Flexera Software App Portal Datasheet
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Flexera Software App Portal Datasheet

on

  • 1,215 views

Flexera Software App Portal Datasheet

Flexera Software App Portal Datasheet

Statistics

Views

Total Views
1,215
Views on SlideShare
1,215
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Flexera Software App Portal Datasheet Flexera Software App Portal Datasheet Document Transcript

  • データシート Flexera Software App Portal エンタープライズアプリストアを通じて、オンデマンドのソフトウェアプロビジョニン グによりユーザーの能力を高めると共に、IT 部門のソフトウェア資産管理を強化 組織にとっての利点: • いつでも、どこからでも オンプレミス、クラウド ベース、仮想アプリケー ションにアクセスできる オンラインのアプリスト アで、ビジネスユーザーの 能力を強化 • IT  部門は、管理およびラ イセンスのコンプライアン スを維持しながら、BYOD に対処可能 • 単発申請に対する手作業に よる履行を排除し、サポー ト費用を削減し、ヘルプデ スクへの問い合わせ回数も 低減 • ソフトウェアライセンスの 自動再利用およびリサイ クル機能との組み合わせ で、ソフトウェアライセン スへの可視性を高め、ソフ トウェア資産管理を強化 • 多言語、多通貨、さまざま な承認構造や展開ポリシー のサポートで環境に適応 IT のコンシューマライゼーションが、企業内での変 化を劇的に推進しています。人々は音楽、書籍、ゲー ム、ソフトウェアをオンラインで注文し、インター ネットを通じてそれらのアイテムをすぐにコンピュー タ、iPad、スマートフォンで受け取ることに慣れてき ています。現在、人々は職場でも同レベルの利便性を 要求しています。お気に入りの音楽を iTunes® からダ ウンロードするか、最新のベストセラー書籍を Kindle® へダウンロードするように、簡単にビジネスアプリ ケーションを注文できることを望んでいます。 IT 部門のスタッフについては、特に従業員の仕事が変 わり、新しい責任を引き受ける時に、デスクトップ・ アプリケーションの一回限りのリクエスト攻撃にされ ます。また、従来のソフトウェア展開ツールで新しい アプリケーションまたは大量の更新を数千台ものコン ピュータに配布する場合、特に一回限りのリクエスト に対しては効果的でありません。業界の予想では、こ うしたツールを使用して、1,000 件の個別のソフトウェ アリクエストを満たすには、一般的な IT 組織で 133 時 間かかることが示されています。日常的で、反復的な 仕事に費やす、大変な時間です。さらにより悪いこと に、新しいアプリケーションがインストールされるま でに、しばしばユーザーは数日待たされます。 人々がオンライン・ストアで検索し、アプリケーション をショッピングカートに入れ、チェックアウトするこ とで、アプリケーションを数分で自動的にコンピュー タに配布できるのであれば、ビジネス・ユーザーと IT スタッフメンバーの生産性がはるかに高まります。 App Portal Flexera Software App Portal は、エンタープライズオン ラインアプリストアを現実にします。この業界をリー ドするソリューションによって、人々は、ウェブ・ ブラウザを使用して、理解しやすいカタログから必 要なアプリケーションをリクエストすることができる ようになります。エンドツーエンドの履行プロセスが 自動的に実行され、必要な時に承認を収集し、適切な ライセンスを強制し、ソフトウェアをユーザーのコン ピュータに配布し、インストールの成功を確認し、詳 細な監査証跡を維持し、リクエストに関するステータ スをユーザーに通知します。App Portal を使用するこ とで、IT 部門は、申請、承認、履行プロセスを完全に 管理しつつ、セルフサービスで従業員の能力を強化で きます。 App Portal は、Microsoft® System Center Configuration Manager (SCCM) と密接に連携しており、SCCM 2007 や 2012 のソフトウェア展開機能を活用して、 ソフトウェアをユーザーに配布することができます。 Configuration Manager で管理されるインベントリデー タも活用して、ソフトウェアリクエストやソフトウェ ア資産管理を強化します。ポリシーや関係ルールを定 義して、ユーザーやアプリケーションの依存関係、 デバイスのタイプやネットワークの接続を評価する System Center 2012 Configuration Manager のアプリ ケーションモデルのサポートによって、それぞれのア プリケーションを最も適切な方法で配布することがで きます。 ユーザーによるセルフサービス 消費者志向の購買体験 — IT 部門は、オンラインアプリ ストアの簡単さと利便性をビジネスユーザーにも提供 できるようになりました。ビジネスユーザーは、自分 が使用するアプリケーションをリクエストすることが できます。マネージャは、そのスタッフメンバーのた めにアプリケーションをリクエストすることができま す。そして、ヘルプデスクの技術者は従業員のための アプリケーションをリクエストすることができます。 ユーザーは、利用可能なすべてのアプリケーション を一覧しているカタログを閲覧し、単にそれらを ショッピングカートに追加するだけアプリケーション を注文することができます。アプリケーションは、カ テゴリによって分類され、簡単にナビゲーションでき ます。カタログには、コスト、納期、必要な承認など の属性が含まれます。チェックアウト中に、要求者は アプリケーションの即時インストールまたは後の指定 日時のインストールを選ぶことができます。ユーザー は、いつでも自分のリクエストのステータスをチェッ クできます。
  • Flexera Software App Portal 自動化された承認、履行 — チェックアウトが完了すると、履行 プロセスが自動的に実行され、管理者の定義に基づき、リクエ ストが適切な担当者にルーティングされます。指定された期間 内に承認者が応答しなかった場合、対処を要請する通知が届き ます。すべての承認が得られると、App Portal がリクエストを Configuration Manager へ送信し、次にアプリケーションをインス トールし、その正常なインストールを確認します。 ソフトウェアリース — ユーザーは、指定の期間内だけアプリケー ションをリクエストすることもできます。リース期間が過ぎる と、アプリケーションは自動的に回収されます。リースは、異な るプロジェクト間で従業員が移動するのに合わせてアプリケー ションニーズが変化するプロジェクトをベースとする環境で、統 制の下でライセンス費用を管理できる優れた方法です。また、特 定の期間内だけ特定の機能を実施するために請負業者が参画する環 境での、ライセンス管理を簡素化できる方法でもあります。 リクエスト管理 簡素化されたアプリケーションカタログ管理 — テンプレートに よって、オンラインアプリストアの作成や管理を簡素化します。 管理者は、テンプレートを利用して、ソフトウェア、ハードウェ ア、セキュリティグループのプロビジョニングをオンラインカタ ログに追加できます。管理者は、それぞれのアプリケーションに 対して、必要な承認や展開をすぐに行うか/スケジュールして行 うかなどの複数の属性を指定することができます。また、管理者 は、通常、同時発注されるアイテムをバンドルして、単一アイテ ムとして表示することができます。 System Center Configuration Manager との統合 — App Portal は、 SCCM による展開機能の利点を活用して、アプリケーションを 迅速かつ効率的にユーザーに配布できます。App Portal は、ユー ザーの識別や関係ルールを定義して、ユーザーやアプリケーショ ンの依存関係、デバイスのタイプやネットワークの接続を評価す る2012 Configuration Manager のアプリケーションモデルをサ ポートしています。結果として、それぞれのアプリケーションは 最も適切な方法で配布されます。加えて、App Portal は、依存す る、あるいは関係するアプリケーションを Configuration Manager によって自動的にインストールし、さらにダウンロードプロセス を効率化できます。最後に、SCCM との統合で、以前は非常に時 間がかかる手動作業であった、アプリケーションのタイトル、説 明、キーワード、カテゴリが自動的に入力されることで、IT 部門 のオーバーヘッドや管理を低減できます。 図 1:Flexera Software App Portal であれば、使い慣れたブラウザのインターフェースで、ほんの数分でデスクトップアプリケーションの注文や 配布が可能
  • Flexera Software App Portal Active Directory の統合 — Active Directory との統合で、たとえば、 グループ、組織ユニットなどの追加のユーザー情報を使用できる ようになります。この情報は、企業内での役割に応じて、各人が どのアプリケーションにアクセスできるかを特定するのに役立ち ます。結果として、管理者はそれぞれのユーザーに応じてオンライ ンカタログをカスタマイズし、ユーザーがアクセスを許可されて いるアプリケーションだけを表示することができます。 インテリジェントな、ユーザー中心の配布 — ユーザー中心の配布 によって、IT 管理者は、タイプや構成に基づく、インテリジェン トな配布を行うことができるようになります。この機能がなけれ ば、管理者は、明示的に適切な配布タイプと適切なデバイスを一 致させなくてはならなくなります。また、ユーザーが自分のデバ イスを App Portal に関連付けて管理することで、管理者のオーバー ヘッドはさらに削減され、ビジネスユーザーの能力は強化されま す。ユーザーのコンピュータが再イメージ化されるか、ユーザー が新しいデバイスに移行した場合、SCCM は App Portal を通じて、 既に配布されているすべてのアプリケーションの最新版を自動的 に再インストールします。これによって、ユーザーや技術者は再 度アプリケーションをリクエストする必要がなくなります。 多言語および多通貨のサポート — App Portal は、すぐに使用でき る 7 つの言語をサポートしており、さらに拡張することも簡単です。 管理者は、それぞれのユーザーとのコミュニケーションで使用す る言語、ならびにユーザーの場所に基づいてアプリケーション自 体で使用する言語を選択することができます。為替レートや固定 値に基づく通貨のサポートは、エンドユーザーに分かりやすい形 式でコストを表示するために使用できます。 質問テンプレート — 質問テンプレートを使用することで、管理者 は、チェックアウトプロセスに簡易インタビューを組み込み、リ クエストに関する情報を収集することができます。質問への回答 は、必須またはオプションです。テンプレートは、単純なテキスト 入力から、以前の入力やユーザーの条件で提供される動的に生成さ れる条件付き質問まで、10 種類の異なるフォーマットで使用可能 です。また、予算、購入、その他の必要な属性を提供するために承 認者をターゲットとする質問のテンプレートも使用できます。 自動化された承認サイクル — 管理者は、Active Directory に含ま れるグループ、組織の単位によって決定されるアプリケーション の費用やユーザーの役割などのさまざまな要因に基づいて、アプ リケーションごとに必要な承認の種類を指定することができます。 例として、リストに存在する人全員による承認、あるいはリスト にある人のうち 1 名だけによる承認、リストの各レベルで 1 名の 承認者などがあります。管理者は、主承認者が対応できない場合 に備えて、副承認者を指名することができます。地域、ローカル、 部門の管理者に責任を委任し、それぞれのユーザーのためにアプ リケーションを注文できるようにすることが可能です。ユーザー は、事前に定義されている承認者のリストから、承認者を選ぶこ とができます。 承認者の意思決定サポート — App Portal は、承認者がリクエスト を承認または拒否することを決定するのに役立つ情報を承認者に 提供します。この情報には、チェックアウト中にユーザーによっ て提供されたビジネスケース、ならびに使用可能なライセンスや アプリケーションのコストなどが含まれます。承認者は、リクエ スト者から追加の情報を依頼したり、適切であると考えられる場 合には代替のソフトウェアを推奨したり、場合によっては、追加 の入力を得るために他の承認者へリクエストを再割り当てしたり することを、すべて App Portal のインターフェースで行うことが できます。 コミュニケーション — 管理者は、60 種類以上のメール用テンプ レートから、さまざまな通知のシナリオを選び、企業のコミュニ ケーション基準に従ってカスタマイズすることができます。こう したテンプレートは、必要なデータ要素を含む変数フィールドで、 それぞれの国の言語へ翻訳できます。 IT サービス管理およびワークフローシステムとの統合 — App Portal は、さまざまな種類の他システムと統合できます。BMC Remedy、 ServiceNow、Microsoft Service Manager などの IT サービス管理 (ITSM) システムとの統合によって、アプリストアをサービス管理 プロセスに含めることができます。この統合によって、ソフトウェ アの配布が確実に内部の企業ポリシーや外部の規制を遵守でき るようにします。Flexera Software Workflow Manager や Microsoft System Center 2012 Orchestrator などのワークフローソリューショ ンと統合すると、管理者は複数システムに広がる自動化プロセス を作成できます。この統合によって、サポートが拡張され、アプ リケーションだけでなくサービスや他のアイテムに対するリクエ ストも含めることができます。たとえば、新しいファイル共有や パスワードのリセットのリクエスト、あるいは購入システムから のアイテムのリクエストなどをオンラインカタログに組み込むこ とができます。 インベントリおよびソフトウェア資産の管理 インベントリ管理 管理者は、SCCM からインストール数を入手して、この数値を所 有ライセンスの手動での入力数と比較することができます。承認 プロセスにおいて、このデータに基づき、リクエスト経路が自動 的に指定されます。IT 部門はこの情報を使用して、現在配置され ているソフトウェアをさらに活用し、本当に必要な時に追加ソフ トウェアライセンスを購入することができます。承認プロセスに おいて、このデータに基づき、リクエスト経路が自動的に指定さ れます。 ライセンスの回収 — 管理者は、コンピュータにインストールされ ているにもかかわらず未使用のアプリケーションを特定するため に、SCCM からのインストールおよびソフトウェア計測データを 使用することができます。これにより、未使用ライセンスを回収 し、過剰購入による無駄遣いを防ぐことができます。管理者は、 指定された期間の間、そのアプリケーションを使用しなかった人 に対して、メールによるキャンペーンを実施することができます。 ユーザーには、アプリケーションを保持するか、返却するかの選 択肢が与えられます。ユーザーが引き渡しを選ぶと、アプリケー ションは自動的にアンインストールされ、ライセンスプールに戻 されます。
  • Flexera Software App Portal ソフトウェア リクエスト アプリケー ション承認者 マネージャ承認 ビジネス プロセス承認者 図 2:ソフトウェアリクエスト、承認、ライセンス管理および配布のワークフロー ライセンス管理 ソフトウェアの 展開 (SCCM) ライセンスの回収 ソフトウェア資産管理を強化(Flexera Software FlexNet Manager Platformとの統合により使用可能) ソフトウェア資産データ — 管理者は、この統合によって、所有し ているライセンスの数、ソフトウェアのコピーがインストールおよ び/または使用された回数、現在使用可能であるライセンスの数な どを含め、それぞれのアプリケーションの詳細な資産データが使用 できるようになります。承認プロセスにおいて、このデータに基づ き、リクエスト経路が自動的に指定されます。管理者は、FlexNet Manager Application Recognition Library (ARL) を活用して、それぞ れのデバイスにどのアプリケーションがインストールされているか の情報を取得できます。ARL は、Microsoft Windows、Linux、UNIX (2,000 件以上の IBM タイトルを含む)、MAC OS を含む複数のプ ラットフォームに渡り、14,000 社を超えるソフトウェアベンダー からの約 110,000 点の商用アプリケーションを網羅しています。 企業グループ毎にフィルターされた資産データ — 管理者は、全体 としての割り当てではなく、特定の部門、コストセンター、国に 割り当てられているライセンスを企業グループ毎にフィルタリン グしたアプリケーション毎のソフトウェア資産データを取得する ことができます。企業グループには、所有しているライセンスの 数、使用回数、現在使用可能な数が含まれます。 使用可能なライセンスの確認および予約 — ユーザーがアプリスト ア経由でアイテムを発注すると、App Portal は、要求されたアプリ ケーションの使用可能ライセンスについて FlexNet Manager Platform に確認します。使用可能なライセンスがある場合、承認および履行 工程の間は予約状態となり、全ての承認が終わり次第、ユーザー のコンピュータに確実にインストールできるようにします。 レポート作成 組み込みカスタムレポート — App Portal は、Microsoft SQL Reporting Services を使用して作成するレポートをサポートしています。ま た、40 を超える組み込みレポートを含めることもできます。管理 者は、既存のレポートの表示、レポートカテゴリーの作成および編 集、カスタマイズしたレポートの作成ができます。 監査証跡 — App Portal はソフトウェアのリクエスト、承認、イン ストールや購入の完全な履歴を保持しているため、ソフトウェアラ イセンスや規制遵守の目的で監査証跡を組み込むことができます。 ユーザー/IT 部門の能力強化 最先端の IT 組織は、コンピュータを使用して業務を行う従業員の 期待とニーズに合ったサービスを提供できるように取り組んでい ます。この目標を達成する方法のひとつに、デスクトップアプリ ケーションを迅速かつ簡単に配布する方法の模索が挙げられます。 Flexera Software の App Portal を使用してオンラインのアプリストア を設置することで、ユーザーが求める迅速なアクセスが提供できま す。馴染みのある、消費者志向の体験を職場の IT サービスに取り入 れることで、ユーザーの期待に応えます。これによりもたらされる エンドユーザーの生産性向上と満足度の改善は注目に値します。 しかし、利点はこれだけではありません。App Portal を利用して単 発のアプリケーションリクエストが処理できるため、これまで IT スタッフがアプリケーションの配布準備に要していた時間が大幅に 削減されます。この時間を戦略的なイニシアチブに投じることがで きます。また、App Portal によりソフトウェア資産の可視性が高ま るため、スタッフはライセンスの過剰購入を防ぐことができます。 さらに、App Portal を活用することで、引き続き IT 部門でライセン ス契約、企業方針、法規制のコンプライアンスを管理することがで きます。
  • 次の手順: 詳細については、www.flexerasoftware.com/app-portal を参照 するか、Flexera Software 代理店にお問い合わせください。 Flexera Software について Flexera Software は戦略アプリケーション利用管理のリーダー的 企業であり、継続的なライセンス準拠、最適な利用、および最 大の価値をアプリケーション開発者と企業にもたらすソリュー ションを提供しています。アプリケーションの使用を戦略的に 管理し、当社が提供するシステムレベルのアプローチを通じて のみ実現可能な画期的な成果を上げる包括的なソリューション (インストールおよびライセンシング、資格およびコンプライ アンス管理から、アプリケーション対応およびソフトウェアラ イセンス最適化まで)により、Flexera Softwareは、8万を超え るお客様から信頼を得ています。詳細については、次のサイト をご覧ください。www.flexerasoftware.com Flexera Software LLC 1000 East Woodfield Road, Suite 400 Schaumburg, IL 60173 USA Schaumburg (グローバル本社): +1 800-809-5659 英国(欧州、中東本社): +44 870-871-1111 +44 870-873-6300 オーストラリア (アジア、太平洋地域本社): +61 3-9895-2000 事業所の所在地の詳細について は下記サイトをご覧ください。 www.flexerasoftware.com Copyright © 2013 Flexera Software LLC. 本書に記載されているその他のすべてのブランドおよび製品名は各所有者の商標および登録商標です。 AP_DS_Jan13