Your SlideShare is downloading. ×
POStudy Day 2013 Spring in Okinawa - 振り返り結果 - ストーリーテリング 〜ストーリーを作る〜
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

POStudy Day 2013 Spring in Okinawa - 振り返り結果 - ストーリーテリング 〜ストーリーを作る〜

229
views

Published on

Published in: Technology

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
229
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. POStudy Day 2013 Spring in Tokyo 振り返り結果 ストーリーテリング ~ストーリーを作る~ 2013年06月29日(土)POStudy @fullvirtue Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. POStudy Day in Okinawa Spring
  • 2. 振り返り結果ご紹介 気づき – 逆説の10箇条の3番を選んだが、目的をどう設定すれば よいか悩んだ – 顧客要求を満たす道筋をストーリーに当てはめると いうのが面白かった – ストーリーテリングで考えるUXは、画面(機能)設計 というより、概要設計でのUXだと思った – ストーリー組み立てはポストイットを使った方が 便利だと思った – 境界線をもう少し意識しておけばよかった – テーマ設定で選んだテーマをいわなくても伝わると よいのかなと思った – 構造的なループの回数を意識できるようになれば、 ストーリーをよりシンプルに作れるようになりそう – ストーリーのスタートは、構造の中のどの位置なのか 決めると作りやすい – 構造の勉強だが、構造を意識しすぎるよりは、 伝えたいことが重要 – 英雄的構造をもっと理解したい – UXストーリーを理解できていない – 話の組み立ての勉強になった – 冒険へのきっかけで終わると面白そう – 目的達成後に次の課題を提示できると面白い – 英雄的構造の構造化のプロセスが難しい – 補足が多すぎるとメインのメッセージがぼやけて くる – 面白いストーリーでも、話し方(伝え方)に よっては面白さが半減してしまう – 世界の境界線を意識してストーリーを考えると いうのがとても新鮮だった – 規範的構造に比べて、1サイクルが短いと思った – 自分のやりたかったことはできたのか? 解決はしたが、論理矛盾に気をつける – UXへのつながりがいまいちわからなかった Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 2
  • 3. 振り返り結果ご紹介 気づき – 規範的構造の比べて、お題は難易度が高かったが、 組み立て自体は各ステップがより具体的だったので やりやすかったと思う – ストーリーをセクション毎に区切るって結構難しい – ストーリーの詰め、結論につながるようなエサをまく – 展開が飛ばないように – 題材は身近な話にする – 自分が好きな物語をお手本にする / 実在のモデル – 同じテーマなのに、まったく別の話が出てきたことが 面白い – ほかの発表者のストーリーで視点が変わったものが ある(勉強になった) – ストーリーを理解するだけで時間がなくなりそう だった – ストーリーが最初まったく思いつかなかった (想像も無理) – 題材で理解不能なテーマがあった – プロットのサイクルという概念を初めて知った – 他人に物語を伝える難しさを改めて認識した – 人によって世界観が違って面白かった – 同じテーマを選択したのに、まったく違う 話ができていた – 登場人物は、A君、B君よりは「殿」とか「姫」 とかつけるとイメージしやすい – その場面と次の場面の脈略がないと理解できない – 世界の転換のきっかけが難しかった – お客様への提案をするとき、ストーリーを持って 話すと効果を理解してもらいやすい – お客様のことを理解するためにストーリーを 作ってみる – 所々で人を引きつけながら話をするといいのかも – どこで盛り上げるかを考えながらストーリーを 作っていけるようにしたい Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 3
  • 4. 振り返り結果ご紹介 気づき – いまだにポストイットがきれいにはがせない – テーマが同じなのに、まったく違うストーリーが できるのが面白い – 各自違うテーマでやっても面白いと思う – ファンタジーなストーリーしか浮かばなかった – 他の人たちのストーリーが現実的な話だったので びっくりした – 1から物語を作っていくのが面白かった – みんなのシートを見る時間にデジカメで写して、 それをスライドに表示しながら発表しても よかったかも Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 4