• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
POStudy Day 2013 Spring in Okinawa - ストーリーテリング 〜概要〜
 

POStudy Day 2013 Spring in Okinawa - ストーリーテリング 〜概要〜

on

  • 381 views

 

Statistics

Views

Total Views
381
Views on SlideShare
363
Embed Views
18

Actions

Likes
1
Downloads
0
Comments
0

1 Embed 18

http://mj89sp3sau2k7lj1eg3k40hkeppguj6j-a-sites-opensocial.googleusercontent.com 18

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

CC Attribution-NonCommercial-ShareAlike LicenseCC Attribution-NonCommercial-ShareAlike LicenseCC Attribution-NonCommercial-ShareAlike License

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    POStudy Day 2013 Spring in Okinawa - ストーリーテリング 〜概要〜 POStudy Day 2013 Spring in Okinawa - ストーリーテリング 〜概要〜 Presentation Transcript

    • POStudy Day 2013 Spring in Tokyo ストーリーテリング ~概要~ 2013年06月29日(土)POStudy @fullvirtue Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. POStudy Day in Okinawa Spring
    • Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 今日のアジェンダ(1/1) 第7回各チーム振り返り結果ご紹介 ストーリーテリングとは ワークショップ #1 ワークショップ #2 ワークショップ #3 振り返り&ディスカッション まとめ 2
    • おことわり(1/1) 今回の資料について  今回の資料は、以下の資料を参考にしています。 私自身のオリジナルはほとんどありませんので、 ご了承ください。  「ユーザエクスペリエンスのためのストーリーテリング よりよりデザインを生み出すストーリーの 作り方と伝え方」 » ISBN978-4-621-08459-5 » 発行所:丸善出版株式会社 » 著:WHITNEY QUESENBERY & KEVIN BROOKS » 訳:UX TOKYO Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 3
    • 第7回各チーム振り返り結果 ご紹介 前回の振り返り結果をご紹介します 4
    • 第7回各チーム振り返り結果ご紹介(1/6) Aチーム(1/2)  Keep – 他のチームで参献になった – 他のチームの結果を見て回るのは良いね – 最後には何とかつじつまがあっていた – 楽しく出来た – 「ストーリーテリング」という言葉を知った  Problem – うまくまとまらなかった – 予習全くせずに臨んだ – テーマを選ぶのが難しい? – この場でストーリーを作ろうとしている部分も あった? – ストーリーテリングの目的を把握出来ていなかっ た – イベントでの盛り上がりに欠けた – ストーリー構成がうまくいかなかった – ストーリーテリングの手法が何に使えるのか分 かっていない – ワークショップが語り手発信だった UXだと聞き手が導き出しているらしい – 予習しないとダメだったのね – 商品をイメージしたストーリー – 日常を語ったら面白くなかった 5
    • 第7回各チーム振り返り結果ご紹介(2/6) Aチーム(2/2)  Try – 本を読んで理解を深める – ストーリーテリングできるように予行演習や素振り – 本を読んでみたい – 予習する – 例題にもっと多く触れる (機会を作る) – 英雄的構造でもやってみたい – 次回は聞き手で – ストーリーの選び方にコツがあればつかみたい – 個人だけでなくチームで作り上げたい – 英雄的構造でやってみる – 聞き手主導でやってみる 6
    • 第7回各チーム振り返り結果ご紹介(3/6) Bチーム(1/2)  Keep – 難しそうなモノに挑戦できた – 英雄的構造というあまり理解出来ていないものに チャレンジ出来た – 新たな試みはおもしろかった – 時間前に到着 – 英雄的構造に挑戦してみた – 全員でつなぐことでさらにストーリーがふくらんだ  Problem – タイムボックスがやや守れなかった 自己紹介、構造化のまとめ – 目的があやふやなままワークショップ を始めてしまった – 語るための目的を設定していない – 川口さんがいなかった(笑) – 人数が少なかったので差し入れを 持ってこようと思っていたのに、 時間的余裕がなく持って来れなかった – 新宿で少々迷い、遅刻してしまった – 順番に書き出そうとすると、 なかなか書き出せなかった 7
    • 第7回各チーム振り返り結果ご紹介(4/6) Bチーム(2/2)  Try – 予習もしっかりと!! – 本を一読してから参加したい – 必ず含めるストーリーの断片 (キーワード)を決める – ペルソナ(個人のストーリーの合成) – 複数の軸を決めて... – テクニック、プラクティス、チートシートの準備 – 引き出し役 – 思いつくところから書き出してみる – ちゃんと本を買って読んでおく 8
    • 第7回各チーム振り返り結果ご紹介(5/6) Cチーム(1/1)  Keep – ストーリー語った – グループでまとめる – 付箋にメモってあとでペタペタ – タイトル変更 – ポチとゆかりんノートを知った – グループワークからの見直し →よい結果になった – アギレルゴ教えてもらった – ゆかりんシール貰えた – 会場きれい – いろいろと意見を聞くことが出来た  problem – まだよくわからない – テーマ(テンプレート)が技術的なものが 多かった – 他のチームは文章で表現していた – 1人しか語れなかった – ストーリーテリングってなんぞやって 導入が少ない(入りが難しかった)  Try – 英雄的構造もやりたい – 英雄的構造の方ができあがったものが わかりやすい – 本を買う – 朗読は写真で文章を写すなどがあると 入りやすかったかも – 英雄的構造 9
    • 第7回各チーム振り返り結果ご紹介(6/6) Dチーム(1/1)  Keep – 話すことを何回もやらないと大変 でも楽しい – しんやさんのまとめはスゲー – 朗読がありがたかった(買ってないので) – PO勉強会継続 – PO勉強会来れた! – 新しい社屋きれいでいい – 文字を手書きでたくさん書いた  Problem – 体調悪くて懇親会欠席 – 時間を決めてしまうと話す方が焦ってしまう – 初参加ということもあり、 ストーリーテリングの勉強不足であった – 本買っとけばよかった – ストーリーテリングが何のためのものか まだわかんない  Try – 参考書欲しいなー – ちこくしない・・・うーん – 上司を連れてくる ドヤ顔で語る – ストーリーテリングをもっと勉強し チームメンバーと共有したい – 聞きながら書く難しさ・・・ 他の班同様まず話して頂いて グループワーク形式にするべきなのか? Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 10
    • ストーリーテリングとは まずは参考書籍に沿ってストーリーテリングとは何かを 把握していきましょう Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 11
    • ストーリーテリングとは(1/7) ストーリーテリングとは(1/1)  ユーザーとデザイナー、ビジネスオーナーの接点  リサーチとデザインの接点  ストーリーテリングをUXデザインに活用し、 点を繋げて線にすることで、製品やサービスの エクスペリエンス(経験価値)を向上出来る  彼らに理解しやすい文脈を用いてストーリーを 構築するスキル – 【前提】ストーリーを伝える相手についてよく把握  デザインアイディアをひらめくための フレームワーク Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 12 参考書:xxvii ページ 参考書:viii ページ
    • ストーリーテリングとは(2/7) ストーリーテリングのプロセス(1/1) Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 13 素材を 集める •ストーリーを聞く 3章 •ストーリーを集める 6章 •ストーリーを選択する 7章 ストーリーを 作る •ストーリーをクラフトする 11章 •構成を組み合わせる 13章 •構成とプロットを作る 14章 ストーリーを 使う •デザインアイディアを生み出す 8章 •ストーリーで評価する 9章 ストーリーを 共有する •ストーリーを共有する 10章 •ストーリーの伝え方 15章 オーディエンスからのフィードバック 再評価する 改善する 繰り返しの ループ オーディエンスへの配慮 12章 ストーリーとは? 1章 ストーリーの効果 2章 ストーリーの倫理 3章 UXプロセス(UCD) 5章 参考書:xxvii ページ
    • ストーリーテリングとは(3/7) 今日の範囲(1/1) Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 14 素材を 集める •ストーリーを聞く 3章 •ストーリーを集める 6章 •ストーリーを選択する 7章 ストーリーを 作る •ストーリーをクラフトする 11章 •構成を組み合わせる 13章 •構成とプロットを作る 14章 ストーリーを 使う •デザインアイディアを生み出す 8章 •ストーリーで評価する 9章 ストーリーを 共有する •ストーリーを共有する 10章 •ストーリーの伝え方 15章 オーディエンスからのフィードバック 再評価する 改善する 繰り返しの ループ オーディエンスへの配慮 12章 ストーリーとは? 1章 ストーリーの効果 2章 ストーリーの倫理 3章 UXプロセス(UCD) 5章 参考書:xxvii ページ
    • ストーリーテリングとは(4/7) UXストーリーに役立つストーリーの構造(1/2)  規範的構造 – 穴埋めでストーリーを作ることが出来る 構造化されたテンプレート  英雄的構造 – ジョーゼフ・キャンベルがインスパイアされた 英雄が旅をする要素を用いた構造  なじみのあるものから見慣れないものへ – オーディエンスが慣れ親しんでいる心地よい話から 始め、次第に新しい、耳慣れない話を展開していく構造 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 15 参考書:212 ページ
    • ストーリーテリングとは(5/7) UXストーリーに役立つストーリーの構造(2/2)  フレーム化 – 始まりと終わりが似たような構造のストーリー  階層化 – ユーザエクスペリエンスを階層的に構成する ストーリー  文脈的幕間(まくあい) – 物理的または情緒的なディティールの転換を 用いてストーリーに別の次元を加える Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 16 参考書:212 ページ
    • ストーリーテリングとは(6/7) 規範的構造(1/1) 1. タイトル 2. 前提(コンテクスト) 3. そして(追加のコンテクスト) 4. いつ(イベント) 5. それから(結果) 6. さらに(もうひとつの結果) Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 17 参考書:213 ページ
    • ストーリーテリングとは(7/7) 英雄的構造(1/1) Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 18 世界の境界線 日常の世界 冒険へのきっかけ日常世界への帰還 冒険の世界 はじまりと試練目的の達成 参考書:214 ページ
    • ワークショップ#1 各チームごとに自己紹介を行ってください (チームワークショップ) Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 19
    • ワークショップ#2 今から、ストーリーテリングについての入門の ワークショップを実施します (チームワークショップ) Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 20
    • ワークショップ#2(1/3) ワークショップのテーマ選定(1/1)  テーブルのメンバー同士で、以下の中からテーマを1つ 選んで下さい 1. 飛行機のチケットを購入する » 脱線はいくらでもOKです 2. スマートフォンを使って○○をする » 他の何かと組み合わせでもOKです 3. Wiiを使って○○をする » 周辺機器を追加してもOKです 4. ブルーレイ&HDDレコーダー(スカパー対応) » 自分以外の家族でもOKです 5. その他、自分の得意分野 » 話しやすいテーマでどうぞ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 21
    • ワークショップ#2(2/3) ワークショップの役割決定(1/1)  各テーブル毎に、以下の役割を決めて下さい。 – ストーリーを語る人×1名 – ストーリーを聞く人(残った人) Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 22
    • ワークショップ#2(3/3) ストーリーを語る(1/1)  ストーリーを語る役割の方は、好き勝手にストーリーを語って ください。  ストーリーを聞く役割の方は、必要があればメモを取って ください。 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 23
    • ワークショップ#3 先ほど語っていただいた内容を元に、 ワークショップを実施します (個人ワークショップ/チームワークショップ) Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 24
    • ワークショップ#3(1/2) ワークショップの役割決定(1/1)  ストーリーを聞いた人は、 「規範的構造」に基づいて新しいストーリーを作成してください。  ストーリーを話した人は、 「規範的構造」に基づいて自分が本当はしたかったストーリーを 作成して下さい。 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 25
    • ワークショップ#3(2/2) 作成したストーリーの共有(1/1)  テーブル内で作成したストーリーを共有してください。 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 26
    • 振り返り&ディスカッション 今日気づいたことをテーブルごとに共有してください 各チームでの振り返り結果を、配布したA3用紙に記載してください 次回、全チームの振り返り結果をまとめたものをご連絡します Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 27
    • まとめ 今日お話したことを振り返ってみましょう Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 28
    • Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 今日お話したこと(1/1) 第7回各チーム振り返り結果ご紹介 ストーリーテリングとは ワークショップ #1 ワークショップ #2 ワークショップ #3 振り返り&ディスカッション まとめ 29
    • Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 30 ご静聴ありがとうございました。