• Like
『「RUNNING LEAN」に学ぶLean Canvas』第18回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

『「RUNNING LEAN」に学ぶLean Canvas』第18回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜

  • 1,659 views
Uploaded on

 

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
1,659
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3

Actions

Shares
Downloads
27
Comments
0
Likes
4

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 「RUNNING LEAN」に学ぶLean Canvas2012年10月25日(木)第18回 POStudy@fullvirtue1Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  • 2. POStudyのご紹介(1/5)POStudy(プロダクトオーナーシップ勉強会)とは(1/1) 日本のITサービス業界において「プロダクトマネジメント」という分野が欠落していると言われています。そんな中で、いかに「プロダクトオーナーシップ」を発揮していくかについて、普段の生活や仕事を通して自己成長を重ねていく為のヒントを提供していきます。– 【オフライン】» 東京・沖縄を中心にワークショップ形式の勉強会を通じて「参加者同士で議論」を行い「情報交換」をすることで互いに有益な場を作っていきます。– 【オンライン】» ワークショップを中心とした動画・静止画コンテンツを配信していきます。2Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  • 3. POStudyのご紹介(2/5)POStudyの情報を得るには(1/1)3Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.Question Answer / URLイベント情報のメール通知を受け取りたいときは?POStudy用のDoorKeeperへメンバー登録してください!次回以降の告知やお知らせがメールで届きます。http://postudy.doorkeeper.jp/過去の資料を閲覧したり、参加レポートを参照したいときは?以下のPOStudy公式サイトにて過去の資料や今後の予定等を公開しています。https://sites.google.com/site/spostudy/ツイートする時のハッシュタグは?以下のハッシュタグをお使いください!#postudyPOStudyの最新情報が欲しい、or 参加者と議論をしたいときは?POStudyのFacebookグループへご参加ください!https://www.facebook.com/groups/postudy/Twitterによるお知らせを購読したいときは?POStudyのTwitterアカウントをフォローしてください!https://twitter.com/POStudySmile/
  • 4. POStudyのご紹介(3/5)過去に実施してきたテーマ(1/2)4Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第1回 2011/09/16(金) アジャイルとスクラム 9名第2回 2011/09/30(金) ユーザーストーリーマッピング ~前編~ 18名第3回 2011/10/14(金) ユーザーストーリーマッピング ~後編~ 19名第4回 2011/10/28(金) ユーザーストーリーマッピング ~再演~ 31名第5回 2011/11/11(金) プラグマティック・ペルソナ 26名第6回 2011/11/25(金) プラグマティック・ペルソナ ~再演~ 22名第7回 2012/01/27(金) ストーリーテリング ~概要~ 16名第8回 2012/02/10(金) 体験!The Specification Exerciseで仕様伝達 18名特別回 2012/02/13(月) 体験!マシュマロ・チャレンジでチームビルディング 17名第9回 2012/02/24(金) ストーリーテリング ~ストーリーを生み出す~ 9名第10回 2012/03/09(金) ストーリーテリング ~ストーリーを共有する~ 11名第11回 2012/03/23(金) ストーリーテリング ~ストーリーを作る~ 10名第12回 2012/04/27(金) ストーリーテリング ~よい聞き手になるための学習~ 12名
  • 5. POStudyのご紹介(4/5)過去に実施してきたテーマ(2/2)5Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第13回 2012/05/18(金) 体験!Fearless Journeyでパターンによる改善 20名第14回 2012/07/06(金) Business Model Canvas 24名第15回 2012/08/03(金) Business Model Canvas ~再演~ 17名第16回 2012/09/07(金) 「Moving Motivators」に学ぶモチベーション 24名第17回 2012/09/28(金) 「BABOK」に学ぶ要求アナリシス 21名第18回 2012/10/25(木) 「RUNNING LEAN」に学ぶLean Canvas -第19回 2012/10/26(金) 「The Wallet Project」に学ぶデザイン思考 -特別回 2012/11/04(日) POStudy Conference 2012 -
  • 6. POStudyのご紹介(5/5)IT勉強会スタンプラリーのご紹介(1/1)6・IT勉強会に参加してスタンプを集める参加無料のイベントです・詳しくは http://it-stamp.jp/© 2012 IT勉強会スタンプラリー運営委員会ロゴ・イラストについて: この作品はピアプロ・キャラクター・ライセンスに基づいてクリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター「初音ミク」を描いたものです。 (イラスト: @Ixy)IT勉強会スタンプラリーのスポンサー各社のロゴの所有権・著作権は、スポンサー各社に帰属します。Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  • 7. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日のアジェンダ(1/1)第17回の復習第17回各チーム振り返り結果ご紹介Business Model CanvasとLean Canvasワークショップ #1ワークショップ #2ワークショップ #3ワークショップ #4ワークショップ #5ワークショップ #6振り返り&ディスカッション7
  • 8. おことわり(1/3)今回の資料について(1/3) 今回の資料は、以下の資料を参考にしています。私自身のオリジナルはほとんどありませんので、ご了承ください。– Business Model Generation [原著][全ページ] http://www.amazon.co.jp/dp/0470876417/– Business Model Generation [日本語翻訳版][全ページ] http://www.amazon.co.jp/dp/4798122971/– ゲームストーミング-―会議、チーム、プロジェクトを成功へと導く87のゲーム[P152〜153] http://www.amazon.co.jp/dp/4873115051/8
  • 9. おことわり(2/3)今回の資料について(2/3) 筑波大学 Tim Clark氏作成資料 ビジネスモデル・ジェネレーション(BMG)のワークショップ体験記(前編)– http://blog.livedoor.jp/passionhack-edge/archives/51692499.html 2012年2月1日(水)共同著者TimClark氏ワークショップが開催されました– http://www.shoeisha.co.jp/biz/bmg/detail/30 120分で分かる!ビジネスモデルキャンパス『ビジネスモデル・ジェネレーション』出版記念セミナー– http://togetter.com/li/268263
  • 10. おことわり(3/3)今回の資料について(3/3)– RUNNING LEAN» http://www.amazon.co.jp/dp/1449305172/– Introduction to Lean Canvas» https://speakerdeck.com/kentaro/introduction-to-lean-canvas日本語訳が出ます!
  • 11. 第17回の復習いきなり本題に入る前に、前回の復習をしましょう
  • 12. 第17回の復習(1/10)第17回の復習(1/1) 資料公開先https://sites.google.com/site/spostudy/list/No17_20120928各テーブルごとにピッチをしてテーブル内で1位になったアイディアを元に、要件をヒアリングして優先順位をつけるワークショップを実施しました。
  • 13. 第17回の復習(2/10)予備知識(1/4) BABOKとは(Business Analysis Body of Knowledge)– ビジネスアナリシスとして実施すべきことを体系的にまとめたもの» 正式な読み方は「びーえーぼっく」» 「ばぼっく」と読むのは間違い– 現在Version2.0が公開されている– 2012年にはVersion3.0がリリース予定 ビジネスアナリシスとは(Business Analysis)– 顧客のビジネスニーズを満たす情報システムの構築を実現するために、業務分析や要求分析を行う専門家13BABOK入門セミナー by @darupants - http://d.hatena.ne.jp/darupants/20091222Business Analysis教科書 BABOK CCBA - http://www.amazon.co.jp/dp/4798124826/
  • 14. 第17回の復習(3/10)予備知識(2/4) ESDVとは– Elicitation (要求を)引き出して– Structure 構造化して– Documentation 文書化して– Validation 検証する [おまけ] SMARTとは– Specific テーマは具体的か?– Measurable 定量的に測定可能か?– Attainable 達成可能か?– Result-based 成果に基づいているか?– Time-oriented いつまでにが明確か?14BABOK入門セミナー by @darupants - http://d.hatena.ne.jp/darupants/20091222
  • 15. 第17回の復習(4/10)予備知識(3/4) BABOKのアジャイル拡張レビュー用ドラフトを発表– 2010/08/10 Agile Conference 2010 にてKevin Brennan氏(IIBA専門性教育部門バイスプレジデント)が発表– 発表の目的は以下の通り» ビジネスアナリスト向けにアジャイルプラクティスを紹介すること» アジャイルの実践者向けにビジネスアナリシスの概要を示すこと» アジャイルプロジェクトに従事するビジネスアナリストが従うべき典型的なプラクティスを定義すること» ビジネスアナリストの新しい変更された役割、技能、コンピテンシの概要を示すこと15アジャイルにおけるビジネスアナリスト像 - http://www.infoq.com/jp/articles/BABOK_20110818IIBAがBABOKのアジャイル拡張を発表 - http://www.infoq.com/jp/news/2010/09/agile-babok-announce
  • 16. 第17回の復習(5/10)予備知識(4/4) BABOKのアジャイル拡張版(The Agile Extension to the BABOK(R)Guide(November 2011 Draft for Public Review))を発表– 2011/11 パブリックレビュー用ドラフト版– アジャイルライフサイクルにおけるビジネスアナリシスと題して、以下の内容に言及【第2章】» Scrum, XP, Kanbanにおけるビジネスアナリシス【第3章】» アジャイルにおけるビジネスアナリシステクニックについて、BABOK(R)の知識エリアのタスクにマッピング【第4章】» アジャイルビジネスアナリシスの7つの原則とテクニックのマッピング、そして各テクニックを説明16「BABOK(R)」の近況 - http://www.ogis-ri.co.jp/rad/webmaga/rwm20120204.html
  • 17. 第17回の復習(6/10)Scrumにおけるビジネスアナリシス(1/1) 使用するテクニック– Backlog Management、Retrospectives ビジネスアナリシスが関与する工程– プロダクト・バックログの作成および保守「Enterprise Analysis」と「Solution Assessment and Validation」– プロダクト・バックログへのフィードバック「Solution Assessment and Validation」– 各スプリントの内でのバックログ項目の要求定義「Requirement Analysis」(just-in-time requirement gathering)– スプリント・バックログの保守「Solution Assessment and Validation」17「BABOK(R)」の近況 - http://www.ogis-ri.co.jp/rad/webmaga/rwm20120204.html
  • 18. 第17回の復習(7/10)アジャイルビジネスアナリシスの7つの原則(1/1)18分類 原則 使用するテクニックDiscoverプロダクトのwhat&whySee The Whole Business Capability Analysis, Personas,Value Stream MappingThink as a Customer Story Decomposition,Story Elaboration, Story Mapping, UserStory, StoryboardingAnalyze to Determine What isValuableBacklog Management, Business ValueDefinition, Kano Analysis, MoSCoWPrioritization,Purpose Alignment ModelDeliveryプロダクトのhow&whenGet Real Using Examples Behaviour Driven DevelopmentUnderstand What is Doable Estimation, Planning Workshop, RealOptionsStimulate Collaboration &Continuous ImprovementCollaborative Games, RetrospectivesAvoid Waste Light Weight Documentation今日の範囲「BABOK(R)」の近況 - http://www.ogis-ri.co.jp/rad/webmaga/rwm20120204.html
  • 19. 第17回の復習(8/10)要求アナリシスとは(1/1) 要求アナリシスとは– ステークホルダーの要求を分析/整理/可視化し、優先順位をつけて要求を実現する解決策をまとめる» ソリューションが何をするべきか(WHATに相当)を明確化– 具体的には、以下の6つのタスクを実行1. 要求に優先順位をつける2. 要求を体系化する3. 要求の仕様化とモデリングを行う4. 前提条件と制約条件を定義する5. 要求を検証する6. 要求を妥当性確認する19Business Analysis教科書 BABOK CCBA - http://www.amazon.co.jp/dp/4798124826/
  • 20. 20解決策を見つけるためにきちんと分析しよう –http://www.atmarkit.co.jp/im/carc/serial/babok/02/02.html
  • 21. 第17回の復習(10/10)1.要求に優先順位を付ける(1/1) 優先順位付けの判定基準1. 各要求について費用対効果を分析し、もたらされる価値が最も高い要求を優先2. 実装後に進捗や成功が早く確認できる要求を優先3. 各要求を実現するプロジェクトについて、失敗するリスクが高いものを優先4. 最も簡単に実装できそうな要求を優先5. 法規制やポリシーを遵守する必要があるものについて、それに関する要求を優先6. 他の要求との関係上、分析や実装が急がれる要求を優先7. ステークホルダーの合意がとれた要求から順に分析、実装8. 緊急性の高い要求を優先21Business Analysis教科書 BABOK CCBA - http://www.amazon.co.jp/dp/4798124826/
  • 22. 第17回各チーム振り返り結果ご紹介前回の振り返り結果をご紹介します22
  • 23. 第17回各チーム振り返り結果ご紹介(1/10)Aチーム(1/2) Keep– 1分ピッチ– ディスカッション盛り上がった– 長い自己紹介– オープニングの音楽(X Japan)– 早く来る– 要求アナリシスの定義がわかった– アイディアを短い時間でブレストした– 要求を出す側を体験できてよかった– 要求を書きっぱなしの状態で並べるより書き直すのがいいと気づいた– 1分間スピーチできないことに気づいた– 1分間スピーチのコツ学べた– 飲み物– お菓子 Problem– ステークホルダーとプロダクトオーナーの違いについて話にあがったがそれをどこまで事前に明確にすべきか悩んだ– 要求の優先度を全部決められなかった– ステークホルダーがPOになっていた– ステークホルダーとPOの違いがよくわからなかった– タイムマネジメント(時間超過)– BABOKあまり学べず– 費用対効果しか考慮できなかった– ステークホルダーに優先順位の判断を求めてしまった(本来POがすべき)– ステークホルダーが要求をよく語れるか、アイディアを出して欲しいかの意識合わせ23
  • 24. 第17回各チーム振り返り結果ご紹介(2/10)Aチーム(2/2) Problem– 自己紹介聞けなかった(他の人の)– 遅刻– 1号館と2号館を間違えた– 優先順位決めの軸を決めてなかった– 機能の整合性を優先しがち– 要求アナリシスのHowToを体験するにはもう一歩何か必要 Try– スクラム的に、、、ということをもっと踏まえることも考慮する– ピッチをストックしておく– BABOKを予習– もっとアイディアを出すことにフォーカスするためのファシリテーション(またはチーム)– 要求の優先順位の判断力を養う– 成功と要求の上手なブレスト– BABOKのアジャイルへの対応がどういうものなのか調べてみたい– 要求アナリシスの基準を1つ1つ時間をかけてWorkShopするなど– 複数人が聞ける– 例えばオンラインでストーリー出しまでやっておいて、この場ではいろんな切り口での並び替えを試す、とか24
  • 25. 第17回各チーム振り返り結果ご紹介(3/10)Bチーム(1/2) Keep– ステークホルダーとPOで優先順位の基準が違う– 優先順位をBABOKを意識して付ける– 同じ判定基準を使っても、POとステークホルダーでは優先度が違う– チームの方が意見が多く出る– ファシリテーターが話を引き出す切り口を作っていた– 明確な判定基準を見える所において議論すると話が楽– ピッチの意味が理解できた– ブレストは質問を足すと増えていくのがわかった– 優先順位を付けるのにきまりがあるとやりやすかった– アイディアを出すのは楽しい! Problem– ステークホルダーとしてアイディアを出すのが難しい– アイディアは文字だけだと忘れてしまう– ピッチで無駄な話を多くしてしまった– ワークショップ3と4の繋がりで、少し流れが止まった– 50個全部に優先順位を付けるのに時間が足りない– 振り返り時に「ワークショップ#1」だと何をしたかわかりづらいかも– エレベーターピッチでは、短い時間でストーリーを語ろうとして焦ってしまいました25
  • 26. 第17回各チーム振り返り結果ご紹介(4/10)Bチーム(2/2) Try– 共有内容(例えば今日の基準)は貼ってあってキーワード化されていると良い– 欲しい機能についてアピールする– ステークホルダーとしてわがままを言う– 優先度の高いものを選んで、ならばできた– ものすごくとんがった要求に応えてみたい(エクストリームユーザー)– ビジネスの要求から入った方が良くないかなぁ26
  • 27. 第17回各チーム振り返り結果ご紹介(5/10)Cチーム(1/2) Keep– BABOKについて知る– 時間が足りなかった– おやつブレイク– 新しく出会った人たちとのワークが盛り上がって楽しかった– ワークの時間長め– ピッチの説明して貰えた– 大先輩直々に教えて貰えた– BABOKはすばらしい– みんなエライ– やっぱりビジネスニーズが大事!– 会場は楽天で– X Japan Problem– もう少し予習しておくべきだった– 予習不足・消化不良– 予習しとけばよかった– ステークホルダーって万能感がある– 時間内に終わらない– 時間が足りなかった27
  • 28. 第17回各チーム振り返り結果ご紹介(6/10)Cチーム(2/2) Try– マテリアル代募金箱– 募金箱を置く– 募金箱– Agile ext. BABOK ググる– 発表力を上げる– もう少し早く来る– BABOK本を買う BABOK本を読もう– 自分の行動からもっと自分自身への気づきを見つける– 頂いた資料を帰り道で読む– もう少し早い時間からやりたい– ステークホルダー役がやりたい– 優先順位付けの次のステップもやりたい– もっと本格的にやりたい28
  • 29. 第17回各チーム振り返り結果ご紹介(7/10)Dチーム(1/2) Keep– what-whyをつきつめることのおもしろさと深さに気づけた– よくこれだけ頭を使うWSをありがとう!– タイムキープにメリハリがあったその結果、だれることなく集中できた– 答えのない、人ごとに違うことを根掘り葉掘り考えられたことは、大きなexperienceでしたよ– 四象限に分ける– アウトプット量が多いワークだったその結果、トレーニングできた– ペルソナ重要– スピード重要– 四象限分類の軸を何にするか大事– ステークホルダーの立場がわかるのはアリかな– スピード重要– 後半から参加したけど、ワークショップに入れて貰えました(感謝!)– ビーエーボックと発音する– Timekeepingの運営がスムーズだった– ワークの度にステークホルダーに感想を聞けた29
  • 30. 第17回各チーム振り返り結果ご紹介(8/10)Dチーム(2/2) Problem– 実際と異なり、ヒアリングが個人ベースなので、多様な視点を持ちにくかった– ユーザー側がたのしいその結果、MVPからどんどん離れた– Scrum式の優先順位でなく、単なる優先グループ決めになってしまった– 実践(出たアイディアとしての)は役立つものだったか??– 実際にステークホルダーではないので、現実感がないかもね– もう少し時間を掛けて練りたい Try– 機能をヒアリングで列挙する前に、2x2の評価軸を立てる– ヒアリングするときにクローズクエスチョンを増やしてみる– 優先順位の評価軸をビジネス側と開発側で1つずつ持つ– 再演&繰り返しやって慣れられるといいかも– 時間が足りない– ステークホルダーの優先順位だけで終わったので、BAの意見までやりたかった– 自然にピッチが話せるようにトレーニングをする– ユーザーの要望がインフレ始まったときには、ビジネス価値に基づくコントロールをしてあげる– 本当にビジネスの人を連れてきてやってもらうといいかも30
  • 31. 第17回各チーム振り返り結果ご紹介(9/10)Eチーム(1/2) Keep– やりたいことを好き勝手に言う貴重な経験をした– BABOKのBのかけらくらいの雰囲気はつかめた– まずBABOKという言葉を知ることができた– KPT中にたくさんアイディアが出てくるぐらい盛り上がった– 夢のような話で事業化を実際に考えることができた– 割と無茶ぶりな空想の高いお客様だったので、実現への道をどう持って行けばいいのか頭を悩ませるとともに、途中経過がとても楽しかった(考えることは良かった)– 要求を出す側の気持ちが少し分かった(うれしいコト、いやなコト)– 今日のワークショップの後、どうしたらよいのかというイメージができた– お客様がとてもアイディア豊富で、何を求めているのかがすぐ見えてくるのが良かった31
  • 32. 第17回各チーム振り返り結果ご紹介(10/10)Eチーム(2/2) Problem– システム化が難しいアイディアだった– ステークホルダー的プライオリティ付けで終わって、可能性に対するプライオリティ付けはできていない優先順位はお客様の意見を取り入れるばかりで、POとしての提案ができなかった– やりたいことの話が、女の子の質の話に集中しすぎた– やった後にいろんなビジネス要素が足りないことに気づいた– お客様の本質的要求が壮大すぎて、どこをシステム化していったら価値を出せそうかが課題– 女の子の単価を決められなかった– ピッチ初めてやったけどとても難しかった– エレベーターピッチは問題意識(課題)の共有で十分なら、次は尻つぼみにならない努力できそう Try– 話を聞きながら、システム面のことまで考えてインタビューできたら、なお良かった– この後を掘り下げて先を進めてみたい– 実現性まで考慮して詰めていく所もやりたい– エクスペリエンスビジョンでシナリオと画を書いて検証してみたくなった– ビジネスモデルキャンバスを書いてみる(今日のアイディアで)– ビジネスキャンバスで整理してみたらどうなんだろう!やりたい!– 個人的に今後何かの機会にピッチを練習していきたい– いろいろな制約を洗い出してみたかった32
  • 33. BUSINESS MODEL CANVAS とLEAN CANVAS以前この勉強会で取り上げたBusiness Model Canvasの復習をした後に、Lean Canvasについてご紹介していきます対比しながら理解することで、使い分けができるようになります(個人用に Business Model Youもありますが、今回は割愛します)33
  • 34. Business Model Canvas の復習(1/4)ビジネスモデル・デザインのための9要素(1/1)34経営基盤 顧客接点製品・サービス財務的側面主な企業活動主な組織能力パートナーとの関係顧客セグメント流通チャネル顧客との関係コスト構造 収入の流れ「ビズジェネ・カンファレンス2012」紺野登氏 講演スライド「ビジネスモデルのデザインから実践へ」から抜粋顧客価値
  • 35. Business Model Canvas の復習(2/4)Business Model Canvas の構成(1/1)35CSCustomerSegments顧客区分CRCustomerRelationship顧客との関係VPValuePropositions価値提案KAKeyActivities主要活動KPKeyPartnerパートナーCSCostStructureコスト構造KRKeyResourcesリソースRSRevenueStreams収益のポイントCHChannelsチャネル・交渉窓口ビジネスモデルジェネレーション P18~19筑波大学教授 Tim Clark氏作成資料
  • 36. Business Model Canvas の復習(3/4)Business Model Canvas の要素間の関連性(1/1)36CSCustomerSegments顧客区分CRCustomerRelationship顧客との関係VPValuePropositions価値提案KAKeyActivities主要活動KPKeyPartnerパートナーCSCostStructureコスト構造KRKeyResourcesリソースRSRevenueStreams収益のポイントCHChannelsチャネル・交渉窓口感情を含めた右脳的な働き顧客との関係を創造ロジックを含めた左脳的な働き効率を重視したプロセスイノベーション「ビズジェネ・カンファレンス2012」小山龍介氏 講演スライド「ビジネスモデルを変革する『BMG』という手法に関して」から抜粋提供価値
  • 37. Business Model Canvas の復習(4/4)Business Model Canvas のロジックまとめ(1/1)37CSマス市場ニッチ市場細分化マルチサイドプラットフォームCRパーソナルアシスタンスセルフサービス自動サービスコミュニティ共創VP新奇性パフォーマンスカスタマイゼーション仕事を終わらせるデザインブランド価格コスト削減リスクの低減アクセスしやすさ快適さ使いやすさKA製造問題解決プラットフォームネットワークKP最適化と規模の経済リスクと不確実性の低減リソースと活動の獲得CS固定コスト変動費規模の経済多角化の経済性KR物理的なリソース知的財産人的リソースファイナンスリソースRS資産価値のある商品の販売使用料購読料レンタル・リースライセンスCH認知評価購入提供アフターサービス「ビズジェネ・カンファレンス2012」小山龍介氏 講演スライド「ビジネスモデルを変革する『BMG』という手法に関して」から抜粋
  • 38. Lean Canvasのご紹介 (1/16)Lean Canvas の理念(1/3) そもそもスタートアップで成功することとは– 新しい製品の成功» 収益の源泉を発見する普遍的で厳密な実験が必要» 科学的な実験 Running Leanとは– 繰り返し実験を行うための段階的な見取り図– ビジネスプランは、挑戦の要となる一連の仮説が基– 簡潔で実行を重視したテンプレート開発の前段階にあるスタートアップ↓画期的で破壊的な新製品や組織を構築するツール38RUNNING LEAN
  • 39. Lean Canvasのご紹介 (2/16)Lean Canvas の理念(2/3) 仮説は実験でテスト可能– 顧客は我々が構築している製品を欲しがるだろうか?– 顧客は我々の製品にお金を支払ってくれるだろうか?– サービスの有効性をうまく提示できるだろうか?– 顧客が見つかればうまく成長できるのだろうか? 結局のところ– 『Running Lean』は、上記の仮説を分解し、実験のテーマにする手法を示したもの39RUNNING LEAN
  • 40. Lean Canvasのご紹介 (3/16)Lean Canvas の理念(3/3) 『Running Lean』は、– より速く、より優れた手法を提供します。この手法を使って新製品のアイデアを育てれば、成功するソフトウェアを構築できます。– 速度・学習・集中です。– 顧客の行動を計測して、ビジョンをテストします。– 製品開発サイクルを通じて、顧客と関係を築きます。– 短いイテレーション(反復)で製品と市場の検証を同時に行います。– 規律のある厳格なプロセスです。– 数々の方法論や思想家を参考にしています。40RUNNING LEAN
  • 41. Lean Canvasのご紹介 (4/16)Lean Canvas の分布(1/10)41RUNNING LEAN
  • 42. Lean Canvasのご紹介 (5/16)Lean Canvas の分布(2/10)42RUNNING LEAN問題1何が問題?・解決を要する問題を見出す・これがないと始まらない・トップ3をリストアップする(たくさん上げすぎない)Introduction to Lean Canvas
  • 43. Lean Canvasのご紹介 (6/16)Lean Canvas の分布(3/10)43RUNNING LEAN問題1顧客2誰の問題?・主なターゲットは?・ターゲットユーザーの属性をリストアップしていく・アーリーアダプターはどういう層を想定?(重要)Introduction to Lean Canvas
  • 44. Lean Canvasのご紹介 (7/16)Lean Canvas の分布(4/10)44RUNNING LEAN問題1顧客2価値3何ができる?・どのような価値を提供できる?・それでユーザーは何がうれしい?・他でなく我々からそれを買う理由は?Introduction to Lean Canvas
  • 45. Lean Canvasのご紹介 (8/16)Lean Canvas の分布(5/10)45RUNNING LEAN問題1解決4顧客2価値3どうやって?・具体的な解決策を挙げる・最小限の解決法(MVP)・自分たちにそれが可能なのか?(事業的/技術的)Introduction to Lean Canvas
  • 46. Lean Canvasのご紹介 (9/16)Lean Canvas の分布(6/10)46RUNNING LEAN問題1解決4顧客2広報5価値3知らせる?・各種宣伝・PR活動・ソーシャルマーケティング・セミナーIntroduction to Lean Canvas
  • 47. Lean Canvasのご紹介 (10/16)Lean Canvas の分布(7/10)47RUNNING LEAN問題1解決4顧客2広報5収入6価値3何で儲ける?・利用料・都度課金/月額課金・広告モデルIntroduction to Lean Canvas
  • 48. Lean Canvasのご紹介 (11/16)Lean Canvas の分布(8/10)48RUNNING LEAN問題1解決4顧客2広報5支出7収入6価値3コストは?・固定費/変動費・固定費:建屋、人件費・変動費:インフラ(クラウド)、宣伝費Introduction to Lean Canvas
  • 49. Lean Canvasのご紹介 (12/16)Lean Canvas の分布(9/10)49RUNNING LEAN検証8問題1解決4顧客2広報5支出7収入6価値3判断材料は?・最重要項目・仮説を検証するために絶対必要・「問題」が「解決」したかどうか、何を持って判断できるのかということを考えるIntroduction to Lean Canvas
  • 50. Lean Canvasのご紹介 (13/16)参考:スタートアップメトリクスの5つのステップ Acquisition(顧客獲得) ユーザー獲得 Activation(活性化) 始めの一歩 Retention(繰り返し利用) 繰り返し使う Referral(推奨) 人に薦める Revenue(収益化) お金を使う50価値仮説顧客に価値を提供できているか?成長仮説サービスが成長しつづけられるか?Introduction to Lean Canvas
  • 51. Lean Canvasのご紹介 (14/16)Lean Canvas の分布(10/10)51RUNNING LEAN検証8問題1解決4顧客2広報5優位9支出7収入6価値3他社ができないことは?・我々だけが持つ、容易には置き換えることができない優位性・実績、高い技術、培ってきたノウハウ、ユーザーコミュニティなどIntroduction to Lean Canvas
  • 52. Lean Canvasのご紹介 (15/16)Lean Canvas のロジックまとめ(1/1)52課題上位3つの課題RUNNING LEANソリューション上位3つの機能独自の価値提案あなたの差別化要因と注目に値する価値を説明した単一で明確な説得力のあるメッセージ圧倒的な優位性簡単にコピーや購入ができないものチャネル顧客への経路顧客セグメントターゲットにする顧客主要指標計測する主要活動コスト構造計顧客獲得コスト流通コストホスティングコスト人件費など収益の流れ収益モデル顧客生涯価値収益粗利益
  • 53. Lean Canvasのご紹介 (16/16)リスクの抽出(1/1) プランで最もリスクの高い部分を見つける 成功する製品を構築する=リスクを緩和すること スタートアップの最も大きなリスク=誰も欲しくないものを作ること アイデアは安くても、それに取り組むコストは高い– 【必要性】顧客が必要としているものですか?– 【成長性】顧客はお金を支払ってくれますか?支払ってくれないのであれば、誰が支払ってくれますか?– 【実現性】それは解決可能ですか?53RUNNING LEAN
  • 54. ワークショップ#1各テーブルごとに、自己紹介を行ってください(チームワークショップ)54
  • 55. ワークショップ#2テーブル内で「自分の興味のある/やりたいビジネス・事業・サービス・企画」を、1人1分でピッチ(発表)してください全員がピッチを行ってください(チームワークショップ)55
  • 56. ワークショップ#3テーブル内全員のピッチの中から、人気投票で1位を決めてください1位になった方のピッチの内容についてLean Canvasを作成してください(チームワークショップ)56
  • 57. ワークショップ#4ここで席替えを実施します先ほどピッチが採用された方はテーブルに残ってください席替え後の新しい各テーブルごとに、自己紹介を行ってください(チームワークショップ)57
  • 58. ワークショップ#5テーブル内で先ほどピッチで採用された方以外の方は「自分の興味のある/やりたいビジネス・事業・サービス・企画」を、1人1分でピッチ(発表)してください(チームワークショップ)58
  • 59. ワークショップ#6テーブル内全員のピッチの中から、人気投票で1位を決めてください1位になった方のピッチの内容についてLean Canvasを作成してください(チームワークショップ)59
  • 60. 振り返り&ディスカッション今日気づいたことをテーブルごとに共有してください各チームでの振り返り結果を、配布したA3用紙に記載してください次回、全チームの振り返り結果をまとめたものをご連絡します60
  • 61. まとめ今日お話したことを振り返ってみましょう61
  • 62. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日お話したこと(1/1)第17回の復習第17回各チーム振り返り結果ご紹介Business Model CanvasとLean Canvasワークショップ #1ワークショップ #2ワークショップ #3ワークショップ #4ワークショップ #5ワークショップ #6振り返り&ディスカッション62
  • 63. お知らせ皆様にお知らせがあります63
  • 64. 64
  • 65. 65
  • 66. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 66ご静聴ありがとうございました。