「Product Discovery Team」に学ぶ成功するためのProduct Ownership~振り返り結果~2013年06月12日(水)第27回 POStudy@fullvirtue1Copyright © POStudy (プロダク...
POStudyのご紹介(1/5)POStudy(プロダクトオーナーシップ勉強会)とは(1/1) 日本のITサービス業界において「プロダクトマネジメント」という分野が欠落していると言われています。そんな中で、いかに「プロダクトオーナーシップ」を...
POStudyのご紹介(2/5)POStudyの情報を得るには(1/1)3Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.Question Answer / URLツイートす...
POStudyのご紹介(3/5)過去に実施してきたテーマ(1/3)4Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第1回 2011/09/16(金) ...
POStudyのご紹介(4/5)過去に実施してきたテーマ(2/3)5Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第13回 2012/05/18(金)...
POStudyのご紹介(5/5)過去に実施してきたテーマ(3/3)6Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者特別回 2012/02/15(金) ...
第27回各チーム振り返り結果ご紹介今回の振り返り結果をご紹介します7Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
第24回各チーム振り返り結果ご紹介(1/5)気づき(1/1)– Product Discovery Teamの規模は?小さいならいいが...– 要求の洗練– (もやもや)インセプションデッキとの対応は?ビジョン、ロードマップ、ビジネスケース– ...
第24回各チーム振り返り結果ご紹介(2/5)気づき(2/3)[Product Owner]– ファシリテーターが必要– Visionの具現性、スコープ?– Visionを考えるとき、Businessの価値をどこまで考えるのか– Product ...
第24回各チーム振り返り結果ご紹介(3/5)気づき(3/3)[Architect]– Scrum Masterは必要– なんとかマッピングとかなんとかキャンバスとか、項目についてもう少し考えてみたいと思った– ダメだ!と作るよりももっと前に気づ...
第24回各チーム振り返り結果ご紹介(4/5)Keep(1/1)– 発表の最初に課題の語りかけ– 具体例を混ぜてイメージしやすくする– ピボットをスムーズに行えた– ペルソナ書けるデザイナーがいて良かった– アーキテクトとしてユースケースをかけた...
第24回各チーム振り返り結果ご紹介(5/5)Try(1/1)– 知識を共有してからの開始12Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

『「product discovery team」に学ぶ成功する為のproduct ownership』振り返り結果 - 第27回 POStudy ~プロダクトオーナーシップ勉強会~

468

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
468
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

『「product discovery team」に学ぶ成功する為のproduct ownership』振り返り結果 - 第27回 POStudy ~プロダクトオーナーシップ勉強会~

  1. 1. 「Product Discovery Team」に学ぶ成功するためのProduct Ownership~振り返り結果~2013年06月12日(水)第27回 POStudy@fullvirtue1Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  2. 2. POStudyのご紹介(1/5)POStudy(プロダクトオーナーシップ勉強会)とは(1/1) 日本のITサービス業界において「プロダクトマネジメント」という分野が欠落していると言われています。そんな中で、いかに「プロダクトオーナーシップ」を発揮していくかについて、普段の生活や仕事を通して自己成長を重ねていく為のヒントを提供していきます。– 【オフライン】» 東京・沖縄を中心にワークショップ形式の勉強会を通じて「参加者同士で議論」を行い「情報交換」をすることで互いに有益な場を作っていきます。– 【オンライン】» ワークショップを中心とした動画・静止画コンテンツを配信していきます。2Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  3. 3. POStudyのご紹介(2/5)POStudyの情報を得るには(1/1)3Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.Question Answer / URLツイートする時のハッシュタグは?以下のハッシュタグをお使いください!#postudyイベント情報のメール通知を受け取りたいときは?POStudy用のDoorKeeperへメンバー登録してください!次回以降の告知やお知らせがメールで届きます。http://postudy.doorkeeper.jp/過去の資料を閲覧したり、参加レポートを参照したいときは?以下のPOStudy公式サイトにて公開しています。https://sites.google.com/site/spostudy/Twitterによるお知らせを購読したいときは?POStudyのTwitterアカウントをフォローしてください!https://twitter.com/POStudySmile/POStudyの最新情報が欲しい、or 参加者と議論をしたいときは?POStudyのFacebookグループへご参加ください!https://www.facebook.com/groups/postudy/
  4. 4. POStudyのご紹介(3/5)過去に実施してきたテーマ(1/3)4Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第1回 2011/09/16(金) アジャイルとスクラム 9名第2回 2011/09/30(金) ユーザーストーリーマッピング ~前編~ 18名第3回 2011/10/14(金) ユーザーストーリーマッピング ~後編~ 19名第4回 2011/10/28(金) ユーザーストーリーマッピング ~再演~ 31名第5回 2011/11/11(金) プラグマティック・ペルソナ 26名第6回 2011/11/25(金) プラグマティック・ペルソナ ~再演~ 22名第7回 2012/01/27(金) ストーリーテリング ~概要~ 16名第8回 2012/02/10(金) 体験!The Specification Exerciseで仕様伝達 18名特別回 2012/02/13(月) 体験!マシュマロ・チャレンジでチームビルディング 17名第9回 2012/02/24(金) ストーリーテリング ~ストーリーを生み出す~ 9名第10回 2012/03/09(金) ストーリーテリング ~ストーリーを共有する~ 11名第11回 2012/03/23(金) ストーリーテリング ~ストーリーを作る~ 10名第12回 2012/04/27(金) ストーリーテリング ~よい聞き手になるための学習~ 12名
  5. 5. POStudyのご紹介(4/5)過去に実施してきたテーマ(2/3)5Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第13回 2012/05/18(金) 体験!Fearless Journeyでパターンによる改善 20名第14回 2012/07/06(金) Business Model Canvas 24名第15回 2012/08/03(金) Business Model Canvas ~再演~ 17名第16回 2012/09/07(金) 「Moving Motivators」に学ぶモチベーション 24名第17回 2012/09/28(金) 「BABOK」に学ぶ要求アナリシス 21名第18回 2012/10/25(木) 「RUNNING LEAN」に学ぶLean Canvas 12名第19回 2012/10/26(金) 「The Wallet Project」に学ぶデザイン思考 18名特別回 2012/11/04(日) POStudy Conference 2012 47名第20回 2012/11/16(金) 「ゲーミフィケーション」に学ぶWebサービスの価値観 23名第21回 2012/11/30(金) 「ゲームビジネスメソッド」に学ぶ購買意思決定理論 7名特別回 2012/12/01(土) POStudy Day 2012 in Okinawa 22名第22回 2012/12/27(木) 「ペーパープロトタイピング」に学ぶユーザー中心設計(UCD) 49名第23回 2013/01/11(金) 「Lean Diagram」に学ぶProblem/Solution Fit 18名
  6. 6. POStudyのご紹介(5/5)過去に実施してきたテーマ(3/3)6Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者特別回 2012/02/15(金) Developers Summit 2013 アンカンファレンス 20名「ゲーミフィケーション」に学ぶWebサービスの価値観第24回 2012/02/19(火) 体験!マシュマロチャレンジでチームビルディング 14名第25回 2013/03/01(金) 「システム思考」に学ぶ真の解決策 31名第26回 2013/03/14(木) 体験!The Beer Gameで学ぶシステム思考 19名特別回 2013/04/07(日) POStudy Day 2013 Spring in Tokyo 51名第27回 2013/06/12(水) 「Product Discovery Team」に学ぶ成功するためのProduct Ownership -特別回 2013/06/29(土) POStudy Day 2013 Spring in Okinawa -
  7. 7. 第27回各チーム振り返り結果ご紹介今回の振り返り結果をご紹介します7Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  8. 8. 第24回各チーム振り返り結果ご紹介(1/5)気づき(1/1)– Product Discovery Teamの規模は?小さいならいいが...– 要求の洗練– (もやもや)インセプションデッキとの対応は?ビジョン、ロードマップ、ビジネスケース– Visionをどこまで突き詰めればいいのかを決めるのが難しかった– Visionから実際のプロダクトバックログやユーザーストーリーをやるには無理がある– ProblemとSolutionの関係性が大事– デザイナーとはプロダクトデザイナー(文献にはUX Designerと記載されているが)– UX Designerの出番は、序盤からたくさんある– もっと早くマップを書けなかったのか– 時間やお金を使うことにもっと意識を– Visionをはっきり決める– Product Owner頑張る– VisionとValueが繋がらないのは、その前が抜けている– 課題とVisionの間が繋がらないまま進めちゃダメ– 解決策として既存のサービスを選択肢としてあげることが多い気がするが、良い?悪い?– 「電車のほげほげ...」ビジョンの例が、バイアスになった気がする– 困ったら、誰の何を変えたいのかを何回もチーム内で問い直すことが大切– ArchitectやDesignerを機能させるなら、Visionは初めからFixされてた方がよかったかも?8Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  9. 9. 第24回各チーム振り返り結果ご紹介(2/5)気づき(2/3)[Product Owner]– ファシリテーターが必要– Visionの具現性、スコープ?– Visionを考えるとき、Businessの価値をどこまで考えるのか– Product Ownerが自分にValueを提供出来るProductかどうか積極的に意見したので、ちゃんとValueが生まれた– Vision作りに時間をかけたので、その後がスムーズに進んだ– RoadMapを作っている過程で、Product OwnerのValueとずれたところが多かったので、MVPにたどり着けるか不明だった– Visionも大切、でもソリューションはもっと大切– Product Owner、Designer、Architectの役割とどう分けるのかが難しい– オポチュニティバックログという単語を初めて知った– プロダクトバックログを管理するだけがProduct Ownerの仕事ではない– MVPをどこまで削るかが難しい– 図を書くと伝わりやすい– 課題とVisionのマッチが重要– ビジョンの共有が自分の役目なのに、出来ていなかった– プロダクトオーナーシップ経験が少ないと、整理することが難しい– 周りに助けられた– 課題とVisionのリンクを強く意識を持つ、そうしないとブレる– 時間、ポストイット出しのカテゴリなど、ファシリテートが重要9Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  10. 10. 第24回各チーム振り返り結果ご紹介(3/5)気づき(3/3)[Architect]– Scrum Masterは必要– なんとかマッピングとかなんとかキャンバスとか、項目についてもう少し考えてみたいと思った– ダメだ!と作るよりももっと前に気づけたことがよかった– BacklogとかStory Mappingとかの前に何が必要なのか考える必要があった– Problem<->Solutionの共通認識が大事– 行き詰まったら見方変更– 選択肢を極力明確に出す[Designer]– Visionの確認– ステップの比較をして欲しい– 解決策が決まると、当初の課題や顧客に変化が出る場合がある– 課題について、メンバー間で認識を合わせる必要がある10Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  11. 11. 第24回各チーム振り返り結果ご紹介(4/5)Keep(1/1)– 発表の最初に課題の語りかけ– 具体例を混ぜてイメージしやすくする– ピボットをスムーズに行えた– ペルソナ書けるデザイナーがいて良かった– アーキテクトとしてユースケースをかけた– いろいろなツールが実践で使えたのでよかった– Product Ownerの想いをくみ取れた– Product Ownerの想いをちゃんと聴ききる– 楽しく考える– Happyなことを言い続けるProblem(1/1)– Visionの粒度 大きいと発散、小さいと普通– そもそもVisionがないからRoad Mapが見えない– 実現性をどの程度取るか– なぜProduct Discovery Teamが必要なの?– 誰が必要としているの?– VisionでのFeatureの解決策度– DesignerはUI? UX? そもそも違わない?– 役割を意識して行動できなかった– 役割になりきれなかった– Visionに対して、なぜそのVisionなのかを検討しきれなかった– この課題のアーリーアダプターをもっと考えるべきだった– Road Map上の近い未来の具体化が少なかった– 役割が機能しなかった– 役割の必要性を感じなかった– Product Discovery Teamのことが良く分からなかった11Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  12. 12. 第24回各チーム振り返り結果ご紹介(5/5)Try(1/1)– 知識を共有してからの開始12Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×