Apache CloudStackJapanese Doc SprintCloudStackユーザー会 千葉 豪@go_chiba
 千葉 豪(Go Chiba)– 某SIerでクラウド系エンジニアやってます– Apache CloudStackの日本語翻訳担当プライベートでドキュメントの翻訳活動中気づいたらコミッターなってました…– 連絡先mailto: go.chib...
 現在以下のプロジェクトが進行中– 公式ドキュメントの日本語化(Apache CloudStack Docs)– GUIの日本語化(Apache CloudStack UI)– Runbook(クイックインストールガイド)の日本語化(Apac...
 Transifex(https://www.transifex.com)による翻訳各セクションの表示オリジナルのドキュメント翻訳されたドキュメント翻訳内容のレコメンド翻訳作業
 Publicanで自分が翻訳した内容を確認(CentOS 6.3上で確認)1. 必要なツール群をインストール2. CloudStackをリポジトリからcloneし4.1をcheckout3. 共通のコンテンツ(画像など)をインストール# y...
実際に出来たものを確認4. transifex の設定とpoファイルのpull5. publicanを実行設定ファイル: all, adminguide, devguide, installation, niciranvp,release-no...
6.生成物の確認# ls tmp/ja-JP/*PMCであるSebastienの資料もチェックhttp://www.slideshare.net/sebastiengoasguen/how-to-translate-apache-cloudst...
 Publicanで見られるエラー– 重複定義cloudstack/docs/en-USより以下のように重複箇所をコメントアウトしてみましょうapi-throttling.xml:6: validity error : ID api-thro...
 Publicanで見られるエラー– リンク切れ定義箇所を特定configure-package-repository.xml:28: validity error : IDREFattribute linkend references an...
 コードと同様にJIRAに報告 Typoレベルでもウェルカムです– Port番号の間違い、スペルミス etc…ドキュメントバグ
Docsの今後 4.2では…?― 新しいドキュメントが追加中Midonet Pluginに関してGSoC固有ドキュメント など レビューワーも募集中?― 単語の統一VM? 仮想マシン?プライマリー? プライマリ?― コピペミス&PRODUC...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Apache CloudStack 日本語ドキュメント翻訳会資料

449

Published on

Apache CloudStack 日本語ドキュメント翻訳会で利用した資料になります

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
449
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Apache CloudStack 日本語ドキュメント翻訳会資料

  1. 1. Apache CloudStackJapanese Doc SprintCloudStackユーザー会 千葉 豪@go_chiba
  2. 2.  千葉 豪(Go Chiba)– 某SIerでクラウド系エンジニアやってます– Apache CloudStackの日本語翻訳担当プライベートでドキュメントの翻訳活動中気づいたらコミッターなってました…– 連絡先mailto: go.chiba@gmail.comTwitter: @go_chiba自己紹介
  3. 3.  現在以下のプロジェクトが進行中– 公式ドキュメントの日本語化(Apache CloudStack Docs)– GUIの日本語化(Apache CloudStack UI)– Runbook(クイックインストールガイド)の日本語化(Apache CloudStack Runbook)翻訳対象
  4. 4.  Transifex(https://www.transifex.com)による翻訳各セクションの表示オリジナルのドキュメント翻訳されたドキュメント翻訳内容のレコメンド翻訳作業
  5. 5.  Publicanで自分が翻訳した内容を確認(CentOS 6.3上で確認)1. 必要なツール群をインストール2. CloudStackをリポジトリからcloneし4.1をcheckout3. 共通のコンテンツ(画像など)をインストール# yum install git rpm-build python-setuptools publican# easy_install transifex-client# git clonehttps://git-wip-us.apache.org/repos/asf/cloudstack.git# git checkout 4.1# cd cloudstack/docs/publican-cloudstack# ./gen_rpm.sh# rpm –i ~/rpmbuild/RPMS/noarch/publican-cloudstack-0.6-1.el6.noarch.rpm実際に出来たものを確認
  6. 6. 実際に出来たものを確認4. transifex の設定とpoファイルのpull5. publicanを実行設定ファイル: all, adminguide, devguide, installation, niciranvp,release-noteフォーマット: html, html-single, pdf, epub             # cd cloudstack/docs# tx init# ./settx.sh# tx pull –l ja_JP# publican build --config=publican-all.cfg--formats=html,pdf --langs=ja-JP
  7. 7. 6.生成物の確認# ls tmp/ja-JP/*PMCであるSebastienの資料もチェックhttp://www.slideshare.net/sebastiengoasguen/how-to-translate-apache-cloudstack-docs実際に出来たものを確認
  8. 8.  Publicanで見られるエラー– 重複定義cloudstack/docs/en-USより以下のように重複箇所をコメントアウトしてみましょうapi-throttling.xml:6: validity error : ID api-throttlingalready definedとらぶるしゅ〜と$ grep <xi:include href="api-throttling.xml" *api-calls.xml: <xi:include href="api-throttling.xml"xmlns:xi="http://www.w3.org/2001/XInclude" />sys-reliability-and-ha.xml: <xi:include href="api-throttling.xml"xmlns:xi="http://www.w3.org/2001/XInclude" />api-throttling.xml:6: validity error : ID api-throttlingalready defined
  9. 9.  Publicanで見られるエラー– リンク切れ定義箇所を特定configure-package-repository.xml:28: validity error : IDREFattribute linkend references an unknown ID "sect-source-buildrpm"1とらぶるしゅ〜と$ grep <section id="sect-source-buildrpm"> *build-rpm.xml:<section id="sect-source-buildrpm">
  10. 10.  コードと同様にJIRAに報告 Typoレベルでもウェルカムです– Port番号の間違い、スペルミス etc…ドキュメントバグ
  11. 11. Docsの今後 4.2では…?― 新しいドキュメントが追加中Midonet Pluginに関してGSoC固有ドキュメント など レビューワーも募集中?― 単語の統一VM? 仮想マシン?プライマリー? プライマリ?― コピペミス&PRODUCT; CloudPlatform― URL等のチェック
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×