0
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012   Agile                                    第7回 .NET中心会議いまを  What s the Agile Thing to Do?生き延びるための ...
こんにちは
木下史彦です
「木下さん」で検索してください。
今日のお話
「アジャイルな行い」とは何か?
開発がアジャイルになればみんな幸せになれる?
自己紹介
生業
受託開発
4つの帽子
コンサルタント・営業:アジャイルな組織運営を目指す経営層・マネージャ層への提案
コーチ:アジャイルプラクティスを実践している現場への指導・助言
プロジェクトマネージャ:社内のRuby・アジャイル関連のプロジェクトのマネジメント
ラインマネージャ:自社担当グループの組織運営
株式会社永和システムマネジメントサービスプロバイディング事業部アジャイルグループグループ長
マネージャ
中間管理職
最前線
「アジャイルな行い」とは何か?
「アジャイル」にまつわるよくある誤解
アジャイルチームにリーダーはいらない?
自己組織化
エンパワーメント
アジャイルチームにリーダーはいらない?
アジャイル開発では人月による見積りをしない?
ストーリーポイントによる規模の見積り
アジャイル開発では人月による見積りをしない?
1ポイントって何人日ですか?
アジャイル開発では作るものが決まっていなくても作り始めることが出来る?
ユーザーストーリー
開発がアジャイルならどんな変更でも柔軟に受け入れることができる?
ディフェンシブな開発
開発がアジャイルならどんな変更でも柔軟に受け入れることができる?
Traditional Iron Triangle              Scope   Cost                 Schedule
スコープクリープ
交渉力
バグフィックス機能追加   動くソフトウェア          設計の重視欠陥の予防       たゆまぬ洗練
アジャイル開発では開発の状況が手に取るように分かる?
鶏と豚
http://www.slideshare.net/estherderby/team-traps
‣   考えること                 ドキュメント     ペアプログラミング       ‣   計画すること     活き活きとした仕事            ビジョン     情報満載の仕事場             リリー...
報告
‣進捗報告(必須) ビジョンステートメント 毎週のデモ リリース計画とイテレーション計画 バーンアップチャート‣進捗報告(オプション) ロードマップ ステータスメール‣マネジメント報告(オプション) 生産性 スループット 欠陥 時間の使い道
「アジャイルな行い」とは何か?
多様性をマネジメントする        コミットメントをする 優れた規律を守る率先して物事を進める 説明責任を果たす   意見や立場の違いを認め理解する当事者意識を持つ  時間管理能力        新しい状況や枠組みに臨機応変に適応する 厳し...
アジャイルは難しい
最後の誤解
開発がアジャイルになればみんな幸せになれる?
「誰も幸せにならない」
http://www.esm.co.jp/recruit.html
永和システムマネジメントの現状
2002年 東京支社開設2003年 サービスプロバイディング      事業部2005∼2006年 第2次ベビーブーム2006年 LLWG2010年 アジャイルグループ
http://www.slideshare.net/kakutani/ordinary-systems-development
売上              149 146                                                     150      118 131                              ...
顧客数                                                               15         15                10                         ...
プロジェクト数                                                               23         25                                       ...
順風満帆
?
自己組織化
エンパワーメント
事業計画
売上ミッション
事業責任
伝わらなさ
「ちゃんと やります」
ディフェンシブな開発
Traditional Iron Triangle              Scope   Cost                 Schedule
スコープクリープ
交渉力
エンドユーザー
プロダクトオーナー幻想
人月パズル
全力で 現状維持
たとえば人月単価をあげる
謎の閉塞感
新しい人の受け入れ
まとめると
魔法なんてないよ
マネージャ
マネージャの仕事:障害を取り除く
障害Impediment
ジャンプ Y軸        妥協何もしない              X軸
1つ上のレベルに行く
社員のビジネスアイデアを会社がバックアップする自己実現プログラム
新規ビジネス創生事業
条件:「売上」と「コスト」が比例しないビジネスモデルであること
Flow       Stock
パンドラの匣
ソフトウェア開発の契約をアジャイルに
これまでの永和システムマネジメントでのアジャイルな契約の取り組み
ソフトウェア開発の契約請負契約 あらかじめ定めた成果物を完成することが目的であ  り、成果物に対して対価が発生します。委任契約 知識や労働力といったサービスを提供することが目的  であり、提供したサービスの割合(作業した時間など)  に...
最小限のスコープを約束する請負契約  最小限のスコープ 全体のスコープを契約段階では約束せずに、最小限(絶対必須)のスコープを約束  し、それ以外の部分は随時調整とする。 全体像はぼんやりしているが、最低限作りたいものははっきりしている場合...
機能毎の請負契約機能A   機能B          機能C                                       機能D システム全体を0.5∼3人月くらいの機能に分割し、優先度の高いものから契約し  ていく。 五月...
短期の請負契約 1∼3ヶ月 1∼3ヶ月単位で成果物を規定する。 全体像はぼんやりしているが、短期的に作りたいものははっきりしている場合に  有効。 瑕疵担保責任はすべての開発が完了してから1年間。             Copyrigh...
短期の準委任契約 1∼3ヶ月 初期開発がひととおり落ち着きメンテナンスフェーズに入ったプロジェクトで多  く採用されている。 たとえ1ヶ月でも成果物を明確に規定することが難しいプロジェクトに有効。 随時上がってくるユーザーからの要望に応え...
ジャンプ Y軸        妥協何もしない              X軸
✓ システムを初期費用0円  で提供します。✓ サービス利用料を月々お  支払いいだいたきます。
所有から利用へ
解約手数料なし
従来型のサービス・契約との比較          本サービス              一括受託                         SaaS      パッケージ                                  ...
お客さまにとってのメリット✓初期投資不要✓ノーリスク
料金プラン            (1ヶ月あたり)プランSS           150千円プランS            350千円                 600千円∼プランM,L,LL            1,500千円を予定
Traditional Iron Triangle              Scope   Cost                 Schedule
Agile Iron Triangle               Value                         Scope                  Cost           ScheduleQuality     ...
仮説:システムの価値は、そのシステムがどれだけ長く使われたかではかれる
Agile Iron Triangle               Value                         Scope                  Cost           ScheduleQuality     ...
保守・サポートプランに応じて毎月、下記の枚数のチケット を発行します。 プラン                   チケット枚数 プランSS                                            1チケット プ...
スモールスタート
料金シミュレーション (1)最初からプランM350千円                                                            175千円 サービス開始                      ...
料金シミュレーション (2)プランSでチケットを使って拡張                                                             追加チケット購入分150千円                 ...
リスク
意志決定をするということは、リスクを冒すことである。       ̶P.F.ドラッカー
リスクを皆無にすることは不毛である。最小にすることも疑問である。得るべき成果と比較して冒すべきリスクというものが必ずある。       ̶P.F.ドラッカー
http://ruby.agile.esm.co.jp/articles/62
サイエンス倶楽部 1992年設立の理科実験教室 1都4県に20教室を展開 小学生を中心に、幼児から中学生までを対象とする。 会員数は約9300名(2011年4月現在) 実体験を通して、子どもたちが自ら主体的に考える力  を身につけてい...
投資効果のある                             ソフトウェア        技術者        コミュニティ                             Ruby活用したベンチャーライブラリとフレームワーク...
ステージング                                                      リリース                     Heroku自動化テスト                         ...
✓ システムを初期費用0円  で提供します。✓ サービス利用料を月々お  支払いいだいたきます。
お客さまにとってのメリット✓初期投資不要✓ノーリスク
怪しい??
「ちゃんと やります」
http://ruby.agile.esm.co.jp/
最後に
「アジャイルな行い」とは何か?
多様性をマネジメントする        コミットメントをする 優れた規律を守る率先して物事を進める 説明責任を果たす   意見や立場の違いを認め理解する当事者意識を持つ  時間管理能力        新しい状況や枠組みに臨機応変に適応する 厳し...
エクストリームプログラミング
XP is aboutsocial change.XPとは人と人のつながりのありかたを変えていくこと         —Kent Beck
開発がアジャイルになればみんな幸せになれる?
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル

1,007

Published on

第7回 .NET中心会議

Published in: Business, Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,007
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 ――今を生き延びるための開発手法とエンジニアに求められるスキル"

  1. 1. これからの「アジャイル」の話をしよう 2012 Agile 第7回 .NET中心会議いまを What s the Agile Thing to Do?生き延びるための 木下 史彦開発手法とエンジニア (株)永和システムマネジメントに求められるスキル f-kinoshita@esm.co.jp UDX GALLERY NEXT-1; 2012-01-21(Sat)
  2. 2. こんにちは
  3. 3. 木下史彦です
  4. 4. 「木下さん」で検索してください。
  5. 5. 今日のお話
  6. 6. 「アジャイルな行い」とは何か?
  7. 7. 開発がアジャイルになればみんな幸せになれる?
  8. 8. 自己紹介
  9. 9. 生業
  10. 10. 受託開発
  11. 11. 4つの帽子
  12. 12. コンサルタント・営業:アジャイルな組織運営を目指す経営層・マネージャ層への提案
  13. 13. コーチ:アジャイルプラクティスを実践している現場への指導・助言
  14. 14. プロジェクトマネージャ:社内のRuby・アジャイル関連のプロジェクトのマネジメント
  15. 15. ラインマネージャ:自社担当グループの組織運営
  16. 16. 株式会社永和システムマネジメントサービスプロバイディング事業部アジャイルグループグループ長
  17. 17. マネージャ
  18. 18. 中間管理職
  19. 19. 最前線
  20. 20. 「アジャイルな行い」とは何か?
  21. 21. 「アジャイル」にまつわるよくある誤解
  22. 22. アジャイルチームにリーダーはいらない?
  23. 23. 自己組織化
  24. 24. エンパワーメント
  25. 25. アジャイルチームにリーダーはいらない?
  26. 26. アジャイル開発では人月による見積りをしない?
  27. 27. ストーリーポイントによる規模の見積り
  28. 28. アジャイル開発では人月による見積りをしない?
  29. 29. 1ポイントって何人日ですか?
  30. 30. アジャイル開発では作るものが決まっていなくても作り始めることが出来る?
  31. 31. ユーザーストーリー
  32. 32. 開発がアジャイルならどんな変更でも柔軟に受け入れることができる?
  33. 33. ディフェンシブな開発
  34. 34. 開発がアジャイルならどんな変更でも柔軟に受け入れることができる?
  35. 35. Traditional Iron Triangle Scope Cost Schedule
  36. 36. スコープクリープ
  37. 37. 交渉力
  38. 38. バグフィックス機能追加 動くソフトウェア 設計の重視欠陥の予防 たゆまぬ洗練
  39. 39. アジャイル開発では開発の状況が手に取るように分かる?
  40. 40. 鶏と豚
  41. 41. http://www.slideshare.net/estherderby/team-traps
  42. 42. ‣ 考えること ドキュメント ペアプログラミング ‣ 計画すること 活き活きとした仕事 ビジョン 情報満載の仕事場 リリース計画 根本原因分析 計画ゲーム ふりかえり リスク管理‣ 協力すること イテレーション計画 信頼 ゆとり 全員同席 ストーリープラクティス 真の顧客の参加 見積り ユビキタス言語 ‣ 開発すること スタンドアップミーティング インクリメンタルな要件 コーディング標準 顧客テスト イテレーションデモ テスト駆動開発 報告 リファクタリング‣ リリースすること シンプルな設計 「完全Done」 インクリメンタルな設計とアーキ バグなし テクチャ バージョン管理 スパイクソリューション 10分ビルド パフォーマンスの最適化 継続的インテグレーション 探索的テスト コードの共同所有
  43. 43. 報告
  44. 44. ‣進捗報告(必須) ビジョンステートメント 毎週のデモ リリース計画とイテレーション計画 バーンアップチャート‣進捗報告(オプション) ロードマップ ステータスメール‣マネジメント報告(オプション) 生産性 スループット 欠陥 時間の使い道
  45. 45. 「アジャイルな行い」とは何か?
  46. 46. 多様性をマネジメントする コミットメントをする 優れた規律を守る率先して物事を進める 説明責任を果たす 意見や立場の違いを認め理解する当事者意識を持つ 時間管理能力 新しい状況や枠組みに臨機応変に適応する 厳しい環境でも仕事を楽しむこと同僚から学ぶための正しい態度 交渉力 支援を求めるスキルリーダーシップ セーフティネット
  47. 47. アジャイルは難しい
  48. 48. 最後の誤解
  49. 49. 開発がアジャイルになればみんな幸せになれる?
  50. 50. 「誰も幸せにならない」
  51. 51. http://www.esm.co.jp/recruit.html
  52. 52. 永和システムマネジメントの現状
  53. 53. 2002年 東京支社開設2003年 サービスプロバイディング 事業部2005∼2006年 第2次ベビーブーム2006年 LLWG2010年 アジャイルグループ
  54. 54. http://www.slideshare.net/kakutani/ordinary-systems-development
  55. 55. 売上 149 146 150 118 131 100 44 502006年度2007年度2008年度 0 2009年度 2010年度 Copyright (c) 2010 Eiwa System Management, Inc.
  56. 56. 顧客数 15 15 10 11 10 7 4 52006年度2007年度2008年度 0 2009年度 2010年度 Copyright (c) 2010 Eiwa System Management, Inc.
  57. 57. プロジェクト数 23 25 20 16 11 12 15 7 10 52006年度 2007年度 2008年度 0 2009年度 2010年度 Copyright (c) 2010 Eiwa System Management, Inc.
  58. 58. 順風満帆
  59. 59.
  60. 60. 自己組織化
  61. 61. エンパワーメント
  62. 62. 事業計画
  63. 63. 売上ミッション
  64. 64. 事業責任
  65. 65. 伝わらなさ
  66. 66. 「ちゃんと やります」
  67. 67. ディフェンシブな開発
  68. 68. Traditional Iron Triangle Scope Cost Schedule
  69. 69. スコープクリープ
  70. 70. 交渉力
  71. 71. エンドユーザー
  72. 72. プロダクトオーナー幻想
  73. 73. 人月パズル
  74. 74. 全力で 現状維持
  75. 75. たとえば人月単価をあげる
  76. 76. 謎の閉塞感
  77. 77. 新しい人の受け入れ
  78. 78. まとめると
  79. 79. 魔法なんてないよ
  80. 80. マネージャ
  81. 81. マネージャの仕事:障害を取り除く
  82. 82. 障害Impediment
  83. 83. ジャンプ Y軸 妥協何もしない X軸
  84. 84. 1つ上のレベルに行く
  85. 85. 社員のビジネスアイデアを会社がバックアップする自己実現プログラム
  86. 86. 新規ビジネス創生事業
  87. 87. 条件:「売上」と「コスト」が比例しないビジネスモデルであること
  88. 88. Flow Stock
  89. 89. パンドラの匣
  90. 90. ソフトウェア開発の契約をアジャイルに
  91. 91. これまでの永和システムマネジメントでのアジャイルな契約の取り組み
  92. 92. ソフトウェア開発の契約請負契約 あらかじめ定めた成果物を完成することが目的であ り、成果物に対して対価が発生します。委任契約 知識や労働力といったサービスを提供することが目的 であり、提供したサービスの割合(作業した時間など) に応じて対価が発生します。 Copyright (c) 2010 Eiwa System Management, Inc.
  93. 93. 最小限のスコープを約束する請負契約 最小限のスコープ 全体のスコープを契約段階では約束せずに、最小限(絶対必須)のスコープを約束 し、それ以外の部分は随時調整とする。 全体像はぼんやりしているが、最低限作りたいものははっきりしている場合に有 効。 受注者が発注者からいかに信頼されているかという点がポイントになる。 Copyright (c) 2010 Eiwa System Management, Inc.
  94. 94. 機能毎の請負契約機能A 機能B 機能C 機能D システム全体を0.5∼3人月くらいの機能に分割し、優先度の高いものから契約し ていく。 五月雨式に着手していくため、複数の契約が同時に走ることもある。 Copyright (c) 2010 Eiwa System Management, Inc.
  95. 95. 短期の請負契約 1∼3ヶ月 1∼3ヶ月単位で成果物を規定する。 全体像はぼんやりしているが、短期的に作りたいものははっきりしている場合に 有効。 瑕疵担保責任はすべての開発が完了してから1年間。 Copyright (c) 2010 Eiwa System Management, Inc.
  96. 96. 短期の準委任契約 1∼3ヶ月 初期開発がひととおり落ち着きメンテナンスフェーズに入ったプロジェクトで多 く採用されている。 たとえ1ヶ月でも成果物を明確に規定することが難しいプロジェクトに有効。 随時上がってくるユーザーからの要望に応えていくことが可能。 発注者と受注者の信頼関係ができていることが必要。 Copyright (c) 2010 Eiwa System Management, Inc.
  97. 97. ジャンプ Y軸 妥協何もしない X軸
  98. 98. ✓ システムを初期費用0円 で提供します。✓ サービス利用料を月々お 支払いいだいたきます。
  99. 99. 所有から利用へ
  100. 100. 解約手数料なし
  101. 101. 従来型のサービス・契約との比較 本サービス 一括受託 SaaS パッケージ 納品時に一括払い、支払い 月額払い 納品時に一括払い 月額払い もしくは、月額払い オーダーメイド(お客 オーダーメイド(お客カスタマイズ可 可能な場合もあるが、 可能な場合もあるが、 さま毎にカスタマイズ さま毎にカスタマイズ能性 基本的には難しい 基本的には難しい 可能) 可能) 月額費用の中で対応、顧客要望による 追加費用を払うことで 追加費用を払えば可能 基本的に未対応 基本的に未対応機能追加 大きな機能追加も可能 月額費用の中に保守・ 別途、保守契約を結ぶ 月額費用の中に保守・ 別途、保守契約を結ぶ保守・サポート サポートも含まれる 必要がある サポートも含まれる 必要がある 汎用的な業務・サービ 汎用的な業務・サービ用途・分野 特殊な業務・サービス 特殊な業務・サービス ス ス Copyright (c) 2010 Eiwa System Management, Inc.
  102. 102. お客さまにとってのメリット✓初期投資不要✓ノーリスク
  103. 103. 料金プラン (1ヶ月あたり)プランSS 150千円プランS 350千円 600千円∼プランM,L,LL 1,500千円を予定
  104. 104. Traditional Iron Triangle Scope Cost Schedule
  105. 105. Agile Iron Triangle Value Scope Cost ScheduleQuality Constraints
  106. 106. 仮説:システムの価値は、そのシステムがどれだけ長く使われたかではかれる
  107. 107. Agile Iron Triangle Value Scope Cost ScheduleQuality Constraints
  108. 108. 保守・サポートプランに応じて毎月、下記の枚数のチケット を発行します。 プラン チケット枚数 プランSS 1チケット プランS 2チケット プランS,M,L,LL 3∼10チケットの予定 1チケットで1日程度の保守・サポート対応が可能です。 必要に応じて別途チケットをご購入いただくことも可能です。 Copyright (c) 2010 Eiwa System Management, Inc.
  109. 109. スモールスタート
  110. 110. 料金シミュレーション (1)最初からプランM350千円 175千円 サービス開始 3年後 Copyright (c) 2010 Eiwa System Management, Inc.
  111. 111. 料金シミュレーション (2)プランSでチケットを使って拡張 追加チケット購入分150千円 75千円 サービス開始 3年後 Copyright (c) 2010 Eiwa System Management, Inc.
  112. 112. リスク
  113. 113. 意志決定をするということは、リスクを冒すことである。 ̶P.F.ドラッカー
  114. 114. リスクを皆無にすることは不毛である。最小にすることも疑問である。得るべき成果と比較して冒すべきリスクというものが必ずある。 ̶P.F.ドラッカー
  115. 115. http://ruby.agile.esm.co.jp/articles/62
  116. 116. サイエンス倶楽部 1992年設立の理科実験教室 1都4県に20教室を展開 小学生を中心に、幼児から中学生までを対象とする。 会員数は約9300名(2011年4月現在) 実体験を通して、子どもたちが自ら主体的に考える力 を身につけていくことをコンセプトとする
  117. 117. 投資効果のある ソフトウェア 技術者 コミュニティ Ruby活用したベンチャーライブラリとフレームワーク http://www.slideshare.net/moro/ruby-ecosystem-applied-to-agile-project
  118. 118. ステージング リリース Heroku自動化テスト 要求 RSpec PivotalCucumber Tracker + CI 開発 Railsと 各種gemhttp://www.slideshare.net/moro/ruby-ecosystem-applied-to-agile-project
  119. 119. ✓ システムを初期費用0円 で提供します。✓ サービス利用料を月々お 支払いいだいたきます。
  120. 120. お客さまにとってのメリット✓初期投資不要✓ノーリスク
  121. 121. 怪しい??
  122. 122. 「ちゃんと やります」
  123. 123. http://ruby.agile.esm.co.jp/
  124. 124. 最後に
  125. 125. 「アジャイルな行い」とは何か?
  126. 126. 多様性をマネジメントする コミットメントをする 優れた規律を守る率先して物事を進める 説明責任を果たす 意見や立場の違いを認め理解する当事者意識を持つ 時間管理能力 新しい状況や枠組みに臨機応変に適応する 厳しい環境でも仕事を楽しむこと同僚から学ぶための正しい態度 交渉力 支援を求めるスキルリーダーシップ セーフティネット
  127. 127. エクストリームプログラミング
  128. 128. XP is aboutsocial change.XPとは人と人のつながりのありかたを変えていくこと —Kent Beck
  129. 129. 開発がアジャイルになればみんな幸せになれる?
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×