Your SlideShare is downloading. ×
0
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

すくすくスクラム題3回 目自己組織化ワークショップ

1,894

Published on

2009年6月25日に行われた、スクラム勉強会です。

2009年6月25日に行われた、スクラム勉強会です。

0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,894
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 第3回 すくすく・スクラム
  • 2. •五木ひろし •森進一 •ルパン三世
  • 3. 自己紹介 •五木ひろし •森進一 •ルパン三世 これのどれかのマネ をしながら、自己紹介をし てみよう。 S社の加納さんからいただいたアイディアです。ありがとうございました。
  • 4. Eiichi Hayashi May 27th 2008 Certified Scrum Trainer President, Board of Directors Scrum Alliance, Inc. 自己紹介 所属:セントラルソフト株式会社 課長 趣味はピアノ、ジェンベ、作曲、たまにライブ。 PMとかアーキテクトとか、教育制度のプランニング、 運営とか 前職では楽器メーカーで電子楽器の開発 オブジェクト大好き、モノ作り大好き 認定スクラムマスター ドラムサークルファシリテーター協会メンバー NLP認定プラクティショナー
  • 5. EM ZERO VOL2
  • 6. 新しい手法を試し、検証し、適用する姿勢はと ても大切ですが、それを一発で解決する「銀の 弾丸」と思うのは望ましくありません。 いつでも一番大切なのは、今目の前にいるチー ムメンバーと何をするのかということだと思う のです。 EM ZERO VOL2
  • 7. 特定のやりかたが どんな場合でも うまくいくとは これっぽっちも 思ってません。
  • 8. 自分の頭で考えよう!
  • 9. そのためには、 なぜそうなのかを 「理解」 することが重要。
  • 10. だから
  • 11. すくすく
  • 12. グループワーク1 •各自の現場チーム管理の問題や課題を話し あってください
  • 13. グループワーク1 模造紙 課題 ココに書く チーム管理の課題
  • 14. 自己組織化ってなによ? セントラルソフト株式会社 事業推進部 課長 林 栄一
  • 15. 自己組織化って なんだろう?
  • 16. 自己組織化は スクラムの価値 の一つ
  • 17. 自己組織=チームワーク
  • 18. チームワーク •お互いを協力 •だれも見捨てない •スポーツチーム •監督が一つづつ指示しない •サッカーチームのパスとか •まさにチームワークで得点を得る
  • 19. チームワークは 意識の問題か?  やりかたの問題か? それとも?
  • 20. 指示型組織と 自己組織化を  WBSと  タスクカンバンの 比較で考えてみよう
  • 21. WBSとは •Work Breakdown Structure •プロジェクト全体を細かい作業に分割した構成図。 •「作業分割構成」「作業分解図」などとも呼ばれ る。
  • 22. ガントチャート
  • 23. WBS管理の特長 •タスク、決まった担当、個人作業 •タスクの遅れは責任は個人の責任 •個人の責任が明確 •他メンバー作業をサポートすると自分タスクの 遅 れるリスク •1+1+1=3 •エクセルでできていてサーバー保存されてる。
  • 24. WBS管理での責任
  • 25. タスクの遅れ •サボった。 •集中がたりなかった。 •能力がたりなかった。  •怒られる。  •責任感じて休日出勤。
  • 26. タスクの遅れ 本当は? •計画が甘かった。 •想定外の難しさがでてきた。
  • 27. タスクが早く完了 •がんばった。 •能力伸びた。 •工夫した。 •集中した。
  • 28. タスクが早く完了 本当は? •計画に余裕があった •想定よりかんたんだった。 •ベテランが協力してくれたらさくっと。 •意外にコピペでできた
  • 29. タスク完了予定どうり •正確な作業見積もり。 •うまくいっている。
  • 30. タスク完了予定どうり 本当は? •たまたま、見積もりと作業工数があってた。 •ぎりぎりまでのんびりやって、最後の1時間 で全部終わらせた。 (学生症候群) •さきに終わらせたけど、整理作業や勉強をし て時間を埋めて期日になってから完了を報告 した。(進みはつたわらない)
  • 31. WBS管理の弱点 •協力的で責任感強い人ほど残業増えやすい •一人に負担が集中しやすい •集中しない人や期間 •管理細かくなると→モチベーションさがる。や らされている感つよくなりやすい。
  • 32. WBS管理の弱点 •タスクは早く終わるよりも遅れる方が多い。  •なぜなら、早く終われる場合は品質過剰に作 りこんだり、整理や勉強作業で埋められるこ とが多いから。 •人数が多いと一人のリーダー指示型は破綻す る。 •作業者が近視眼的になりやすいので仕様の誤解 が生じる可能性が比較的高い。
  • 33. WBS管理の利点 •いつなにが行われるかが明確なので予定が立て やすい •お客さんがなっとくしやすい •さぼれない。(?) •どこでも普通使ってる。
  • 34. タスクカンバン
  • 35. トヨタ発祥の 生産管理カンバン
  • 36. ここから毎朝、朝会 でタスクを選ぶ。
  • 37. 選んだら、サインし て、ここに貼る。 ハヤシ
  • 38. タスクが終わったら ここに移動。 ハヤシ
  • 39. 全部が終わるとこうなる
  • 40. タスクカンバンとは? •あらかじめ担当決まっていない。タスクはチーム の責任。 •チームで協力しながらすすめる。 •チーム内で調整しながら自分でタスクを選べる。 •他メンバーへの協力を行っても、自分のタスクが 遅れることで怒られることはない。 •コミュニケーション量圧倒的に多い。
  • 41. 進捗は全体の 合計残ポイントで確認。
  • 42. バーンダウンチャート
  • 43. タスクカンバンでの責任
  • 44. タスクの遅れ よくわからない!
  • 45. タスクが早く完了 よくわからない!
  • 46. タスク完了予定どうり よくわからない!
  • 47. 進捗はタスク単位では見ない。 全体の合計で判断する。 できる人ははやく、 おそいひとはおそく。 見積もりは期間ではなくて規模。
  • 48. バーンダウンチャート
  • 49. タスクカンバンの特長
  • 50. タスクカンバンの特長 •1+1+1=5 •6(2倍)とはいわない。 •できる人のノウハウが早くつたわりやすい。 •コミュニケーションによって新しい工夫がでて きやすい •信頼にもとづく管理、人が成長しやすい。 •仕様の全体に意識があるのでタスクの意味を誤 解しにくい。 •最新の状態で壁に貼ってある。一目瞭然。
  • 51. タスクカンバンの欠点 •コミュニケーションコスト(朝会、チーム内で調 整) •生産性があがるまでに時間がかかる。  •管理ゆるすぎると、モラル下がるリスク。 •チームワークがモラルハザードの防波堤に。 •個人の生産性がわかりにくい。(人事考課どうす る?)
  • 52. Q&A
  • 53. グループワーク2 指令と制御
  • 54. 1.二人組に分かれて行います。 2.一人は指令する管理役、もう人はそれに従う労働 役です。 3.指令は3つ:前進、右向き、左向き 4.労働役は完全に指令に従わなければいけません。 5.目標は約2分間で60歩を歩くこと。これを正確 に実行するのは管理役の責任です。 6.管理役は労働役に触れてはいけません。
  • 55. グループワーク3 自己管理
  • 56. 1.前回の練習と同じ組。 2.今回は管理役はなく、二人とも労働者役。 3.各チームは2分間60歩を歩くのが目標。
  • 57. グループワーク4 気付いたことをペアシェア
  • 58. グループワーク5 模造紙 課題 気付き ココ に書く
  • 59. ハヤシの観点(参考) •自己管理であるいたときは、自動的にお互いの 距離を測って(ほとんど無意識に)自己組織的 にミッションを達成していた。 •タスクカードを選ぶときにも、ほとんど無意識 のレベルでも、その調整が働いていると想像で きる。 •話し合いができればもっとよくできそう。
  • 60. グループワーク6 課題の対策を考えてみよう
  • 61. グループワーク6 模造紙 課題 気付き 対策 ココ に書く
  • 62. グループワーク7 各自の最初の1ステップを 決めよう
  • 63. グループワーク7 模造紙 課題 気付き 対策 ココ に書く 最初の1ステップ
  • 64. アンケートにご記入 ください。
  • 65. 提 供 セントラルソフト株式会社 スクラムで豊かな明日を作る
  • 66. •受託開発(通常型、アジャイル型問わず) •各種スクラム導入支援 •スクラムマスターコーチング •現場にあわせたアジャイルワークショップ •アジャイルチーム要員提供 業 務 内 容 e.hayashi@central-soft.co.jp ご用命はこちらまで:

×