Your SlideShare is downloading. ×
0
Facebook SDK for Androidを使った Facebookログイン            2012.11.29     JAGK 第11回勉強会        ⽇日 本 A n d r o i d の 会            ...
⾃自⼰己紹介いやいや、だいぶ空いてしまいました・・・。        お久しぶりです。野崎 弘幸⿅鹿児島企業に所属しています。⽇日本Androidの会⿅鹿児島⽀支部⾧長 / 運営委員        不定期でAndroidの勉強会やってます。  ...
アジェンダ    Facebook SDK for Androidを使って Facebookログインするのを作ってみたので     そのへんの話をしようと思います。      「こんな便利なのがあるんだねー。」        という感じで聞いて...
Facebook SDK for Android
Facebook DEVELOPERSには、Facebookなデータを扱うための 各種SDKが⽤用意されています。 https://developers.facebook.com/docs/sdks/
今回、利⽤用するのはこの中の「Facebook SDK for Android」です。    https://developers.facebook.com/android/
このSDK、ドキュメントも充実しています。「Facebook Login for Android」という、テクニカルガイドページも⽤用意されています。 https://developers.facebook.com/docs/howtos/an...
Facebook ログインの実装
ともあれ、まずは、SDKのダウンロードとインポートを⾏行います。
ちなみに、Facebookは、    エミュレーターにFacebookアプリをインストールできるような⽤用意もしています。 https://developers.facebook.com/docs/getting-started/faceboo...
1. ダウンロードして適当なとこに展開しておきます。
2.Paceage Explorerから右クリックでImport選択
3.      ナビゲーションに従って、     Facebook SDKをインポートします。
4. compiler levelを設定します。
次にAndroidのプロジェクトを作って、Facebookにアプリの登録を⾏行います。
1. Androidのプロジェクトを作ります。
2. Facebook DEVELOPERSでアプリの登録を⾏行います。                                 と、その前に、               Androidアプリの登録時に必要な             ...
3. Facebook DEVELOPERSでアプリの登録を⾏行います。
4.     Androidプロジェクトが、 Facebook SDKにリンクするよう設定します。
ここまでで、事前準備完了です。 コードを書いていきます。
1.             string.xmlに     Facebook DEVELOPERSで割り当てられた           APP IDを設定します。
2.      AndroidManifest.xmlに     uses-permissionを追加します。
3.    AndroidManifest.xmlに     meta-dataを追加します。
4.   AndroidManifest.xmlに     activityを追加します。
5. MainActivity.javaを編集します。
6. Facebookのユーザー名を表⽰示する    TextViewを設定します。
7.MainActivity.javaに戻って編集します。https://developers.facebook.com/docs/getting-started/facebook-sdk-for-android/3.0/
これでいちおう完成です。動作を確認してみます。
端末にFacebookのアプリがインストールされていると、     Facebookの認証の確認画⾯面が出て、      了承するとログインできます。
Facebookのアプリがインストールされていない場合は、WEBViewなポップアップで認証することになります。
ユーザー名だけでは、味気ないので、 少し、レイアウトを弄ります。
このへんとかを参考にして、https://developers.facebook.com/docs/tutorials/androidsdk/3.0/scrumptious/personalize/ https://developers.fac...
レイアウトと処理のコードを追加します。
プロフィール画像がでるようになりました。
これですべて完了です。あとは、作るアプリに合わせて 変更していけばいいかと。   ちなみに・・・。
やはり、iOSもやっときたいところですね。   Facebook DEVELOPERには  当然、iOS版も⽤用意されています。
時間の都合等で、ここでは、詳細の説明は省きますが、
iOS版もAndroidと同じようにドキュメントが⽤用意されています。   動作も同じ感じです。
ご清聴ありがとうございました。
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

「Facebook SDK for Android」を使ったFacebookログイン

8,633

Published on

Published in: Technology
0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
8,633
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
30
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "「Facebook SDK for Android」を使ったFacebookログイン"

  1. 1. Facebook SDK for Androidを使った Facebookログイン 2012.11.29 JAGK 第11回勉強会 ⽇日 本 A n d r o i d の 会 ⿅鹿 児 島 ⽀支 部 野崎 弘幸
  2. 2. ⾃自⼰己紹介いやいや、だいぶ空いてしまいました・・・。 お久しぶりです。野崎 弘幸⿅鹿児島企業に所属しています。⽇日本Androidの会⿅鹿児島⽀支部⾧長 / 運営委員 不定期でAndroidの勉強会やってます。 Android技術に関する勉強会。 アプリ作成の技術とか、組込みとか、 クラウドやHTML5のことも。
  3. 3. アジェンダ Facebook SDK for Androidを使って Facebookログインするのを作ってみたので そのへんの話をしようと思います。 「こんな便利なのがあるんだねー。」 という感じで聞いて頂けばと。(いや、もう前からあるっぽいので、知ってるかもしれませんが・・・。)
  4. 4. Facebook SDK for Android
  5. 5. Facebook DEVELOPERSには、Facebookなデータを扱うための 各種SDKが⽤用意されています。 https://developers.facebook.com/docs/sdks/
  6. 6. 今回、利⽤用するのはこの中の「Facebook SDK for Android」です。 https://developers.facebook.com/android/
  7. 7. このSDK、ドキュメントも充実しています。「Facebook Login for Android」という、テクニカルガイドページも⽤用意されています。 https://developers.facebook.com/docs/howtos/androidsdk/3.0/login-with-facebook/
  8. 8. Facebook ログインの実装
  9. 9. ともあれ、まずは、SDKのダウンロードとインポートを⾏行います。
  10. 10. ちなみに、Facebookは、 エミュレーターにFacebookアプリをインストールできるような⽤用意もしています。 https://developers.facebook.com/docs/getting-started/facebook-sdk-for-android/3.0/ 実機を使うので、今回はここはスルーで。
  11. 11. 1. ダウンロードして適当なとこに展開しておきます。
  12. 12. 2.Paceage Explorerから右クリックでImport選択
  13. 13. 3. ナビゲーションに従って、 Facebook SDKをインポートします。
  14. 14. 4. compiler levelを設定します。
  15. 15. 次にAndroidのプロジェクトを作って、Facebookにアプリの登録を⾏行います。
  16. 16. 1. Androidのプロジェクトを作ります。
  17. 17. 2. Facebook DEVELOPERSでアプリの登録を⾏行います。 と、その前に、 Androidアプリの登録時に必要な Key Hashを作っておきます。 https://developers.facebook.com/docs/getting-started/facebook-sdk-for-android/3.0/
  18. 18. 3. Facebook DEVELOPERSでアプリの登録を⾏行います。
  19. 19. 4. Androidプロジェクトが、 Facebook SDKにリンクするよう設定します。
  20. 20. ここまでで、事前準備完了です。 コードを書いていきます。
  21. 21. 1. string.xmlに Facebook DEVELOPERSで割り当てられた APP IDを設定します。
  22. 22. 2. AndroidManifest.xmlに uses-permissionを追加します。
  23. 23. 3. AndroidManifest.xmlに meta-dataを追加します。
  24. 24. 4. AndroidManifest.xmlに activityを追加します。
  25. 25. 5. MainActivity.javaを編集します。
  26. 26. 6. Facebookのユーザー名を表⽰示する TextViewを設定します。
  27. 27. 7.MainActivity.javaに戻って編集します。https://developers.facebook.com/docs/getting-started/facebook-sdk-for-android/3.0/
  28. 28. これでいちおう完成です。動作を確認してみます。
  29. 29. 端末にFacebookのアプリがインストールされていると、 Facebookの認証の確認画⾯面が出て、 了承するとログインできます。
  30. 30. Facebookのアプリがインストールされていない場合は、WEBViewなポップアップで認証することになります。
  31. 31. ユーザー名だけでは、味気ないので、 少し、レイアウトを弄ります。
  32. 32. このへんとかを参考にして、https://developers.facebook.com/docs/tutorials/androidsdk/3.0/scrumptious/personalize/ https://developers.facebook.com/docs/reference/android/3.0/ProfilePictureView/
  33. 33. レイアウトと処理のコードを追加します。
  34. 34. プロフィール画像がでるようになりました。
  35. 35. これですべて完了です。あとは、作るアプリに合わせて 変更していけばいいかと。 ちなみに・・・。
  36. 36. やはり、iOSもやっときたいところですね。 Facebook DEVELOPERには 当然、iOS版も⽤用意されています。
  37. 37. 時間の都合等で、ここでは、詳細の説明は省きますが、
  38. 38. iOS版もAndroidと同じようにドキュメントが⽤用意されています。 動作も同じ感じです。
  39. 39. ご清聴ありがとうございました。
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×