Your SlideShare is downloading. ×
0
B&B Fantasista Body1.4
B&B Fantasista Body1.4
B&B Fantasista Body1.4
B&B Fantasista Body1.4
B&B Fantasista Body1.4
B&B Fantasista Body1.4
B&B Fantasista Body1.4
B&B Fantasista Body1.4
B&B Fantasista Body1.4
B&B Fantasista Body1.4
B&B Fantasista Body1.4
B&B Fantasista Body1.4
B&B Fantasista Body1.4
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

B&B Fantasista Body1.4

511

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
511
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. “The Body of Fantasista” Fantasista Toastmasters Club 16th January, 2010 Team B&B Proposal Raizo, Sarah, たーこ
  • 2. Table of Contents Standard Bylaws 項目 該当箇所 例会種類:「ハレ」と「ケ」の例会 Article Ⅳ Sec.1, 変動プログラムの決定プロセス:公開コンペ 例会の進め方(1):プロデューサー制 例会の進め方(2):プロデューサー VS 教育担当 メンバーシップ&ゲストポリシー 入会条件・会費 Article Ⅲ Sec.1, 固定プログラム(1): 総合論評 固定プログラム(2): ファンタジスタモメンツ 準固定プログラム:アイスブレーキングセッション Article Ⅳ Sec.1, Article Ⅴ Sec.1, 3, 役員組織と議事進行手順 Article Ⅵ 変更履歴 2
  • 3. 例会種類:「ハレ」と「ケ」の例会 ■ 通常のクラブとは異なる例会・プログラム体系 「ハレ」の例会 「ケ」の例会 日時 毎月第三土曜日 13:45-16:45 毎月第一月曜日 オプション ポジショニング クラブの正式例会 (実施有無はプロデューサーが決定) 内容 ワークショップ主体の例会 ハレの例会の補完 or 練習に特化した例会 名前の由来 祭りなどの「非日常」を示す 普段の生活である「日常」を示す クラブビジネス 実施 実施しない(動議は挙げられない) 1. クラブビジネス(会長主管) 例会構成 2. 変動プログラム(プロデューサー主管) 変動プログラムのみ(プロデューサー主管) 3. 固定プログラム(VPE主管) 第一候補: 渋谷(渋谷勤労福祉会館) ハレと同じだが、日時・場所は、プロデュー 場所 第二候補: 池袋(池袋勤労福祉会館) サーに裁量を不え、柔軟な対応も可とする 「ハレ」と「ケ」の例会ミックスで学びを深耕し、加速化させる 3
  • 4. 変動プログラムの決定プロセス:公開コンペ ■やりたい人が、やりたいコンテンツを提案して、皆で決める 事前 プラン募集 レビュー 公開コンペ プランニング 立候補者 プ レ デ 例 一 ゼ 応 ィ 会 ス 決コ •スケジューリング Q&A 次 ン 援 カ 投 立候補者 テ 定ン 審 演 ッ 票 !テ •プログラム策定 査 ー 説・ シ シ ョ ン •プレゼンターアサイン 立候補者 ョ ン ツ ン •役割のアサイン 1人で複数提案可 コンペ 一人11分の持ち時間 フリースタ 丌在投票可 但し、最大3カ月 締切まで (Q&A・応援演説含む) イルで 上位から枠を選べる Etc.. アクティブ プロデューサー: 会員 オーガナイザー: VPE 企画を通した会員 • 例会スケジュールを、半年単位で決める場を持つ(公開コンペ例会の実施) • アクティブ会員のみ公開コンペへの応募、投票が可能(ゲストの見学は可) • 固定プログラムに関する提案も可能 • 1位:3点、2位:2点、3位:1点で、上位から順に6カ月の枠から最大3カ月取れる • 都合により、プロデューサーが履行出来ない場合、VPE に諮る (VPE判断) VPE が教育プログラムを決めるのではなく、皆で決める 4
  • 5. 例会の進め方(1):プロデューサー制 ■プロデューサーが VPE に成り代わり、例会プログラムをコーディネート 例会をセット アップ! VPE - 教育プログラムの策定 通 - Role Takers のアサイン 常 の - VPEよりアサイン - Role Takers との調整 TMOD Role Takers - VPEよりアサイン ク ラ VPM VPPR Treasurer Secretary SAA ブ •VPEが毎回の例会をセットアップする(場合によって、細かいフォローアップが必要) 当 公開コンペ オーガナイザー: VPE ク 全てをコント ラ ロール! ブ 担当プロデユーサー : コンペで企画を通した本人 Role VPE TMOD VPM VPPR Treasurer Secretary SAA Takers 教育プログラム プロデューサー プロデューサー メンバーシップ PRのサポート 必要資金の 記録のサポート 会場確保の のサポート よりアサイン 又は、TMODよ サポート 拠出サポート サポート りアサイン •未経験・経験の浅いプロデューサーには、VPEよりアシスタントをアサインし、サポート体制を整える VPE に頼らず、リーダーシップの実践! 5
  • 6. 例会の進め方(2):プロデューサー VS 教育担当 項目 プロデューサー 教育担当 総合プログラムの アジェンダ含めて、作成 主 従 プロデューサーをサポート 策定 (権限委譲も可) 変動プログラム 主 全てをコーディネート 従 同上 固定プログラム 但し、変動プログラム遂行の為 プロデューサーのコンテンツが最大化 従 主 (含む準固定) の要望は言える されるよう配慮して作成 開会・閉会の部も含めて時間管 全体のバランスを見ながらの、アドバ 時間管理 主 従 理を。 イスとサポート 固定プログラムを除いて、自ら 役割アサイン 主 従 同上 コーディネート プロデューサーへの権限が大きいが故に未経験者や、経験の浅いメンバーが挑戦しづ 特記事項(1) らい弊害もあるので、プロデューサーへのアシスタントなどサポート体制を敷く 例会会場の確保に関しては、SAA 管轄 特記事項(2) 但し、ケの例会などで特別な場所を使用する場合は、プロデューサーが主体で確保 プロジェクトマネジメント・ファシリテーションの力も磨く 6
  • 7. メンバーシップ&ゲスト・ポリシー ■絶対にブレてはいけない3つのファンタジスタの流儀 1. "Catch me if you can" •無理・強引な勧誘は一切行わず、あくまで自発性重視 2. "Open Door" •去るもの追わず、来るもの拒まず、常にオープンであること 3. “三方よし" •「自分よし、相手よし、世間よし」の視点を忘れない(Win-Win-Win) *ゲスト訪問* • TMを対象にしたクラブの為、ゲストも原則、TM限定とする • ゲストは、2回目まで見学無料、3回目以降は、1,000円/回の費用負担 *メンバー出欠* • アクティブ会員は、事前に必ず担当プロデューサーに出欠連絡を行う(ケの例会も対象) • 無断欠勤を2回連続行った場合は、自動的にインアクティブ会員へ(動議可能とする為) 面白いと思えば、人は自然と集まる。人が集まればクラブは繁栄する 7
  • 8. 入会条件・会費 ■ 入会条件 • トーストマスターであること(CC等の資格制限はなし) • クラブビジョンへの賛同 (=“The Spirit of Fantasista” への賛同) • 最低1回のゲスト訪問 • 但し、1回目の訪問で入会表明しても、当日入会は行わない(次回以降) • 入会希望者は、入会の為に、プレゼンテーション・スピーチを行う • 1)何故、入会したいのか? 2) このクラブにどう貢献出来るか? を網羅 • 時間は、2-3分以内とする(論評と同じタイムフレーム) • 例会参加アクティブメンバーの2/3以上の賛同を得ること ■ 会費 • 入会金はなし、月会費1,000円で、半期に一度6,000円を徴収 • Reinstatement/Transfer(復帰・移籍)会員も同額 • インアクティブ会員の会費減額は行わない 入会するにも、ファンタジスタらしい流儀で 8
  • 9. 固定プログラム(1):ファンタジスタ流 総合論評 ■「やった人に報いる」仕掛け - リコグニションと更なる成長へ *オブジェクティブ* • Role Taker に対するリコグニションとモチベーションアップの為の改善点と良い点 の共有 • クラブとしての例会・運営の品質向上とノウハウの蓄積・共有 *手順* • 総合論評者は、プロデューサーに選択権有り、自らが行っても良い(VPEと相談) • 外の視点で客観化する為、ディストリクトオフィサーやゲストTMに依頼するのも手 • 従来の一人が総合論評を述べずに、全員参加型のフィードバックを推奨 • 以下のような論評スタイル(ミックスも可)を想定 • 対象者による自己採点(ファシリテーターによるインタビュー形式でも可) • ファシリテーター自身による論評(従来の総合論評スタイル) • ブーケ&ブリックバット方式 or 全員が必ず一言コメントをする(口頭式コメントシート) • 受けたフィードバックを元に次回以降に反映(改善を実際に行い、 PDCAを回す) やった人には、リコグニションとフィードバックを(TMの真髄) 9
  • 10. 固定プログラム(2):ファンタジスタモメンツ ■ファンタジスタ版ブーケ&ブリックバットセッション *内容* • 例会内でのファンタジスタだと思える言動・態度に対してのリコグニション並びに 非ファンタジスタな言動・態度に対するブリックバットを皆で共有するセッション • ファンタジスタなメンバーを称えると同時に、クラブにおけるファンタジスタな言動 と非ファンタジスタな言動についての共通認識をクラブで持つことを目的 *手順* 1. Bouquet & Brickbats として、その例会でよかった点と改善点を皆で述べ合う 2. 1で挙がった Bouquet & Brickbatsから ①Fantasista Moment と②Anti- Fantasista Moment を選択 3. 時間については、状況に応じて調整(目安は、3-5分程度)、会長が執り行う 4. 基本的に毎回の「ハレ」の例会最後に行う ファンタジスタに近づく為の仕掛け 10
  • 11. 準固定プログラム:アイスブレーキングセッション ■新入会員は、もう一度 PJ#1 アイスブレーカーを持ってスタート *オブジェクティブ* • 再度クラブの前でアイスブレーカーを行い、クラブとの距離を近づける • 皆でフィードバックをし合うことで、チームワーク強化と客観的に自分のことを知る *手順* 1. 入会後、VPE はプロデューサーと連携し、速やかに本セッションをセットアップ 2. セッションは、スピーチとフィードバックセッションの2つで構成 3. スピーチの部は、CCマニュアル PJ#1 の通りに行う 4. フィードバックの部は、以下の通り、ファンタジスタオリジナルのスタイル • ファシリテーターは、スピーカー自らか若しくは専任の担当が行う • 360度フィードバックで、全員参加型でのフリースタイル • 時間は、状況により調整(目安:5-10分程度) • フィードバックの対象は、以下の2点とする ① スピーチに対する論評(従来のスタイル通り) ② スピーチを軸にした、スピーカー自身の人となりを含めたフィードバック 文字通り、クラブと新入会員の間をアイスブレーキング 11
  • 12. 役員組織と議事進行手順 ■「小さな政府」、「Small is Beautiful」 の実践 *基本* • 役員会: 月一回実施 (状況によりSkype等を通じた電子会議も) • 任期: 7月から翌年6月までのフルタイムでの1年 • 選挙: 選挙は、原則5月の例会にて実施 *ポリシー* • Officer’s Role & Responsibilities は、厳格に行いつつ、各メンバーに Delegation (権限委譲)を出来るところは極力行う • 管理業務は出来る限り軽く、メンバーが主体性を持てるクラブに • 属人的にならずに持続成長可能な仕掛け・仕組みを追求 *議事進行手順* • Robert’s rule of order に則り、クラブビジネスの処理を行う 最小にして最大の効果を狙う→レバレッジを効かす 12
  • 13. 変更履歴 Version 変更者名 変更日 クラブ承認日 備考 1.0 小野 亮太郎 2008/11/15 2008/11/15 作成 2.0 改訂チーム 2010/1/16 2010/1/16 改訂 13

×