~43. 自分の「研究文脈」の探求 – 自己紹介 – ワークシート記入 – 意見交換(グループワーク)4. 全員で共有
  • 31. 「研究文脈」探求のためのワークシート(1)1. 自分の研究 – 目的/概要/対象/手法/魅力/自分がその研究分野、テーマを 選んだ理由/課題、等々2. 応用可能性 – 自分の研究を応用できそうな分野(複数回答可) – どのように応用できると考えられるか。 – その応用が、どんな価値を持つと考えられるか。 – 応用を実現するためには、他にどのような研究者の協力が必要と思 われるか。3. 自分の研究を支える関連研究 – 自分の研究は、どのような関連研究(前提と成る研究成果)の存在 によって成り立っているか(複数回答可)。 – どのような研究が発展すると、自分の研究はさらに発展すると考え られるか(複数回答可)。
  • 32. 「研究文脈」探求のためのワークシート(2)4. 自分の研究を含むより広い研究分野 – 自分の研究は、どのような研究分野に属するか – その研究分野は、何を目的にどのような研究内容を扱っ ているか5. 共同研究をしてみたい他の分野の研究者 – 自分の研究と結びつけると面白くなりそうな他の分野の 研究や、共同研究をしてみたい他の分野の研究者は、ど のようなものか(複数回答可) – それによって、どのような研究の発展や新しい成果が期 待できるか – それらは、どのような点で価値があると考えられるか
  • 33. 授業内容1日目• 自分の研究を多角的に再認識する(=「研究文脈」の探求)。2日目• 各自、自分の「研究文脈」について、少グループ内でプレゼンを行う。• グループメンバーから改善のためのコメントをもらう。3日目• 各自、自分の「研究文脈」について、全員に対してプレゼンを行う。• 他の受講者のプレゼンを聞いた上で、ワークシートを活用して自分と共同 研究できそうな受講者を探す。• 他の受講者と自分の研究内容を何らかの形で組み合わせた「共同研究」 の企画書を作成する。4日目• 各自、共同研究の企画書についてのプレゼンを行う。• 全体の作業を振り返り、自分自身の研究観や、研究文脈を再認識する契 機とする。
  • 34. 授業内容1日目• 自分の研究を多角的に再認識する(=「研究文脈」の探求)。2日目• 各自、自分の「研究文脈」について、少グループ内でプレゼンを行う。• グループメンバーから改善のためのコメントをもらう。3日目• 各自、自分の「研究文脈」について、全員に対してプレゼンを行う。• 他の受講者のプレゼンを聞いた上で、ワークシートを活用して自分と共同 研究できそうな受講者を探す。• 他の受講者と自分の研究内容を何らかの形で組み合わせた「共同研究」 の企画書を作成する。4日目• 各自、共同研究の企画書についてのプレゼンを行う。• 全体の作業を振り返り、自分自身の研究観や、研究文脈を再認識する契 機とする。
  • 35. 研究内容 応用可能性 研究を支える より広い研究 共同研究をし ( ) 関連研究 分野 てみたい他分 野の研究者 さん 自分研究内容応用可能性研究を支える関連研究より広い研究分野共同研究をしてみたい他分野の研究者
  • 36. 授業内容1日目• 自分の研究を多角的に再認識する(=「研究文脈」の探求)。2日目• 各自、自分の「研究文脈」について、少グループ内でプレゼンを行う。• グループメンバーから改善のためのコメントをもらう。3日目• 各自、自分の「研究文脈」について、全員に対してプレゼンを行う。• 他の受講者のプレゼンを聞いた上で、ワークシートを活用して自分と共同 研究できそうな受講者を探す。• 他の受講者と自分の研究内容を何らかの形で組み合わせた「共同研究」 の企画書を作成する。4日目• 各自、共同研究の企画書についてのプレゼンを行う。• 全体の作業を振り返り、自分自身の研究観や、研究文脈を再認識する契 機とする。
  • 37. 受講生の振り返り(抜粋)• 普段意識的にはめているカセをはずすことは大切だと思った。 考えがやわらかくなったと思う。• 工学、物理、地学など、まったく関わったことのない分野の話 を聞くのは初めてで、いかに自分の見識がせまくなっていた のかを痛感した。• もし、実際に異分野での協同研究を実施しようとするなら、 どのようなシステムをつくれば良いかを考えてみたい。• 自分の研究を伝える難しさ、これから研究者にとって自分の 研究を市民に伝えていくことは非常に重要なことだと思うが、 基礎知識から共有していないと難しいと改めて思った。• 頭のトレーニングになる。いつもは考えないようなことまで考 えたし、そうすることは楽しくもあった。こういう企画を学会の 中などで仕組んでみたら面白いかと思った。
  • 38. 授業の構造 オリエンテーション① 自分の研究文脈の探求 教員による事例提示 研究文脈のワークシート記入 振り返り 小グループでのプレゼン 研究文脈の② プレゼンテーション フィードバックコメント→改善 振り返り 全体に対するプレゼン 共同研究企画のワークシート記入③ 共同研究企画の作成 相互ヒアリング 振り返り 共同研究企画のプレゼンテーション 振り返り
  • 39. キーワード• 必然性• パターン• リフレクション
  • 40. 2010年度開講科目• 大学院生対象科目(大学院共通科目) 1. 研究者のための音声・映像メディア活用法 2. 科学技術コミュニケーションの基礎 3. 科学コミュニケーション• 学部生対象科目 – 北海道大学の「いま」を知る• 留学生対象科目 – 日本語入門(上級)

×