『ユーザーストーリーマッピング ~後編~』第3回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜

1,278
-1

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,278
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
33
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

『ユーザーストーリーマッピング ~後編~』第3回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜

  1. 1. ユーザーストーリーマッピング~後編~2011年10月14日(金)第3回 POStudy@fullvirtue1Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  2. 2. POStudyのご紹介(1/3)POStudy(プロダクトオーナーシップ勉強会)とは(1/1) 日本のITサービス業界において「プロダクトマネジメント」という分野が欠落していると言われています。そんな中で、いかに「プロダクトオーナーシップ」を発揮していくかについて、普段の生活や仕事を通して自己成長を重ねていく為のヒントを提供していきます。– 【オフライン】» 東京・沖縄を中心にワークショップ形式の勉強会を通じて「参加者同士で議論」を行い「情報交換」をすることで互いに有益な場を作っていきます。– 【オンライン】» ワークショップを中心とした動画・静止画コンテンツを配信していきます。2Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  3. 3. POStudyのご紹介(2/3)POStudyの情報を得るには(1/1)3Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.Question Answer / URLイベント情報のメール通知を受け取りたいときは?POStudy用のDoorKeeperへメンバー登録してください!次回以降の告知やお知らせがメールで届きます。http://postudy.doorkeeper.jp/過去の資料を閲覧したり、参加レポートを参照したいときは?以下のPOStudy公式サイトにて過去の資料や今後の予定等を公開しています。https://sites.google.com/site/spostudy/ツイートする時のハッシュタグは?以下のハッシュタグをお使いください!#postudyPOStudyの最新情報が欲しい、or 参加者と議論をしたいときは?POStudyのFacebookグループへご参加ください!https://www.facebook.com/groups/postudy/Twitterによるお知らせを購読したいときは?POStudyのTwitterアカウントをフォローしてください!https://twitter.com/POStudySmile/
  4. 4. POStudyのご紹介(3/3)過去に実施してきたテーマ(1/1)4Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第1回 2011/09/16(金) アジャイルとスクラム 9名第2回 2011/09/30(金) ユーザーストーリーマッピング ~前編~ 18名第3回 2011/10/14(金) ユーザーストーリーマッピング ~後編~ -第4回 2011/10/28(金) ユーザーストーリーマッピング ~再演~ -
  5. 5. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日のアジェンダ(1/1)第2回の復習第2回各チーム振り返り結果ご紹介ワークショップ #4ワークショップ #5ワークショップ #6スプリントとリリース 解説プランニングポーカーと見積もり 解説ワークショップ #7振り返り&ディスカッション成果発表&共有5
  6. 6. おことわり(1/1)今回の資料について(1/1) 今回の資料は、以下の資料を参考にしています。私自身のオリジナルはほとんどありませんので、ご了承ください。 前半のプロダクトバックログの説明部分と後半のワークショップは、@kawaguti さんがScrum Boot Campで使用した資料を参考にさせて頂いています。 前半のユーザーストーリーの説明部分については、@ryuzee さんの公開資料http://www.slideshare.net/Ryuzee/ss-8332120を参考にさせて頂いています。Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 6
  7. 7. 第2回の復習いきなり本題に入る前に、前回の復習をしましょう7
  8. 8. 第2回目の復習(1/16)スクラムの進め方(1/2)• 出典:MOUNTAIN GOAT SOFTWAREhttp://www.mountaingoatsoftware.com/scrum/figures8PO SMプロダクトオーナー スクラムフィーチャーチームマスター +スクラムCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  9. 9. 第2回目の復習(2/16)プロダクトバックログ(1/1)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 9# 概要 デモ方法 優先 SP21 管理者画面を利用出来るトップ画面から「管理者」ボタンで画面に遷移700 325管理者としてログインできるようになる管理者権限を持つIDだけに「管理者」ボタンを表示するところを見せる640 527セッションは15分間維持されるが、その後は破棄操作終了後15分待ってから操作を行う(その間は、他のデモを見せる)500 224管理画面は50件ごとにページを分けて表示管理画面を表示する。次ページを選択して最終ページまで見せる490 229タイトルを文字列検索で探すことが出来るトップ画面の検索窓に入力し、検索結果画面へ。~項目をクリックして470 3
  10. 10. 第2回目の復習(3/16)スプリント計画(1/4) スプリント計画第1部では、チームの到達範囲を予測ベロシティ=6Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 1021351213当スプリントで着手
  11. 11. 第2回目の復習(4/16)スプリント計画(2/4) スプリント計画第1部では、チームの到達範囲を予測ベロシティ=8Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 11213516
  12. 12. 第2回目の復習(5/16)スプリント計画(3/4) スプリント計画第1部では、チームの到達範囲を予測Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 12213516213157
  13. 13. 第2回目の復習(6/16)スプリント計画(4/4) スプリント計画第1部では、チームの到達範囲を予測Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 132135162131572132318
  14. 14. 第2回目の復習(7/16)タスクボード(1/1)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 14#172リリース作業3/22 18:00#195障害調査IE6で表示が崩れる#193件名からの絞り込み表示ができる 123
  15. 15. 第2回目の復習(8/16)バーンダウンチャート(1/1)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 15
  16. 16. 第2回目の復習(9/16)ユーザーストーリーとは(1/2) 要求仕様を自然言語で簡潔に記述したもの [役割]として [結果]が欲しい それは [理由]のためだ [役割]として [機能や性能]が欲しい それは [ビジネス価値]のためだCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 16
  17. 17. 第2回目の復習(10/16)ユーザーストーリーとは(2/2) 顧客との会話に役立つ 計画づくりに役立つ 無駄な詳細化から解放されるCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 17
  18. 18. 第2回目の復習(11/16)なぜユーザーストーリーが必要なのか(1/1) 要件(機能)のスケジュールが可能なユニット– スケジュールは他に依存していない ユーザーがどう使うかという目線に立って表現– 他に依存せずにスケジュール可能な特徴を実現Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 18
  19. 19. 第2回目の復習(12/16)Ron Jeffries の 3C / 3Cs(1/1) Card– ストーリーはカードに書き、見積もりやメモ等も一緒に書く Conversation– ストーリーの背後にある詳細事項はPOとの会話から引き出される Confirmation– 受け入れテストによってストーリーが正しく実装されているか確認するCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 19
  20. 20. 第2回目の復習(13/16)どちらの作り方を選びますか?(1/1)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 20
  21. 21. 第2回目の復習(14/16)分割の方向(1/1) 技術的レイヤー単位で分割しない– このやり方だと、全てが揃わないとリリースできないリスクがある。 動作する機能単位で分割する– エンドツーエンドで動作する単位で分割する。– リリース可能な単位が小さくなる– 早くリリースできることはビジネス価値につながるCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 21
  22. 22. 第2回目の復習(15/16)ユーザーストーリーのINVEST(1/1) INVESTとは Independent 独立 Negotiable 交渉可能 Valuable 価値 Estimable 見積可能 Sized right (Small ) 適切な大きさ Testable テスト可能Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 22
  23. 23. 第2回目の復習(16/16)PBI優先順位決定の原則(1/1) 高い価値のものから 市場投入への時間を短く リスクを最小化 将来の無駄を避ける– PBI:Product Backlog ItemCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 23
  24. 24. 第2回各チーム振り返り結果ご紹介前回の振り返り結果をご紹介します24
  25. 25. 第2回各チーム振り返り結果ご紹介(1/2)Aチーム(1/1) Keep– ストーリーと時系列に並べて抜けた見えた– ペルソナがあるとイメージしやすい– システム化不要なモノが意外と多いことに気づいた problem– 時間が足りない、ペルソナ読むヒマない– 背景が複雑だった→ストーリーが発散した– 独立しているストーリーにはなっていない– 価値が高いストーリーから出すことができなかった Try– 時間を増やす、ワークショップの時間を長く– 開始時間に間に合うようにする、話を単純にする– ストーリー出しはブレスト方式の方が良いかな・・– 個人ワークの前にチームで話す時間が欲しい– 自己紹介する時間を取るBチーム(1/1)– ストーリーカードに書くと要件が小さくなって良い– 字はきれいに書きたい– 書く項目が多くて時間がかかる» 色を使い分けると良いのでは» 色で区別出来る» 記号を使う– カードの重なり具合でチームの考え方の傾向がわかる– ストーリーを逆からも考える» 双方向からだと抜けが少なくなる– 時間が区切られていないと考えが発散する– 見通しをよくする工夫– 概要のフローがあると良い25
  26. 26. 第2回各チーム振り返り結果ご紹介(2/2)Cチーム(1/1)– 最小限の機能» 業務知識が高い» 集約がうまかった– 作り手が作りたくなるシンプルさ– ストーリーが軽い– モチベーションが下がらないDチーム(1/1)– 利用者の中でも重要人物に絞ると軽量化できる– 幹事側の方が多かった– なぜか» 「自分が幹事だったら」という前提をおいてしまったから» 「利用者目線」で書けていなかったかも– ユーザーストーリー作成時» 互いのズレがあった» ワークショップを通して、認識のズレを解消できたと思う(短い時間でも)– 「利用者」1人1人にもっと注目していけば、挙げられなかったストーリーが出てくると思う26
  27. 27. ワークショップ#4各チームごとに改めて自己紹介を行ってください(チームワークショップ)27
  28. 28. ワークショップ#5前回実施したワークショップ#1~#3の内容について、各チームごとにフィードバックを実施してください(チームワークショップ)28
  29. 29. ワークショップ#6利害関係者に最初にデモンストレーションを実施するとしたら、どのストーリーを実現するか?を各チームで考えてください(チームワークショップ)29
  30. 30. スプリントとリリース解説スプリントとリリースについて解説します30
  31. 31. スプリントとリリース(1/2)スプリントとリリース(1/2)31【参考:@kawaguti - 20110118 scrum 10 mins】http://www.slideshare.net/kawaguti/20110118-scrum-10-mins
  32. 32. スプリントとリリース(2/2)スプリントとリリース(2/2)32【参考:@kawaguti - 20110118 scrum 10 mins】http://www.slideshare.net/kawaguti/20110118-scrum-10-mins
  33. 33. プランニングポーカーと見積もり解説プランニングポーカーと見積もりについて説明します33
  34. 34. プランニングポーカーと見積もり(1/3)プランニングポーカー(1/2)34【参考:@ryuzee – Scrum概論】http://www.slideshare.net/Ryuzee/scrum-8048905
  35. 35. プランニングポーカーと見積もり(2/3)プランニングポーカー(2/2) プランニングポーカーの進め方1. 基準となるストーリーを決めます。(早めに着手するであろう)基本的なストーリーで、全員が内容を想像でき、規模の小さいものを選びます。基準のストーリーのポイントを2とします。2. 次のストーリーを選び、その規模を相対的に考え、カードで一斉に示します。3. 数が食い違っている場合は、一番大きい数を出した人、一番小さい数を出した人に理由を言ってもらい、その情報を共有します。2に戻ります。4. 数が一致した場合はその数で確定です。5. 2~3回行って僅差なら、大きい数字を採用します。35【参考:@kawaguti - 20110118 scrum 10 mins】http://www.slideshare.net/kawaguti/20110118-scrum-10-mins
  36. 36. プランニングポーカーと見積もり(3/3)相対的な見積もり(1/1)36【参考:@ryuzee – Scrum概論】http://www.slideshare.net/Ryuzee/scrum-8048905
  37. 37. ワークショップ#7プランニングポーカーを使って各チームで見積を実施してください(チームワークショップ)37
  38. 38. 振り返り&ディスカッション今日気づいたことをテーブルごとに共有してください各チームでの気づきを配布した用紙に記載してください後ほど全チームの気づきをまとめたものをご連絡します38
  39. 39. 成果発表&共有各チームの振り返り結果を共有しましょう39
  40. 40. まとめ今日お話したことを振り返ってみましょう40
  41. 41. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日お話したこと(1/1)第2回の復習第2回各チーム振り返り結果ご紹介ワークショップ #4ワークショップ #5ワークショップ #6スプリントとリリース 解説プランニングポーカーと見積もり 解説ワークショップ #7振り返り&ディスカッション成果発表&共有41
  42. 42. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 42ご静聴ありがとうございました。
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×