Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)

1,162 views
1,054 views

Published on

Presentation by NTI at "Cloudian Summit 2012" on June 5, 2012 in Tokyo

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,162
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
92
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Cloudianを利用したソリューション (Cloudian Summit 2012)

  1. 1. Cloudian Summit 2012 セミナー Cloudian Summit 2012 セミナー 「Cloudianを利用したソリューション」 2012年6月5日 16:50~17:10(セッション3) 日本テレマティーク株式会社 システムソリューション事業本部 ソリューションシステム部 山越 力丸Copyright © 2012 Nippon Telematique Inc. All Rights Reserved.
  2. 2. Cloudian Summit 2012 セミナー 日本テレマティーク株式会社とは 日本テレマティーク株式会社 伊藤忠商事株式会社 東日本電信電話株式会社 日本テレマティーク株式会社は、伊藤忠商事株式会社と東日本電信電話 株式会社との50%ずつの出資により、1985年に設立されました、ICTカンパ ニーです。 伊藤忠商事の国際情報収集力と、NTTの次世代に向けた情報通信技術を バックボーンに高次元なソリューションサービスを展開しております。Copyright © 2012 Nippon Telematique Inc. All Rights Reserved. 1
  3. 3. Cloudian Summit 2012 セミナー 日本テレマティーク株式会社の強み 各企業様向けにサーバ系からネットワーク系までのインフラ設備のご提供を致して おります。また、NTIは物販だけでなく、導入前コンサルティングから構築・運用・ 保守までお客様のバックアップしております。特にOracleサーバ(旧Sun)の販売に つきましては設立以来、NTIの柱のビジネスとなっております。 サーバ系インフラ ネットワーク系インフラ (WEB、メール、DNS、仮想化等) (VPN、LAN等) 物販 検証 設計 構築 運用 保守 サーバ・クライアント・ストレージ 基盤系アプリケーション ルータ・スイッチ セキュリティ インターネットサーバ BIND・Apache等 等 OSSを含む 等 等Copyright © 2012 Nippon Telematique Inc. All Rights Reserved. 2
  4. 4. Cloudian Summit 2012 セミナー なぜ「クラウドストレージ」に着目したのか? クラウドストレージ市場の急成長 ● スマートデバイス市場の拡大により、各種デバイスより(非構造化データ: 写真、動画、等)が多く取り扱われるようになり、その保存先として クラウドストレージが注目されております。 ● 企業ではサーバのバックアップデータ(非構造化データ)やディザスタリカバリ の用途として、クラウドストレージの利用が注目されております。 ス スマートフォン マ 非構造化データ ー が爆発的に増加 ト タブレット端末 デ バ 各種センサ イ 利用用途 ス の拡大に より! 企 バックップ 業 デ 法人向けクラウドストレージ市場は ー システムログ 2015年には369億円規模 タ 今後10年間で世界のデータ量は50倍に膨張する 出典:IDC, 2011 Digital Universe StudyCopyright © 2012 Nippon Telematique Inc. All Rights Reserved. 3
  5. 5. Cloudian Summit 2012 セミナー 爆発的に増加する「非構造化データ」を扱うには? スケールアウト型ストレージでなければならない ● ストレージ容量を柔軟に拡張出来ること(拡張性に優れていること) ● オブジェクトストレージ(※1)であること(非構造化データが得意) 非構造化データ:データベースでの管理を得意としない(または難しい)データを 「非構造化データ」と言う。具体的には、 写真・動画・バックアップデータ・ システムログ・メールアーカイブ、等のデータが含まれる。 適合製品は ハードウェアソリューション ソフトウェアソリューション ETERNUS FAS6200 VX710 ATMOS ※1 オブジェクトストレージ 3PAR オブジェクト単位での データにはサイズや個数の制約が無い FS7500Copyright © 2012 Nippon Telematique Inc. All Rights Reserved. 4
  6. 6. Cloudian Summit 2012 セミナー なぜ「Cloudian」なのか? ソフトウェアソリューションである ● ハードウェアベンダーに縛られない ・ソフトウェアで実現するため、サーバ/ストレージメーカに依存することが無い ・また、古いサーバでもストレージとして認識出来るため、高額な投資は不要 ハードウェアは壊れたら交換する、消耗品としての位置付け ● データ領域の拡張/縮小が簡単 ・運用を止めること無く、サーバ/ストレージの増強/縮小を実施可能 ● EOSLが無い ・旧バージョンであっても保守サポートは継続、ソフトウェアバージョンを気に する必要がない ● クラウドストレージ標準インターフェイス(Amazon S3)に完全準拠 ・多数提供されている(Amazon S3)対応ツールに手を加えることなく、 利用する事が可能 ・既存システムが(Amazon S3 REST API)で作成されている場合、 マイグレーション等の稼働が不要 パートナー契約を締結(本年1月)、お客様への提案活動を いち早く開始するための検証を開始致しましたCopyright © 2012 Nippon Telematique Inc. All Rights Reserved. 5
  7. 7. Cloudian Summit 2012 セミナー NTIが考える「Cloudian」の利用シーン 企業向け「Cloudian」の利用シーンとして ● 様々な種類の爆発的に増加する「非構造化データ」の格納領域としての利用 スライド7で解説 スライド 8で解説 イメージ バックアップ 社員用PC 各種サーバ群 各種サーバ群 ① PCデータの格納 ② サーバーのバックアップ ③サーバ上のデータの格納 ・カタログ・資料 ・1次バックアップ ・Syslogデータ ・写真、等 ・災害対策(DR)、等 ・メールアーカイブ、等Copyright © 2012 Nippon Telematique Inc. All Rights Reserved. 6
  8. 8. Cloudian Summit 2012 セミナー 「Cloudian」へのアクセス検証( DragonDisk ) ① PCデータの格納(カタログ・資料・写真、等) ● DragonDiskにて検証 ・DragonDiskのホームページ上でCloudianのロゴが掲載されており、正式に Cloudianに対応したクライアントツール ドラッグ&ドロップでファイルの移動が可能、ファイルの削除等も行えます DragonDisk 実行イメージ 利用者は、ドラッグ&ドロップで ファイルを移動 ローカルPC上のファイルを表示 Cloudian上のファイルを表示Copyright © 2012 Nippon Telematique Inc. All Rights Reserved. 7
  9. 9. Cloudian Summit 2012 セミナー 「Cloudian」へのアクセス検証(s3cmd、s3fs) ② サーバのバックアップ ③ サーバ上のデータの格納 ● s3cmdにて検証 ・S3にコマンドラインからアクセスするユーティリティツール ● s3fsにて検証 ・S3のストレージをローカルファイルのように扱えるツール s3cmd 実行イメージ # s3cmd ls s3://bucket/ CloudianをOS(Linux)からファ 2012-05-30 01:09 551464960 s3://bucket07/sol-11-1111-text-sparc.iso イルシステムとして認識 2012-05-30 01:12 17014 s3://bucket07/〇〇報告書.docx 2012-05-30 01:07 32029 s3://bucket07/〇〇様ご提案書.pptx 2012-05-30 01:07 30283 s3://bucket07/製品ご紹介資料.pptx s3fs 実行イメージ # ls -alh /s3 合計 526M ---------- 1 root root 526M 5月 30 10:09 sol-11-1111-text-sparc.iso ---------- 1 root root 0 5月 30 10:07 〇〇報告書.docx コマンドラインから、Cloudianの ---------- 1 root root 32K 5月 30 10:07 〇〇様ご提案書.pptx データを表示、格納する事が可能 ---------- 1 root root 30K 5月 30 10:07 製品ご紹介資料.pptxCopyright © 2012 Nippon Telematique Inc. All Rights Reserved. 8
  10. 10. Cloudian Summit 2012 セミナー 各種ツールの「課題」について ソフトウェアツールの課題 ● フリーウェアにて保守性に乏しい ・提供されているソフトウェアの殆どがフリーウェアのため、保守性に乏しく 企業利用にはそぐわないケースもある ● 頻繁に利用するデータへのアクセス速度が遅い ● 操作画面が普段の操作と異なり慣れない(DragonDisk、s3cmd) ・業務で使用しているインターフェイスと異なるため、教育が必要 ● PCやサーバ台数が増加すると全クライアントに導入する必要がある ・また、バージョンやパッチの管理も必要 ● データ格納の非効率化(s3fs) ・重複排除の機能が無いため、何度も同じデータを書き込んでしまう 上記の「課題」を解決するには・・・Copyright © 2012 Nippon Telematique Inc. All Rights Reserved. 9
  11. 11. Cloudian Summit 2012 セミナー NTIが考える「Cloudian」構成例とそのメリット キャシュGW + Solaris 11 ● 利用率の高いデータはキャッシュGWへ、利用率の低いデータはCloudianに格納 ・利用頻度の尐ないデータは安価なストレージへ格納 ● 一般的に広く普及したNFS/CIFS/iSCSIなどのプロトコルが利用可能 ・PCやサーバに特別なソフトウェアは不要 ● Solaris11のZFSで重複排除やスナップショットを活用、利用効率を向上させる ・重複排除機能でデータ領域の利用率が向上 PCデータの格納 イメージ バックアップ データ同期 COMSTAR / ZFS サーバのバックアップ FC-SAN/iSCSI/NFS/CIFS キャッシュGW CIFS / NFS / iSCSI / FC など様々なプロトコル サーバ上の でアクセスが可能 データの格納Copyright © 2012 Nippon Telematique Inc. All Rights Reserved. 10
  12. 12. Cloudian Summit 2012 セミナー あとがき Cloudian を利用したソリューションを検討する上で、 Amazon S3に対応した以下の製品検証にも取り組んでおります。 ● CA ARCserve(サーバのバックアップ用途) ● QNAP (廉価版NAS:災害対策のためのバックアップ用途) 結果的には Cloudian に接続出来ませんでした。(2012年5月現在) 企業向け環境において、S3互換のクラウドストレージを構築する試みは、まだ 始まったばかりです。 今後、様々な製品がCloudianのようなクラウドストレージに対応し、この分野が 成長していく事が期待されます。 NTIでは検証結果をジェミナイ社様と共有し、技術交流を行い日々行っております。Copyright © 2012 Nippon Telematique Inc. All Rights Reserved. 11
  13. 13. Cloudian Summit 2012 セミナー ご清聴有難う御座いました。 ご不明な点等御座いましたら、以下、ご連絡頂ければ幸いです。 日本テレマティーク株式会社 システムソリューション事業本部 ソリューションシステム部 〒151-0061 東京都渋谷区初台1丁目34番14号初台TNビル4階 Mail: ss-eigyo1-front@nti.co.jp Tel:03-5351-1512/Fax:03-5351-1537Copyright © 2012 Nippon Telematique Inc. All Rights Reserved. 12

×