Your SlideShare is downloading. ×
0
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
5 1 facebook2 2013
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

5 1 facebook2 2013

46,666

Published on

大分大学教養科目「高度情報化と社会生活」2013年度5月1日講義資料 …

大分大学教養科目「高度情報化と社会生活」2013年度5月1日講義資料
「Facebookの使い方」

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
46,666
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 2013年5月1日「Facebookの使い方」2013/5/1 高度情報化と社会生活 1第4回
  • 2. 高度情報化と社会生活 教養科目 水曜日 第3限目 講師 藤野幸嗣 yuki@fujino.com 講義資料のウェブのアドレスhttp://www.fujino.com 講義連絡用ツイッターアカウント@fujinocom 講義用のハッシュタグ#kjoho2013/5/1 高度情報化と社会生活 2
  • 3. 本日の講義概要 今週のトピック 講義の課題と注意しておく点。 Facebookの使い方。2013/5/1 高度情報化と社会生活 3
  • 4. 今週のトピック2013/5/1 高度情報化と社会生活 4
  • 5. 受講生の学年別 内訳511092313人数1年生2年生3年生4年生以上196名2013/5/1 高度情報化と社会生活 5
  • 6. 受講生の男女別 内訳12175人数男性 女性196名2013/5/1 高度情報化と社会生活 6
  • 7. 受講生の学部別 内訳80175940人数 医学部福祉教育経済学部工学部196名2013/5/1 高度情報化と社会生活 7
  • 8. 課題の状況 5月1日9時 講義資料のページへの参加登録 ?名 講義用グループへの参加登録 180名 課題提出用ページの作成と申請 99名昨年同時期〜105名 課題提出の準備ができていない受講生は急いで設定を行うこと。 課題の締切は次回の講義時間までなので、後でまとめて提出することはできません。2013/5/1 高度情報化と社会生活 8
  • 9. Facebookってややこしい? 複雑な人間関係をアーキテクチャに搭載しようとしているから。→じつは、これでもかなりシンプル? ソーシャルなネットワークをビジネスのプラットフォームにしようとしているから。→個人アカウントとビジネス(ページ)との違い。2013/5/1 高度情報化と社会生活 9
  • 10. ザッカーバーグの世界2013/5/1 高度情報化と社会生活 10「フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた) 」Facebookの誕生と発展を描いたドキュメンタリー
  • 11. Facebookの利用規約 実名による一人一アカウントが原則。 Facebookの通報システム。アカウントを報告・ブロック2013/5/1 高度情報化と社会生活 11
  • 12. 万一アカウントが停止されたら 公的な身分証明書をつけて利用申請を行う必要があります。2週間~一ヶ月ぐらいかかるという報告があります。 偽名や組織名によるアカウント取得、複数アカウントには注意、運用停止に。 Facebookでサブアカウント作成している人はただちに片方を削除しておくこと! TwitterやGmailなどでは複数アカウントでの利用は問題ありません。2013/5/1 高度情報化と社会生活 12
  • 13. 他にもある停止リスク やたらに友達申請をする。 スパムコメントを書きまくる。 頻度の高い連続投稿。 「なりすまし」や「架空アカウント」に疑われる。 品のない投稿。→通報システムによって調査される。一時停止やアカウント停止などのペナルティがあります。2013/5/1 高度情報化と社会生活 13
  • 14. Facebookで道に迷わない 自分自身の課題用ページに「いいね!」をしておくこと! →プロフィールから発見 ブラウザのブックマークで自分のページや講義のページをお気に入りにいれておく。 Facebook自体にもブックマーク(リスト&お気に入り)機能があります。 左カラムに設定したリストやお気に入りへのリンクが表示されます。2013/5/1 高度情報化と社会生活 14
  • 15. 出欠について 講義のグループに「イベント」の機能を使って、出欠をとっています。 出席の際は必ず「事前に」参加ボタンをおしておくこと。出席点が加点されます。 なお、欠席しても減点はしません。 遠隔講義で講義ノートを書く自信がある人は出席扱いでかまいません。 ただし動画のアーカイブの公開が遅れる場合があります。2013/5/1 高度情報化と社会生活 15
  • 16. 講義の準備にやること(1)1.Facebookに登録をする。2.講義用のFacebookページ「藤野幸嗣の高度情報化と社会生活」に参加登録(いいね!)をする。3.所属、学籍番号、氏名をメッセージで送る。←講義用の秘密グループに参加登録します。「高度情報化と社会生活2012」2013/5/1 高度情報化と社会生活 16
  • 17. 講義の準備にやること(2)4.講義ノート用に各自のFacebookページを作成します。ページ名に必ずフルネームを入れること。ページーオーナーとして個人プロフィールへのリンクをつけること。自分のページに「いいね!」を忘れない。5.作成したFacebookページへのリンクを講義用のメインのFacebookページ「藤野幸嗣の高度情報化と社会生活」のウォールに投稿すること。2013/5/1 高度情報化と社会生活 17
  • 18. 毎週の課題6.講義に関連する記事を5件「自分のFacebookページ」に投稿します。7.5件とは別に課題を週一件「自分のFacebookページ」に投稿します。8.他の受講生のページに参加をします。~自分が読んでみたい人のページだけ。9.他の受講生の投稿にもコメントや感想をいいね!などをします。2013/5/1 高度情報化と社会生活 18
  • 19. 今週の課題 講義で扱って欲しいテーマの希望、できれば、その理由も一緒に書いて下さい。Ex. スマホ動向、Twitter、ネットのセキュリティ、情報教育、電子政府、電子書籍、ネットカルチャーなど。 締切は来週の講義開始(5月8日)まで。 これとは別に講義に関連するネット上の記事の紹介を自分のFacebookページに5件以上投稿をしておくこと。 内容は任意、できれば講義の内容に関することが望ましい。 余裕のある人は、講義ノート(講義のメモや感想)の投稿もお願いします。(これは必須ではありません)2013/5/1 高度情報化と社会生活 19
  • 20. 課題ページの確認 受講生の講義課題ページのリストに掲載されます。 このリストに掲載されていないページは認知されていません。 ページを作成したのにこのリストに掲載されていない場合には、至急連絡をください。 私から「いいね!」が付かない場合にも。2013/5/1 高度情報化と社会生活 20
  • 21. 課題について とりあえず慣れるまでは適当に何でも書いてください。 慣れたら、講義に関すること、ネットの利用、パソコンやケータイに関することなんでもかまいません、「情報化」や「情報社会」に関すること、記事へのリンクなどを感想付きで書き込んでください。 できれば「毎日」Facebookにログインして、ひとこと書くことを講義の間の習慣にしてください。2013/5/1 高度情報化と社会生活 21
  • 22. 課題のページについて 友達にも参加登録をしてもらいましょう。 受講生同士の友達の講義用のページで「いいね!」して参加登録を積極的にしましょう。 読んだら「いいね!」したりコメントしたりしましょう。 注意!参加者が100名を越えるとページの名前が変えられなくなる。2013/5/1 高度情報化と社会生活 22
  • 23. 社交としてのWeb これからは自分が「何を覚えているか」ではなく、「○○を知っている人を知っていること」がモノをいう時代になる。 知り合い同士だけではなく、新しい知己を知り、互いの関心を確認する。 所属氏名を明らかにして、社会生活の中でネットの活用をする。 知り合いが増えれば、問題解決能力も増す。2013/5/1 高度情報化と社会生活 23
  • 24. Facebookの本来の使い方 個人のアカウントで友達をつくって、記事のやりとりをします。 公開範囲は記事によってマチマチ。 やりとりの中身も人それぞれです。この講義では「Facebookページ」という企業や組織向けの機能を課題として使います。個人アカウントの活用には干渉しません。2013/5/1 高度情報化と社会生活 24
  • 25. Facebookページの位置づけ2013/5/1 高度情報化と社会生活 25Facebookの友達やグループ企業や組織の公式Facebook ページ企業や組織の公式Webサイト連携閲覧 記事の投稿
  • 26. なぜFacebookページなのか? 講義ではFacebookページでの投稿を課題としています。ややこしく感じることもあると思います。 「公開の場」における投稿の訓練。 個人のウォールでの投稿では「プライバシーの問題」が生じるから。 企業など組織で活用するための訓練。 講義終了後に、ページなら簡単に削除ができる。2013/5/1 高度情報化と社会生活 26
  • 27. Facebookで書く場所。1.自分のウォール→個人的な出来事。ここは他人に見られてもかまわないことを書く。2.自分の講義用Facebookページ(講義課題)講義の感想や個別の記事など。ネットや情報社会について考えていること。3.講義資料用のページ(藤野幸嗣の高度情報化と社会生活)自分のページの紹介。皆に共通する質問など。4.講義用のグループ出欠やアンケートなど。2013/5/1 高度情報化と社会生活 27
  • 28. Facebookを実践する理由1.世界中の知識がWebに集約される時代Webをソーシャルに使いこなすことが大事。2.Webサービスへの登録やアカウントの管理、パスワードの管理などネット社会を生きるためのノウハウを知っておく必要がある。3.ネットを使い、人から見てもらえるための自己表現を経験しておくことが必要。4.社交としてのネットの活用を実体験する。5.ひょっとしたら就職してFacebook運用の担当になるかもしれない?2013/5/1 高度情報化と社会生活 28
  • 29. 講義中のFacebookの活用 感想や課題は講義用に作成した自分のFacebookページに投稿してください。→この場合に投稿を読めるのは講師を含めてページに参加登録をしている人。 または講義資料用のFacebookページのウォールでもかまいません。→この場合には講義資料のページに参加している全員が読むことができます。 どちらに投稿しても評価カウントします。2013/5/1 高度情報化と社会生活 29
  • 30. 参加したくなるページ運営 プロフィールは友達申請をしたくなるように。写真は自分自身の写真、自己紹介も書く。個人タイムラインの記事も非公開にしないこと。 Facebookページ(講義ノート)も友達が参加したくなるように。写真は自分の写真が望ましい。きちんと説明も書く。人に読んでもらえる文章や投稿を心がける。写真やリンクなども、なるべくつける。楽しく読んでもらえるような文章や表現を。2013/5/1 高度情報化と社会生活 30
  • 31. 何を書くのか? 個人のウォールには、身の回りの出来事。何をしているか?何をしたか?友達に伝えたいこと。撮影した写真など。→これらは講義の評価には関係がありません。 講義のページ(講義ノート)記事はネットの利用や講義についての感想、読んだ記事へのリンクや感想などを書く。当面は講義の課題を中心に、講義に少しでも関係があることなら、何を書いてもかまいません。この記事の数と内容で成績の評価をします。2013/5/1 高度情報化と社会生活 31
  • 32. Facebookはわかりにくい? 機能がどんどん変わるし、ボタンの位置も変わる。 使えていた機能は無くなるし、なんだか複雑? 「マニュアル型の人間」ではダメ。 基本的な使い方は毎日使っていれば、変化にそれほど戸惑うことはないと思います。 はやく慣れて、ネットの変化を楽しむことがコツなのかもしれません。2013/5/1 高度情報化と社会生活 32
  • 33. Facebookの友達について2013/5/1 高度情報化と社会生活 33
  • 34. 受講生同士で友達になる 講義資料のページで、受講生が自分の講義ページの紹介をします。 受講生のグループで一覧を見られます。 他の受講生の講義ページを購読する。→講義ページで「いいね!」をクリックする。 記事に「いいね!」や「コメント」をする。 お近づきになるなら友達リクエストを出す。2013/5/1 高度情報化と社会生活 34
  • 35. 友達申請と承認1.既にお互いがリアルな知合いの場合、いきなり友達申請をしても問題はない。2.相手を知らない場合はメッセージを一言添えましょう。(社交の礼儀)3.私が友達を承認、または保留する条件。顔写真、所属組織、自分のタイムラインの公開。ペットの写真やアニメ顔は論外。あと、投稿記事の中身も当然確認します。2013/5/1 高度情報化と社会生活 35
  • 36. 「貴重な出会いに感謝します」 知らない人からの友達申請によくある言葉です。 こうした切り口上で友達申請をしてくる人は、実は単なる売り込みだったり、友達の人数をやたらと増やしたいということだけです。 リクエストは保留→削除して、取り合わないようにしましょう。※友達の数の多さは自慢になりません。2013/5/1 高度情報化と社会生活 36
  • 37. とは言っても「友達」は貴重 Facebookはハーバード大学の学寮の同室の人達が考えて生まれた世界的サービス。 若者達がワイワイ騒いで面白がるところに「未来」はある。 ともかく「ぼっち」はやめ、Facebookで「友達」をつくりましょう。 ソーシャルな時代に「友達」や「仲間」は本当に貴重なものです。2013/5/1 高度情報化と社会生活 37
  • 38. 「友達」の戦略 むやみに増やさない方が良い。 とりあえず慣れるまでは実際の知り合いのみに限定。 「友達リクエストを出す」→「相手が承認」すると「友達」になります。 お互いの新しい記事がニュースフィードに出てくるようになります。2013/5/1 高度情報化と社会生活 38
  • 39. Facebook友達 実際の友達≠Facebookの友達 Facebookの「友達」とはお互いに近況が読めるようになっている関係のこと。 「友達」とはネット上のアクティビティをお互いに交換する関係をいう。 「フォロー」片方向で記事が読める。 知っているからといって「友達」にするかは要検討、同学科全員が友達になることに意味があるかのか、よく考えましょう。2013/5/1 高度情報化と社会生活 39
  • 40. 友達リクエストが来たら 知らない人の場合には「保留」に。 まったく縁がなく、怪しい知らない人の場合には「リクエストを削除」します。 やたらと外国人などから「リクエスト」が来たりします。リクエストは削除しましょう。 しかし、プロフィールやウォールの公開範囲を「友達限定」にしていると「友達リクエスト」に適切に応えられません。 「偽学生」や「なりすまし」にも注意すること。2013/5/1 高度情報化と社会生活 40
  • 41. 注意:講師への友達リクエスト 友達リクエストをしていただいてかまいませんが、承認をするかは「恣意的」です。 全員を承認すると私のニュースフィードが溢れてしまうので、私が記事を読みたい人のみを承認します。 「保留」をするので、私が個人プロフィールに書いた記事は読むことができます。 個人にご興味があれば「フォロー」も。 講義に関することはFacebookページの方に書きます。2013/5/1 高度情報化と社会生活 41
  • 42. 知らない人を友達にするのは危険 個人のプロフィールに書かれているメールアドレスなどの個人情報の収集を目的にした架空アカウントや業者がいます。 詐欺目的で近づいてくる人もいます。 意図不明な外国人、友達を増やすことを目的にした人などもいます。 とくに千人以上友達のいる人は要注意。 知らない人とは友達にならない。 もし知らない人がいたら「解除」する。2013/5/1 高度情報化と社会生活 42
  • 43. アカウントをフォロー フォローすると公開発言がニュースフィードに出てくるようになります。 「友達」は双方向ですが、フォローは片方向です。 友達リクエストが保留されてもこのフォロー状態になります。 友達やフォローしてる人を公開して他の人から確認できるようにするのが普通。 やたらフォロワーの多い人にも注意。2013/5/1 高度情報化と社会生活 43
  • 44. フォローをオンにする2013/5/1 高度情報化と社会生活 44ここにチェックをするフォローが許可される。
  • 45. 相互フォローにも注意。 目的はいろいろですが、やたらに知らない人をフォローして、Twitterと同じように、いわゆる「フォロー返し」を期待しているアカウントがいるようです。 無視するか、ブロックをしておいた方がよいかもしれません。 一般人で友達数やフォロー数が千人以上もいるのは、なにか変な意図を持ってFacebookを使っている可能性が高い。2013/5/1 高度情報化と社会生活 45
  • 46. 友達をランクに分ける。 「親しい友達」全てのアクティビティが表示される。別名ストーカーモード。 友達→エッジランクの表示。 知り合い重要な記事しか表示されません。2013/5/1 高度情報化と社会生活 46
  • 47. 友達をリストに分ける。 スマートリスト同じ学校出身、同じ勤め先、同じ地域に住んでいる友達などはあらかじめリストがあります。 リストをつくるリスト毎に読んだり、記事を投稿したりできます。学科の同級生、同じ趣味、同じサークルなど、いくつでも作成できます。2013/5/1 高度情報化と社会生活 47
  • 48. Facebookの記事の投稿2013/5/1 高度情報化と社会生活 48
  • 49. Facebookの投稿文字、写真、動画を投稿できます。文字数は気にしなくてもよいです。リンクは自動的にサムネイル(小画像)付のリンクが添付されます。2013/5/1 高度情報化と社会生活 49
  • 50. Facebookで発言する。 近況から自分のタイムラインに投稿する。リンク、写真、動画、イベント(へのリンク)などを添付することが可能。 投稿した記事や写真や動画はプロフィールのタイムラインに自動的に表示されます。 リンク、写真、動画はサムネイル(縮小画像)が添付されます。2013/5/1 高度情報化と社会生活 50
  • 51. Facebookの記事を書く1.自分のウォールに書く。友達がニュースフィードで読むことができる。2.「タグ」をつけると、宛先の友達やページのウォールにも表示できる。3.友達のプロフィールのウォールに書く。4.Facebookページのウォールに書く。5.グループのウォールに書く。2013/5/1 高度情報化と社会生活 51
  • 52. Facebookの発言 ホーム画面で、自分のウォールに書く。リンク 写真 動画 イベントの添付ができる。→これが基本。→自分の友達が読む。 発言にタグを付ける。(あまり使われないけれど)@ページ名 @グループ名 @アカウント名自分のウォール+他のウォールに同時投稿。2013/5/1 高度情報化と社会生活 52
  • 53. 記事は公開範囲を設定できる。 発言毎に公開範囲を設定できます。2013/5/1 高度情報化と社会生活 53
  • 54. 友達のタイムラインへの書き込み よほど親しいか、あるいは書き込んだ先の友達にどうしても周知したい場合以外は薦めません。コメントやシェアで対応しましょう。 「友達のウォール」は本人が中身に気を使って情報を出しているケースもあるので、そうした中身や雰囲気を壊すような投稿は慎んだ方が良い。 ページへの投稿も同じ。空気を読む。2013/5/1 高度情報化と社会生活 54
  • 55. Facebookでの写真の共有 友達の写真をアップする際には了解を。 アップした写真はアルバムの作成が可能。 写真はタグをつけられます。名前のタグをつけると、その人のプロフィールに自動的に表示されます。イベントの名前を共通にすると友達と写真を共有できます。パーティの後などで便利。タグをつけられたら外すことができます。タグを承認制にすることもできます。2013/5/1 高度情報化と社会生活 55
  • 56. 投稿は「公開」される情報 Facebook=個人の情報を発信すること。 「友達限定」の発言は実はかなり危険。→友達から別の公開場所に転載されるリスクが高い。どこに「公開」されても差し支えない投稿を。 あと、匿名でいろいろ無責任なことをいっていて、後で実名を「特定」されたときのデメリットも大きい。 最初から所属や実名を明記し、できる限り情報を一般公開して発信をしていく訓練をしておきましょう。2013/5/1 高度情報化と社会生活 56
  • 57. 何を投稿するか、考える習慣を 投稿ボタンをクリックすれば、世界中の人に(実際は自分の友達に)、簡単に情報を送ることができる。 投稿して記事を書くこと=自己表現になる時代に。 考える人か?考えない人か?リアルタイムも重要だが、あえて書かないということも大切。2013/5/1 高度情報化と社会生活 57
  • 58. 2013/5/1 高度情報化と社会生活 58投稿を考えることが大事この空白とても大事!
  • 59. 2013/5/1 高度情報化と社会生活 59投稿のPDCサイクル書く共有する調べる投稿ページやタイムラインへウェブTwitter検索RSS
  • 60. 2013/5/1 高度情報化と社会生活 60書くことで考えが整理できる パソコンで文章を書くことの利便性。 とりあえずなんでもランダムに書いて並び替えられる。 文字の切り貼りが自由に出来る。 図解をつけてわかりやすくできる。 強調や引用が簡単にできる。 リンクが埋め込める。 簡単に公表できる→メールやLINE、Facebookなどで。
  • 61. Facebookノートについて Facebookで長い文章(4000文字以上)を書くための標準のアプリ。 あまり凝ったことはできないが、後で編集ができる、複数の写真・画像が入れられるなど、ブログがわりに使える。 個人プロフィール、Facebookページ、グループそれぞれノートに書き込める。 投稿と違い、後で編集が出来る。 ノートをシェアできる。2013/5/1 高度情報化と社会生活 61
  • 62. Facebookノートの使い方 講義用に作成したページの画面にいきます。 「管理」→「Facebookページを編集」をクリックして、左のカラムから「アプリ」をクリック。「ノート」の「設定を編集」をクリック。「追加」をクリックすると、ノートが左カラムに出てきます。2013/5/1 高度情報化と社会生活 62
  • 63. ノートに記事を書く ノートのタイトルを記入する。 本文を書く。(パソコンのワードなどから貼り付ける方がよいです) 文字の飾りをつける。拡大・縮小・斜体や強調など 写真や画像を挿入する。 リンクを張る。2013/5/1 高度情報化と社会生活 63
  • 64. 2013/5/1 高度情報化と社会生活 64ノートではいろいろ出来る。 文字を書くこと。 文字を大きくしたり、太文字やイタリックで強調したり。 写真を添付すること。 画像をつけること。 他のウェブや他のノートの記事をリンクを使って紹介をすること。※直接Webに書くのでなく、なるべくペーストすること。
  • 65. 2013/5/1 高度情報化と社会生活 65Facebookノートの効用 書くことで考えがまとまる。→ひとつのテーマで考える習慣が身につく。 ネットに発表をすることで、楽しみや情報に広がりが発生する。→コメントや「いいね!」を積極的にもらう。 継続することで、考えることに流れが出来る。→進歩やまとまりを実感できる。 後で整理をすることで、より広がりが出る。
  • 66. 【重要】講義についての記事 毎週最低5記事+課題を投稿すること。 文字数の制限はありませんが、週に一つの課題についてだけは、ある程度まとまった量があること。400文字以上を想定。 講義のまとめや講義の感想などでもよい。 実際にネットを使ってみての感想なども。 それ以外の記事は自由に記載すること。 評価はFacebookの運営全体を評価します。2013/5/1 高度情報化と社会生活 66
  • 67. Webからの投稿の注意 うっかりページを移るボタンをさわってしまったりして、せっかく書きかけた記事が消えてしまうトラブルが多い。1.あらかじめワープロやメモ帳、エディタなどで書いて貼り付ける。2.メールから投稿する。3.従来型ケータイからも、メールでページに投稿をすることができます。2013/5/1 高度情報化と社会生活 67
  • 68. メールで投稿 Facebookページを編集→「モバイル」2013/5/1 高度情報化と社会生活 68
  • 69. 2013/5/1 高度情報化と社会生活 69最初はなんでも書いてみる 内容はどんどん変わってよい。 「考え方の変化」こそが「Facebookの本質」 過去の記事は見えなくなっていく。 でも消えない・・・ あとで整理をしてもよい、しなくてもよい。最初は個人プロフィールページに書いて、あとで講義用のページに貼り付ける、あるいはシェアをしてもよいです。
  • 70. 記事のメタデータ2013/5/1 高度情報化と社会生活 70発言者アイコン発言者の名前記事本文タグリンク先(抄録)とサムネイル書き込みリンクのアイコン投稿時刻クリックすると記事のパーマリンクアクションボタンコメントフォーム
  • 71. Facebookのアクション 友達の発言を読んだら。1.「いいね!」ボタンを押す。2.コメントを書き込む。3.「シェア」をして発言を紹介する。こうした反応を楽しむことが、Facebookの基本的な使い方です。2013/5/1 高度情報化と社会生活 71
  • 72. コメントする。 他の人の発言にコメントをつけられます。 賞賛や疑問への回答、感心など友達なら気楽にコメントをしましょう。 写真や動画、イベントの案内などにもコメントできます。 ある発言に、「いいね!」したりコメントをつけると、さらにコメントがあったときに知らせてくれます。「記事のフォロー」→「解除」もできます。2013/5/1 高度情報化と社会生活 72
  • 73. 「いいね!」ボタンをクリック。記事に対する「いいね!」とは。→記事に「いいね!」をした人の一覧が付く。→自分のタイムラインに記事に「いいね!」をしたことが記事へのリンク付きで表示される。→「いいね!」した記事にコメントが付くと「お知らせ」が届くようになる。友達の記事にも気軽に「いいね!」しましょう。Facebookの外のWebにも「いいね!」ボタンが設置できます。2013/5/1 高度情報化と社会生活 73
  • 74. 便利なブックマークレット Facebookにログインをした状態で、紹介したいページを開いて、ブックマークをクリックすると、自動的にリンク付きの発言ウィンドウが開きます。2013/5/1 高度情報化と社会生活 74http://www.facebook.com/share_options
  • 75. シェアする。 様々なところでシェアボタンを押すと、そのデータへのリンクがフィードされます。 写真や動画、イベントなどをお知らせしたい場合は「シェア」で周知する。 投稿された記事の本文をシェアするにはひと工夫が必要です。→投稿時間をクリックしてパーマリンクからシェアするようにします。2013/5/1 高度情報化と社会生活 75
  • 76. 「シェア」する。 「キューレーション=紹介」の基本。 自分が読んだネットの記事、facebookの記事、ツイートなどを友達にシェアする。 自分が興味のあることを友達に知らせる。 Twitterはリンクだけですが、Facebookではサムネイルや発言の概要も表示できる。2013/5/1 高度情報化と社会生活 76
  • 77. いろんなところにシェアできる自分のタイムラインやページなど投稿先に。2013/5/1 高度情報化と社会生活 77
  • 78. ニュースフィードの制御Facebookで記事を読む際の基本2013/5/1 高度情報化と社会生活 78
  • 79. ホーム画面2013/5/1 高度情報化と社会生活 79ニュースフィーだいたい、新規記事が上に表示されます。基本は「リロード」してここを見るだけ。トップボタンサイドボタン入力ウィンドウリストリアルタイムフィード広告
  • 80. ニュースフィードで閲覧2013/5/1 高度情報化と社会生活 80
  • 81. ニュースフィードとは Facebookの基本となるもの。 ここの流れだけを見ていればよいです。 ホームボタンかFacebookボタンを押すと更新されます。 「友達の記事」+「参加しているページの記事」+「アプリの記事」が表示されます。→時間順ではないことに注意。2013/5/1 高度情報化と社会生活 81
  • 82. Facebookとmixiの違い。 mixiはポータル(リンク集)日記やコミュの記事を一覧からクリックして、そこに見に行く操作が基本。 Facebookは「フィード」が中心。「フィード」とは「ストリーム=流れ」、ブログならRSSフィード、Twitterならタイムラインなど。「ニュースフィード」がメイン、ここを「リロード」して閲覧をするのが基本。2013/5/1 高度情報化と社会生活 82
  • 83. 「ニュースフィード」とは? Facebookの基本機能です。自分と友達の発言とアクティビティを「時間軸」と「親密軸」で「共有」します。写真や動画のアップロードも共有する。 Facebookページの更新を告知。 「アプリ」からのメッセージ。記事に「コメント」や「いいね!」をすることでコミュニケーションをとっていく仕組み。2013/5/1 高度情報化と社会生活 83
  • 84. フィードとは?最初はフィードには、なにも表示されません。2013/5/1 高度情報化と社会生活 84フィードはまっさらです。
  • 85. 友達ができました。まだ、なにも表示されません。2013/5/1 高度情報化と社会生活 85フィードはまっさらです。
  • 86. 友達が記事を投稿しました。友達が投稿。→あなたのフィードに記事が出てくる。2013/5/1 高度情報化と社会生活 86フィードに記事が見られるようになる。なにしてる?なにしてる?元気?元気?
  • 87. 貴方が記事を投稿しました。貴方が投稿。→友達のフィードに貴方の投稿した記事が出てくる。2013/5/1 高度情報化と社会生活 87記事を投稿します、フィードに自分自身の投稿が見られないこともあります。元気だよ元気だよ元気だよ
  • 88. ニュースフィードに表示させる 友達になる。→発言やアクティビティが表示される。→友達承認がなく「保留」でも表示される。→拒否やブロックされると見られない。→「フォロー」でも読むことが出来る。 Facebookページで「いいね!」をクリック。=「ページに参加した」→Facebookページの記事を表示。2013/5/1 高度情報化と社会生活 88
  • 89. 「エッジランク」に基づく表示 ニュースフィードでは、友達や参加しているFacebookページの記事の全てが表示される訳ではありません。 非公開の独自アルゴリズムに基づいて、関係の深い友達やたくさんの「コメント」や「いいね!」が付いた記事が表示されます。 自分の記事が表示されないこともあります。 全ての記事を読むには各プロフィールのタイムラインやFacebookページのタイムラインに見に行く必要があります。2013/5/1 高度情報化と社会生活 89
  • 90. エッジランクのアルゴリズム親密度×重要度×経過時間の関数で記事の表示順序が決まる。2013/5/1 高度情報化と社会生活 90
  • 91. エッジランクによる記事の格付け Facebookでは全ての投稿が表示されるわけではない。順序も時間順ではない。 Facebookで投稿が表示されるランク。 時間(投稿時間の近いものが上位に) 重要度(コメントやいいね!が沢山つくと上位に表示) 親密度(投稿者やそのページの投稿にたくさんコメントやいいね!をつけていると上位に表示されます)2013/5/1 高度情報化と社会生活 91
  • 92. ニュースフィードの制御 真ん中の画面を記事が流れていく。 ここを効率よく制御をすることがFacebookの使い方の基本。「ニュースフィード」に表示される記事。 友達の投稿 参加しているFacebookページの投稿。 参加しているグループの投稿。 アプリからの自動投稿。2013/5/1 高度情報化と社会生活 92
  • 93. ニュースフィードの表示管理 タイムシーケンシャル(時間順)ではない点に注意をすること。 リストを作る→リスト毎に表示する。特定の友達やページ、アプリを非表示にする。 メッセージの右肩の×をクリックする。 そのアカウントやアプリ、Facebookページからのメッセージを以降非表示にできる。 設定で再表示することができる。→アプリ毎の管理も可能。2013/5/1 高度情報化と社会生活 93
  • 94. Facebookの記事を読む1.自分のニュースフィードで読む。友達、Facebookページ、グループの発言。→これが基本。2.リストで読む。リストを作成して、リスト別に記事を読む。3.友達のプロフィールのタイムラインで読む。友達の発言だけが読める。4.Facebookページのタイムラインで読む。5.グループのウォールで読む。2013/5/1 高度情報化と社会生活 94
  • 95. タイムラインの記事を読む 個人のプロフィールの「タイムライン」自分と友達が読みます。記事を公開していれば、プロフィールを見に来た人が読むことができます。 Facebookページの「タイムライン」Facebookに登録をしてなくても、誰でも読むことができます。参加をすると新しい記事が自分の「ニュースフィード」に流れてきます。2013/5/1 高度情報化と社会生活 95
  • 96. 「タイムライン」はお洒落に 個人プロフィールのタイムラインには様々な行動記録が残されています。 タイムラインは個人の「行動」なので、基本は「一般公開」にしておきましょう。→思わぬ出会いがあるかも。 ただし、記事の中に変な情報が混じってないか、常に気を配りましょう。 友達からの変な写真やアプリからの変なお誘いなどはこまめに消しましょう。2013/5/1 高度情報化と社会生活 96
  • 97. 2013/5/1 高度情報化と社会生活 97次回の講義予定5月8日GmailとGoogleサービス

×