Your SlideShare is downloading. ×
EM
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

EM

4,074
views

Published on


0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
4,074
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. インシデント情報を項目ごとに入れます。インシデントを登録するには必須項目で あるかどうかをアドミンで設定可能です。 プロジェクトIDにはカウンタで管理付ける事も可能です。 IDにカウントのスタート値やテキスト情報を頭に設定することも可能です。 それに今日の日時をつけることの自動化も可能です。更にテキストボックスに 追加での文字列や数字を加える事も 1NTT Data Corporation Report 2010 The Knowledge IT Corporation Knowledge IT Hub Solutions
  • 2. 全ての属性情報の定義はアドミンで可能です。そのアドミンを 顧客に提供をOFFにして、ナレッジアイティが全ての変更を サポートすることも可能です。(その場合顧客に必要な機能はフッター バーで提供する。 2NTT Data Corporation Report 2010 The Knowledge IT Corporation Knowledge IT Hub Solutions
  • 3. 新しいインシデントを定義する属性項目の記入後実行を押します。 実行をクリック! 3NTT Data Corporation Report 2010 The Knowledge IT Corporation Knowledge IT Hub Solutions
  • 4. 新規インシデントが追加されました! 今度新規登録時にエスカレーショ ンも兼ねて行う事にしましよう。 4NTT Data Corporation Report 2010 The Knowledge IT Corporation Knowledge IT Hub Solutions
  • 5. 必須項目を記入します。 5NTT Data Corporation Report 2010 The Knowledge IT Corporation Knowledge IT Hub Solutions
  • 6. Select Escalation TypeNTT Data Corporation Report 2010 The Knowledge IT Corporation Knowledge IT Hub Solutions
  • 7. エスカレーションに登録されている フォーマットがあります。それが全て このプルダウンに表示されます。 7NTT Data Corporation Report 2010 The Knowledge IT Corporation Knowledge IT Hub Solutions
  • 8. 1. エスカレーションする先のユーザを ダブルクリックや>>で選択します。 2. 実行をクリックします。 8NTT Data Corporation Report 2010 The Knowledge IT Corporation Knowledge IT Hub Solutions
  • 9. 新規インシデントはデータ登録され、エスカレーションするかどうかの 確認画面になります。エスカレーション送信しますとそのインシデント にある情報がトリガーフォーマットにより情報がシステムメールアドレス に送信されます。又、ユーザ登録時に登録した3つのメールのうち、チェック が付いているメールアドレスにもメールが飛びます。 エスカレーション送信. エスカレーションするかどうかを確認した上で送りたい場合は エスカレーション指示保存してください。メールのドラフト フォルダーに保存されます。そこで、日時を設定の上に自動送信 するか、送信ボタンを押して実行するかは選択師があります。廃止の場合は エスカレーションメールを廃止し、インシデントが登録のみでの操作となります。 9NTT Data Corporation Report 2010 The Knowledge IT Corporation Knowledge IT Hub Solutions
  • 10. エスカレーション見るにはメール・掲示板をクリック 10NTT Data Corporation Report 2010 The Knowledge IT Corporation Knowledge IT Hub Solutions
  • 11. 1. 送信済みのエスカレーションメールを確認するに は、送信ボックスを見ます! 2. ハイパーリンクをクリックすることに よって、メールの内容を確認します。 11NTT Data Corporation Report 2010 The Knowledge IT Corporation Knowledge IT Hub Solutions
  • 12. メールトリガーフォーマットで設定さ れている方式でメールが送信されま した。インシデントに合う項目は設定 フォーマットにより自動に埋め込まれ ます. 12NTT Data Corporation Report 2010 The Knowledge IT Corporation Knowledge IT Hub Solutions
  • 13. エスカレーションの受信者でログインします。 13NTT Data Corporation Report 2010 The Knowledge IT Corporation Knowledge IT Hub Solutions
  • 14. 最新メールを見ます。 14NTT Data Corporation Report 2010 The Knowledge IT Corporation Knowledge IT Hub Solutions
  • 15. 受信されたエスカレーション情報NTT Data Corporation Report 2010 The Knowledge IT Corporation Knowledge IT Hub Solutions