S

T

O

R
Y

あなたの「STORY」を差別化するための
言葉のマネジメントとコンセプトメーカー
2014年02月14日(金) 12:30-12:50

Developers Summit 2014 OpenJam
@fullvir...
本日のセッションの概要について確認していきます

本日の概要
Copyright © @fullvirtue. All rights reserved.

2
本日の概要(1/1)

本セッションのゴール(1/1)
 学べること
– 「想い」(WHAT)をどう「言葉化」(HOW)するかについて
「言葉のマネジメント」や「コンセプトメーカー」から学んでいく

 対象者
– 考えることを仕事とする人
...
おことわり(1/1)

今回の資料について(1/1)
 今回の資料は、以下を参考にしています。
私自身のオリジナルはほとんどありませんので、
ご了承ください。
– キーメッセージのつくり方
» ISBN978-4-7993-1291-9
» ...
本日のアジェンダ(1/1)

はじめに
言葉のマネジメント
コンセプトメーカー
まとめ

Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.

5
Developers Summit 2014 デブサミ運営事務局長からの
メッセージを改めて確認してみましょう

はじめに
Copyright © @fullvirtue. All rights reserved.

6
はじめに(1/1)

Developers Summit 2014 のメッセージ
 デブサミ第1章(2003~2012)は共感を大きな
テーマにおいて開催してましたが、デブサミ第2章
(2013~)は、Action!をテーマに開催していきます...
キーとなるメッセージはどのようにつくっていけばよいのでしょうか

言葉のマネジメント
Copyright © @fullvirtue. All rights reserved.

8
あなたの「STORY」を差別化するためには(1/14)

一行のキーメッセージから学ぶ(1/4)

 「言葉」には、人を動かす力がある
 「想い」があるから言葉は生きたメッセージとなる

想い
Copyright © POStudy (プロ...
あなたの「STORY」を差別化するためには(2/14)

一行のキーメッセージから学ぶ(2/4)

 『アメリカは、10年以内に月に立つ』
– 1961年、ケネディ大統領は
就任早々、国への熱い想いを宣言。
当時としては途方もない夢だ。
しか...
あなたの「STORY」を差別化するためには(3/14)

一行のキーメッセージから学ぶ(3/4)

 『キーメッセージ』 = 『想いを言葉化したもの』
≠ 単なるキーワード

キーメッセージのつくり方 – P3
Copyright © POS...
あなたの「STORY」を差別化するためには(4/14)

一行のキーメッセージから学ぶ(4/4)

 『キーメッセージ』
– 重要なカギを握り、本質を突き、新しい主義・主張があり、
ひと言でイメージさせることのできる言葉。
– 何を言いたいか...
あなたの「STORY」を差別化するためには(5/14)

キーメッセージの作法:考え方・つくり方(1/3)

1. 相手を「想う」ことから始まる

2. その「想い」にタイトルをつける

3. キーメッセージは「想い」×「言葉化」

キーメッセ...
あなたの「STORY」を差別化するためには(6/14)

キーメッセージの作法:考え方・つくり方(2/3)

4. 「言葉の感度」を高める
– どう短く、インパクトのある「効く言葉」にするか

5. 頭の中に「映像」を残す
– 「何を起こすのか...
あなたの「STORY」を差別化するためには(7/14)

キーメッセージの作法:考え方・つくり方(3/3)

7. 大切なのは「知る」より「感じる」こと

8. 手で考える・書くことで考える
– とにかく「思いついたら紙に書く」

9. 「人を...
あなたの「STORY」を差別化するためには(8/14)

人を動かす、いいキーメッセージ(1/2)
1. 短い言葉で伝える力を持つ
(本質を一言で突く、インパクトがある)
2. メッセージ性がある
(新しい視点、提案、発見がある)
3. 書くか...
あなたの「STORY」を差別化するためには(9/14)

人を動かす、いいキーメッセージ(2/2)
6. ストーリー性がある
(次々と物語の展開イメージが読める)
7. 戦略性がある
(全体から見た一貫性、継続性がある)
8. 行動のシンボルと...
コンセプトはどのようにつくっていけばよいのでしょうか

コンセプトメーカー
Copyright © @fullvirtue. All rights reserved.

18
あなたの「STORY」を差別化するためには(10/14)

ビジネスパーソンに求められる3つの要素(1/1)
1. 考える姿勢を身につけること
– 「知る→想う→創る→動く」

2. 独創性を発揮すること
– 独創性発揮の「本質=知恵」

3....
あなたの「STORY」を差別化するためには(11/14)

コンセプトメーカーとは(1/1)

 「創造性で革新を起こす人」

Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserve...
あなたの「STORY」を差別化するためには(12/14)

コンセプトのつくり方(1/1)
STEP 1
「現状を認識する」

企業の

時代の

フィールド

フィールド

閃き

コンセプト

STEP 2
「時代を洞察する」

STEP ...
あなたの「STORY」を差別化するためには(13/14)

賢いコンセプトメーカーになるために(1/2)
1. <ウォッチング発想>のすすめ
(「知る(理性)」ことでなく「感じる(感性)」ことから)
2. 「タウンウォッチング」しよう
(外に出...
あなたの「STORY」を差別化するためには(14/14)

賢いコンセプトメーカーになるために(2/2)
6. 五感をフル回転させよう
(見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れるを刺激してオリジナルを)
7. 「頭」で考えずに、「足」で考えよう
(「分...
今日お話したことを振り返ってみましょう

まとめ
24
本日お話したこと(1/1)

はじめに
言葉のマネジメント
コンセプトメーカー
まとめ

Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.

25
皆様にお知らせがあります

お知らせ
26
POStudyのご紹介(1/2)

POStudy(プロダクトオーナーシップ勉強会)とは(1/1)
 日本のITサービス業界において「プロダクトマネジメント」と
いう分野が欠落していると言われています。そんな中で、
いかに「プロダクトオーナー...
POStudyのご紹介(2/2)

POStudyの情報を得るには(1/1)
Question

Answer / URL

ツイートする時の
ハッシュタグは?

以下のハッシュタグをお使いください!
#postudy

イベント情報のメール通...
www.postudy.com へ今すぐアクセス!
ワークショップの資料をダウンロード可で公開中!
1.アジャイルとスクラム
2.ユーザーストーリーマッピング
3.プラグマティック・ペルソナ
4.ストーリーテリング
~概要~
5.~ストーリーを...
日時

2014年02月26日(水) 19:30~22:30

参加費

無料

開催場所

グロースエクスパートナーズ株式会社
3F セミナールーム

住所

東京都新宿区新宿5-17-17 渡菱ビル 3F
JR線 新宿駅東口出口より7分
丸...
日時

2014年04月05日(土) 09:30~20:00

参加費

3,000円(会場払い)

開催場所

グロースエクスパートナーズ株式会社
3F セミナールーム

住所

東京都新宿区新宿5-17-17 渡菱ビル 3F
JR線 新宿駅...
こんな雰囲気で開催しています!

裏もご覧ください!
Copyright © @fullvirtue. All rights reserved.

32
皆様のご参加を心より
お待ちしております!
Copyright © @fullvirtue. All rights reserved.

33
ご静聴ありがとうございました。

Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.

34
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

あなたの「STORY」を差別化するための言葉のマネジメントとコンセプトメーカー #postudy - Developers Summit 2014 OpenJam

962

Published on

Published in: Technology
0 Comments
11 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
962
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
17
Comments
0
Likes
11
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

あなたの「STORY」を差別化するための言葉のマネジメントとコンセプトメーカー #postudy - Developers Summit 2014 OpenJam

  1. 1. S T O R Y あなたの「STORY」を差別化するための 言葉のマネジメントとコンセプトメーカー 2014年02月14日(金) 12:30-12:50 Developers Summit 2014 OpenJam @fullvirtue Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  2. 2. 本日のセッションの概要について確認していきます 本日の概要 Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 2
  3. 3. 本日の概要(1/1) 本セッションのゴール(1/1)  学べること – 「想い」(WHAT)をどう「言葉化」(HOW)するかについて 「言葉のマネジメント」や「コンセプトメーカー」から学んでいく  対象者 – 考えることを仕事とする人 – 仕事を創り出す人 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 3
  4. 4. おことわり(1/1) 今回の資料について(1/1)  今回の資料は、以下を参考にしています。 私自身のオリジナルはほとんどありませんので、 ご了承ください。 – キーメッセージのつくり方 » ISBN978-4-7993-1291-9 » 発行所:ディスカヴァー・トゥエンティワン » 著:高橋宣行(元・博報堂制作部長) – 「差別化するストーリー」の描き方 » ISBN978-4-569-80155-1 » 発行所:PHP研究所 » 著:高橋宣行(元・博報堂制作部長) Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 4
  5. 5. 本日のアジェンダ(1/1) はじめに 言葉のマネジメント コンセプトメーカー まとめ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 5
  6. 6. Developers Summit 2014 デブサミ運営事務局長からの メッセージを改めて確認してみましょう はじめに Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 6
  7. 7. はじめに(1/1) Developers Summit 2014 のメッセージ  デブサミ第1章(2003~2012)は共感を大きな テーマにおいて開催してましたが、デブサミ第2章 (2013~)は、Action!をテーマに開催していきます!  Action!には、「情熱」「アイディア」「仲間」が、「情熱」には 「Love」「Disrupt」が、「Idea」には「Story」「Plan」が必要です。 特に、Storyは、Action!を始める前に、仲間を集めるために、またモチ ベーションを維持高めるためにも、終わったAction!をシェアするためにも 重要な役割を担います。Action!のあるところに、Storyはあるのです。  デブサミ2014では、みなさんのAction!したStoryや、これからAction! したいStoryを、お話いただきたいと思っています。  Action!をシェアすることが、受講者の皆様やプロジェクトチームの Action!を促し、結果、社会を善にする鍵になると信じて! デブサミ運営事務局長より - http://event.shoeisha.jp/devsumi/20140213/gaiyo/ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 7
  8. 8. キーとなるメッセージはどのようにつくっていけばよいのでしょうか 言葉のマネジメント Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 8
  9. 9. あなたの「STORY」を差別化するためには(1/14) 一行のキーメッセージから学ぶ(1/4)  「言葉」には、人を動かす力がある  「想い」があるから言葉は生きたメッセージとなる 想い Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 9
  10. 10. あなたの「STORY」を差別化するためには(2/14) 一行のキーメッセージから学ぶ(2/4)  『アメリカは、10年以内に月に立つ』 – 1961年、ケネディ大統領は 就任早々、国への熱い想いを宣言。 当時としては途方もない夢だ。 しかし、このメッセージが、建国以来 ずっとアメリカを駆り立ててきた。 「やればできる」という精神に。 そして1969年、その夢は実現した。 キーメッセージのつくり方 – P3 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 10
  11. 11. あなたの「STORY」を差別化するためには(3/14) 一行のキーメッセージから学ぶ(3/4)  『キーメッセージ』 = 『想いを言葉化したもの』 ≠ 単なるキーワード キーメッセージのつくり方 – P3 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 11
  12. 12. あなたの「STORY」を差別化するためには(4/14) 一行のキーメッセージから学ぶ(4/4)  『キーメッセージ』 – 重要なカギを握り、本質を突き、新しい主義・主張があり、 ひと言でイメージさせることのできる言葉。 – 何を言いたいか(What)を突き詰め、 どのように伝える(How)を洗練して生まれた言葉の結晶。 キーメッセージのつくり方 – P3 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 12
  13. 13. あなたの「STORY」を差別化するためには(5/14) キーメッセージの作法:考え方・つくり方(1/3) 1. 相手を「想う」ことから始まる 2. その「想い」にタイトルをつける 3. キーメッセージは「想い」×「言葉化」 キーメッセージのつくり方 – P112 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 13
  14. 14. あなたの「STORY」を差別化するためには(6/14) キーメッセージの作法:考え方・つくり方(2/3) 4. 「言葉の感度」を高める – どう短く、インパクトのある「効く言葉」にするか 5. 頭の中に「映像」を残す – 「何を起こすのか」「何を目指すのか」が読めるストーリー 6. すべての「構想」の核とする – 「何をやりたいのか」「どこに向かうのか」「どうなりたいのか」 キーメッセージのつくり方 – P118 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 14
  15. 15. あなたの「STORY」を差別化するためには(7/14) キーメッセージの作法:考え方・つくり方(3/3) 7. 大切なのは「知る」より「感じる」こと 8. 手で考える・書くことで考える – とにかく「思いついたら紙に書く」 9. 「人を巻き込む」キーメッセージとする – 「思想」と「行動」の軸となる キーメッセージのつくり方 – P124 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 15
  16. 16. あなたの「STORY」を差別化するためには(8/14) 人を動かす、いいキーメッセージ(1/2) 1. 短い言葉で伝える力を持つ (本質を一言で突く、インパクトがある) 2. メッセージ性がある (新しい視点、提案、発見がある) 3. 書くから約束が生まれる (書くとはコミットすること。約束につながる) 4. 本質を、わかりやすく表現されている (何が言いたいのか、どうしたいのかはっきりしている) 5. 相手への想いがある (幸せや喜びに振れる、心情の発信) キーメッセージのつくり方 – P129 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 16
  17. 17. あなたの「STORY」を差別化するためには(9/14) 人を動かす、いいキーメッセージ(2/2) 6. ストーリー性がある (次々と物語の展開イメージが読める) 7. 戦略性がある (全体から見た一貫性、継続性がある) 8. 行動のシンボルとなる (共有化し、パワーが集約される) 9. 個性がある、差別化がある (ホカとの違いが競争力となる) 10.ブランドイメージにつながる (すべての行動に伴って、イメージ資産になる) キーメッセージのつくり方 – P129 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 17
  18. 18. コンセプトはどのようにつくっていけばよいのでしょうか コンセプトメーカー Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 18
  19. 19. あなたの「STORY」を差別化するためには(10/14) ビジネスパーソンに求められる3つの要素(1/1) 1. 考える姿勢を身につけること – 「知る→想う→創る→動く」 2. 独創性を発揮すること – 独創性発揮の「本質=知恵」 3. 変化を創り出していくこと – 「考え、つくり、動かす」ことで成果につなげられる人 – 変化対応力のある人 「差別化するストーリー」の描き方 – P3 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 19
  20. 20. あなたの「STORY」を差別化するためには(11/14) コンセプトメーカーとは(1/1)  「創造性で革新を起こす人」 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 20
  21. 21. あなたの「STORY」を差別化するためには(12/14) コンセプトのつくり方(1/1) STEP 1 「現状を認識する」 企業の 時代の フィールド フィールド 閃き コンセプト STEP 2 「時代を洞察する」 STEP 3 「新しい価値観の発見」 STEP 4 「言葉化する」 キーメッセージのつくり方 – P91 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 21
  22. 22. あなたの「STORY」を差別化するためには(13/14) 賢いコンセプトメーカーになるために(1/2) 1. <ウォッチング発想>のすすめ (「知る(理性)」ことでなく「感じる(感性)」ことから) 2. 「タウンウォッチング」しよう (外に出て五感で考え、五感で創る、クリエイティブ体質化) 3. 現場主義者になろう (現場で感じ、現場で発見し、現場で創る) 4. 人間の真実を探そう (現場は「見る→感じる→気づく→想う」が自在に行われる場) 5. アナログパワーを意識する (感性の差が、差別化の素 / 高品質の上に「好き!」) 「差別化するストーリー」の描き方 – P168 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 22
  23. 23. あなたの「STORY」を差別化するためには(14/14) 賢いコンセプトメーカーになるために(2/2) 6. 五感をフル回転させよう (見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れるを刺激してオリジナルを) 7. 「頭」で考えずに、「足」で考えよう (「分かる」で止まることではなく「好き!」と言わせること) 8. 大切なことは汗をかくこと (行動する、場数を踏む、継続する、が、体質として染み込む) 9. 「自分流発想法」にしよう (「知る発想」から「感じる発想」へ) 10.人間ウォッチングにつきる (どこへ行きたいのか、何をして欲しいのか、何が大切か) 「差別化するストーリー」の描き方 – P178 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 23
  24. 24. 今日お話したことを振り返ってみましょう まとめ 24
  25. 25. 本日お話したこと(1/1) はじめに 言葉のマネジメント コンセプトメーカー まとめ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 25
  26. 26. 皆様にお知らせがあります お知らせ 26
  27. 27. POStudyのご紹介(1/2) POStudy(プロダクトオーナーシップ勉強会)とは(1/1)  日本のITサービス業界において「プロダクトマネジメント」と いう分野が欠落していると言われています。そんな中で、 いかに「プロダクトオーナーシップ」を発揮していくかについて、 普段の生活や仕事を通して自己成長を重ねていく為のヒントを 提供していきます。 – 【オフライン】 » 東京・大阪・仙台・福岡・沖縄を中心にワークショップ形式の勉強会を 通じて「参加者同士で議論」を行い「情報交換」をすることで 互いに有益な場を作っていきます。 – 【オンライン】 » ワークショップを中心とした動画・静止画コンテンツを 配信していきます。 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 27
  28. 28. POStudyのご紹介(2/2) POStudyの情報を得るには(1/1) Question Answer / URL ツイートする時の ハッシュタグは? 以下のハッシュタグをお使いください! #postudy イベント情報のメール通知を 受け取りたいときは? POStudy用のDoorKeeperへメンバー登録してください! 次回以降の告知やお知らせがメールで届きます。 http://postudy.doorkeeper.jp/ 過去の資料を閲覧したり、 参加レポートを参照したい ときは? 以下のPOStudy公式サイトにて公開しています。 http://www.postudy.com/ Twitterによるお知らせを 購読したいときは? POStudyのTwitterアカウントをフォローしてください! https://twitter.com/POStudySmile/ POStudyの最新情報が欲しい、 POStudyのFacebookグループへご参加ください! or 参加者と議論をしたいとき https://www.facebook.com/groups/postudy/ は? Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 28
  29. 29. www.postudy.com へ今すぐアクセス! ワークショップの資料をダウンロード可で公開中! 1.アジャイルとスクラム 2.ユーザーストーリーマッピング 3.プラグマティック・ペルソナ 4.ストーリーテリング ~概要~ 5.~ストーリーを生み出す~ 6.~ストーリーを共有する~ 7.~ストーリーを作る~ 8.~よい聞き手になるための学習~ 9.システム思考に学ぶ真の解決策 10.BABOKに学ぶ要求アナリシス 11.Product Management Bootcamp Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 12.The Specification Exerciseで仕様伝達 13.Fearless Journeyでパターンによる改善 14.Moving Motivatorsに学ぶモチベーション 15.Business Model Canvas 16.RUNNING LEANに学ぶLean Canvas 17.Lean Diagramに学ぶProblem/Solution Fit 18.The Wallet Projectに学ぶデザイン思考 19.ゲーミフィケーションに学ぶWebサービスの価値観 20.ゲームビジネスメソッドに学ぶ購買意思決定理論 21.ペーパープロトタイピングに学ぶユーザー中心設計 22.マシュマロチャレンジでチームビルディング 23.The Beer Gameで学ぶシステム思考 24.Product Discovery Teamに学ぶ成功するための Product Ownership 29
  30. 30. 日時 2014年02月26日(水) 19:30~22:30 参加費 無料 開催場所 グロースエクスパートナーズ株式会社 3F セミナールーム 住所 東京都新宿区新宿5-17-17 渡菱ビル 3F JR線 新宿駅東口出口より7分 丸ノ内線、副都心線 新宿三丁目B3出口より3分 都営新宿線 新宿三丁目C7出口より3分 アイデアソンとは、「Idea(アイデア)」と「Marathon (マラソン)」を合わせた造語です。具体的には、参加者が 複数のグループに分かれ、設定されたテーマに基づいて様々 なアイデアを出し合い、それを練り上げていくことで、より 優れたアイデアを生み出す参加型のイベントとなります。 今回の『 POStudy×アイディアソン Tokyo #0 』では、 参加者が選択した特定事業領域内のビジネステーマに基づき、 顧客を獲得し、売り上げを伸ばしていくための戦略や戦術に ついて、参加者同士で一緒になってアイデアを出し合い、 まとめていきます。 ご興味ある方はぜひご参加ください。 19:15~ 受付開始 19:30~ POStudy×アイディアソン 22:30~ 終了 詳細・お申込はこちら: http://postudy.doorkeeper.jp/events/8349 30
  31. 31. 日時 2014年04月05日(土) 09:30~20:00 参加費 3,000円(会場払い) 開催場所 グロースエクスパートナーズ株式会社 3F セミナールーム 住所 東京都新宿区新宿5-17-17 渡菱ビル 3F JR線 新宿駅東口出口より7分 丸ノ内線、副都心線 新宿三丁目B3出口より3分 都営新宿線 新宿三丁目C7出口より3分 『 Product Management Boot Camp Tokyo #1 』は、 これからProduct Managementについて取り組もうとしてい る方や、あまり教育を受けないままにすでにProduct Managementについて取り組んでいる方向けに、Product Managementについてきちんと全体像を学び、体験頂くこと を目的としています。 Product Managementとはなにか?といった座学だけでなく、 実際に手を動かし、議論をしていただくワークショップを行 うことで、より一層Product Managementについて理解でき るようにします。 ご興味ある方はぜひご参加ください。 09:00~ 受付開始 09:30~ Product Management BootCamp #1 20:00~ 終了 詳細・お申込はこちら: http://postudy.doorkeeper.jp/events/9056 31
  32. 32. こんな雰囲気で開催しています! 裏もご覧ください! Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 32
  33. 33. 皆様のご参加を心より お待ちしております! Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 33
  34. 34. ご静聴ありがとうございました。 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 34
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×