〜100万人から教わったウェブサービスの極意〜
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

〜100万人から教わったウェブサービスの極意〜

on

  • 2,792 views

2014/4/18 東工大グローバルリーダー教育院道場 発表資料

2014/4/18 東工大グローバルリーダー教育院道場 発表資料

Statistics

Views

Total Views
2,792
Views on SlideShare
1,696
Embed Views
1,096

Actions

Likes
7
Downloads
15
Comments
0

10 Embeds 1,096

http://blogos.com 434
http://lite.blogos.com 282
http://f-shin.net 192
http://feedly.com 128
https://twitter.com 26
http://admin.blogos.com 16
http://www.feedspot.com 11
http://digg.com 3
http://reader.aol.com 3
http://www.inoreader.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

〜100万人から教わったウェブサービスの極意〜 〜100万人から教わったウェブサービスの極意〜 Presentation Transcript

  • 〜~100万⼈人から教わったウェブサービスの極意〜~ デザイン思考でユーザーと寄り添いながらビジネスを作る 株式会社想創社    代表取締役 藤川真⼀一  
  • agenda •  ⾃自⼰己紹介 •  デザイン思考について •  ユーザーと寄り添うサービス開発 •  今後のインターネットサービスの⽅方向性
  • ⾃自⼰己紹介
  • 製造業のエンジニア
  • Web制作会社  「  特許公開2002-232817                コンテンツ処理理システム  」
  • 現状の肩書 •     想創社  代表取締役 •     BASE(株)  技術顧問 •     ツイキャス(モイ株式会社)      チーフアーキテクト    /    PRチームディレクター   •    慶応義塾⼤大学メディアデザイン研究科   後期博⼠士課程 「モバイル・インターネットを利利⽤用した、   近距離離コミュニケーションメディアの研究」    
  • インターネットビジネスと、 デザイン思考
  •       まずは、デザイン思考のおさらい   
  • イノベーションの種類 1.継続的イノベーション 2.破壊的イノベーション 3.技術的イノベーション 4.創造的イノベーション 成功したビジネスモデルを進化させ、スケールメリットで利利益を出す。 ⼤大企業的イノベーション。  マーケティングで適切切な市場を⾒見見つける。 低価格戦略略、フリーミアムモデル、シンプルな製品で市場のルールを変える。 卓越した技術を製品のコアに定義付け、技術⼒力力で新しいものを作る 技術がコモディティ化した時代に、既存技術の組み合わせの中で、 創造性を発揮して新製品を作る。
  • イノベーションサイクル 創造的イノベーション 破壊的イノベーション 持続的イノベーション 技術的イノベーション 新ビジネスの創造 ビジネスの成功 マーケティング活動 改善、新技術のニーズ技術のコモディティ化 低価格化
  • デザイン思考の成り⽴立立ち •  デザイン思考は、ビジュアルデザインの ⼿手法ではない。 •  IDEOが、「広義のデザイン」を使って、 問題をどう解決しようか?!を考えた。   「Design」  +  「Thinking」 今までにないものを作り出す「混沌」を 解決する⼿手順であり、ツール
  • 哲学、ビジョンの設定 フィールドワークによる   観察と分析 誰のために作るのか?   技術的実現性の確認   メンタルモデルの構築   ターゲットペルソナの設定   アイディア、プロトタイプ   ユーザシナリオ  (UXD)   詳細設計   実装、検証  
  • •  デザイン思考 •  リーン・スタートアップ •  リーンUX、HCD •  アジャイル開発
  • デザイン思考の基礎となる考え⽅方 •  ⽣生きるのに必要なものは、全て揃っている。      「実⽤用的価値」から「情報的価値」 •  顧客は、⾃自分が欲しいものがわからない •  ユーザーが「メンタルモデル」を構築できる 製品を提供する。 来て、⾒見見て、触って「欲しい」と思わせる。
  • テクノロジドリブンの難しさ
  • Firechat事件 •  iOSでは前から実現できた技術    複数端末のP2Pは、iOS5から使えてた!(Gamekit) •  Bluetoothチャット、すれ違い通信などは 前からチャレンジされてきたが話題にならず。 •  2014年年4⽉月にようやく話題に! (メッシュネットワークだから!?) •  タイミングが最も重要 社会情勢、ユーザリテラシー、etc…
  • スピード!・スピード!・スピード! ⽬目の前のトレンドに釣られて、 製品を作ってたのは間に合わない! バットを先に振っておく! 変化を作り出す!
  • 最後の「いいね」は常にユーザーの⼼心の中 ユーザーは欲しいものがわからないのに、 答えはユーザーの⼼心のなかにある
  • ユーザーと寄り添うサービス開発
  • モバツイ 2007年年4⽉月9⽇日にリリースした ケータイからTwitterを楽しむサービス ビジョン:「持ち歩くツイッター」 モバツイ=「Movable  Twitter」     not    twitter  clone!
  • 最初は⾃自宅宅サーバから
  • 2007年年  当時の特徴 東京MVTV  BLOG  TV 「Twitter  night」出演時の資料料より (2007.5.17)
  • twitterのログインID、パスワードを登録して、 ⽣生成されるURLを携帯に登録するだけ。
  • ・「0」を押すだけで最新表⽰示 ・テキストに⼀一⾔言書いて、すぐPOST ・いつでもどこでも「今」を共有
  • 友達⼀一覧 •  検索索機能、「思い」、 「思われ」を絞り込める。 •  本家より⾼高機能 •  オフ会などで、ダイレクトメッセージを 送るときに重宝するハズ。
  • 写ツ •  携帯メールを使って、写真をアップする機能 •  写真は、はてなフォトライフ •  メール、Web連携の携帯電話のユーザビリ ティは⾼高い •  もごもごに⼈人気が出て気合い⼊入った。0.6⼈人 ⽇日ぐらいで完成 •  写真を多くの⼈人と共有する最速の⼿手段
  • 初期のmovatwitter登録ユーザー数推移 2007年 2008年 2009年
  • 初期のモバツイ •  まだ、Twitter⾃自体の黎黎明期 ユーザー数が少ないほうが楽しかった (growthの観点では、2年年の下積み⽣生活) •  タイムラインでネタを⾒見見つけると、即実装   「はやっ!」と⾔言わせたい。 •  「笑顔と感動」、「おもてなし」 •  数を増やすことはこだわる。  (  UI  /UX  ) •  1万⼈人に使ってもらえる喜び
  • 4万⼈人を超えた頃の憂鬱 •  ユーザーが増え、誰が使ってるのかわからなくなる。 •  サーバ負荷の対処に追われる •  運営とユーザーとの距離離感 •  サービス運営の⼿手応えがなくなったので、 「寄付」を募ってみた。 沢⼭山の⼈人に反応いただいたが、 寄付はビジネスとして成⽴立立しないことに気がつく。
  • モバツイの成⻑⾧長要因 •  国内のTwitterブーム 勝間さんや、広瀬⾹香美さん •  Twitterから直リンクを貼っていただいた。 サードパーティとして認められた •  クラウドコンピューティングの登場 •  Adsense収益  >  EC2コスト   という収益の⽅方程式 •  広告媒体としてのTwitterの可能性 ソーシャルメディアマーケティングという⾔言葉葉の勃興
  • ユーザーに⽀支えられた受賞歴 •  2009年年 忘年年会議「究極のWebランキング」1位 •  2009年年 Mashable  Open  Web  Awards 「Best  Mobile  Based  Twitter  App」部⾨門 •  2010年年 Webクリエーションアウォード「Web⼈人賞」
  • デザイン思考にあてはめたモバツイ運営 •  WebベースのTwitterプラットフォームであることで、 ユーザーフィードバックには事⽋欠かない。 ⾮非常に恵まれた環境。 •  ⾃自分が⽇日本のTwitter⽂文化を少し担っている(つもり) というビジョン   (広告ビジネスにもつながる) •  モバイル本格化時代の⼊入り⼝口としての哲学 (持ち運ぶTwitter)
  • 今後のインターネットに思うこと
  • キーワード 「ビッグインターネットから、     スモールインターネット」
  •   Big  internet Small  internet Navigation from  search from  friends Share  data all  data favorite  data  only Disclosure open close Visibility  of  experience visible fragment Attention flow  (interesting) stock  (life  log) Data  Source from  Web  API from  Web  API Device PC Smart  Device Core  Service SNS Messenger Communication cloud real  life Data  Store all  cloud hybrid(device  and  cloud) Quality  of  Information various  senses reliance  between  friendsmany  spams Users  per  network biggest smallest(1〜~30  persons) Number  of  networks few  (facebook  ,  mixi  ,  2ch…) many  (in  real  life) Big  internet  or  Small  internet  |  F‘s  Garage          h8p://f-­‐shin.net/fsgarage/289
  • •  「友達」との共有 •  不不確実ではなく信頼性 •  モバイル、IoTによる実⽣生活志向 •  グローバルよりローカル ex.  楽天市場のような全国通販だけでなく、10km圏内の取引   マイルドヤンキー型ユーザー分布      よりリアルな⼈人⼝口分布がネットサービスに投影される
  •   あたりまえのインターネットの時代へ