アジャイルアンチパターン∼私がアジャイルの1周目で 学んだこととXPの次の10年∼                         木下 史彦                (株)永和システムマネジメント                 f-k...
アジャイルをある程度経験した人やチームが陥りがちな問題・課題
私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年
私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年
自己紹介✓木下 史彦✓(株)永和システムマネジメント✓オブジェクト倶楽部✓日本XPユーザグループスタッフ✓http://fkino.net
いつものお願い
7刷 3刷
私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年
キャズム       出典:『@IT情報マネジメント用語辞典』
失われてしまったもの
アジャイルの衰退と凋落
申しわけないけれど、工学プラクティスを使わなかったり、広帯域コミュニケーションを使わなかったり、強い顧客の声を受け入れていないなら、君のところはアジャイルじゃない。君はうまくいかないだろう。他の方法を試した方がいい。         出典:『ア...
アジャイルの導入・適用 の問題          人と人の問題技術・スキルの  問題
アジャイルの導入・適用ボトルネック の問題          人と人との問題が移動技術・スキルの  問題
私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年
お品書き✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
お品書き✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
ふりかえりをやっているんだけどなんとなくまんねり
本質的なことを言えない
集団思考
1.自分たちの集団の力と自分た  ちの価値観を過大に評価する 2.閉鎖的な心理状態に陥ってい  る 3.斉一性への圧力
問題が表面化しにくくなる
誠実に、勇気を出して真実を伝えなさい。時にはそれが難しいこともあるでしょう。だからこそ勇気が必要なのです。      出典:『アジャイルプラクティス』
お品書き✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
こと細かな報告を求められる?
信頼されていない
脇が甘い
コミットメントを果たす
成果をあげるのが仕事
お品書き✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
コミットメントは守れていますか?
再計画
再計画
信頼をなくす方法
強いコミットメント
コミットメントが果たせなかったときは
顧客への説明責任を果たすこと
自分たちのやり方を見直すこと
技術的卓越を追求すること
お品書き✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
正直は割に合う?
馬鹿正直(ばかしょうじき) どんな場所にも正直一辺倒で、融通が利かない。臨機応変の才がないこと。あまり正直過ぎて気が利かないこと。また、そのような様子や、その人。
ジャーナリスト
ジャーナリストは、正確に報告するという目標を、プロジェクトの成功という目標から切り離してしまうプロジェクトマネージャである。       出典:『アドレナリンジャンキー』
投げっぱなし
顧客の不安を煽る
落としどころを考える
気を利かせる
お品書き✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
イテレーションのコミットメントが果たせなかったとき
スコープを調整する
教科書どおりにはいかない
顧客の利益を害する
生身の人間
わたしがここで使っている 敬意 は、善行が評価されて周囲からあたえらる 敬意 ではない。人間であるというただ一点によって誰もがあたえられるべき 敬意 だ。         ……つまり、あなたが相手を尊敬できるかどうかは、相手の問題というよりもあ...
強い顧客の声に耳を傾ける
相手の立場を推し量る
うまいこと言う
お品書き✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
開発が進みすぎる
プログラマ3名に顧客2名
顧客を支援する
XPは、利用者と開発者が互いの垣根を越えて共同でソフトウェア開発へと向かい、生き生きとした、そして無名の質を備えたソフトウェアを実現しようという試みだったのだと言えます。        出典:『パターン、Wiki、XP』
壁を壊す
私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年
アジャイル
歯が立たない
人と人の問題
Socialな問題
アジャイルは難しい
XP
Kent Beck
XP is aboutsocial change.
XP is aboutsocial change.XPとは人と人のつながりのありかたを変えていくこと
復習✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
私たちはこれからどこへ向かうのか?
ご清聴ありがとうございました
アジャイルアンチパターン 〜私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年〜
アジャイルアンチパターン 〜私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年〜
アジャイルアンチパターン 〜私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年〜
アジャイルアンチパターン 〜私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年〜
アジャイルアンチパターン 〜私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年〜
アジャイルアンチパターン 〜私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年〜
アジャイルアンチパターン 〜私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年〜
アジャイルアンチパターン 〜私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年〜
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

アジャイルアンチパターン 〜私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年〜

1,957

Published on

DevLove Change The Future 僕らの開発がアジャイルであるために

Published in: Business
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,957
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

アジャイルアンチパターン 〜私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年〜

  1. 1. アジャイルアンチパターン∼私がアジャイルの1周目で 学んだこととXPの次の10年∼ 木下 史彦 (株)永和システムマネジメント f-kinoshita@esm.co.jp オラクル青山センター; 2010-04-07(Wed)
  2. 2. アジャイルをある程度経験した人やチームが陥りがちな問題・課題
  3. 3. 私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年
  4. 4. 私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年
  5. 5. 自己紹介✓木下 史彦✓(株)永和システムマネジメント✓オブジェクト倶楽部✓日本XPユーザグループスタッフ✓http://fkino.net
  6. 6. いつものお願い
  7. 7. 7刷 3刷
  8. 8. 私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年
  9. 9. キャズム 出典:『@IT情報マネジメント用語辞典』
  10. 10. 失われてしまったもの
  11. 11. アジャイルの衰退と凋落
  12. 12. 申しわけないけれど、工学プラクティスを使わなかったり、広帯域コミュニケーションを使わなかったり、強い顧客の声を受け入れていないなら、君のところはアジャイルじゃない。君はうまくいかないだろう。他の方法を試した方がいい。 出典:『アジャイルの衰退と凋落』
  13. 13. アジャイルの導入・適用 の問題 人と人の問題技術・スキルの 問題
  14. 14. アジャイルの導入・適用ボトルネック の問題 人と人との問題が移動技術・スキルの 問題
  15. 15. 私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年
  16. 16. お品書き✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
  17. 17. お品書き✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
  18. 18. ふりかえりをやっているんだけどなんとなくまんねり
  19. 19. 本質的なことを言えない
  20. 20. 集団思考
  21. 21. 1.自分たちの集団の力と自分た ちの価値観を過大に評価する 2.閉鎖的な心理状態に陥ってい る 3.斉一性への圧力
  22. 22. 問題が表面化しにくくなる
  23. 23. 誠実に、勇気を出して真実を伝えなさい。時にはそれが難しいこともあるでしょう。だからこそ勇気が必要なのです。 出典:『アジャイルプラクティス』
  24. 24. お品書き✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
  25. 25. こと細かな報告を求められる?
  26. 26. 信頼されていない
  27. 27. 脇が甘い
  28. 28. コミットメントを果たす
  29. 29. 成果をあげるのが仕事
  30. 30. お品書き✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
  31. 31. コミットメントは守れていますか?
  32. 32. 再計画
  33. 33. 再計画
  34. 34. 信頼をなくす方法
  35. 35. 強いコミットメント
  36. 36. コミットメントが果たせなかったときは
  37. 37. 顧客への説明責任を果たすこと
  38. 38. 自分たちのやり方を見直すこと
  39. 39. 技術的卓越を追求すること
  40. 40. お品書き✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
  41. 41. 正直は割に合う?
  42. 42. 馬鹿正直(ばかしょうじき) どんな場所にも正直一辺倒で、融通が利かない。臨機応変の才がないこと。あまり正直過ぎて気が利かないこと。また、そのような様子や、その人。
  43. 43. ジャーナリスト
  44. 44. ジャーナリストは、正確に報告するという目標を、プロジェクトの成功という目標から切り離してしまうプロジェクトマネージャである。 出典:『アドレナリンジャンキー』
  45. 45. 投げっぱなし
  46. 46. 顧客の不安を煽る
  47. 47. 落としどころを考える
  48. 48. 気を利かせる
  49. 49. お品書き✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
  50. 50. イテレーションのコミットメントが果たせなかったとき
  51. 51. スコープを調整する
  52. 52. 教科書どおりにはいかない
  53. 53. 顧客の利益を害する
  54. 54. 生身の人間
  55. 55. わたしがここで使っている 敬意 は、善行が評価されて周囲からあたえらる 敬意 ではない。人間であるというただ一点によって誰もがあたえられるべき 敬意 だ。 ……つまり、あなたが相手を尊敬できるかどうかは、相手の問題というよりもあなた自身の問題なのだ。敬意とは、自分自身と自分の価値観を表現したものである。 出典:『ハーバード流交渉術』
  56. 56. 強い顧客の声に耳を傾ける
  57. 57. 相手の立場を推し量る
  58. 58. うまいこと言う
  59. 59. お品書き✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
  60. 60. 開発が進みすぎる
  61. 61. プログラマ3名に顧客2名
  62. 62. 顧客を支援する
  63. 63. XPは、利用者と開発者が互いの垣根を越えて共同でソフトウェア開発へと向かい、生き生きとした、そして無名の質を備えたソフトウェアを実現しようという試みだったのだと言えます。 出典:『パターン、Wiki、XP』
  64. 64. 壁を壊す
  65. 65. 私がアジャイルの1周目で学んだこととXPの次の10年
  66. 66. アジャイル
  67. 67. 歯が立たない
  68. 68. 人と人の問題
  69. 69. Socialな問題
  70. 70. アジャイルは難しい
  71. 71. XP
  72. 72. Kent Beck
  73. 73. XP is aboutsocial change.
  74. 74. XP is aboutsocial change.XPとは人と人のつながりのありかたを変えていくこと
  75. 75. 復習✓仲良くなりすぎる問題✓過剰な透明性✓頻繁な再計画✓正直さのはきちがえ✓受け入れられないスコープ 調整✓進みすぎる問題
  76. 76. 私たちはこれからどこへ向かうのか?
  77. 77. ご清聴ありがとうございました
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×