Your SlideShare is downloading. ×
0
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

mercurial-users.jp speech at OSC2013 Tokyo/Spring

1,190

Published on

speech of mercurial-users.jp at OSC2013 Tokyo/Spring on 2013-02-23

speech of mercurial-users.jp at OSC2013 Tokyo/Spring on 2013-02-23

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,190
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Mercurial で簡単履歴管理 藤原 克則 1 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 2. 自己紹介 2 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 3. • 藤原 克則(FUJIWARA Katsunori) @flyingfoozy http://d.hatena.ne.jp/flying-foozy/• Mercurial プロジェクトへの関与 – メッセージ日本語翻訳のコミッタ – コントリビュータとして、日々修正を提案• 『入門Mercurial』(秀和システム刊)を執筆 3 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 4. GUIメインの入門書を出版します! • TortoiseHgを利用した、 GUIによる履歴管理の入門書 • 2月27日頃から順次、 店頭に並ぶ予定 (地域によって異なります)http://www.lares.dti.ne.jp/~foozy/fujiguruma/scm/mercurial-books.html#thgbook 4 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 5. 履歴管理とは? 5 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 6. 履歴管理の機能• ファイルの変更内容の記録/参照 – 変更内容ベースの情報: • 変更対象ファイル(What) • 変更箇所(Where) • 変更内容(How) – 変更に関するメタデータ: • 変更実施者(Who) • 実施日時(When) • 変更理由(Why) 6 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 7. 履歴管理の利点• 特定時点の状態への復帰 – 想定外の変更の取り消し – 以前の状態での動作確認• 記録内容を元にした履歴の検索/情報抽出 – 障害発生時の原因となった変更の特定 – 別視点での分析: ファイル別/作業者別の変更頻度など• 並行して実施される作業の隔離/統合 – 記録された情報をベースに行うので、何度でもやり直しができる 7 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 8. 履歴管理ツールの世代分類 8 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 9. 履歴管理ツールの世代分類• Bryan OSullivan 氏の 『Mercurial: The Definitive Guide』における分類 – http://www.lares.dti.ne.jp/~foozy/fujiguruma/scm/mercurial- books.html#bosbook 9 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 10. 第0世代• (一般的な)専用ツールを、全く使用しない履歴管理 – 『履歴管理』という名の『無法地帯』• 変更前/後ファイルの手動保存 – ファイル名末尾に日付をつけて保存 – 定期的に作業成果のアーカイブを作成• 複数人で並行作業する場合は – 同一領域を共有して並行作業するか、あるいは – 各自の作業後に、成果物を共有領域に上書き 10 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 11. 第0世代の問題点• メタデータ/変更内容の管理が面倒 – 別ファイル(テキストファイル or エクセル)で管理 – メターデータ相当の情報や、修正前の内容をコメントとして残す – 結果として、整合性の維持が困難になったり、可読性が低下するなど• 必要になってからの、履歴の振り返りが面倒 – 人手が介在するため、誤操作の可能性も高い• 成果記録の安全性確保が難しい – 操作ミスにより、他人の成果を上書きする危険性• エトセトラエトセトラ…… 11 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 12. 第1世代• 履歴情報の記録場所(リポジトリ)と、作業領域が隣接 – 代表的なツール: SCCS, RCS• 複数人で並行作業する場合 – 同一領域を共有して並行作業 – 同一ファイルへの同時変更を防止するための排他機能あり 12 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 13. 第1世代の問題点• 履歴が記録されている、一か所でしか作業できない• 並行作業での安全性確保が難しい – 同一領域を共有するため、作業成果の独立性が保てない – 排他機能を利用した場合に、排他解放漏れが多発する• エトセトラエトセトラ… … 13 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 14. 第2世代• リポジトリと作業領域が分離(『中央リポジトリ』型) – 代表的ツール: CVS, Subversion, Visual SourceSafe etc…• 独立した作業領域を使用できるので、 各自の作業成果の独立性が確保できる• クライアント/サーバモデルを導入したことで、 リモートホストでも作業可能 14 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 15. 第2世代の問題点• リポジトリへの常時アクセスが前提 – オフライン/ネットワークアクセス制限のある環境での作業が困難 – 応答性が、ネットワーク帯域やサーバ性能に左右される• 履歴記録内容が即時リポジトリに反映 – 作業の途中成果を、バックアップ代わりに記録したりできない• 機能実現上、並行開発に難あり – 履歴の記録が一本道であることが前提 – 継続的なブランチ運用が困難(マージに関しての配慮が不十分)• エトセトラエトセトラ… … 15 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 16. 第3世代• リポジトリと作業領域が隣接(ただし『分散リポジトリ』型) – 代表的ツール: Git, Mercurial, Bazaar etc …• 並行開発への配慮 – 履歴の枝分かれ/ブランチ運用の簡便化(=マージの簡便化) – 履歴管理で今最も熱い話題の1つが『ブランチ運用方法』なのは、 第2世代での不満の反動か?(笑)• 個々のリポジトリが、完結した(completed)履歴情報を保持するため、 他リポジトリと連携できない(オフラインな)状況でも、単独で動作可能• リポジトリ間で、相互に履歴情報の伝搬が可能 – 複数の手段/経路を選択可能 – 負荷分散が容易 16 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 17. 第3世代の問題点• 難しい(と思われている) – 『分散リポジトリ』という肩書が問題?• 運用の自由度が高い – ブランチ運用などは、最終的に組織としての、 『開発プロセス』や『品質保証方針』などとの兼ね合いになる – それぞれの組織にとっての『最適解』に到達するには、 ある程度の試行錯誤が必要かも? 17 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 18. Mercurialの利点 18 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 19. Mercurialとは?• 分散リポジトリ型(第3世代)の履歴管理ツール http://mercurial.selenic.com/• コマンド名は “hg” – “Mercurial” の名前の由来である『水銀』(mercury)の元素記号• Pythonをはじめとする各種OSSの履歴管理で採用 – 『A list of projects using Mercurial』 http://mercurial.selenic.com/wiki/ProjectsUsingMercurial 19 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 20. 概念モデルが簡単• 記録された履歴は、常に参照可能 – デフォルトの履歴一覧で常時出力される – 『HEAD を移動させると記録した履歴が見えなくなる』といったことが無い – 『一定期間参照されない履歴が破棄される』といったことが無い• 履歴の枝分かれ/ブランチの概念が単純 – Mercurialの『(名前付き)ブランチ』は、CVS/Subversionの『ブランチ』に近い概念 – Gitの『ブランチ』は概念レベルで別物 http://d.hatena.ne.jp/flying-foozy/20120801 参照• CVS/Subversion経験者や、履歴管理初心者にとって、 理解の障壁が低い 20 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 21. コマンドラインUIが簡単• 『1機能1コマンド』• 最小限の基本コマンドセットで履歴管理可能• オプションの名称/用途がコマンド間で統一• オンラインヘルプ/出力メッセージが、 (ほぼ)100%日本語翻訳済み – 折角の翻訳メッセージファイルが同梱されていない、 残念なパッケージを公開しているディストリビューションもありますが … 21 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 22. 強力な履歴検索機能• 複雑な条件指定でのリビジョン抽出が可能 – コミット実施ユーザ名 – コミット実施日時(期間指定可能) – 特定のリビジョンの子孫、あるいは祖先のみの抽出 – 特定のファイル/フォルダに関する修正実施リビジョン – マージ実施の有無 – エトセトラエトセトラ… – さらに、and/or や括弧(優先度指定)による任意の条件の組み合わせ• 使用例に関しては以下のブログエントリ等を参照 – http://d.hatena.ne.jp/flying-foozy/20120511/ 22 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 23. TortoiseHgなら簡単GUI操作 23 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 24. 各種IDE向けプラグイン• 詳細は Mercurial の Wiki ページで – 『Information about other tools that work with Mercurial. 』 http://mercurial.selenic.com/wiki/OtherTools 24 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 25. エクステンションによる機能拡張• 標準同梱の『エクステンション』を有効にすることで、 Gitと比較して遜色のない機能を使用可能 – 履歴改変: rebase, histedit, MQ – CUI利用時に便利な機能: color, progress, pager, record – 挙動拡張: eol, keyword, largefiles• 基本機能と分離することで – 初期導入のコスト(覚えなければならない事)を下げる – 不慣れな利用者による履歴破壊の危険を回避 25 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 26. Mercurial導入の障壁 26 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 27. 情緒的な障壁• 履歴管理ツール自体に対する無理解 – 『履歴管理ツールなんて必要ない』、『手動管理で十分』 – 『自前のツールの方が良い』、『OSSは品質が不安』• 変化への抵抗 – 『変更を”管理”されるのは嫌だ!』 – 『新しいことを覚えるのは面倒だ!』 27 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 28. 導入コストの障壁• 既に第2世代ツールが運用されている環境では 第3世代ツールのメリットがなかなか理解してもらえない – 『小規模なら第2世代で十分』と考えがち – 不便な現状に順応し過ぎて、問題の存在を認識できない • ブランチ運用の困難性 • 中央リポジトリ型の運用柔軟性の低さ• 結果として、初期導入コストに対する抵抗がある• 組織の規模に比例して、コスト由来の抵抗は増加 28 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 29. 政治的な障壁• 顧客からの使用ツール指定• 第1~2世代ツールの開発元/販売元 29 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 30. ゲリラ的Mercurial導入のススメ• 『組織へのMercurialの導入』を目的にすると大変 – 組織の論理や、情緒的な話には、付き合うだけ無駄• とは言え、周りが使うツールに合わせることで、 自分(達)まで地獄を見る必要は無いよね?• こっそりMercurialを使って、 せめて自分(達)だけは生き延びよう! 30 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 31. 31 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 32. あるいはトムソーヤ的戦術• 『~~で便利なので、Mercurial を導入しましょう!』 ⇒ 『あーあー、やりたくなーい!面倒臭ーい!』• 『皆さん大変ですね。私は個人的にMercurialで管理 してるから困りませんけど。おっと、口が滑った。』 ⇒『何それ?俺達にも教えろ、ゴラァ! (#゚Д゚)』 32 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 33. ゲリラ的Mercurial導入 33 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 34. ゲリラ的Mercurial導入では…• 自分(達)の作業成果は、内部的にMercurialで管理• 対外的には、他の履歴管理ツールを使っているように 見せかける – CVS、Subversion、あるいは第0世代ツール(=手動管理)• 自分(達)以外の作業履歴もMercurial側に取り込む – 履歴検索等での利便性 34 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 35. 運用方針• 連携先(=他の履歴管理ツール)からの取り込みは自動変換• 連携先への反映は、連携先のツールを使用 – Mercurial側のリビジョンと、連携先に反映されるリビジョンとの間での、 一対一対応の制約を回避 – 制約回避によって、Mercurial 側での内部的な履歴記録の自由度 (記録粒度/ブランチ利用等)を確保• 構成が多少複雑でも、誤操作の余地が少ない手順• 第0世代ツールでの取り込み/反映は、手動で頑張る…orz 35 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 36. 全体構成 36 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 37. 連携先からの履歴取り込み• Mercurialリポジトリ repo-sync に、連携先から履歴取り込み – 基本的には、標準同梱の convert エクステンションで変換可能 • CVS, Subversion, Git, Bazaar etc … – 状況/形式次第では、3rd party エクステンション/外部ツールの利用も • hgsubversion エクステンションや Tailor など • 詳細は『Converting Repositories』参照 http://mercurial.selenic.com/wiki/RepositoryConversion• 連携先でのブランチ/タグもそのまま取り込み可能 – メイントランク(main trunk)の履歴は default ブランチに記録 – それ以外は、同一名称のブランチに記録 37 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 38. 38 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 39. 連携先(の main trunk)から取り込んだ履歴は、default ブランチに記録される。 39 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 40. 取り込み履歴の共有• 連携先とMercurial側とのすり合わせ作業は、 sync-default ブランチで実施 – default ブランチの最新リビジョンからブランチを作成(初回のみ) – 連携先から継続的に取り込まれた履歴は、 都度 default から sync-default にマージ – マージ成果は、リポジトリ repo-shared に反映 40 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 41. 41 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 42. default と sync-default の間では、常に default ⇒ sync-default 方向にのみマージを実施。 42 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 43. 独自作業成果の記録• 独自作業成果は、hg-default ブランチ上で記録 – sync-default の最新リビジョンから、ブランチを作成(初回のみ) – 連携先から継続的に取り込まれた履歴は、 sync-default ブランチを経由して hg-default にも都度マージ – チームメンバは、共有リポジトリ repo-shared 経由で成果を共有 – Mercurial の機能をフルに使用可能 • 独自の(=連携先には見せない)ブランチ作成 • 名前なしブランチで複数ヘッド状態 • 共有リポジトリを経由しない履歴伝搬などなど 43 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 44. 44 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 45. hg-default あるいはそこから派生したブランチ上の履歴記録は、連携先の管理モデル(e.g. 一本道)の制約を受けずに、Mercurialの機能をフルに使用可能 45 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 46. 独自作業成果反映用リポジトリの作成• 作業領域の『ハイブリッド』(hybrid)化 (初回のみ) – 連携先からのチェックアウト “cvs checkout” や “svn checkout” – チェックアウトした領域を、Mercurialリポジトリとしても初期化 “hg init” (+ “hg pull repo-shared”) 46 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 47. 連携対象 47 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 48. ハイブリッド領域の同期• 連携先の最新リビジョンで、作業領域を更新 – 最新内容で強制的に上書き: “cvs update –C” など• sync-default ブランチの最新リビジョンで、作業領域を更新 – 最新内容で強制的に上書き: “hg update –-clean sync-default”• 連携先に対して、差分の有無を確認 – “cvs diff”, “svn diff” など• 差分があるなら、『連携先からの履歴取り込み』から繰り返し – こちらの作業中に、連携先に新規リビジョンが追加されている筈 48 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 49. 連携対象 49 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 50. ハイブリッドリポジトリの作業領域同期では、Mercurial側の同期対象が、defaultブランチではなく sync-default上のリビジョンである点に注意。defaultは連携先からの取り込み専用として使用し、成果統合等のすり合わせ作業は、sync-default上で実施する。 50 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 51. 連携先への独自作業成果の反映• hg-default ブランチから sync-default にマージ• repo-hybrid リポジトリにマージ結果を反映• repo-hybrid の作業領域をマージ実施リビジョンで強制更新 – “hg update –-clean sync-default” – 事前に適切に同期されていれば、 マージした独自作業成果=連携先との差分=連携先への反映内容• 連携先に変更内容を記録 – “cvs commit”, “svn commit” など – 必要であれば、新規ファイルの add や、不要ファイルの remove も、 commit 前に手動で実施 51 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 52. 連携対象 52 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 53. ハイブリッドな作業領域が、先述した要領で連携先/Mercurialの両方に同期された状態から作業することで、hg-default ブランチからマージした独自作業成果Xを、連携先にCとして適切に反映することが可能。 53 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 54. 独自作業成果反映直後の、連携先からの取り込みでは、X と同内容の C が取り込まれるが、『B⇒C』と『b⇒X』は全く同一の変更になることから、CとXのマージは、Mercurialでは衝突等が発生しない。 54 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 55. リポジトリ/ブランチが多数登場するが…• 役割を固定化することで: – 作業手順を固定化可能 – 『状況に応じた判断』に由来する誤操作の危険性を低減可能• 1つのリポジトリ/ブランチで、役割を兼務させると: – うっかり他の作業を実施してしまうかも? – 『ハイブリッド領域の同期』などで、手順が増えてしまうかも?• これだけブランチ/マージを多用しても、 Mercurialなら楽々運用可能 55 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 56. 日本でのコミュニティ活動の紹介 56 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 57. メーリングリスト• mercurial-ja – https://groups.google.com/forum/?fromgroups#!forum/mercurial-ja – リリース情報/障害情報等もアナウンスしてます 57 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 58. Twitter• 公式コミュニティアカウント @mercurialjp• 公式コミュニティハッシュタグ #mercurialjp 58 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 59. 公式サイト• http://mercurial-users.jp/ – イベント開催/参加情報 • 勉強会の開催 • 各種イベントでの出張ハンズオンなど – 最新版の日本語オンラインマニュアルの公開 – 各種情報へのリンク • メーリングリスト等へのリンクも! 59 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 60. つぶやきも立派な貢献です!• Twitter上の発言等に由来する、 Mercurial本体に取り込まれた修正が、 2012年の一年間で10件以上 – 『Mercurial に関するコミュニティ由来の成果(2012年版)』 http://d.hatena.ne.jp/flying-foozy/20130109• 疑問/要望等あれば、どんどんお寄せください 60 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 61. 勉強会開催情報• “TokyoMercurial” と題して、 03/23(土)に勉強会を開催します http://connpass.com/event/1855/• お菓子を食べながらの和やかな会ですので、 『履歴管理ツールの利用は初めて』な方から、 『Mercurialの中身を知りたい』な方まで、 お気軽に参加ください! 61 OSC 2013 Tokyo/Spring
  • 62. 本日はありがとうございました 62 OSC 2013 Tokyo/Spring

×