Your SlideShare is downloading. ×
Socila Media2009 4 15
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

Socila Media2009 4 15

358
views

Published on


0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
358
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. ここは「経済学部101講義室」です。 講義科目の題名は 「高度情報化と社会生活」 講義時限 水曜日 3時限 単位 前期のみ 2単位です。 本日はアンケートを配布しています、 一人一枚ずつ前に取りに来てください。 講義中に記入しておくように、 本日の講義終了時に回収します。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 1
  • 2. 高度情報化と社会生活 アンケートの注意点   学籍番号と名前は正確に記載するこ と。 →成績評価の基礎となります。  答えたくない設問に答える必要はあ りませんが、講義のレベルと内容、 経年のデータを研究用にストックし ていますので、なるべく協力をお願 2009/4/15 高度情報化と社会生活 2
  • 3. 高度情報化と社会生活 第1回目のアンケートは  おもに「ケータイ」と「パソコン」 携帯電話の保有と使用状況 パソコンの保有と使用状況 インターネットの利用と使用の可 能性について あと、講義の希望などを聞くため のものです。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 3
  • 4. 高度情報化と社会生活 Information Technology and Daily Life Underway 講義時限 水曜日 3限 前期のみ2単位 本日の講義ではアンケートを配布してい ます、 一人一枚ずつ前に取りに来てください。 本日の講義終了時に回収します。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 4
  • 5. 講義の中心はネット社会 成績評価はブログの運用で行います、  講義自体はネット社会の様々なテーマに ついての概説をしていきます。 「インターネット」「パソコン」「セキュ リティ」 「ソーシャルメディア」「電子 政府」「地域情報化」「情報化の思潮」な ど。 あと、ネット社会で今おこっている出来事 もトピックとして解説し、ネットを使う上 2009/4/15 で便利な知識なども折に触れてお話をしま 高度情報化と社会生活 5
  • 6. 高度情報化と社会生活 講師の名前 藤野幸嗣(ふじの ゆきつぐ) 連絡用のメールアドレス yuki@fujino.com Twitter @fujinocom 講義資料のアドレス http://www.fujino.com 2009/4/15 高度情報化と社会生活 6
  • 7. 講師の自己紹介 大分大学工学部 非常勤講師  →大分大学での講義は前期のみで す。 大分大学経済学部を1979年に卒業  大分に本拠を持つ「ゼネコン」で仕事。 全国規模なので、これまで長崎、福岡、 東京で、現場事務、労務、庶務、営業、 企画 などの仕事をしてきました。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 7
  • 8. 社会人講師として 会社での仕事は「企画」といって、会社全般の経  営についての情報収集と企業戦略のための資料作 りが主な業務です。昨年までは、電子入札や電子 調達の支援、社内のインターネットの管理(メー ルやWeb、社内グループウェア)やパソコンの 利用支援も営業事務の他に行っていました。 この講義では、会社の仕事を離れて、個人の生活  面でのインターネット利用者として実際のネット の活用を中心に、ネット利用における課題を含め て、話をしていくつもりです。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 8
  • 9. 個人の活動 インターネットを利用する立場の専門家です。  利用者側の意見を運営者や通信事業者、政策者  に表明して、ネットをより使いやすくするため の提案を行っています。 また利用者がネットをより使いやすくするため  のアドバイスと提案も行っています。 ここ数年のネットの普及で仕事と趣味=生活の  分野が重なってきています。 今年の研究テーマは「ソーシャルメディア」の  活用 2009/4/15 高度情報化と社会生活 9
  • 10. 本日の講義 第1回 2009年4月15日  「講義の概要の説明」  受講のためのルール  成績評価のガイダンス  講義の目的  ブログの概要 2009/4/15 高度情報化と社会生活 10
  • 11. 講義概要 講義タイトル 「高度情報化と社会生活」  Information Technology and Daily Life  Underway 急速に高度化する「ネット社会」が私たち  の生活にどのような影響を及ぼすかを、こ の講義では実践を通して概括します。 つまり「インターネットの活用」が講義の  メインテーマです。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 11
  • 12. 「ルール」とは この講義の大半は「ツール」 (道具)  の話になるので、「ルール」(掟-お きて)の説明だけを最初にしておき ます。  「ルール」とは →法律、規則、内規、その場限りの 秩序やマナーなどのことです。  他の講義にこのルールが通用するわ けではありませんので注意してくだ 2009/4/15 高度情報化と社会生活 12
  • 13. 講義の基本的な注意点 講義中の出入は認めますがマナー違反です。  私語、ケータイの音は厳禁、退出を要請します。  ケータイメールなどの利用は黙認します。  講義の質問もメールやTwitterで受けます。  その他、読書、居眠りなど、静寂を保って他人  の迷惑にならない程度は黙認します。 質問があれば挙手Twitterかメールでお願いしま  す。 基本的に90分の一方通行の講義を私は あまり好きではありません。 2009/4/15高度情報化と社会生活 13
  • 14. 出欠について 不定期に講義中に「アンケート」をとることがあ  り、出席評価の判断材料とします。 ただし、出席点は加点で、欠席の際の減点はしま  せん。 よって欠席届の提出も不要。 「アンケート」は講義を進めるうえでの材料、私  自身の研究、また関係者への状況報告になる予定 です。 アンケートは答えたくない設問に答える義務はあ  りません、名前だけ書いて提出しても結構です。 ただし、なるべく記入をして欲しいです。  2009/4/15 高度情報化と社会生活 14
  • 15. 成績評価について ブログの運用、それとブログの記事によ  る小課題の提出を数回予定しており、こ れを成績評価とします。 期末試験は行いません、ネットワーク活  用の実践、ブログよる自己表現とブログ による課題提出によって成績評価を行い ます。 なお成績評価の結果に関する問い合わせ  はメールのみにて行ないます。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 15
  • 16. ネットワーク支援講義の試み 講義資料は配布しません。  講義終了後に画面イメージをそのままイン  ターネットに掲載しておきますので、細かい 点のノートをとる必要はありません。 掲載用のブログやTwitterでのコメント  電子メールなどでの質問も可能な限り 対応します。 ただし講義の内容の範疇を越える質問はご勘  弁を。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 16
  • 17. 講義資料のありか 私のWebサイトのアドレスは http://www.fujino.com ここからのリンクで講義の資料を提供します。 問い合わせ用のメールアドレスは yuki@fujino.com この二つだけは大事なので 必ずメモしておいてください。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 17
  • 18. 講義支援用ブログ 藤野幸嗣のブログ  自宅のサーバーで運営 Linux、Apache、MovableType、PHP →インターネットから閲覧可能 いわゆる”LAMP”で構築しています。 ネットで情報を発信するための基本的な技術で す。 ただし、この講義ではブログ・サーバーの構築方 法は扱いません。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 18
  • 19. 講義支援用Twitter Twitterを使って講義の連絡や質問、 連絡などを行います。 http://twitter/fujinocom 利用者登録をして、フォローするこ とで、講義の連絡が流れてきます。 あとダイレクトメッセージで、メー ルを使わずに連絡をつけることがで きます。 2009/4/15高度情報化と社会生活 19
  • 20. 携帯からTwitter au SoftBank http://m.twitter.com/fujinocom Docomo http://mtwiter.jp/fujinocom 見るだけでは利用者登録は不要、 利用者登録はケータイからできませ ん。 パソコンから利用登録。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 20
  • 21. 2009/4/15 高度情報化と社会生活 21
  • 22. 受講にパソコンは必須か? 講義はパソコン画面を使った資料の提示で行い  ますので、パソコンの所有は講義の受講には不 要です。 ただし、講義の中心は情報技術の発展をテーマ  としていますので、関連する知識がないと、理 解しにくいことがあります。 あと成績評価のためにはブログの構築が必須で  あり、ブログを活用するためにはインターネッ トに接続したパソコンが必要です。 パソコンの利用は学内の図書館や演習室などで  のネットの活用も検討をしてみてください。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 22
  • 23. 資料をプリントし持参する必要は? 基本的に必要ありません、ネット  ワーク上の資料は事後的な確認の際 の利用が主な目的です。 講義の資料についても、可能な限り  講義のなかで説明をしていきます。 予習や復習も必要ありませんが、広  範な情報技術に関連する話が出てく るので、いろいろな機会に知識を仕 入れておいてください。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 23
  • 24. 参考資料 講義の際に書籍や資料へのインターネッ  トのアドレスを示します。 書籍は必読ではありませんが、興味があ れば読んでおくとよいと思われるものを 示します。 新聞の産業欄やパソコン雑誌などにも目  を通しておくと有用です。 基本的にはWebの活用をすることが一  番 2009/4/15 高度情報化と社会生活 24
  • 25. 参考図書 「最新パソコンIT用語事典」 技術評論社 定価 ¥1,869(税込) 2008年10月 ほかにも多数類書あり、 新しいものほどよいです。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 25
  • 26. この講義の目的 2009/4/15 高度情報化と社会生活 26
  • 27. 責任ある社会人として 実名できちんと意見を発表しましょう。  自らも情報を出さないと、  入ってくる情報も屑ばかりになります。 Googleで調べる、  友人とケータイでメール、 mixiで日記をつける、 これだけで「ネット」を使っているつも りですか? 2009/4/15 27 高度情報化と社会生活
  • 28. ネット社会で表現する 社会人として、ネット社会で表現ができる  能力を身につけること。 実名で (匿名ではない)  特定中数を相手に(仲間内ではない)  生活社会の中で(架空の社会ではない)  ネットでの表現を実践することがこの講義 の目的です。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 28
  • 29. なるべくパソコンを使おう 十代のネットの利用の中心はいまや  ケータイに移りつつあります。  しかし、今のケータイで仕事をすべ てこなすのはやはり無理があると思 います。  この講義でのネットの利用はパソコ ンが主となり、ケータイは補助とし ての役割となります。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 29
  • 30. 成績評価について 2009/4/15 高度情報化と社会生活 30
  • 31. ブログの実践 成績は各受講生がブログを実践して行う自己表  現を講師が主観的に評価します。 ブログや電子メールの利用は学内の演習室から  でも可能だと思いますが、この講義では個別の 機器利用のサポートは行いません。 現時点でパソコンのメールが覚束ないと厳しい  です。 新入生でメールアカウントの準備が間に合わな  いなど、事情があれば課題の猶予はします。た だし7月中旬~下旬の期末の成績評価までに、 なんとか自分のブログを立ち上げて運用をして 2009/4/15 高度情報化と社会生活 31
  • 32. ブログ活用の準備を アンケートや課題の提出もなるべくブ  ログで行うように限定をします。 つまりネットワークの積極的な利用を講義へ  の出席よりも高く評価します。 なんらかの事情により、ネットを使えない場  合は申出により対応し、配慮をするつもりで す。 どうしてもブログが運営できない事情がある  場合には、講義時間後に相談をしてくださ い。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 32
  • 33. 成績評価の日程案 4月、インターネット利用の準備を。  来週、ブログ構築の実演を行います。  5月~7月にかけて各自でブログを構築、  運営してください。 ブログを開設したらメールをください。  講師のブログからリンクを張ります。  7月~下旬にかけて各自のブログの活用  度を評価して、成績考課とします。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 33
  • 34. ブログの評価の条件 最低でも1ヶ月以上の期間、継続し  てブログを運用していることが評価 の条件となります。  あと、課題に応じた記事を掲載する。  つまりそれなりの記事が30エント リーあることが最低の要件です。  評価はあらかじめ登録した、電子 メールアドレスに成績を送付します。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 34
  • 35. 評価用ブログの条件(重要) プロフィールに必ず実名を記載しておくこ  と。 ※匿名のブログは評価対象としません。 既設のブログでもかまいませんが、実名の  表記が条件。慣れている人は別に講義評価 用にブログを設置する方がよいかもしれま せん。 共同運営も不可、個人で運営すること。な  お手伝ってもらうのはかまいません。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 35
  • 36. 評価用ブログの注意点(重要) クローズなSNS(mixiなど)は原則として不  可、 ケータイ専用のブログも不可。  パソコン用の公開されたブログに限定します。  Twitterなどのライトブログも不可。  つまり、RSSに対応していて、かつリンクやト  ラックバックをはれることが条件となります。 →次回以降の講義で説明しますが、PC用のブロ グサービスのほとんどは大丈夫です。 なお夜中に混み合うブログサイトも成績評価に  影響します。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 36
  • 37. ブログの構築法は来週 お薦めのブログ・サービスやブログの開  設方法は講義で説明します。 ブログサービスはたくさんありますから、  そうしたサービスの比較検討を行って自 分に向いているサービスをみつけること も経験値を上げるために必要だと思いま す。 とりあえずネットでブログをたくさん見  てみることをお薦めします。 2009/4/15 ともかく、まずキーボードの練習を! 高度情報化と社会生活 37 
  • 38. まずキーボードの練習を 講義ではブログの登録法や気をつける点な  どを説明します。 あわててブログの開設をする必要はありま  せん。 とくにキーボードに慣れていない人は、ま  ず練習をしましょう。 毎日15分、通常2週間ほどで誰でもタッチ  タイピングができるようになります。 パソコンのキーボードが速く打てることが  2009/4/15 高度情報化と社会生活 38
  • 39. ブログ選びの参考Web KOSS 無料Blog(無料ブログ)比較   ブログ比較表 ブログ  2008年からはじめよう! 特集 容量、アフリェイト、デザイン、 携帯投稿など様々な比較項目があり ます。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 39
  • 40. 評価対象となるブログの例 FC2 ブログ   ココログ ほかにも多数ありますが、ケータイ専用 ではなく、パソコン用として閲覧ができ、 かつRSSに対応していることが必要条件 です。 あと7月までに閉鎖されないことも条件 。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 40
  • 41. ブログとは 日記  趣味のリンク集  特定分野についてのリンクとコメント  個人ジャーナリズム  有名人「も」ブログをやっている  →大半は無名のインターネット利用者です。 ブログは 「個人の手軽な情報発信ツー ル」 2009/4/15 高度情報化と社会生活 41
  • 42. ブログが流行っている理由 手軽に情報発信できる。  Webアクセスができればブログが作 れる。 画像や写真も簡単につけられる。 管理の手間がほとんどない。  自動的にデータを整理してくれる。 データが増えても整理が簡単である。  コメントやトラックバック、リンクなど  で 2009/4/15 高度情報化と社会生活 42
  • 43. 無料のブログサービス 国内に数百?のブログサービスがある。  有料、無料など様々である。  容量の大きいもの、そうでないもの。  デザイン・テンプレートや「モブログ」  など付加サービスの有無 商用利用ができる、できない。  アクセスが容易、混雑。  自分に向くか、向かないか。  無料なのでとりあえずはじめてみること。  2009/4/15 高度情報化と社会生活 43
  • 44. 無料ブログサービス いろいろあるけれど・・・どれも、あまり勧められない・・・ 2009/4/15 高度情報化と社会生活 44
  • 45. ブログサービスのひどいもの いろいろあるけれど・・・どれも、あまり勧められない・・・ 2009/4/15 高度情報化と社会生活 45
  • 46. 無料ブログサービスのお勧め 商用可、夜でもすいている 自分の加入しているプロバイダのブログサービスも検討 2009/4/15 高度情報化と社会生活 46
  • 47. ブログ利用に必要なもの 必須  インターネットに接続したパソコン 最初はブロードバンドがいいか も。 登録用のメールアドレス  2009/4/15 高度情報化と社会生活 47
  • 48. インターネットに接続したP C 自宅のパソコン   学内の端末  インターネットカフェ  友人のパソコン どれでもよいが、最初は回線が速 い方が設定などをやり易い。 慣れてくればケータイからブログ の更新も可能になります。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 48
  • 49. ブログ利用に必要なもの メールアドレス  →できれば専用の無料アドレスを準備 してから登録した方がよい。 ※ブログのメールが多くなってきたと きなどに対処がしやすい、いたずらメー ルにも対処しやすい。 タグ対応のブラウザ  Firefox IE8 Sleipnir Lunascape など。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 49
  • 50. 無料メール 大半は「ウェブメール」である。  ウェブ上で簡単に登録、送受信もウェブか  ら行う。 GmailやYahoo!mailが代表的。  知り合い同士やブログの管理、アンケート  や懸賞対応に便利。 ただし、信用されないデメリットもある、  知らない人に無料メールのアドレスでは読 まれなくても仕方がない、就職活動では使 2009/4/15 高度情報化と社会生活 50
  • 51. 無料メールの注意点 パスワードの管理に注意する。  忘れない、無くさない、漏らさない。 パスワードの使い回しもダメ。  相手がスパム対策を取っている場合に、 フィルタにはじかれて届かない可能性も ある。 →大切なメールには必ず返事をもらお う。  無料なのでサービスが止まったり、終了 2009/4/15 高度情報化と社会生活 51
  • 52. 本講義ではブログを評価します。 7月末の期末までにブログで情報発信をす  る。 評価の要件  →一ヶ月以上継続して更新を行っている こと。 →エントリー(記事)が最低30以上あ ること。 →テーマが一貫していること。 →個人で運営していること。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 52
  • 53. ブログの注意点(重要) 匿名によるブログは不可、共同運用も不可。  クローズなSNS(mixiなど)も原則として  不可、 大半のケータイ専用のブログも不可。 RSS対応で、かつリンクやトラックバックを  はれることが条件となります。 既にブログを運営している人もプロフィール  への実名の表記を条件とします。 なお夜中に混み合うブログサイトも成績評価  に影響します。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 53
  • 54. 携帯電話専用ブログ 携帯電話専用のブログサービスが  たくさんありますが、評価対象に は なりません。  パソコンを使ってネットを使いこな すことが講義の目的のひとつだから です。  記事もオフィシャルな文章でお願い 2009/4/15 高度情報化と社会生活 54
  • 55. なぜブログなのか? 情報発信を行う能力がこれから大切。  情報発信するには様々な知識が必要。  ネットを活用したコミュニケーション  能力の訓練がこれから役に立つ。 ※あと文章を書く練習も。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 55
  • 56. ブログ利用の注意点 無料ブログの場合、サービスがある日突然  中断するかもしれない、データのバックアッ プ  慣れないうちは正体がばれないようにした 方がよいかもしれない。本名やメールアドレ スの開示などには慣れと少しの注意が必要、 →プロフィールはある程度慣れてから登録をす る。 ※私自身は実名を全て開示しています。  「ネットは忘れない」ことに注意しよう。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 56
  • 57. 公序良俗違反の書込に注意 ブログを実名で公開する際には、様  々な注意点があります。  とくに、公序良俗違反の書込を行う と通報されたり、炎上したり、電凸 されたりして、被害?に会うケース があります。  mixiでの飲酒運転の告白事例など。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 57
  • 58. 著作権に注意をはらおう ウェブやブログはオープンな著作物  →他人の権利侵害に気をつけよう。  個人のファンサイトでも肖像や音楽の使 用許諾などが本来は必要。 商用のサイトでは使用許諾は常識、 匿名のサイトでも注意は必要。 音楽著作権については個人サイトの利用 は厳しい→使用料の請求が来ることを前 提に。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 58
  • 59. 匿名によるブログの問題 匿名による無責任な発言   著作権違反の画像や文章のコピペ 他人への誹謗中傷など 匿名に身を隠した法令違反の言動 。  正体がわからなければなにをしても よいという意識 2009/4/15 高度情報化と社会生活 59
  • 60. 共用端末での注意事項 共用の端末を使ってブログを管理して  いると、他の人にパスワードが漏れた りするおそれがあります、共用端末を 使う際に気をつける点を上げておきま す。 1.ブラウザを開いたままにしない。 2.オートコンプリートをオフにする 。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 60
  • 61. ブラウザを開いたままにしない InternetExplorerなどのウェブ閲覧  ソフト(ブラウザ)は、ソフトが終 了するまで、入力したパスワードを 記憶しています。  共用の端末を使ってパスワードの必 要なサービスを使った場合には、必 ずいったんブラウザを終了させまし ょう。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 61
  • 62. ネット・リテラシーについて ~ネット社会でだまされないために 2009/4/15 高度情報化と社会生活 62
  • 63. 現実社会も犯罪は多い 基本的に人は欺そうとする。   欺されないためには日頃から備えが必要 。  備え→ 知識、経験、ポジショニング。 ※大分の街中でも悪徳アンケートの勧誘 ※高価な語学研修材、エステのひどい勧 誘 ※ライブドア、平成電電、近未來通信・ ・・ 2009/4/15 高度情報化と社会生活 63
  • 64. 現実社会はとっても危険 アンケート商法  アポイント商法  デート商法  催眠商法・・・・請求詐欺などなど  「悪徳商法マニアックス」など情報提供 ページあり。 →毅然とした態度で断る。 →ただし、何もしないと何の情報も入らな い。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 64
  • 65. ネット詐欺に注意しよう 電子メールでもセールスや勧誘目的のメー  ルがたくさんきます。 スパムメール なりすましメール Ex. 架空請求、儲け話、ネットねずみ講、 怪しいサイトへの勧誘など。 少し勧誘する側の立場でも考えてみよう。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 65
  • 66. あやしいWebサイトに注意 ネットサーフィンでは危ないところに  近づかなければ大丈夫。  危ないところにいくときはそれなりに 注意しよう。  むやみに自分のメールアドレスや住所、 電話番号、ましてクレジットカード番 号をいれたりしない。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 66
  • 67. ネット社会は自己責任社会 これから自分で「パソコン」や「ケータイ」 を使ってネットワークにつないだり、メールの やりとりを行う。そういったことを講義の中で も奨励します。 情報技術は「つかってナンボ」の世界で、耳 学問だけではまったくダメなのです。 あと、利用する側の過剰な期待や誤解によっ て、常識から外れた使い方をしてしまい、トラ ブルに巻き込まれることがあります。 節度有る社会人として責任ある利用をしま しょう。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 67
  • 68. ID・パスワードの自己 管理 現代社会はある意味で「パスワード社会」で  す。 キャッシュカードの暗証番号などをはじめ として、生活に「パスワード」が密接に結び ついています。 「現金とかわらないパスワード」と「どうで  もよいパスワード」の評価と管理が必要です。 「ID=アカウント」と「パスワード」の組  み合わせで成り立っている社会が「ネット社 2009/4/15 会」です。 高度情報化と社会生活 68
  • 69. 自分のアドレスの管理 メールアドレスは非常に重要なアイテム  むやみにメールアドレスは公開しない。  →いたずらメールやスパムメールの原因 商品購入やアンケートには使い捨ての「無  料のメールアドレス」を活用してみよう。 住所や電話番号、ケータイの番号なども注  意深く取り扱う。 たとえば、ケータイメールのアドレスは親  しい友人にとどめておくなど。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 69
  • 70. 他人のメールアドレスの管理 電子メールのアドレス  →ケータイで管理をしていると・・・い ろいろなトラブルで相手とコントタクト できなくなる。 紙やパソコンで保存・管理をしておく ことで ケータイを乗り換えても大丈夫。  外部蓄積→バックアップをする癖をつけ よう。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 70
  • 71. ウィルスの撒手にならないように こわがって使わないのも考えものだが。  ウィルスは来るものと覚悟して対処方法を  知っておこう。→とりあえず「詳しい友人」 が必須。 パソコンメールの添付ファイルには十分に注  意する。 ウィルス対策ソフトも100%万全ではない。  メールソフトを変えてみよう。  ソフトを変えたくないなら設定で対処しよう。  →設定方法を知っておこう。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 71
  • 72. ネット社会のエチケット トラブルにならないために。  とにかく相手を思いやろう。  自分の発言に責任を持つ。  感情的にならず冷静な対処を、一晩寝かす。  メールを勝手に転送したり公開をしない。  メールの同報機能にも注意  ファイルの添付は相手の事情を考慮して。  掲示板やチャットではコミュニティのルール  に従う。 公序良俗違反の書込みには注意すること。 72 2009/4/15  高度情報化と社会生活
  • 73. ネットの利用は気をつけて 知らない人は怪しい人だと思い  ましょう。  おいしい話は「絶対に」ありま せん。  怪しいサイトには怪しい情報ば かり。  気をつけるに越したことはあり 2009/4/15 高度情報化と社会生活 73
  • 74. サイバー社会の3原則 ネットには制約はない。 ネットはけっして忘れな い。 ネットは個を際立たせる 。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 74
  • 75. 次回の講義予定 4月22日 ウェブの活用とブログの初歩 高度情報化と社会生活 2009/4/15 75
  • 76. 本日の講義を終わります。 アンケートを提出をして、退出をし  てください。  講義の進め方について、質問がある 方はこの場で個別に対応します。 2009/4/15 高度情報化と社会生活 76