シンクライアントで校務情報化推進
校務処理の利便性とセキュリティ確保
2013年9月6日
富士市役所総務部情報政策課 深澤安伸
目次
1. 富士市の概要
2. 導入の経緯
3. 仮想化テクノロジとシンクライアント
4. 構築の背景
5. 構築の概要
6. 利用実績
7. 課題と将来構想
8. まとめ
1.富士市の概要
1.1. 富士市の概要
1.2. 富士市教育委員会の概要
1.富士市の概要
1.1.富士市の概要
 場所
 静岡県東部地区
 人口
 259,339人(2013年4月現在)
 ホームページ
 http://fujishi.jp/
1.富士市の概要
1.2.富士市教育委員会の概要
 小中学校の数
 小学校27校
 中学校16校
 教職員の数
 約1,200名
2.導入の経緯
2.1. 調査
2.2. ニーズ分析
2.3. 導入の目的
2.4. 導入手法
2.導入の経緯 - 2.1.調査
2.1.1.他自治体の整備状況
 県内自治体へのアンケート実施
 県内での未整備自治体は富士市を含み2市のみ
 先進自治体への視察を実施
2.導入の経緯 - 2.1.調査
2.1.2.市内小中学校の整備状況
 セキュリティレベルが高くない(USBメモリ等)
 教職員用のPCが未配備
 ファイル共有が未実施
2.導入の経緯 - 2.2.ニーズ分析
2.2.1.どのように使いたいですか?
0%
10%
20%
30%
40%
50%
60%
70%
80%
2.導入の経緯 - 2.2.ニーズ分析
2.2.2.どのような機能が必要ですか?
 いつでもどこでも使える(校内・自宅・出張先)
 校務だけでなく、授業でも使える
 インターネットホームページが閲覧できる
 電子メールが使える
 文書...
2.導入の経緯 - 2.2.ニーズ分析
2.2.3. 導入に何を期待しますか?
0%
10%
20%
30%
40%
50%
60%
70%
80%
2.導入の経緯
2.3.導入の目的
 子どもと向き合う時間の創出
 情報の共有・活用
 校務アプリケーションの導入
 安心・安全なしくみの導入
 デスクトップ仮想化の採用
 省スペース・省エネルギー
 1,200の仮想デスクトップ...
2.導入の経緯
2.4.導入手法 - 役割分担
 インフラ側
 情報政策課 - ITの専門家
 アプリケーション側
 教育委員会 - 教育の専門家
3.仮想化テクノロジとシンクライアント
3.1. 仮想化テクノロジの種類
3.2. 富士市が選んだ仮想化テクノロジ
3.3. シンクライアントのイメージ
3.4. シンクライアントの実際
3.5. シンクライアントがしていること
3.仮想化テクノロジとシンクライアント
3.1.仮想化テクノロジの種類
 サーバ仮想化(サーバ統合)
 サーバ上に仮想ハードウェアをソフトウェアで実装
 Microsoft Hyper-V / VMware vSphere / Citri...
3.仮想化テクノロジとシンクライアント
3.2.富士市が選んだ仮想化テクノロジ
 サーバ仮想化(サーバ統合)
 XenServerで物理サーバ数や設置スペースを削減
 デスクトップ仮想化
 Windows7をシンクライアントに配信
 ...
3.仮想化テクノロジとシンクライアント
3.3.シンクライアントのイメージ
 悪いイメージ
 自由に使えなさそう
 動かないアプリケーションがある
 体感速度が遅い
 良いイメージ
 データが入っていないから安全
 壊れにくそう
3.仮想化テクノロジとシンクライアント
3.4.シンクライアントの実際
 悪いイメージの実際
 自由に使えないようにしている
 動かないアプリケーションはほとんどない
 体感速度は遅くない
 良いイメージの実際
 データは入っていな...
3.仮想化テクノロジとシンクライアント
3.5.シンクライアントがしていること
 サーバから情報を受信して画面に投影
 Windows7はサーバの中で動いている
 結果の画面がサーバから送られてくる
 キーボードやマウスの入力をサーバへ...
4.構築の背景
4.1. 富士市のOA環境
4.2. 富士市のOA環境(サーバサイド)
4.3. 富士市のOA環境(ユーザサイド)
4.構築の背景
4.1.富士市のOA環境
 アプリケーション仮想化(XenApp)を採用
 XenApp Server を ネットブート
 テンプレートイメージはDesktop と Application の2種類
 4名の職員で運用・...
4.導入の背景
4.2.富士市のOA環境(サーバサイド)
Provisioning Server (4台)
XenApp [アプリケーション] (17台) – [XenServer]
XenApp [デスクトップ] (78台)
配信
ICA
I...
4.導入の背景
4.3.富士市のOA環境(ユーザサイド)
シンクライアント入出力用PCデジタルカラー複合機
(ICカード認証)
5.構築の概要
5.1. システムの全体像
5.2. システム環境(サーバサイド)
5.3. システム環境(ユーザサイド)
5.4. システム全体構成
5.5. XenDesktopを選定した理由
5.構築の概要
5.6. XenServerを選定した理由
5.7. 主な導入アプリケーション
5.8. 省エネルギー・省スペース
5.9. 目的達成のためのサービス
5.10. 導入コスト
5.構築の概要
5.1.システムの全体像
 XenDesktop 5 Enterprise Edition
 テンプレートイメージは1種類
 仮想デスクトップは1,200個
 ノート型シンクライアント
 HP 4320t
 通信回線...
5.構築の概要
5.2.システム環境(サーバサイド)
Provisioning Service (8台)
[物理サーバ]
XenApp [アプリケーション] (3台) - [XenServer]
XenDesktop[デスクトップ] (1200...
5.構築の概要
5.3.システム環境(ユーザサイド)
ノート型シンクライアント入出力用PCデジタルカラー複合機
(ICカード認証)
 小学校27校・中学校16校
5.構築の概要
5.4.システム全体構成
5.構築の概要
5.5.XenDesktopを選定した理由 (1)
 XenDesktopのアドバンテージ
 アプリケーション動作確認がほぼ不要
 使い慣れたクライアントOS(Windows7)を提供できる
 利用可能な周辺機器が広範囲...
5.構築の概要
5.5.XenDesktopを選定した理由 (2)
 通信プロトコル(ICA)のアドバンテージ
 狭帯域ネットワークでも快適に使用できる
 1校当たり最大45台のクライアント
 1校当たり30Mbpsの通信回線
 運用...
5.構築の概要
5.6.XenServerを選定した理由
 仮想化テクノロジを1社に集約できる
 障害対応にかかるコストを削減できる
 XenAppやXenDesktopに最適化されている
 1サーバ当たり約45台の仮想デスクトップをホ...
5.構築の概要
5.7.主な導入アプリケーション
 Microsoft Office Professional Plus 2010
 JustSystem 一太郎pro
 (株)内田洋行 デジタル校務・デジタル職員室
 (株)トランスウ...
5.構築の概要
5.8.省エネルギー・省スペース
 3ラック
 最大26kVA (1台当たり20W強)
5.構築の概要
5.9.目的達成のためのサービス
 高速ネットワークでリソース共有
 安全・安心なデータ利用
 校務アプリケーションで情報共有
 電子メールで情報交換
 リモートアクセス
 印刷物のセキュリティ強化
5.構築の概要 - 5.9.目的達成のためのサービス
5.9.1.高速ネットワークでリソース共有
 サーバサイドは10Gbps
 共有フォルダの作成
5.構築の概要 - 5.9.目的達成のためのサービス
5.9.2.安全・安心なデータ利用
 アクセス権
 個人レベル
 学校レベル
5.構築の概要 - 5.9.目的達成のためのサービス
5.9.3.校務アプリケーションで情報共有
 デジタル校務
 デジタル職員室
 出欠簿
 成績表
 掲示板
5.構築の概要 - 5.9.目的達成のためのサービス
5.9.4.電子メールで情報交換
 ActiveMail
 個人アドレス
 学校アドレス
5.構築の概要 - 5.9.目的達成のためのサービス
5.9.5.リモートアクセス
 自宅や出張先で仕事ができる
5.構築の概要 - 5.9.目的達成のためのサービス
5.9.6.印刷物のセキュリティ強化
 ICカードを用いた認証プリント
(富士ゼロックス(株) ApeosPort)
5.構築の概要
5.10.導入コスト
 クライアント1台当たり 7,500円/月
※税込月額賃借料(5年リース)
※ハードウェア・ソフトウェア・運用・保守のすべてを含んだ経費
※校務アプリケーションおよび通信インフラ構築費は含まない
6.利用実績
6.1. システム利用状況
6.2. リモートアクセス利用状況
6.利用実績
6.1.システム利用状況
 接続状況(Desktop Directorより)
 放課後がピークで約40%
6.利用実績
6.2.リモートアクセスの利用状況
 ログオン数
 休日に利用
0
50
100
150
200
250
300
350
400
7.課題と将来構想
7.1. 課題
7.2. 将来構想
7.課題と将来構想
7.1.課題
 活用するためのルール作成
 情報共有や情報流通の方法
 セキュリティ強化のための教育
 サーバ運用の省力化
 コールセンターの活用
 駐在保守員による監視および対応
7.課題と将来構想
7.2.将来構想
 子どもたちのIT環境との連携
 H24.10小学校実施済(パソコン室・タブレット・無線LAN)
 H25.10中学校実施予定
 リッチコンテンツの利用に備えた通信帯域の拡大
 H24.8実施済(...
8.まとめ
8.まとめ
8.まとめ
 インフラとアプリケーションを役割分担して導入
 XenDesktop 5 で Windows 7 仮想デスクトップを提供
 XenServerで省スペース・省エネルギーを実現
 校務システムの導入で事務効率を向...
ご清聴ありがとうございました
お問い合わせ先
edp@div.city.fuji.shizuoka.jp
http://www.slideshare.net/fukasawa_jp/
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

シンクライアントで校務情報化推進 校務処理の利便性とセキュリティ確保

702

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
702
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

シンクライアントで校務情報化推進 校務処理の利便性とセキュリティ確保

  1. 1. シンクライアントで校務情報化推進 校務処理の利便性とセキュリティ確保 2013年9月6日 富士市役所総務部情報政策課 深澤安伸
  2. 2. 目次 1. 富士市の概要 2. 導入の経緯 3. 仮想化テクノロジとシンクライアント 4. 構築の背景 5. 構築の概要 6. 利用実績 7. 課題と将来構想 8. まとめ
  3. 3. 1.富士市の概要 1.1. 富士市の概要 1.2. 富士市教育委員会の概要
  4. 4. 1.富士市の概要 1.1.富士市の概要  場所  静岡県東部地区  人口  259,339人(2013年4月現在)  ホームページ  http://fujishi.jp/
  5. 5. 1.富士市の概要 1.2.富士市教育委員会の概要  小中学校の数  小学校27校  中学校16校  教職員の数  約1,200名
  6. 6. 2.導入の経緯 2.1. 調査 2.2. ニーズ分析 2.3. 導入の目的 2.4. 導入手法
  7. 7. 2.導入の経緯 - 2.1.調査 2.1.1.他自治体の整備状況  県内自治体へのアンケート実施  県内での未整備自治体は富士市を含み2市のみ  先進自治体への視察を実施
  8. 8. 2.導入の経緯 - 2.1.調査 2.1.2.市内小中学校の整備状況  セキュリティレベルが高くない(USBメモリ等)  教職員用のPCが未配備  ファイル共有が未実施
  9. 9. 2.導入の経緯 - 2.2.ニーズ分析 2.2.1.どのように使いたいですか? 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80%
  10. 10. 2.導入の経緯 - 2.2.ニーズ分析 2.2.2.どのような機能が必要ですか?  いつでもどこでも使える(校内・自宅・出張先)  校務だけでなく、授業でも使える  インターネットホームページが閲覧できる  電子メールが使える  文書作成は「一太郎」が必要  出欠簿や通知表、調査書がデジタル化できる  スケジュール管理ができる  教員同士のSMS(付箋)が必要
  11. 11. 2.導入の経緯 - 2.2.ニーズ分析 2.2.3. 導入に何を期待しますか? 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80%
  12. 12. 2.導入の経緯 2.3.導入の目的  子どもと向き合う時間の創出  情報の共有・活用  校務アプリケーションの導入  安心・安全なしくみの導入  デスクトップ仮想化の採用  省スペース・省エネルギー  1,200の仮想デスクトップを3ラックに収容
  13. 13. 2.導入の経緯 2.4.導入手法 - 役割分担  インフラ側  情報政策課 - ITの専門家  アプリケーション側  教育委員会 - 教育の専門家
  14. 14. 3.仮想化テクノロジとシンクライアント 3.1. 仮想化テクノロジの種類 3.2. 富士市が選んだ仮想化テクノロジ 3.3. シンクライアントのイメージ 3.4. シンクライアントの実際 3.5. シンクライアントがしていること
  15. 15. 3.仮想化テクノロジとシンクライアント 3.1.仮想化テクノロジの種類  サーバ仮想化(サーバ統合)  サーバ上に仮想ハードウェアをソフトウェアで実装  Microsoft Hyper-V / VMware vSphere / Citrix XenServer  デスクトップ仮想化  多数のデスクトップをサーバからクライアントへ配信  VMware View / Citrix XenDesktop  アプリケーション仮想化  アプリケーションをサーバからクライアントへ配信  Citrix XenApp
  16. 16. 3.仮想化テクノロジとシンクライアント 3.2.富士市が選んだ仮想化テクノロジ  サーバ仮想化(サーバ統合)  XenServerで物理サーバ数や設置スペースを削減  デスクトップ仮想化  Windows7をシンクライアントに配信  アプリケーション仮想化  将来に備えたアプリケーションの配信
  17. 17. 3.仮想化テクノロジとシンクライアント 3.3.シンクライアントのイメージ  悪いイメージ  自由に使えなさそう  動かないアプリケーションがある  体感速度が遅い  良いイメージ  データが入っていないから安全  壊れにくそう
  18. 18. 3.仮想化テクノロジとシンクライアント 3.4.シンクライアントの実際  悪いイメージの実際  自由に使えないようにしている  動かないアプリケーションはほとんどない  体感速度は遅くない  良いイメージの実際  データは入っていないので安全  壊れにくい
  19. 19. 3.仮想化テクノロジとシンクライアント 3.5.シンクライアントがしていること  サーバから情報を受信して画面に投影  Windows7はサーバの中で動いている  結果の画面がサーバから送られてくる  キーボードやマウスの入力をサーバへ送信  クライアント側では処理をせず送信するだけ  データは保持しない
  20. 20. 4.構築の背景 4.1. 富士市のOA環境 4.2. 富士市のOA環境(サーバサイド) 4.3. 富士市のOA環境(ユーザサイド)
  21. 21. 4.構築の背景 4.1.富士市のOA環境  アプリケーション仮想化(XenApp)を採用  XenApp Server を ネットブート  テンプレートイメージはDesktop と Application の2種類  4名の職員で運用・保守  ユーザ環境の統一  2,000台規模のシンクライアント  入出力用PC  フルカラーデジタル複合機
  22. 22. 4.導入の背景 4.2.富士市のOA環境(サーバサイド) Provisioning Server (4台) XenApp [アプリケーション] (17台) – [XenServer] XenApp [デスクトップ] (78台) 配信 ICA ICA シンクライアント(1700同時接続ライセンス)Active Directory (4台) イメージ作成Server (2台) 登録 FileServer Cluster (4台) SAN(12T)
  23. 23. 4.導入の背景 4.3.富士市のOA環境(ユーザサイド) シンクライアント入出力用PCデジタルカラー複合機 (ICカード認証)
  24. 24. 5.構築の概要 5.1. システムの全体像 5.2. システム環境(サーバサイド) 5.3. システム環境(ユーザサイド) 5.4. システム全体構成 5.5. XenDesktopを選定した理由
  25. 25. 5.構築の概要 5.6. XenServerを選定した理由 5.7. 主な導入アプリケーション 5.8. 省エネルギー・省スペース 5.9. 目的達成のためのサービス 5.10. 導入コスト
  26. 26. 5.構築の概要 5.1.システムの全体像  XenDesktop 5 Enterprise Edition  テンプレートイメージは1種類  仮想デスクトップは1,200個  ノート型シンクライアント  HP 4320t  通信回線  本庁側1Gbps・学校側30Mbps
  27. 27. 5.構築の概要 5.2.システム環境(サーバサイド) Provisioning Service (8台) [物理サーバ] XenApp [アプリケーション] (3台) - [XenServer] XenDesktop[デスクトップ] (1200台) - [XenServer 28台] 配信 ICA ICA ノート型シンクライアント(1200ライセンス) Active Directory (2台) [XenServer] イメージ作成PC (1台) [XenServer] 登録 FileServer Cluster (2台) [XenServer] SAN(40T)
  28. 28. 5.構築の概要 5.3.システム環境(ユーザサイド) ノート型シンクライアント入出力用PCデジタルカラー複合機 (ICカード認証)  小学校27校・中学校16校
  29. 29. 5.構築の概要 5.4.システム全体構成
  30. 30. 5.構築の概要 5.5.XenDesktopを選定した理由 (1)  XenDesktopのアドバンテージ  アプリケーション動作確認がほぼ不要  使い慣れたクライアントOS(Windows7)を提供できる  利用可能な周辺機器が広範囲に及ぶ  将来性に期待が持てる  XenAppとの連携ができる  アプリケーション配信で利用者ごとの差異が吸収できる
  31. 31. 5.構築の概要 5.5.XenDesktopを選定した理由 (2)  通信プロトコル(ICA)のアドバンテージ  狭帯域ネットワークでも快適に使用できる  1校当たり最大45台のクライアント  1校当たり30Mbpsの通信回線  運用・保守コストの大幅な削減  1種類のテンプレートイメージを保守  パッチ、サービスパックの適用、徹底が容易に
  32. 32. 5.構築の概要 5.6.XenServerを選定した理由  仮想化テクノロジを1社に集約できる  障害対応にかかるコストを削減できる  XenAppやXenDesktopに最適化されている  1サーバ当たり約45台の仮想デスクトップをホスト  AD, DDC, Web InterfaceなどもXenServer上に構築  導入コストを削減できる
  33. 33. 5.構築の概要 5.7.主な導入アプリケーション  Microsoft Office Professional Plus 2010  JustSystem 一太郎pro  (株)内田洋行 デジタル校務・デジタル職員室  (株)トランスウェア Active Mail
  34. 34. 5.構築の概要 5.8.省エネルギー・省スペース  3ラック  最大26kVA (1台当たり20W強)
  35. 35. 5.構築の概要 5.9.目的達成のためのサービス  高速ネットワークでリソース共有  安全・安心なデータ利用  校務アプリケーションで情報共有  電子メールで情報交換  リモートアクセス  印刷物のセキュリティ強化
  36. 36. 5.構築の概要 - 5.9.目的達成のためのサービス 5.9.1.高速ネットワークでリソース共有  サーバサイドは10Gbps  共有フォルダの作成
  37. 37. 5.構築の概要 - 5.9.目的達成のためのサービス 5.9.2.安全・安心なデータ利用  アクセス権  個人レベル  学校レベル
  38. 38. 5.構築の概要 - 5.9.目的達成のためのサービス 5.9.3.校務アプリケーションで情報共有  デジタル校務  デジタル職員室  出欠簿  成績表  掲示板
  39. 39. 5.構築の概要 - 5.9.目的達成のためのサービス 5.9.4.電子メールで情報交換  ActiveMail  個人アドレス  学校アドレス
  40. 40. 5.構築の概要 - 5.9.目的達成のためのサービス 5.9.5.リモートアクセス  自宅や出張先で仕事ができる
  41. 41. 5.構築の概要 - 5.9.目的達成のためのサービス 5.9.6.印刷物のセキュリティ強化  ICカードを用いた認証プリント (富士ゼロックス(株) ApeosPort)
  42. 42. 5.構築の概要 5.10.導入コスト  クライアント1台当たり 7,500円/月 ※税込月額賃借料(5年リース) ※ハードウェア・ソフトウェア・運用・保守のすべてを含んだ経費 ※校務アプリケーションおよび通信インフラ構築費は含まない
  43. 43. 6.利用実績 6.1. システム利用状況 6.2. リモートアクセス利用状況
  44. 44. 6.利用実績 6.1.システム利用状況  接続状況(Desktop Directorより)  放課後がピークで約40%
  45. 45. 6.利用実績 6.2.リモートアクセスの利用状況  ログオン数  休日に利用 0 50 100 150 200 250 300 350 400
  46. 46. 7.課題と将来構想 7.1. 課題 7.2. 将来構想
  47. 47. 7.課題と将来構想 7.1.課題  活用するためのルール作成  情報共有や情報流通の方法  セキュリティ強化のための教育  サーバ運用の省力化  コールセンターの活用  駐在保守員による監視および対応
  48. 48. 7.課題と将来構想 7.2.将来構想  子どもたちのIT環境との連携  H24.10小学校実施済(パソコン室・タブレット・無線LAN)  H25.10中学校実施予定  リッチコンテンツの利用に備えた通信帯域の拡大  H24.8実施済(20Mbps → 30Mbps)  ICカードの利用拡大
  49. 49. 8.まとめ
  50. 50. 8.まとめ 8.まとめ  インフラとアプリケーションを役割分担して導入  XenDesktop 5 で Windows 7 仮想デスクトップを提供  XenServerで省スペース・省エネルギーを実現  校務システムの導入で事務効率を向上  全校統一環境とすることでTCOを削減
  51. 51. ご清聴ありがとうございました お問い合わせ先 edp@div.city.fuji.shizuoka.jp http://www.slideshare.net/fukasawa_jp/
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×