Opening remarks at cloudian seminar 2013

1,349 views
1,247 views

Published on

2013年6月3日(月)開催、「Cloudianセミナー2013」。クラウディアンからのオープニング・プレゼンテーション資料です。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,349
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
520
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Opening remarks at cloudian seminar 2013

  1. 1. Cloudian セミナー 2013エンタープライズにおけるクラウドストレージ活用2013年 6月 3日クラウディアン株式会社4 June 2013 Page 1© Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved.
  2. 2. アジェンダ時間 講演概要13:00〜13:20 『開会のご挨拶:スモールサイズから始める企業向けクラウドストレージ』クラウディアン株式会社 代表取締役 太田 洋エンタープライズにおけるクラウド・オブジェクトストレージの活用パターンとCloudianの概要について紹介します。13:20〜13:50 『CommVault クラウド・ソリューション』CommVault System Japan株式会社 クラウドソリューションズグループ ⻫藤 徳浩⽶国及び⽇本における弊社のエンタープライス・クラウド・ソリューション活用事例および製品概要を紹介します。13:50〜14:20 『クラウドストレージを有効活用する企業向け⾼効率フロントストレージソリューション』コアマイクロシステムズ株式会社 技術営業部 プロダクトマネージャー 木村 治彦バックエンドのパブリック&プライベートクラウドストレージを効率的に有効活用する、⾼性能エンタープ ライズキャッシュゲートウェイ「TwinStrata CloudArray」を使用したシームレスなクラウドストレージとの接続と、コラボレーション型ファイル共有「Maginatic MagFS」による完全なクラウド環境の実現をご紹介いたします。14:20〜14:40 休憩14:20〜14:40 休憩14:40〜15:10 『基本に戻って考える!クラウドを活用したバックアップと災害対策』CA Technologies株式会社 データマネジメント事業部 プロダクトソリューション部シニアコンサルタント 森 正臣バックアップの基本はきちんと「運んで」「保管」し、そしてスムーズに「戻せる」ことです。この考え方はクラウドを使う場合であっても変わりません。本セッションではバックアップの基本に⽴ち返ってクラウドをどのように活用すべきかをご説明します。15:10〜15:40 『Cloudian仮想アプライアンスを用いたクラウドストレージの簡単導入術』日本アイ・ビー・エム株式会社システムズ&テクノロジー・エバンジェリスト - Linux/OSS - 新井 真⼀郎ビジネス競争⼒を⾼めるためにデータの活用範囲が広がり続ける 今、データ保管領域を迅速に確保できるストレージ・ソリューションが求められています。この度、クラウディアン社とIBMでは、Cloudianの導入を 簡易化するために仮想アプライアンスによる導入⼿法を実証、確⽴することで、より短い時間でのストレージの導入を可能にしました。本セッションでは、仮想 アプライアンスを用いた、プライベートクラウド環境への簡単なクラウドストレージ導入方法をご紹介します。15:40〜16:00 『閉会のご挨拶』クラウディアン株式会社 営業ダイレクター 石田 徹Cloudianの販売パートナーのご紹介、評価版と各種資料の入⼿方法等についてご案内します。3 June 2013 © Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved.
  3. 3. スモールサイズから始める企業向けクラウドストレージ企業向けクラウドストレージ2013年 6月 3日クラウディアン株式会社太 田 洋4 June 2013 Page 3© Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved.
  4. 4. IDC デジタルユニバース 2012• 地球上で1年間に作成および複製されるデジタル・データ量• 2020年には40ZB(40兆ギガバイト)にまで達すると予想4 June 2013 © Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved. Page 4
  5. 5. S3のコモディティー化• クラウドストレージの業界標準へ• 急速な成⻑ パブリッククラウドストレージのシェア No.1• 2012年6月12日時点で1兆個を超える• 2013年4月13日に S3 で保存するオブジェクト数が2兆個を超える• 10か月で倍に 驚異的な成⻑AWS の⼀人勝ち?4 June 2013 © Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved. Page 5クラウドサービス・プロバイダーはもはや AWS に差別化するのではなく差別化されないようにすべき状況?AWS の⼀人勝ち?
  6. 6. 国内クラウド市場の成⻑ Source: IDC Japan• 国内パブリッククラウド市場• 2012年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年⽐44.8%増の933億円• 2012年〜2017年の年間平均成⻑率は27.8%、2017年の市場規模は2012年⽐3.4倍の3,178億円と予測• 国内プライベートクラウド市場• 2011年〜2016年の年間平均成⻑率は37.6%、2016年市場規模は2011年⽐4.9倍の1兆1,132億円• プライベートクラウド市場では「シンプル化」と「オープン性の維持」がベンダーの課題4 June 2013 © Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved. Page 6
  7. 7. 各種クラウドの共存• パブリッククラウドの特⻑• 簡単に容量を拡⼤・縮⼩• 運用・保守のアウトソーシング• 必要な容量だけ利用し、完全な従量制課⾦• プライベートクラウドの特⻑• ⾃社(グループ)内でデータを管理• データの所在が明確Public CloudPublic Cloud• データの所在が明確• セキュリティーの確保が容易• クラウドの使い分け/併用が当たり前になりハイブリッド接続が起き始める4 June 2013 © Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved. Page 7Private CloudManagedPrivate CloudPublic Cloudクラウド間インターフェースの統⼀S3 API
  8. 8. S3 API のメリット エコシステムの活用• アプリケーションやツールを AWS と相互利用し、クラウドストレージ間での相互運用が可能Public s3fs© Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved. Page 8PrivateManaged PrivateJun-13Hybrid
  9. 9. エンタープライズにおける Cloudian の導入メリット1. S3 向けに開発された様々なアプリケーションやツールをそのまま利用することができる2. クラウドテクノロジーを活用することによって、マルチデバイスによるネットワーク越しのアクセスビリティーを持ち、ビジネス効率の向上が図れる3. ⼿元に置いておきたい重要なデータや、利用頻度の⾼いデータをオンプレミスで管理したい場合4. DR対策を含めた万全のデータ保全が可能5. すでに保有しているDCやサーバーを有効活用が可能6. スモールスタートで導入し、データの増加に合わせてスケールアウトできる7. 将来のストレージデータ量がペタバイト級になることが予測される8. ストレージコストの削減を図りたい(データ量が多いほど効果的)4 June 2013 © Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved. Page 9
  10. 10. Cloudian によるシンク/共有 ソリューション• ソリューションの概要シンク/共有ソフトウェアSync/File ShareSoftware• Oxygen Enterprise Cloud• Citrix ShareFile• 他…• ソリューションの概要• スマートデバイス、モバイル PC、デスクトップ PC、ブラウザからユビキタスなファイルアクセス• あらゆるデバイス間でデータを同期• BYOD に対応• 外部組織との協業目的のファイル共有も可能Jun-13 © Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved. Page 10ソフトウェアPrivate Cloud
  11. 11. Cloudian によるデータバックアップ ソリューション• ソリューションの概要• 非構造ファイル、アプリケーションデーバックアップソフトウェアBackupSoftware• CA ArcServe• Cmmvault SIMPANA• 他…• 非構造ファイル、アプリケーションデータなどをバックアップ• データセンターや地方のオフィスのデータをバックアップ• プライベートクラウド内の Cloudian にバックアップ• 既存システムはそのまま Cloudian をもう⼀つのバックアップ先として追加するだけ• マルチデータセンター機能によるDR対応Jun-13 © Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved. Page 11ソフトウェアPrivate Cloud
  12. 12. Cloudian によるEメールアーカイブ ソリューションアーカイブソフトウェアArchiveSoftware• Cmmvault SIMPANA• Sonian E-mail Archive• Symantec Enterprise Vault• 他…• ソリューションの概要• Excahnge や Domino から Eメールをアーカイブ• プライベートクラウド内の Cloudian にアーカイブ• 既存システムはそのまま Cloudian をもう⼀つのアーカイブ先として加えるだけ• マルチデータセンター機能によるDR対応Jun-13 © Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved. Page 12ソフトウェアPrivate Cloud
  13. 13. バックアップメディアについて• 背景:オブジェクトストレージによるギガバイト単価の⼤幅削減が可能にテープストレージからディスクストレージへオプティカルディスクでも同様の問題が• 背景:オブジェクトストレージによるギガバイト単価の⼤幅削減が可能に• テープストレージの問題点• 日々の運用に人でや⼿間がかかり、結局コストがかかる結果に• テープストレージでは完全なDR対策にならない• 人⼿による遠隔地への輸送と保管 事故、盗難、紛失にも対策が必要• 業務復旧を迫られた場合に迅速な対応ができない• 更に媒体不良の恐れも• テープストレージされたデータは基本的に再利用しないことが前提4 June 2013 © Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved. Page 13
  14. 14. ノード1スモールスタート可能な Cloudian• Cloudian のスモールサイズ構成S3/AdminStorageCMCLBブラウザからCMC経由で要求 HTTP/HTTPSS3対応最⼩冗⻑構成例:2ノードからスタートした場合ノード24 June 2013 © Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved. Page 14S3/AdminStorageCMCLBS3アプリケーションからS3へ直接要求HTTP/HTTPS環境としてDNSラウンドロビンを利用可能であればLBは必須ではありませんCloudStorageGatewayCIFSNFSiSCSIなどS3S3対応BackupSoftwareやS3 Clientアプリ等S3既存のファイルストレージ
  15. 15. エンタープライズ市場向け広報活動4 June 2013 © Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved. Page 15
  16. 16. www.cloudian.comwww.cloudian.jp4 June 2013 Page 16© Copyrights 2010 - 2013 Cloudian KK & Inc. All Rights Reserved.Thank you

×