Your SlideShare is downloading. ×
0
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Awsで実現するseleniumテスト高速術
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Awsで実現するseleniumテスト高速術

84,318

Published on

0 Comments
28 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
84,318
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
21
Actions
Shares
0
Downloads
72
Comments
0
Likes
28
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. AWSで実現するSeleniumテスト高速術 Fumiaki Inoue Shanon Inc. / QA Manager Jenkinsユーザ・カンファレンス2012東京
  • 2. 自己紹介 井上 史彰 1981年生まれ 30歳 仕事 株式会社 シャノン 開発エンジニア → 開発マネージャー → QAマネージャー 開発言語 Perl
  • 3. アジェンダ 製品紹介 システムの構成 開発体制 各種メトリクス 自動テスト強化での様々な課題 Jenkins, Selenium, AWS の組み合わせではまった点など まとめ 3
  • 4. 4
  • 5. BtoBマーケティングを支援するWebアプリケーション2006年3月頃リリース 5
  • 6. 導入企業 http://www.shanon.co.jp/case/ 6
  • 7. 構成 構成 Apache, FastCGI, Postgresql 言語 Perl 機能数 約400 – 500機能 + API 関連アプリ数 内部的には約10個のアプリケーションがAPI連携して動作 7
  • 8. 開発体制 Scrum スプリント期間は1ヶ月 7人くらいのチームが2つ 開発 : QA = 2 : 1 毎月4週目にバージョンアップ 前月に開発した機能をリリース 8
  • 9. シャノンの自動テストツール Selenium テストスイート数: 270, テストケース数: 約3500 FirefoxのIDEで作成/メンテナンス。一部スクリプトも 独自テストツール API, CSV/XLS, HTMLテンプレート変数, メールテンプレート変数 Jmeter AppScan 9
  • 10. Seleniumのテストスイート数 10
  • 11. 全テスト実行時間の合計 11
  • 12. 自動テストの機能カバー率 12
  • 13. 自動テストの機能カバー率 13
  • 14. バージョンアップ後のデグレードバグ数 14
  • 15. Seleniumテストでの様々な課題 15
  • 16. ゴール? 機能を追加しつつも不具合を最小限に!! POINT ・価値を生み出すことに集中 ・ソフトウェアの規模拡大につれてテスト工数は増加 ・自動化できるところはしっかり自動化する ・品質向上させるためにユーザー感覚でブラウザを操作するSeleniumは効果的 16
  • 17. Seleniumテスト実行環境 クライアント側 サーバー側 https://aaa.mp. jp https://bbb.mp .jp https://ccc.mp. jp 17
  • 18. Seleniumテスト実行の流れ データの初期化(サーバー側) 関連アプリのデータを初期化 設定や各種データの登録 テスト実行(クライアント側) ブラウザ起動、画面操作、レポート出力 18
  • 19. 課題1テストの定期実行と結果の見える化 19
  • 20. Jenkinsの導入 いつテストが実行されたか分からない テスト実行にはWindowsPCにログインして手動で実行 誰かが使ってると他の人は使えない → 取り合いに テストが成功したか分からない テスト結果もPCにログインして結果のレポートを確認する必要があった POINT ・最新ののソースコードでテストが実行され、早く開発にフィードバックすることが大事!  Jenkinsを導入したことで、毎日定期的にテストを実行することが可能に 20
  • 21. 課題2テストの安定化 21
  • 22. テストケースの量産 22
  • 23. Seleniumはなぜ安定しない?How to Lose Races and Win at SeleniumSelenium tests often fail because they’re too fast.Where a user might wait for a page to loadfor a few seconds and then click on a link,Selenium will interact with a page at the speed of code,before the page is ready.The way to fix this is to have Selenium repeat its actionsand assertions until they work.If you don’t, Selenium races your browser.http://sauceio.com/index.php/2011/04/how-to-lose-races-and-win-at-selenium/ 23
  • 24. spin asserts def spin_assert(self, msg, assertion): for i in xrange(60): try: self.assertTrue(assertion()) return except Exception, e: pass sleep(1) self.fail(msg) POINT ・HTMLスイートを直接SeleniumRCサーバー内で実行する方法だと安定しない 24
  • 25. Exporting the Test for Junit テストスイートをチェックアウト リポジトリからHTMLスイートをチェックアウト Junit形式にエクスポート Seleniumにあるエクスポート機能を利用 Rhinoを使ってJavaのコードから呼び出す (今だったらnode.jsでもいいかも) Javaテストケースのコンパイル テスト実行、レポート出力 25
  • 26. レポートの拡張 エラー発生時の画面キャプチャ Junit Attachments プラグインでもできるみたい 26
  • 27. レポートの拡張 実行時の変数表示 レスポンス時間表示 startCommand("verifyTextNotPresent","NG", "", "n"); assertFalse(selenium.isTextPresent("NG")); endCommand("verifyTextNotPresent", "NG", "", "n"); startCommand("verifyTextNotPresent","ERROR", "", "n"); assertFalse(selenium.isTextPresent("ERROR")); endCommand("verifyTextNotPresent", "ERROR", "", "n"); 27
  • 28. WebDriver/Selenium2  private static WebDriver getDriver(String driverName) {   if (Strings.equals(driverName, "firefox")) {   return new FirefoxDriver();   } else if (Strings.equals(driverName, "chrome")) {   return new ChromeDriver();   } else if (Strings.equals(driverName, "ie")) {   return new InternetExplorerDriver();   } else if (Strings.equals(driverName, "safari")) {   return new SafariDriver();   }  }  WebDriver driver = getDriver(args[0]);  driver.get("http://www.google.com"); 28
  • 29. 各種プラットフォーム/ブラウザでのテスト Windows Linux Mac  Internet Explorer 6 - -  Internet Explorer 7 - -  Internet Explorer 8 - -  Internet Explorer 9 - -  Firefox 3.x -  Firefox Latest -  Chrome Latest -  SafariPOINT・Javascriptなどブラウザに依存することの確認を行うテストケースを実行 29
  • 30. 課題3テスト実行の長時間化 30
  • 31. 実行の長時間化 すべてのテスト1時間くらいで実行したい  1台で同時に5個のテストケースを、さらに10台にすると可能? 31
  • 32. テストの並列実行 単純にクライアント、サーバーの台数を増加 サーバーは社内には置けなかったからAWSへ ある程度短縮できたが、、、 32
  • 33. アンチパターン テスト実行ノードを指定 [実行するノードを制限]でノード名を直接指定 → 複数台使用しても負荷を分散できない → サーバーごとに偏りが出てしまう テスト実行開始時間の指定 [定期的に実行]で開始時間をずらして指定していた → 実行がかぶると負荷が高くなり不安定に → テスト待ち時間の無駄 33
  • 34. 対応方針 テスト実行ノード 実行ノードの直指定は止める テスト実行時にどこかのノードで実行されるか決める 全テストジョブを同時刻に実行開始 実行待ちの時間をなくす slaveの[同時ビルド数]で負荷を調整 34
  • 35. 変更後の構成イメージ クライアント側 サーバー側 クライア サーバー ントA A クライア サーバー ントB BPOINT・すべてのビルドが1つのキューで管理され、順番にどこかのスレーブで実行される・AWSインスタンスは自動ON/OFF ビルドキューに溜まっているビルド数に応じて自動で起動/終了する 35
  • 36. ラベル slaveのラベル設定 slaveにはラベル(タグ)を複数設定できる テストジョブの[実行するノードを制限]でラベル式を設定 → 指定したラベルのどこかのslaveでテストが実行される クライアント側 サーバー側 クライア サーバー ントA A クライア サーバー ントB Bサーバー側とクライアント側で負荷のバランスがうまくいかずテストが安定しない。。 サーバー側とクライアント側を1:1にしないといけない? 36
  • 37. AWSインスタンスアプリケーションとクライアントを1インスタンスに AWSの1つのインスタンスに ・フロントサーバー ・アプリケーションサーバー クライアント& サーバー ・データベース クライアント&サー バーA ・SeleniumRC+Firefox クライアント&サー バーBちょうどよいAWSのインスタンスタイプがなかった CPU, メモリ, コスト。。。 37
  • 38. AWS側のアプリ, Seleniumクライアントのスケール クライアント側 サーバー側 クライア サーバー ントA A クライア サーバー ントB B POINT ・クライアント側とサーバー側が 1 : 1 でうまくスケールするようにしないと、、 38
  • 39. 解決すべき課題 クライアントのPCをどうするか? 社内の余ってるPCを使う? Saucelab (http://saucelabs.com)  - Seleniumテストをクラウドで(従量課金)  - Sauce OnDemand というJenkinsプラグイン  - 各種ブラウザに対応  - アプリケーションが社内にあるような場合でも利用できる  - 動画でのテストレポート キューの仕組みをどうするか? Pluginで使えそうなものはないか? 39
  • 40. Clouds お名前.com メリット デメリット コストパフォーマンス良い スケールしない (常時稼動させる場合はAWSの1/10ぐらい違 毎回手動でセットアップ う) クラスタ構成ができない FWが無いのでiptablesでセキュリティ確保しなけ ればならない AWS メリット デメリット APIによるスケーラブルなサーバ管理 常時稼動させるには割高 (イメージ管理、バックアップ 等) (リザーブドインスタンスも有るが、インスタン スタイプが固定されてしまう) 負荷に応じてスケールアップができる 従量課金なので月額利用料の予測が必要 (機能増につれてメモリも増加するが、 AWSならボタン一つで対応可能) 40
  • 41. スペック比較 AWS お名前.com (ミディアムインスタンス) (KVM 2GB) CPU 2 ECU(2 ECU × 1仮想コア) 3コア メモリ 3.75 GB 2GB IO速度 36.5 MB/s 133 MB/s (ddコマンドによる簡易測定 ) Disk容量 8GB~ 200GB~ 月額利用料 ¥10,775 ¥1,153 41
  • 42. Jenkinsプラグイン自分のやりたいことがプラグインとして用意されてなかったら?- 自社サービスに特有のことを設定可能にしたい- テスト結果の集計処理をカスタマイズしたい自分でプラグインを書いてJenkinsを拡張しましょう! 付録B プラグインの開発 池田 尚史 42
  • 43. Jenkins plugin作成slaveで種別(クライアント側, サーバ側)を設定テストジョブでも(クライアント側, サーバー側)のどっ ちで実行するかを設定キューに溜まったビルド数に応じてAWSをON/OFFテスト終了後にAWSの特定インスタンスに復元 43
  • 44. ビルドをキューへ登録 hudson.model.Queue.QueueDecisionHandler ジョブが実行できるかのチェックするときにフック - ジョブの設定を確認 - 実行中または既にキューに入っていないかの確認 - その他チェック → 特に問題なければビルドキューに入れる 44
  • 45. キューの実行可否 hudson.model.queue.QueueTaskDispatcher ノードがタスクを実行できるかをチェックするときにフック - ジョブの設定を確認 - ノードの設定を確認 - ノードのステータスを確認(online/offline) - 各ノードで実行中の本数を確認 - 上流のジョブ(初期化処理など)がどのノードで実行されたか 45
  • 46. AWSのON/OFF キューの状態を定期的に監視するジョブを作成 それぞれのノードで - 実行できる本数+いくつか以上の待ちがあると準備済みのインスタンス を起動 - ノードが余っていると終了 AWSのAPIをコールするスクリプトを作成 46
  • 47. アプリケーションの初期化と復元アプリケーションで使用するすべてのデータを削除、初期化、ダンプ、復元するスクリプトを作成 どのテストジョブでどんな処理が必要かをspreadsheetで設定  - ドメイン名  - データベース名  - 初期化時に使用するダンプファイル  - 実行するテストスイート名 47
  • 48. Seleniumテストの実行フロー Jenkins 1. テスト ジョブの実 行 2. 設定情報取得(perl) 2. 設定情報取得(perl) 3. テストケースチェックアウト 3. テストケースチェックアウト 4. セレニウムテストケースの 4. セレニウムテストケースの エクスポート(java) エクスポート(java) jUnit jUnit 5. テスト実 5. テスト実 行 行 6. ブラウザ 6. ブラウザ 起動 起動 コマンド コマンド 実行 実行 48
  • 49. 課題4任意のブランチでのテスト 49
  • 50. Parameterized Trigger Plugin ビルドのパラメータ化 テストジョブを[パラメータ付きジョブ]として設定 パラメータでテスト実行環境を指定できるように Trigger parameterized build on other projects 上流のテストジョブで指定したパラメータ値を 下流のジョブに渡す ビルドの実行 50
  • 51. 複数ブランチでのテスト実行 Jenkins HEAD V.2.60.0 V.2.59.0 51
  • 52. 最後に 52
  • 53. 新しく製品の自動テストを作るとしたら? Seleniumテスト - IDEかプログラムかは製品/機能によって使い分ける  ユニットテストとの切り分けも大事  すべてをSeleniumだけでカバーすることはできない - 1機能に対して1テストケースにして15分以内に抑える - 最初からパラレル実行できる構成を意識 テストケース間が依存しないように a. パラレルで実行すれば短時間で終了できる b. 変更の際にメンテナンスしやすい c. テストケースが失敗してもペナルティが少ない http://sauceio.com/index.php/2011/02/speed-up-your-selenium-tests/ 53
  • 54. まとめ 価値のあるソフトウェアをより早く提供 自動化された継続的なビルド、テスト、デプロイは非常に重要 Jenkinsは強力な味方 まだ使っていない人はさっそく始めましょう 54
  • 55. Were Hiring!inoue@shanon.co.jp 55
  • 56. プラチナスポンサーメディアスポンサーシルバースポンサー 56
  • 57. ありがとうございました 57

×