Your SlideShare is downloading. ×
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Philosophy of Entrepreneurship
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Philosophy of Entrepreneurship

1,347

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,347
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 起業の哲学 ~ 短編 ~ version 1.0 ちかふじ りゅう First Post Date: 03/29/2010 Last Modified Date: 03/29/2010 短編絵巻 〜其の 壱 〜 http://www.FromBayArea.com
  • 2. 本書の目的 本書は、自分自身へ向けて発信するメッセージだ。起業活動のプリンシプルを記載するのが目的だ。
  • 3. 目次
    • Make Meaning
    • Do what’s best for the innovation
    • Serial Entrepreneur
  • 4. Make Meaning
  • 5. “ Make Meaning” とは、起業家論で 著名な Guy Kawasaki 氏 (*) が、かつて、 スタンフォードでの講義で使った言葉だ。 (*) 黎明期のアップル・コンピュータで、エバンジェリストというポストを”発明”し、マッキントッシュの普及に貢献。 その後、独立、幾つものベンチャー企業設立を経験。 現在は、アーリー・ステージに特化したベンチャー・キャピタルを運営するベンチャー投資家。 アントレプレナー関連で、最も人気の高いスピーカー、著者、ブロガーの一人。ホノルル出身。 “ the core, the essence of entrepreneurship is about making meaning ”
  • 6. “ Make Meaning” は、意訳すると「社会に新しい価値、意義を生み出す」という意味だ。
  • 7. 同氏のスタンフォードでの講演の一部を抜き出し、日本語訳したものを、右ページ以降に掲載する (*) 。 起業について、時に苦労しながら、僕が見出し、学んだことは、 起業家精神のコア、本質とは、つまるところ、社会へ新しい価値、意義を生み出すということだ 。 多くの人は、金を稼ぐために会社を立ち上げ、すぐにひっくり返る、ドットコムの現象はその典型だ。 僕は気付いた。僕が設立し、あるいは、創業に関係した、いずれの企業 — これらの企業は、基本的に世界を変えるため、世界をより良い場所にするため、新しい意義を生み出すために設立された ― も、社会に変化を生み出す企業なんだ。彼らが成功すべき企業なんだ。 (*) 下記 URL から、ビデオを聴講できる。 http://ecorner.stanford.edu/authorMaterialInfo.html?mid=1171
  • 8. 僕のナイーブでロマンティックな信条だが、もし、君が新しい意義を社会へ生み出すなら、君は恐らくお金を稼げるだろう。しかし、金儲けのために始めるなら、君は恐らく社会に意義を生み出すことはなく、お金を稼ぐこともないだろう。 そこで、僕の最初の考えは、 君達は社会へ意義を生み出す必要がある ということだ。そのことが、君がなぜ会社を起こすのかのコアになるべきなんだ。 社会に意義を生み出す方法は3つある 。 その第一は、 クオリティ・オブ・ライフを向上する ことだ。 僕のバックグラウンドは、アップルコンピュータのマッキントッシュ部門だが、僕は絶対の自信を持って言える、僕たちはお金を稼ぐことに動機付けられていたんじゃない。僕たちは、人々をより創造的に、より生産的にすることで世界を変えようとすることに動機付けられていたんだ。 僕たちは、マッキントッシュ・ユーザーのクオリティ・オブ・ライフを向上することに取り組んでいたんだ。それって、すごいモチベーションだった。苦しい時期が何度も何度もあった。でも、そのモチベーションが僕たちを前進させ続けたんだ。僕らは、どのように人々の生活を変えられるかを考えながら、毎朝、目を覚ましたんだ。
  • 9. 社会に意義を生み出す2つ目の方法は、 間違えを正す ことだ。この魚は金魚鉢から飛び出した後は死んでしまうだろう (*) 。だけど、間違えを正すことの意味は、君が世の中の何か間違っていることを見つけ、あるいは何か間違えに気付き、君がそれを解決したい、そう強く望むことだ。 これは、特に公害問題や犯罪、虐待問題などに対する NPO に応用できるかもしれない、そして、 NPO のコアは、そのような間違えを終わらせることだ。 (*) スライドの写真を示しながら説明。 意義を生み出す3つ目の方法は、何か 良いことがなくなってしまうのを防ぐ ことだ。何か美しいもの、素晴らしいものに出会う、そして、君はそれが腐食していく、変っていく、制限されていく、その事実に我慢できないんだ、単純な気持ちだ、そうなることに我慢できないんだ。
  • 10. 君たちが企業や NPO 、教会、学校、その他、どんなことでも何かを始める場合、僕は君たちに求めたい。これら3つのモチベーションのいずれかを、これらの一つ以上のモチベーションを持って欲しい。 もし、君がこれらのモチベーションのいずれをも持てないのなら、僕は、君に何をやるのか再考することを勧める。 僕は、これら3つのことが偉大な組織を立ち上げる鍵だと思う。
    • Make Meaning
    • Increase the quality of life
    • Right a wrong
    • Prevent the end of something good
  • 11. 30 代も後半を過ぎた頃からだろうか。 起業に対して、漠然とだが、私も同じような考えを抱くようになった。 そして、この言葉に出会った。 “ Make Meaning” 、起業に関する私のプリンシプル、其の壱だ。
  • 12. Do what’s best for the “Innovation”
  • 13. 右は、スタンフォード OTL (*1) の基本哲学だ。特許のライセンス契約における意思決定の土台になっている。スタンフォードで生まれた技術が世の中で広く使われ、価値が認められることを優先するという方針だ。 例えば、ライセンス料を払うお金もないベンチャー企業でも、有望なビジョンと情熱、優秀な人材が揃っているなら、費用回収云々は一旦度外視、まずは使わせる (*2) 、という判断をする。技術は、世の中で使われてこそ、価値が認められるからだ。 (*1) The Office of Technology Licensing 大学の技術移転機関。日本では、通常、 TLO (Technology Licensing Office) と標記される。 (*2) お金の代わりに株を取得する、出世払いにする、等、柔軟に対応。 Do what’s best for the “technology” - Stanford OTL’s Philosophy
  • 14. “ Technology” を” Innovation” に置き換えれば、この哲学は、イノベータたる起業家の哲学になるだろう。 Do what’s best for the “ innovation ” - Entrepreneur’s Philosophy
  • 15. 自らが生み出したイノベーションが、早く、且つ、広く世の中で使われ、価値が最大限に引き出されることを優先する考えだ。
  • 16. “ Make Meaning” 、社会に新しい価値、意義をイノベーションという形で生み出すのが起業家だ。 そして、イノベータたる起業家にとっての最優先は、イノベーションが世の中に広く普及し、価値を最大限に認められることだ。 (*) もちろん、イノベーションを磨き上げるため、協力者たる社員や株主等のステークホルダーへは、インセンティブとなる大きな見返りも、生み出さねばならない。
  • 17. イノベーションを最優先に据える考えは、技術系企業が陥りやすい、技術屋の自己中心的発想から企業を守るだろう。何故なら、イノベーションは顧客しか評価できないからだ。マーケット指向の発想にならざるを得ないからだ。
  • 18. また、イノベーションを最優先にするという考えは、創業者が陥りやすい愚行からも、企業を守るだろう。
  • 19. 愚行、即ち、世の中に価値、意義を提供するという当初の目的を忘れ、会社を所有することが目的になってしまう愚行だ。 経営スキルもないのに会社を牛耳り、経営者であり続けることに固執する愚行だ。 経営者としての地位を維持するためだけに会社の独立性を延命し、貢献してくれた社員や投資家の犠牲を顧みない愚行だ。
  • 20. “ Do what’s best for the innovation” 起業に関する私のプリンシプル、其の弐だ。
  • 21. Serial Entrepreneur
  • 22. 日本史上、そして、恐らく世界史上、最高の起業家と称される渋沢栄一氏 (1840~1931) は、その生涯に 600 を超える企業・非営利法人を設立した。岩崎弥太郎氏と共に、日本産業界の半分を作った人物とも称される。 「岩崎弥太郎と渋沢栄一の名は、日本の外では、わずかの日本研究家が知るだけである。だが彼らの偉業は、ロスチャイルド、モルガン、クルップ、ロックフェラーを凌ぐ。 岩崎は日本最大、世界最大級の企業集団三菱をつくった。渋沢はその 90 年の生涯において 600 を超える会社をつくった。この二人が当時の製造業の過半をつくった。彼ら二人ほど大きな存在は他の国にはなかった。」 ーピーター・ F ・ドラッカー『断絶の時代』
  • 23. シリコンバレーを支えているのは、ビル・ゲイツ氏のような人物ではない。起業してある程度まで会社を育てた後は、他者/他社にその会社を任せ (*) 、自身は再び新しい企業を立ち上げる人々だ。次々と企業を立ち上げる、シリアル・アントレプレナーと呼ばれる人々だ。 (*) 通常、その後は経営に関与しない。もちろん、退く時までに沢山の株 ( ストックオプション ) を取得し、その企業が株式市場に上場、あるいは大手企業に買収された暁には、多額の見返りを得る。
  • 24. 0 から 1 を立ち上げるのが、シリアル・アントレプレナーだ。ベンチャー企業が成功するためには、その後、 1 を 100 にしなければならない。そのために必要な時間は、往々にして予測できない。 5 年なのか、 10 年なのか、あるいは 30 年かかるのか。 創業 Seed stage Early stage Middle stage Late stage Exit ( 上場 / 買収 ) 0 100 5~30 年
  • 25. 0 から 1 を立ち上げるには、運と度胸と創造力が必要だ。人材の絶対数は限られる。 シリコンバレーですら、その人数は限られている。
  • 26. 一方、 1 を 100 にできるプロフェッショナルは実は潜在的に少なくない。商社やメーカー等の事業開発経験者もその候補だ。 日本でも、潜在候補は多い。
  • 27. シリアル・アントレプレナーは、マクロ経済での新産業育成に効率的な方法だ。 0 を 1 にできる貴重な人材を長期間、一つの企業に縛り付けることがない。 2~5 年くらいで、 1 を 100 にできる後任者へバトンタッチし、自らは再び新しい企業を創業する。後任者へ何をすべきか方向を示し、後任者の得手を発揮してもらう。 0 100 0 100 0 100 バトンタッチ バトンタッチ バトンタッチ 創業 創業 創業 0 100 創業
  • 28. 革新的なことは、立ち上げ期のシリアルアントレプレナーが遂行する。その後、後任者がその路線で改善を重ね、事業を育てる。 渋沢・岩崎両氏の例を挙げなくとも、日本の企業文化に適した方法であろうことは想像できる (*) 。 (*) ただし、後任が見つかればの話。現状の人材の低流動社会では、後任者を見つけるのが大きな課題。しかし、大手企業の不振が続けば、早晩嫌でも人材の流動性は上がるだろう。既に 20~40 歳代で、日本の大手企業に見切りを付け始める流れは始まっている。
  • 29. アイデアと情熱があるなら、シリアルアントレプレナーになろう。 自分より、上手に経営できる人物が現れたら、その人に経営を任せてしまおう。
  • 30. 3~4 年に 1 社、起業するなら、 20 年で 6 社、渋沢栄一氏の 1% に達する。
  • 31. ビル・ゲイツではなく、渋沢栄一、岩崎弥太郎の生き方、即ち、シリアル・アントレプレナーが、これからの起業家の哲学だ。 未曾有の変化が待ち構え、沢山のアントレプレナー・シップが求められる時代、起業家に求められる基本マインドはシリアル・アントレプレナーだ。 「 岩崎と渋沢は、豊かな日本ではなく創造力のある強い日本をつくろうとした 。 いずれも経済発展の本質は貧しい人たちを豊かにすることではなく、貧しい人たちの生産性を高めることであることを知っていた。そのためには生産要素の生産性を高めなければならなかった。資金と人材の力を存分に発揮させなければならなかった。」 ーピーター・ F ・ドラッカー『断絶の時代』
  • 32. Serial entrepreneur 、起業に関する私のプリンシプル、其の参だ。
  • 33. 以上

×