28歳からのプログラマー

44,617 views
44,327 views

Published on

0 Comments
74 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
44,617
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11,761
Actions
Shares
0
Downloads
100
Comments
0
Likes
74
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

28歳からのプログラマー

  1. 1. 28歳からのプログラマー 似非原重雄
  2. 2. この発表をなぜやるの?● 正直、28歳からプログラマーになるとするっていう 事例は誰か言ったりしているの?● 探す→見つからない● たいていは「高校生」とか「20代前半」とか、そう いう若い人向け● プログラマー35歳定年説
  3. 3. この手の話は 大抵 若い人に向けられている
  4. 4. ぶっちゃけた話 若い人に気に入られたい若い人に取り入れられたいと思ったら 「老」に入っているかもしれません
  5. 5. アホか!
  6. 6. なので、 28歳からプログラマーをやり始めた俺が 恥を忍んで 話します
  7. 7. お前誰だ
  8. 8. Esehara shigeo(29) 言語:Python OS:Ubuntu
  9. 9. 実はプログラムを触る趣味はあった● 最初はMSX BASIC● Perlの掲示板を改造● Javaの学校に行ってた● Visual Basicで壮大なゲームを考案 し未完成● Rubyでゲームみたいなものを作った りした
  10. 10. じゃあ別に 28歳からプログラムを覚えたわけじゃ ないじゃん
  11. 11. アホか!
  12. 12. 業務と趣味で書く アプリは違います
  13. 13. 趣味とりあえず動けばいい
  14. 14. 仕事できるだけ綺麗に できるだけ早く
  15. 15. 例えば?● フレームワークを理解して迅速にアプリケー ションを立ち上げる● 複雑なソースの森を分け入ってソースを読 む● リソースや処理のバランスを考えながらコー ディングする● それ、ユーザーに親切じゃないよね
  16. 16. 俺はもうだめだ!
  17. 17. もう一度
  18. 18. 俺はもうだめだ!
  19. 19. どうやって勉強しましたか?
  20. 20. 知り合いと勉強を始める
  21. 21. 優秀なエンジニアに助言してもらう
  22. 22. とりあえず作りたいものを作ってみる
  23. 23. 作りたいものを作ってみる「一ヶ月間、毎日」何かを作ってみる and 恥ずかしいけどそれを公開する 一ヶ月やると、適性もわかります
  24. 24. これは綺麗な学習方法です
  25. 25. 上から目線駆動学習
  26. 26. 上から目線駆動学習● とにかく汚いコードを読んでバカ にする →しかし、バカにするならちゃんと理由づけ、解決 方法を理解すること(自分がその罠にハマると限 らない。あと自分と無関係じゃないと辛い)● 酷い環境を知ってバカにする →しかし、お前が仕事をするところはそれと同じレ ベルの可能性がある(その環境を変えるための方 法を知る)
  27. 27. 重要なのはなぜそれがダメなのか?
  28. 28. そして、俺でもなんとか出来るという自己暗示
  29. 29. 完璧な職場はたぶん無い● それなりに勉強すると、それなりに提案できる部分 もあったりする(ドックイヤー問題、忙しくてできな い)● 採用されなくても採用されてもバンバンアイデアを 出す● 自分の場合は下のような感じ →Jenkinsがなかったので導入 →ファイルが変更されるたびにテストが走るようなスクリ プトを書く →テスト駆動でリファクタリングが楽に!(ヤッタネ)
  30. 30. 処世術● 若い人にちゃんと頭を垂れましょう →若い人で飲み込みも早くセンスのある人間は、明らかに自 分の範囲を超えた見識を持っています。意固地にならずに ちゃんと教えを請うようにしましょう(謙虚さを大切に) →覚えたものは、覚えた時点からどんどんレガシーになる● 間違いは間違いとして前向きにFixしましょう →たまにきついことを言われますが、体育会と一緒で言葉が きついだけなので、そこはバッサリと割り切って、間違えを間 違えとして受け入れましょう(前向きな修正)
  31. 31. これは綺麗な処世術です
  32. 32. 汚い処世術● SHIKATAGA-NAIの精神 →ベストを尽くしたとしても、上手くいくとは限らない し、違和感があったとしても、それが解消されるとは 限らない。なのでZENの態度を取り入れる(諸行無 常、達観、出家、悟りにチャレンジ)● SINUWAKE-JA-NAIの精神 →死ぬわけではないし、「死ぬかもしれない」ことは 死ぬのでどうしようもない。(俺、この案件終わったら ……やるんだ)
  33. 33. 私たちは どうしても人を裏切って しまう
  34. 34. だから
  35. 35. 考えるのをやめろ
  36. 36. 良心を捨てろ
  37. 37. もう一度
  38. 38. 考えるのをやめろ
  39. 39. 良心を捨てろ
  40. 40. 日本の三大美徳MOTTAINAIIKA-SHIKATA-NAIDOUSHIYOUMO-NAI ※ノーベル平和賞候補になる予定です
  41. 41. いまちょっとずつやってること● ソースを読む →オープンソースや、他言語は普通に実装のヒントになるこ とが多い● デザインをかじる →デザインを完全に理解する必要は無いが、どういうことを 考えているのかは、ヒントとして理解したい● 業務とは関係ない個人プロジェクトをやる →趣味=最新版(Fedora的なアレ)、業務=安定版 (Ubuntu的なアレ)。
  42. 42. 自分戦略(笑)● サービスが作れるのは当たり前になりつつある →むしろ、どういう風に表現するか、どういう形でパッ ケージングするか、という問題のほうが重要になるだ ろう● 「優秀な技術者」という括りの優劣は気にしない →単純にこの業界に入ってくるのが遅かったので →「技術者」に「優秀」以外の付加価値が必要● 「普通のエンジニア」になる
  43. 43. 気楽にやっていきます
  44. 44. 質疑応答

×