• Save
Intel presentation at cloudian seminar 2014
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Intel presentation at cloudian seminar 2014

on

  • 2,674 views

2014年6月開催Cloudianセミナー2014におけるインテル様の講演資料です。

2014年6月開催Cloudianセミナー2014におけるインテル様の講演資料です。

Statistics

Views

Total Views
2,674
Views on SlideShare
359
Embed Views
2,315

Actions

Likes
1
Downloads
0
Comments
0

6 Embeds 2,315

http://www.cloudian-blog.com 2304
https://761491162799547271_7aad108906d6f82dc609181ef9005b8e127363de.blogspot.com 5
http://s.deeeki.com 2
http://translate.googleusercontent.com 2
https://www.blogger.com 1
http://www.slideee.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Intel presentation at cloudian seminar 2014 Intel presentation at cloudian seminar 2014 Presentation Transcript

  • エンタープライズの変革を加速する 新たなIT基盤 分散ストレージの必然性 © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。 分散ストレージの必然性 2014年6月 インテル株式会社 データセンター事業開発部 田口栄治
  • 新たなIT基盤の変革 Computer-Centric Network-Centric Human-Centric © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。 オートメーションによる 生産性向上 コネクティビティーによる コスト削減 クラウドやデバイスによる 迅速なサービス IT:IT: ビジネスを効率化するツールからビジネスそのものへビジネスを効率化するツールからビジネスそのものへ
  • デジタルサービス経済の勃興 コンシューマー ビジネス デジタル サービス Social Networking Personal Cloud Entertainment Shopping Transportation Medical Cloud Analytics Employee Productivity Enterprise Mobility © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。 ネットワーク開発 業種 サービスHealth Productivity Banking Cellular Landline Medical Retail Education Finance Utilities * 第三者の社名、製品名などは、一般に各所有者の表示、商標または登録商標です。
  • 好循環するデジタル市場 サービス © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。 サービス デバイス データ センター * 第三者の社名、製品名などは、一般に各所有者の表示、商標または登録商標です。
  • データセンター運用に対する継続的な負荷 ネットワーク 2-3週で新たなサービスの 準備1 ストレージ 年率40%で増え続ける データ量2、 非構造型のデータが90%3 サーバー 仮想化にもかかわらず、 平均50%をきる使用率4 © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。 1: Source: Intel IT internal estimate; 2: 3: IDC’s Digital Universe Study, sponsored by EMC, December 2012; 4: IDC Server Virtualization and The Cloud 2012 その上に新たな作業が追加…
  • 引き裂かれるCIO ユーザーの期待経営層の期待 © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。 ユーザーの期待 • スマホ並みに簡単にできな い? • より新しい技術使いたい • より早いサービスイン • 社内遅いから、外を使おう 経営層の期待 • 絶対落ちないよね • なんでも、早くできるよね • クラウド並みに安くできる? • コンプライアンス大丈夫だね
  • 求められる求められる データセンターデータセンター 現在の現在の データセンターデータセンター サービスのサービスの アイデアアイデア 求められるデータセンターの基盤 サービスのサービスの アイデアアイデア ITITITITITITITIT部門による部門による 仕様計画仕様計画 利用者需要利用者需要 の把握の把握 (サイジング)(サイジング) © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。 サービス開始サービス開始 新規サービスの提供開始に要する時間:新規サービスの提供開始に要する時間: 月単位月単位11 新規サービスの提供開始に要する時間:新規サービスの提供開始に要する時間: 分単位分単位11 1:出典:インテルITの社内推定 自動化された自動化された インフラ整備と構築インフラ整備と構築 デバイスのデバイスの 手動構成手動構成 サービス開始サービス開始 サービスのセットアップサービスのセットアップ サービスのセットアップサービスのセットアップ
  • SDI:SDI: ソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャーソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャー クラウド型クラウド型基盤の進化 サービス・アプリケーションがシステムを定義する世界 アプリ毎の システム アプリ毎の 仮想システム アプリが定義定義定義定義する システム © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。 Storage Application Network Application 伝統的なハードウェア Compute Application ハードウェアの抽象化 APP BAPP A APP C VM Manager COMPUTENETWORK データセンターの抽象化 STORAGE Application A Application B リソースプール
  • New Tiers of Storage FREQUENT Hot ストレージの変革 最終目標:Software Defined Storage 幅広い最適化された ソリューション Storage Resource Pool © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。 Warm CAPACITYTB ZB ACCESS INFREQUENT Cold ストレージの変革 アプリケーション主導 高度な効率化
  • SDI: ストレージの変革 既存のストレージ 静的な設定、マニュアルでのデータ管理、 拡張性に課題 Compute intelligence manages growth in より効率的なデータの管理 Data & media mgmt. SW Storage Resource Pool Data & media mgmt. SW © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。 ソフトウエアー・デファインドの世界 • 量産型の安価なサーバー上に、SWでデータ管理と メディア管理 • 自動的な階層化と管理 • 超拡張性 Compute intelligence manages growth in footprint NVM HDD SA N Net App*の顧客は、重複排除の技術を活用することで、最大80%のストレージコスト削減に成功1 Dell*の顧客は、ストレージの階層化戦略によって、最大80%の経費削減と報告2 Data & media mgmt. software High Volume HW Sources: 1. NetApp Delivers Scale-Out Storage for Today’s Demanding Workloadshttp://www.intel.com/content/www/us/en/performance/scale-out-storage-for-todays-workloads-netapp-solution-brief.html 2. Tiering: Dell “Fluid Data Storage: Driving Flexibility in the Data Center”, February 2011 http://www.dell.com/downloads/global/products/pvaul/en/dell-compellent-fluid-data-storage.pdf * 第三者の社名、製品名などは、一般に各所有者の表示、商標または登録商標です。
  • SDSの世界: • HWの抽象化抽象化抽象化抽象化による柔軟性と拡張性 • 分散された様々なソリューションの統合化統合化統合化統合化 • より動的な資源のプロビジョニングプロビジョニングプロビジョニングプロビジョニング • SLAを準拠しつつ、アプリケーションからシームレスなアクセスを 可能とする、々なストレージ・システムのオーケストレーションオーケストレーションオーケストレーションオーケストレーション SDN ControllerSDN Controller SDN ControllerSDN Controller ApplicationsApplications Northbound API SDSSDS ControllerController SDSSDS ControllerController OrchestratorOrchestrator SDS:::: SDI実現のための重要な構成要素 SDISDISDISDIのフレームワーク 動的、ポリシーベース ビジョンビジョンビジョンビジョン:::: 動動動動的的的的でポリシーベースでのストレージでポリシーベースでのストレージでポリシーベースでのストレージでポリシーベースでのストレージ資源資源資源資源のののの管理管理管理管理 © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。 CC--RANRAN NetworkNetwork AppliancesAppliances MediaMedia GatewaysGateways Cloud ServersCloud Servers NodeNode NodeNodeNodeNodeNodeNodeNodeNode Top of RackTop of Rack SwitchSwitch NodeNode Southbound API NodeNode NodeNode Storage System Storage System NodeNode NodeNode 性能 柔軟性 効率化 SDSは、以下のものではない: • 単一のシステムやソリューション • ひとつのストレージ・システム • ひとつの汎用ストレージ・ソリューション
  • SDI実現へ向けたインテルのアプローチ 統合化統合化統合化統合化されたされたされたされた属性管理属性管理属性管理属性管理 より最適な資源管理を、より詳細に実行可能とする ために、オーケストレーション・ソフトウェアにハード 広範囲広範囲広範囲広範囲なエコシステムのなエコシステムのなエコシステムのなエコシステムの形成形成形成形成 よりシームレスなデータセンター運用を可能とする、統合化 され、最適化された商用またはオープンソースによる クラウドOS環境 STORAGE Building Blocks NETWORK Building Blocks COMPUTE Building Blocks OpenStack*OpenStack* VMware*VMware* Microsoft*Microsoft* Intel® DCM Service Assurance Administrator (SAA) v1.1Intel® DCM Service Assurance Administrator (SAA) v1.1 Intel® Rack Scale Architecture Reference ImplementationIntel® Rack Scale Architecture Reference Implementation ComposabilityHardware Attributes © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。 ために、オーケストレーション・ソフトウェアにハード ウェア基盤の属性管理を統合 進化進化進化進化したリソースプール・アーキテクチャーしたリソースプール・アーキテクチャーしたリソースプール・アーキテクチャーしたリソースプール・アーキテクチャー プラットフォーム基盤をより柔軟で効率よく実現するため、イ ンテルのRack Scale Architectureにより、標準で量産的 な、サーバー、ストレージ、ネットワーク構成要素を統合 Blocks Blocks Blocks • Intel® Cache Acceleration (iCAS) • Intel® Lustre* • Next Generation NVM • Intel® Storage acceleration library • Intel® Open Network Platform • DPDK • Intel® QuickAssist Accelerators • Intel® Silicon Photonics • Intel® Xeon Phi™ • Integrated graphics • Intel® TXT • Intel® AVX • Intel® AES-NI Intel ® Ethernet Intel ® True Scale Intel® SSD * 第三者の社名、製品名などは、一般に各所有者の表示、商標または登録商標です。 すべてはアプリケーションの定義するシステムの世界へ
  • SDIのもたらす未来 俊敏性 自動化 効率の最大化 © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。12
  • 法律的な免責条項法律的な免責条項法律的な免責条項法律的な免責条項 • 性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。 SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。 結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テ ストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。 • インテルは、本資料で参照しているサードパーティーのベンチマークまたは Web サイトの設計や実装について管理や監査を行っていません。本資料で 参照している Web サイトまたは類似の性能ベンチマーク・データが報告されているほかの Web サイトも参照して、本資料で参照しているベンチマー ク・データが購入可能なシステムの性能を正確に表しているかを確認されるようお勧めします。 • 各ベンチマークの相対パフォーマンスは、最初にテストしたプラットフォームの実際のベンチマーク結果をベースラインとして、1.0 の値を割り当てること によって計算されます。ベースラインとなるプラットフォーム以外のテスト対象プラットフォームの相対パフォーマンスは、各プラットフォームのベンチマー クの結果を、ベースラインとなるプラットフォームの実際のベンチマーク結果で割り、報告されたパフォーマンスの向上に比例する相対パフォーマンスの 数値を割り当てることによって計算しています。 • SPEC、SPECint、SPECfp、SPECrate、SPECpower、SPECjbb は、Standard Performance Evaluation Corporation の商標です。詳細については、 http://www.spec.org/spec/trademarks.html (英語) を参照してください。 • インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー (インテル® HT テクノロジー): 一部のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーで利用できます。イン テル® ハイパースレッディング・テクノロジーに対応したシステムが必要です。詳細については、各 PC メーカーにお問い合わせください性能は、使用す © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。 テル® ハイパースレッディング・テクノロジーに対応したシステムが必要です。詳細については、各 PC メーカーにお問い合わせください性能は、使用す るハードウェアやソフトウェアによって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/hyper- threading/hyper-threading-technology.htmlを参照してください。 • インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー:インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロ ジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。各 PC メーカーにお問い合わせくだ さい。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/jp/technology/turboboost/ を参照してください。 • インテル製品は、医療、救命、延命措置、重要な制御または安全システム、核施設などの目的に使用することを前提としたものではありませんインテル 製品は、予告なく仕様が変更されることがあります。本資料に記載されているすべての日付および製品は、計画以外の目的ではご利用になれません。 • 本プレゼンテーションに記載されたインテルの製品計画は、インテルの POR 製品ロードマップではありません。インテルの現在の POR 製品ロードマッ プをご希望の方は、 インテルの担当者までお問い合わせください。 • © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。Intel、インテル、Intel ロゴ、Look Inside. ロゴ、Look Inside.、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation の商標です。. • インテル製品は、予告なく仕様が変更されることがあります。本資料に記載されているすべての日付および製品は、計画以外の目的ではご利用になれ ません。 • * 第三者の社名、製品名などは、一般に各所有者の表示、商標または登録商標です。
  • 法律的な免責条項法律的な免責条項法律的な免責条項法律的な免責条項 • 本資料に掲載されている情報は、インテル製品の概要説明を目的としたものです。本資料は、明示されているか否 かにかかわらず、また禁反言によるとよらずにかかわらず、いかなる知的財産権のライセンスを許諾するものではあ りません。製品に付属の売買契約書『Intel's Terms and conditions of Sales』に規定されている場合を除き、インテ ルはいかなる責任を負うものではなく、またインテル製品の販売や使用に関する明示または黙示の保証 (特定目的 への適合性、商品適格性、あらゆる特許権、著作権、その他知的財産権の非侵害性への保証を含む) に関してもい かなる責任も負いません。 • “ミッション・クリティカルなアプリケーション”とは、インテル製品の欠陥や故障によって、直接的または間接的に、人 身事故または死亡事故が発生する可能性があるアプリケーションです。そのようなミッション・クリティカルなアプリ ケーションのためにインテル製品を購入または使用する場合、ユーザーは、インテル製品またはその部品の設計、 製造、または警告におけるインテルまたはその下請会社の過失の有無にかかわらず、そのようなミッション・クリティ カルなアプリケーションによって生じるあらゆる製造物責任賠償の請求、人身事故、または死亡事故に直接的または © 2014 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。 カルなアプリケーションによって生じるあらゆる製造物責任賠償の請求、人身事故、または死亡事故に直接的または 間接的に起因する保険金支払費用、損害、経費、および妥当な弁護士費用のすべてを補償し、インテルとその子会 社、下請会社、関連会社、およびそれぞれの役員、職員、従業員に何らの損害も与えないものとします。 • インテル製品は、予告なく仕様や説明が変更されることがあります。機能または命令の一覧で「留保」または「未定 義」と記されているものがありますが、その「機能が存在しない」あるいは「性質が留保付である」という状態を設計の 前提にしないでください。これらの項目は、インテルが将来のために留保しているものです。インテルが将来これらの 項目を定義したことにより、衝突が生じたり互換性が失われたりしても、インテルは一切責任を負いません。この情報 だけに基づいて設計を最終的なものとしないでください。 • 本書で説明されている製品には、エラッタと呼ばれる設計上の不具合が含まれている可能性があり、公表されている 仕様とは異なる動作をする場合があります。そのようなエラッタは、インテルの保証範囲外です。現在確認済みのエ ラッタについては、インテルまでお問い合わせください。