• Like
Agile Japan 2013 仙台サテライト クロージング・振り返り:Agile Japan 2013 ワールド・カフェ ~ともに創ろう、日本のアジャイル!
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Agile Japan 2013 仙台サテライト クロージング・振り返り:Agile Japan 2013 ワールド・カフェ ~ともに創ろう、日本のアジャイル!

  • 519 views
Uploaded on

 

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
519
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3

Actions

Shares
Downloads
4
Comments
0
Likes
1

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. ともに創ろう、日本のアジャイル!Agile Japan 2013~クロージング~クロージング・振り返りAgile Japan 2013 ワールド・カフェ~ともに創ろう、日本のアジャイル!~2013年05月25日(土)関 満徳1Copyright ©@fullvirtue. All rights reserved.仙台サテライト
  • 2. Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 2
  • 3. Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 3
  • 4. Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 4
  • 5. Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 5
  • 6. Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 6
  • 7. Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 7
  • 8. アジェンダ18:00~ 入場/着席18:10~ ふりかえり/進行説明18:25~ ワールドカフェ ラウンド118:35~ 席替え18:40~ ワールドカフェ ラウンド218:50~ クロージングCopyright © @fullvirtue. All rights reserved. 8
  • 9. 振り返りAgile Japan 2013 のセッション内容を振り返りますCopyright © @fullvirtue. All rights reserved. 9
  • 10. 振り返り:東京会場のセッション内容Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 1009:00- チュートリアル セッション西川 誠氏10:00- オープニング10:10- “Demand Technical Excellence” アジャイルにおける技術と品質の重要性James Grenning 氏11:00- 「柔軟心 (にゅうなんしん) と庭園デザインにおけるユーザーエクスペリエンス」枡野 俊明 氏11:50- 「アジャイル開発のプラクティス・レファレンスガイド ~アジャイル開発を適切に導入するための工夫と留意点~」山下 博之 氏【A】テーマセッション 【B】事例セッション 【C】ワークショップセッション 【D】クリエイティブセッション13:10- 【A-1】「大手ベンダーが組織的に取り組むアジャイル開発の普及展開~お客様と共に時代を勝ち抜くための新しい「手札」を増やす~」小原 由紀夫 氏 誉田 直美 氏【B-1】「パートナーシップ型リーンスタートアップの実践とそれを支援するフレームワークSAFe」大場 克哉 氏 岡崎 功 氏 藤井 拓 氏【C-1】「アジャイルプラクティス・パターンをつくるワークショップ」本橋 正成 氏 羽生田 栄一 氏【D-1】「デザイン思考を始めよう~初心者のための90分ワークショップ~」柏野 尊徳 氏14:50- 【A-2】「アジャイルサムライ壱の太刀~実践者たちが語るアジャイル導入の型~」竹林 崇 氏 上田 佳典 氏 及部 敬雄 氏【B-2】「受託でもデキるアジャイル開発」上田 善行 氏 平鍋 健児 氏【C-2】Test-Driven Developmentfor [Embedded] CJames Grenning 氏【D-2】「ビジョン提案型デザイン~初心者のための90分ワークショップ~」山崎 和彦 氏16:30- 【A-3】「リーンスタートアップのキャンバス活用:日本の新規事業開発最先端企業リクルートキャリアでは」細野 真悟 氏 和波 俊久 氏【B-3】「大規模/分散開発におけるアジャイルの適用 ~IBM のソフトウェア製品開発事例を通して~」若尾 正樹 氏 江木 典之 氏【C-3】「アジャイルをはじめてみよう! ~ アジャイルのノウハウを笑顔つきで実体験 ~」西河 誠 氏 前川 直也 氏【D-3】「ソーシャルビジネス×デザイン思考=未来をつくる」島村 卓実 氏 三田 大介 氏 染谷 ゆみ氏18:00- 「クロージング・振り返り:Agile Japan 2013 ワールド・カフェ ~ともに創ろう、日本のアジャイル!~」関 満徳 氏19:30- 懇親会Keynote
  • 11. 振り返り:仙台会場のセッション内容Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 111日目 – 2013/05/24(金) 2日目 – 2013/05/25(土)■全拠点共通セッション(ust中継致します)---------9:00- 9:50 Tutorial10:00-10:10 Opening Speech10:10-11:00 Keynote 1:James Grenning氏11:00-11:50 Keynote 2:枡野俊明氏11:50-12:10 IPA による調査研究発表■仙台独自セッション----------------------------12:10-13:10 Lunch13:10-14:40 強いチームに変える7つのステップ ~組織を変革するリーダーのためのチームキャンバスワークショップ~15:00-17:00 アジャイルUXワークショップ~実践!ユーザーストーリー・マッピング~17:00-18:00 LTタイム18:00- ビアバッシュ09:30- 受付開始10:00- 『Opening』ご挨拶やお願い事項等について簡単に共有させて頂きます。10:15- 『体験!プランニングポーカーでアジャイルな見積り』12:15- 『Lunch』13:15- 『体験!マシュマロ・チャレンジでチームビルディング』14:30- 『リーンキャンバスで新サービスを発想しよう』16:00- 『体験!Fearless Journeyでパターンによる改善』18:00- 『振り返り&ディスカッション』18:45- 『クロージング』
  • 12. 進行説明ワールドカフェについてご説明しますCopyright © @fullvirtue. All rights reserved. 12
  • 13. 進行説明:ワールドカフェワールドな側面(1週目)Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 13テーブル Aテーブル Cテーブル Bテーブル D
  • 14. 進行説明:ワールドカフェワールドな側面(2週目)Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 14テーブル A代表テーブル C代表テーブル B代表テーブル D代表テーブルの代表1人が残ります。テーブルの代表以外のみなさんは他のテーブルへ移動します。
  • 15. 進行説明:ワールドカフェカフェな側面Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 15テーブル Aテーブル Cテーブル Bテーブル Dリラックスして話せる場を共有
  • 16. 進行説明:ワールドカフェカフェな側面Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 16テーブル Aテーブル Cテーブル Bテーブル D話し手の話をよい聞き手となって聞くことが大事
  • 17. 進行説明:ワールドカフェよい聞き手となるための5つの要素1. 注意を払う。話し手にあなたの絶え間ない注意とメッセージへの同意を伝える2. 聞いていることを示す。ボディランゲージやジェスチャーで相手に注目していることを伝える。3. 繰り返す。定期的に言い換えたり要約したりすることで、話されたことに対する理解を示す。4. 判断を保留する。話し手に最後まで話をさせる。妨害しないこと。5. ふさわしい応答をする。応答するときは率直かつオープンに。17
  • 18. 進行説明:ワールドカフェ[参考] アクティブリスニングの7つのポイント1. 相手に興味を持つ。2. 相手のペースに合わせる。3. 相手を否定したり批判したりしない。4. 過剰な解釈をしない。5. 結論を決めつけない。6. 安易に元気づけない。7. 沈黙を大切にする。18参考文献:アクティブ・リスニング
  • 19. 進行説明:ワールドカフェ[参考] アクティブリスニングの基本構造プラスワンで一言加える質問して相手に興味を示すプラスワン言い換え繰り返しはげましあいづちうなずきかかわり行動相手を良く観察する相手への興味がなければできない19相手の話を傾聴する参考文献:アクティブ・リスニング
  • 20. 進行説明:ワールドカフェワールドカフェのテーマ 今日の一番の収穫を、テーブルの中で共有してください。Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 20おおまかな流れ18:00~ 入場/着席18:10~ ふりかえり/進行説明18:25~ ワールドカフェ ラウンド118:35~ 席替え※ラウンド1最後の発表者は残ってください※ラウンド1最後の発表者以外の方は、別のテーブルへ移動してください18:40~ ワールドカフェ ラウンド218:50~ クロージングよい聞き手になるための7つのポイント1. 相手に興味を持つ2. 相手のペースに合わる3. 相手を否定・批判しない4. 過剰な解釈をしない5. 結論を決めつけない6. 安易に元気づけない7. 沈黙を大切にする
  • 21. ワールドカフェ ラウンド1それでは、今日の一番の収穫をテーブルの中で共有してくださいCopyright © @fullvirtue. All rights reserved. 21
  • 22. ワールドカフェ ラウンド1ワールドカフェのテーマ 今日の一番の収穫を、テーブルの中で共有してください。Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 22おおまかな流れ18:00~ 入場/着席18:10~ ふりかえり/進行説明18:25~ ワールドカフェ ラウンド118:35~ 席替え※ラウンド1最後の発表者は残ってください※ラウンド1最後の発表者以外の方は、別のテーブルへ移動してください18:40~ ワールドカフェ ラウンド218:50~ クロージングよい聞き手になるための7つのポイント1. 相手に興味を持つ2. 相手のペースに合わる3. 相手を否定・批判しない4. 過剰な解釈をしない5. 結論を決めつけない6. 安易に元気づけない7. 沈黙を大切にする
  • 23. 席替えラウンド1最後の発表者は残ってくださいラウンド1最後の発表者以外の方は、別のテーブルへ移動してくださいCopyright © @fullvirtue. All rights reserved. 23
  • 24. ワールドカフェ ラウンド2今日の一番の収穫をテーブルの中で共有してくださいCopyright © @fullvirtue. All rights reserved. 24
  • 25. ワールドカフェ ラウンド2ワールドカフェのテーマ 今日の一番の収穫を、テーブルの中で共有してください。Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 25おおまかな流れ18:00~ 入場/着席18:10~ ふりかえり/進行説明18:25~ ワールドカフェ ラウンド118:35~ 席替え※ラウンド1最後の発表者は残ってください※ラウンド1最後の発表者以外の方は、別のテーブルへ移動してください18:40~ ワールドカフェ ラウンド218:50~ クロージングよい聞き手になるための7つのポイント1. 相手に興味を持つ2. 相手のペースに合わる3. 相手を否定・批判しない4. 過剰な解釈をしない5. 結論を決めつけない6. 安易に元気づけない7. 沈黙を大切にする
  • 26. クロージングさいごにCopyright © @fullvirtue. All rights reserved. 26
  • 27. クロージングアジャイルを実践しよう!まずは簡単なことから。現場で実践しよう!自ら考えよう!自ら動こう!日本のアジャイルを自分たちで作っていこう!Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 27
  • 28. クロージングアジャイルソフトウェア開発宣言–4つの価値 私たちは、ソフトウェア開発の実践あるいは実践を手助けをする活動を通じて、よりよい開発方法を見つけだそうとしている。この活動を通して私たちは以下の価値に至った。– プロセスやツールよりも個人と対話を、– 包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、– 契約交渉よりも顧客との協調を、– 計画に従うことよりも変化への対応を、価値とする。すなわち、左記のことがらに価値があることを認めながらも、私たちは右記のことがらにより価値をおく。Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 28
  • 29. クロージングアジャイルソフトウェア開発宣1. 顧客満足を最優先し、価値のあるソフトウェアを早く継続的に提供します。2. 要求の変更はたとえ開発の後期であっても歓迎します。変化を味方につけることによって、お客様の競争力を引き上げます。3. 動くソフトウェアを、2-3週間から2-3ヶ月というできるだけ短い時間間隔でリリースします。4. ビジネス側の人と開発者は、プロジェクトを通して日々一緒に働かなければなりません。5. 意欲に満ちた人々を集めてプロジェクトを構成します。環境と支援を与え仕事が無事終わるまで彼らを信頼します。6. 情報を伝えるもっとも効率的で効果的な方法はフェイス・トゥ・フェイスで話をすることです。言–12の原則7. 動くソフトウェアこそが進捗の最も重要な尺度です。8. アジャイル・プロセスは持続可能な開発を促進します。一定のペースを継続的に維持できるようにしなければなりません。9. 技術的卓越性と優れた設計に対する不断の注意が機敏さを高めます。10. シンプルさ(ムダなく作れる量を最大限にすること)が本質です。11. 最良のアーキテクチャ・要求・設計は、自己組織的なチームから生み出されます。12. チームがもっと効率を高めることができるかを定期的に振り返り、それに基づいて自分たちのやり方を最適に調整します。Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 29アジャイル宣言の背後にある原則私たちは以下の原則に従う
  • 30. Copyright © @fullvirtue. All rights reserved.今日お話したこと(1/1)18:00~ 入場/着席18:10~ ふりかえり/進行説明18:25~ ワールドカフェ ラウンド118:35~ 席替え18:40~ ワールドカフェ ラウンド218:50~ クロージング30
  • 31. 仙台サテライト実行委員長よりあらためましてCopyright © @fullvirtue. All rights reserved. 31
  • 32. ともに創ろう、日本のアジャイル!Agile Japan 2013~クロージング~ありがとうございました!32Copyright ©@fullvirtue. All rights reserved.仙台サテライト