ソフトウェアメンテナンス & サポートの合理化

  • 111 views
Uploaded on

Fx sd slo_smsr-jpy_jan14

Fx sd slo_smsr-jpy_jan14

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
111
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
1
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 支出を抑える 多くのIT組織において、IT運用コスト(ITOPEX)予算 のかなりの部分がソフトウェアメンテナンスおよび サポートのコストに充てられ続けています。ITチー ムが、ソフトウェアメンテナンスおよびサポートの ニーズの合理化を目的とする標準化された、先を見 越したアプローチを確立して投資による利益を最大 化しない限り、このエリアの支出を抑えることは至 難の技です。 一貫したレベルのデューディリジェンスおよび十分 なガバナンスの実施がなければ、ビジネス要件と契 約したベンダサポートレベルとのずれが高い確率で 生じます。その結果、次のことが起こりえます。 ・不必要な支出 ・ビジネス継続性に関する懸念 ・ユーザの不満足 Flexera SoftwareはITチームがこの課題に取り組む 際のお手伝いをいたします。弊社のソフトウェアメ ンテナンス&サポート合理化サービスでは、メンテ ナンスおよびサポートのレベルの「適切な規模選 択」の際の厳正な決定プロセスのお客様のIT組織に よる開発を弊社のエキスパートが支援します。厳正 な管理を行うことにより、通常6~15%のコスト削減 が達成されます。 メンテナンスとサポートの更新管理を効率化する ソフトウェアメンテナンス&サポートの合理化サー ビスは、お客様の企業の頑健な合理化手法の開発お よび導入を加速する、コンサルティングサービスに よるエンゲージメントです。本エンゲージメントの 期間中、Flexera Softwareのコンサルタントとお客 様の企業のITスタッフの皆様が連携して、メンテナ ンスおよびサポートの更新管理を目的とする非常に 効率的なプロセスの開発を行います。 弊社の熟練したスタッフは、ソフトウェア資産管理 (SAM)のみならずIT支出管理のベストプラクティス にも精通しています。ですので、お客様のITチーム の皆様には、弊社のコンサルタントがお客様の企業 と同様の組織で行った多数のエンゲージメントを通 じて得てきたノウハウおよび経験を活用していただ けます。その結果、お客様の企業に最適のアプロー チを迅速に開発することができます。本エンゲージ メントの締めくくりとして、お客様の企業へのノウ ハウ伝達を行います。 データシート ソフトウェアメンテナンス & サポートの合理化 (Software Maintenance & Support Rationalization) メンテナンスおよびサポートの更新管理の効率化による、ビジネス継続性 の向上およびコストの削減 お 客 様 の 組 織 へ の メリット • ソフトウェアのメンテ ナンスおよびサポート の更新を先を見越して 綿密に管理することに より、ソフトウェア支 出を6~15%削減できる • 一貫した徹底的な管理 により、ベンダによる 契約に即したレベルの サポートの提供を確実 にできる • ビジネス継続性および コスト管理に関する企 業目標を支援できる • ・ ノ ウ ハ ウ 伝 達 に よ り、ソフトウェアメン テナンスおよびサポー トの管理を継続的に、 成功裏に行うことがで きる
  • 2. ソフトウェアメンテナンス&サポートの合理化サービス ソフトウェアメンテナンス&サポートの合理化 20日間にわたり行われる本エンゲージメントでは、評価、最適なアプローチの特定、文書化、テストを行います。 目的 メンテナンス&サポートの合理化サービスの4つの主要目的は次のとおりです。 • ソフトウェアメンテナンスおよびサポートのニーズおよびコストに関する意思決定を十分な情報を得た上で行うに当たっ て考慮すべき要因に対する、お客様の企業の担当者様の意識を高める • 合理化プロセスに不可欠なデータが格納されたデータベースを特活および活用する • お客様の企業の特有のニーズを満たす最適な合理化戦略の開発と文書化を行う • ベンダポートフォリオから選ぶ代表サンプルを対象としたテストを行い、本サービスの結果得られる合理化手法の価値を 立証する 現在の 合理化アプロー チの評価 第1週 第2週 第3週 第4週 コンポーネント主な活動成果物 合理化 アプローチ最適 化されたかどう かを確認 ドキュメント 合理化最適化さ れた 方法論 新しい方法パイ ロット '知識の伝達 現在の 状態のプロセスマニ ュアルを確認 合理化戦略代替案を 検討 &ドキュメント プロセスフローを開 発 ベンダー更新パイロ ットのための識別 主要な利害関係者に 対する聞き取り調査 の実施 戦略&ampの実行可 能性を評価し、 代替アプローチ を定義(&のロール & 責任ドキュメント パイロット 合理化最適化された 方法論 最近の 合理化 例確認 現在の状態の概要: 1。長所 2します。ギャップ 3します。た改善のための 推奨事項 最適化された 合理化 戦略とアプローチ プロセスのドキュメン ト (レベル3) RACIマトリックス データソース& 要素をマップ 合理化 パイロットベンダーの 知識伝達ワークショッ プreommendations 最適な戦略 &アプローチに合意 を得る データフロー とツールのサポート を定義 主要な利害関係者へ の知識の伝達を実施 知識の伝達
  • 3. ソフトウェアメンテナンス&サポートの合理化サービス 提供アプローチ 本サービスはコンサルティングによる短期間のエンゲージメントとして行われ、Flexera Softwareのコンサルタントが次のこ とを行います。 • 下記について、メンテナンスとサポートの合理化の現状を評価する ―プロセスを示した既存の文書を再検討する(既存の文書がある場合) ―主要な担当者様へのインタビューを行う ―最近行われたメンテナンスおよびサポートの更新の代表サンプルについて、出力された結果、入力データ、プロセ ス、使用されたツールの分析などにより、再検討を行う • 次の項目に重点を置いて、主要な評価結果の概要をまとめる ―強み(推進因子) ―ギャップ(抑制因子) ―アドバイス(役割、プロセス、データ、ツール全般について) • 最適な合理化の戦略およびアプローチを提案する • 役割、プロセス、データ、ツールを含む合理化手法を文書化する • 対象とする一部のベンダに対して合理化手法の導入およびテストを行う • プロセス担当者様向けにノウハウ伝達セッションを行う プロジェクトのタイムライン サービス内容 本エンゲージメントのサービス内容は以下のとおりです。 • 役割、プロセス、ツール全般についての高レベルな評価結果の概要 • 合理化の手法およびアプローチの提案 • 合理化プロセスの文書化 • 合理化における役割定義および責任分担表 • 合理化のための主要なデータエレメント(ソフトウェアのアップグレードプラン、廃棄日など)およびデータソースのマッ プ • 新しい合理化手法のテストの実施結果に基づく、テスト対象の一部のベンダに関するアドバイス • ノウハウ伝達ワークショップ 主要な顧客層 本サービスは、科目としてメンテナンスおよびサポートが含まれるIT 運用コスト予算の管理を担当するIT職員の皆様を対象 としています。ITインフラ指揮者、ITドメイン指揮者、および特定のビジネスエリア、ITベンダ管理、IT調達、あるいはITフ ァイナンスで使用されるアプリケーションの管理を担当するアプリケーション責任者の皆様が含まれます。 前提条件 • ソフトウェア資産ライフサイクルプロセスの現状をよく知る主要な職員の皆様へのアクセス • プロセスおよびポリシーについてのすべての関連文書へのアクセス • 合理化に関連する現状または予測のデータが含まれている可能性があるお客様の企業のデータソースすべての可視性 • テスト対象とする一部のベンダの早期の特定、およびそれらのベンダに関する合意 現状の評価とまとめ 結果の再検討、 第1週 ベストプラクティスについ ての議論、 第2週 戦略および提案され た最適な手法の開 発の開始文書の完 成手法のテストと 第3週 ノウハウ伝達 第4週
  • 4. Copyright © 2013 Flexera Software LLC. 本書に記載されているその他のすべてのブランドおよび製品名は各所有者の商標および登録商標です。 FX_SD_SLO_SMSR_Sept12 Flexera Software LLC 1000 East Woodfield Road, Suite 400 Schaumburg, IL 60173 USA シャインバーグ (グローバル本社): +1 800-809-5659 英国(欧州、中東本社): +44 870-871-1111 +44 870-873-6300 Toyko (アジア、太平洋地域本社): +81 3-4360-8291 事業所の所在地の詳細について は下記サイトをご覧ください。 www.flexerasoftware.jp ソフトウェアライセンス最適化サービスおよびソリュー ション ソフトウェアへの支出が増大し、ライセンス体系がより複雑 化して行く中で、企業や組織はソフトウェア資産環境を掌握 するためのベストプラクティスプロセスおよび次世代ツール を必要としています。Flexera Software のソフトウエアライ センス最適化サービスは、SAMおよびライセンス最適化プロ グラムのビジネス価値を理解するために必要なデータおよび 知見だけでなく、Flexera  ソリューションの導入を成功させ るために必要なプロセスやロードマップを提供しています。 ライセンス最適化サービスを導入すれば、正確で最適なライ センス状態を把握することができるようになり、継続的に発 生するコストやリスクの削減、そして効果実現までの時間 の短縮が可能となります。弊社の提供するFlexNet Manager Suite for Enterprisesは、ライセンスコンプライアンスを 維持しつつ、ライセンスおよび契約の管理プロセスを自動化 したうえで最適化し、ソフトウェアライセンスコスト、メン テナンスコスト、監査コストを削減できる、唯一のソフトウ ェアライセンス最適化製品です。 Flexera Softwareについて Flexera Software  は、アプリケーションのベンダとその顧 客の皆様に対して継続的なコンプライアンス状態や最適化さ れた使用状況を提供しつつ最大限の価値をもたらす、アプリ ケーション使用状況管理のための戦略的ソリューションの提 供における業界のリーダーであり、Flexera  の包括的なソリ ューションをご利用いただいている  80,000  社を超えるお客 様から厚い信頼を得ています。 Flexera Software が提供する包括的なソリューションは、イ ンストールやライセンシング/使用権/コンプライアンスの 管理から、アプリケーション準備プロセス、エンタープライ ズ  ライセンスの最適化まで様々な分野に対応しており、お 客様からは、アプリケーション使用状況の戦略的な管理や、 弊社が提供するシステムレベルでのアプローチによってのみ 実現可能な画期的な事業目標の達成のためにご活用いただい ています。詳細については、下記の弊社ホームページにてご 確認ください。 www.flexerasoftware.com 次のステップ: お 客 様 の ソ フ ト ウ ェ ア ラ イ セ ン ス 管 理 プ ロ セ ス の 最 適 化 に つ い て よ り 詳 し い 情 報 を 入 手 す る に は 、 www.flexerasoftware.com/SLOServicesをご参照になるかFlexera Softwareの担当者までご連絡ください。