• Save
オブジェクトストレージの適用領域とCloudianの位置づけ (Cloudian Summit 2012)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

オブジェクトストレージの適用領域とCloudianの位置づけ (Cloudian Summit 2012)

on

  • 2,141 views

Presentation by CTC at "Cloudian Summit 2012" on June 5, 2012 in Tokyo

Presentation by CTC at "Cloudian Summit 2012" on June 5, 2012 in Tokyo

Statistics

Views

Total Views
2,141
Views on SlideShare
1,555
Embed Views
586

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

5 Embeds 586

http://www.gemini-bigdata.com 573
http://761491162799547271_7aad108906d6f82dc609181ef9005b8e127363de.blogspot.com 10
http://webcache.googleusercontent.com 1
http://www.linkedin.com 1
http://www.cloudian-blog.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

オブジェクトストレージの適用領域とCloudianの位置づけ (Cloudian Summit 2012) オブジェクトストレージの適用領域とCloudianの位置づけ (Cloudian Summit 2012) Presentation Transcript

  • オブジェクトストレージの適用領域と C lo ud ia n の位置 づけ Cloudian Summit 2012 2012 年 6 月 5 日 Copyright (c)2012 ITOCHU Techno-Solutions Corporation
  • 1. オブジェクトストレージが求められる背景 NOSQL の台頭 クラウドの進化 RDBMS RDBMS Bigdata 向きのストレージ 分散オブジェクトストレージ Copyright (c)2012 ITOCHU Techno-Solutions Corporation
  • 2. クラウドサービス事業者での適用領域 パブリッククラウドサ 背景 ービス 参入ベンダー増加 クラウドサ-ビスの コモディティ化 Amazon 寡占化 収益性低下 対策 コモディティサーバの活用 運用手順の自動化1.更なる価格訴求 メンテナンスコスト SLA の向上(無停止)2.他社との差別化ポイント訴求 Bigdata 向けストレージ提供3.新たなマネタイズモデルの構築 Paas、Saasなどへの展開 Hybrid への対応 Copyright (c)2012 ITOCHU Techno-Solutions Corporation
  • 3. エンタープライズでの適用領域自社状況や外部環境の変化に合わせて、システムインフラの変化が可能 スタートアップフェ 見直しフェ 【パブリッククラウド利用】 ーズ ーズ そのまま Amazon S3 利用 もしくは別クラウド 【プライベートクラウド利用】【パブリッククラウド利用】 システム S3互換オブジェクト Amazon S3 利用 インフラ再検討 ストレージの自社構築 乗り換え   【パブリッククラウドのメリ 【ハイブリットクラウド利用】 ット享受】 パブリッククラウドと 本当にパブリック  ・最小コスト  クラウドがベスト プライベートクラウドの  ・堅牢性 なのか? 共存  ・スケーラブル性 Copyright (c)2012 ITOCHU Techno-Solutions Corporation
  • 4. サービス事業者( M2M )での適用領域F i el デ バ 都市・交通・インフラ防災・環境・防犯 建造物 重電機器 エネルギ 医療 農業 … イ d ス センサーデータ、動画、静止画、など ネ Asset Gateway                     ッ ト 【主なデータの特性 ワ 】M2M ー ク 固定回線 ワイヤレ ・並列処理性能サービ ス ・非構造データ対応 ス ク ・拡張性事業者 ラ ウ データ センタ ド SaaS 型 M2M プラットフォーム 収集 分析 利用 アBigD プ リ Enterprise   Gateway ケata ー シ 活用 ョ 既存システム利用      新規ビジネスの創造 再販ビジネス ン 顧客側で利用している ・収集したデータの分析や関連性を視覚化 他社サービスとの 既存システムへのフェデレーション・クラウドを利用した新規ビジネスロジックの創造 フェデレーション Copyright (c)2012 ITOCHU Techno-Solutions Corporation
  • 5. 共通 : ハ-ドウェアライフサイクルからの開放今までのストレ-ジのライフサイクル* 5 年に一度入替が発生。 検討 購入 移行 メンテナンス 検討 購入 移行 メンテナンス (修理) (修理) N 世代稼動 N+1 世代稼動 (5 年サイクル ) N+2 世代稼動 (5 年サイクル ) 機器ベンダ-ライフサイクルロックイン 拡張性の限界 集中した大きな投資 課題 検討の手間(コスト) 移行の手間(コスト) 修理の手間(コスト) 解決分散オブジェクトストレ-ジ(コモディティ PF 利用)のライフサイクル*ライフサイクルを気にせず使い続けることが可能。 検討 購入 移行 メンテナンス ( 購入・交換 ) N 世代稼動 オブジェクトストレージ 稼動 Copyright (c)2012 ITOCHU Techno-Solutions Corporation
  • 6.  CTC の描く主なクラウドエコシステム (まとめ) マルチハイパーバイザークラウド OS コモディティプラットフォーム 運用の省力化 ハードウェアコスト削減 分析・可視化 低消費電力プラットフォームBigdata 活用 専用ストレージ装置 電力削減 ストレージエコシステム実現 Copyright (c)2012 ITOCHU Techno-Solutions Corporation
  • コーポレートロゴマークには、「世の中の変化を素早く読み取り、市場の変化に即応するだ けでなく、 CTC 自らがその変化を誘発する側に立とう」という熱い志を凝縮しました。マークの下にある「 Challenging Tomorrows Changes 」は、この志を一文で表した ものです。 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 情報通信事業企画室 企画開発部    滝 大輔   d ais u ke .taki@ c tc - g .c o .jp