20121109 第5回金融デザインセミナー(プライベートエクイティ)

540 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
540
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20121109 第5回金融デザインセミナー(プライベートエクイティ)

  1. 1. 1 第5回金融デザインセミナー
  2. 2. 2 Ice Break •  自己紹介 •  プライベートエクイティに対 してどのようなイメージをお 持ちですか? •  何を期待して本日は参加し ましかた?
  3. 3. 3 プライベートエクイティとは何か?
  4. 4. 4 プライベートエクイティとは •  プライベートエクイティを直訳すれば「未公開株式」であるが、 通常は「未公開株式に対する投資」を意味するものである。 –  広義にはプライベートエクイティにベンチャー・キャピタルを含めること もあるが、一般にはベンチャーキャピタルを除いた意味で使われる。 ①広義のプライベート・エクイティ (非公開株へのすべての投資) ②狭義のプライベートエクイティ (③との対比において、バイアウトとも呼ばれる。) ③ベンチャーキャピタル 越純一郎(2000)『プライベートエクイティ』日本経済新聞社
  5. 5. 5 カテゴリー 主な投資対象 コンセプト 主に上場 企業に投 資 投資信託 上場株式、債券等 概して『物言わぬ」投資家として、値上がり益、利 子・配当等によるリターンを追及 ヘッジ・ファンド 上場株式、債券等 市場間または金融商品間のアービトラージを多様 アクティビストファンド 上場株式 投資リターンを確保するために「物言う投資家」とし て、現金配当や自社株買いを投資先会社に要求 主に未上 場株式に 投資 (広義のプ ライベート エクイティ) バイアウトファンド 株式や事業部門取得を通じ て「ビジネス」に投資 会社経営陣とともに潜在的な企業価値の具現化ま たは新たな価値の創出によって投資価値の増大を 目指す ディストレス/事業再生ファンド 不良債権や倒産企業株式 倒産企業の債権または株式を安価で取得し、ター ンアラウンドでリターンを確保 ベンチャーキャピタル 創業間もない会社の株式 投資先会社の自発的成長ポテンシャルに賭ける 不動産投資ファンド 不動産 オフィスビル、賃貸マンション、商業施設などの不 動産に投資するファンド。私募やREITがある。 企業に投資をするファンドのカテゴリー 鈴木隆博(2008)『カーライル』ダイヤモンド社より作成
  6. 6. 6 企業の成長ステージとファンド 創業期・成長期 安定期 衰退期 時間 企 業 価 値 ベンチャー キャピタル バイアウト ファンド ディストレスト 企業再生ファンド 笹山浩嗣・岡村香奈子(2009)『M&Aファイナンス』金融財政事情研究会を参考に作成
  7. 7. 7 ファンドへの投資家、
 バイアウト・ファンド、投資先の関係図 事業 価値 投資 対象企業 資本 Equity 銀行等 資金 有限責任出資持分 ・生命保険会社 ・損害保険会社 ・年金基金 ・機関投資家 L.P.1出資 L.P.2出資 L.P.3出資  ・  ・  ・ G.P出資 運用会社の無限責任 出資持分(法人または個人) 借り入れ Debt 資本 Equity
  8. 8. 8 日本で活動するバイアウトファーム 国内独立系 外資系 アドバンテッジパートナーズ Black Stone ユニゾン・キャピタル KKR 日本みらいキャピタル The Carlyle Group ネクスト・キャピタル・パートナーズ Bain Capital ヴァリアント・パートナーズ TPG Capital ニューホライズンキャピタル 等 等 国内金融機関・事業会社系 ハイブリッド投資系 東京海上キャピタル インテグラル みずほキャピタルパートナーズ 野村プリンシパルファイナンス 大和PIパートナーズ パレスキャピタル アント・キャピタル 等 佐山展生・山本礼ニ郎(2009)『バイアウト』日本経済新聞社
  9. 9. 9 プライベートエクイティと金融システム •  2007年にブラックストーンが株式公開をして以降、KKRと アポロ・グローバル・マネジメントが後に続いた。その結 果、プライベートエクイティ業界を覆っていた秘密のベー ルは取り去られ、金融システムの重要な柱の一つという 立場は一段と強固になっている。 キャリー・モリス(2011)『ブラックストーン』東洋経済

×